Home / 美肌 / ニキビの原因となる毛穴のつまりを引き起こす要素9選
2

ニキビの原因となる毛穴のつまりを引き起こす要素9選

2

ニキビは毛穴に皮脂が滞留し、それが元でアクネ菌が増殖して炎症反応を起こすことによって生じる現象です。

そのため、ニキビが発生する原因としては、毛穴の中の皮脂の滞留が起きることであり、毛穴の中に皮脂が蓄積されることを防ぐことで、ニキビを予防することができるようになると言えます。また、乾燥肌の女性でも、乱れた生活習慣や誤ったスキンケアをしてしまうと、毛穴に皮脂が滞留している状態を作り出してしまい、ニキビが発生する原因となってしまいます。

本記事では、ニキビが発生する原因である、毛穴が皮脂などによって蓄積してしまう原因についてご紹介していきます。ニキビでお悩みの方は、まずは何故ニキビができてしまうのかの原因について理解し、生活習慣などを一度見直してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

皮脂の過剰分泌状態

皮脂はお肌の保湿に欠かせないものであり、通常は外部の汚れなどからお肌を守ってくれています。一方で、何らかの要因によって過剰分泌が起きてしまうと、毛穴の中に皮脂が残ってしまい、ニキビの原因となってしまいます。

多くの場合、皮脂の過剰分泌は男性ホルモンの効果の増加によって引き起こされています。皮脂の過剰分泌状態を引き起こす、男性ホルモンの動きを活発化させる要因について、一つ一つ見ていきましょう。

思春期

青春時代の思春期はニキビができやすいという話を聞いたことはないでしょうか?これは、成長期に合わせて男性ホルモンが急激に増加することが関係しています。

高校生ぐらいの年齢になると、特にこの活動が活発になるため、男性ホルモンの影響により顔のニキビなどに悩む人も多くなります。これについては自然現象になるため、適切なお肌のケアをしながら、20歳程度のある程度ホルモンバランスが落ち着く年齢まで経過を見ることが必要になります。

睡眠不足

人は睡眠中に自律神経を安定させる働きを無意識のうちにしています。人の自律神経には交感神経と副交感神経があり、睡眠中に副交感神経のリラックスした状態になることによって、精神的な疲労からも回復することができるのです。

しかし、睡眠不足になると、体は交感神経が優位に立つ緊張状態となってしまい、交感神経は男性ホルモンの分泌を促進する効果があるため、結果としてニキビの原因となる皮脂の過剰分泌を引き起こすことになります。

ニキビでどうしようもなく悩んでしまう状態になったとしても、睡眠をしっかりとることが悩みの種であるニキビの原因解消にも繋がります。

ストレス

人はストレスを感じた時に、それに対抗するためのホルモンを分泌し、ストレスに対処をしています。一方で、この時に分泌されるホルモンには男性ホルモンの分泌を促進する効果があるため、ストレスを感じる環境下に長くいる場合は、ニキビなどができやすくなってしまう場合があるのです。

ストレスは主に外的要因になりますので、それ自体を解決することが大切になります。基本的には、ストレスの原因について完全に遮断をするか、その問題自体と向き合って遮断をするか、がストレスの原因の解消方法になります。

問題の解決や遮断が難しい場合にも、一人では抱え込まず、信頼出来る人や友人・家族と相談しながら、うまくストレスコントロールをできるようにしましょう。

黄体ホルモンの分泌

黄体ホルモンは男性ホルモンとは違いますが、皮脂の分泌を促す効果を持っています。黄体ホルモンは生理周期後半に多く分泌されるホルモンのことです。

こちらも自然現象になるため回避策はなかなかないのですが、生理自体を強いものにしないため、普段の生活から、しっかりとした睡眠や食生活、適度な運動など、健康な生活習慣を心がけることが大切になります。

偏った食生活

皮脂の過剰分泌と食生活にはきることのできない強い因果関係があります。脂質を多く摂取することによって皮脂が過剰分泌されるというのが分かりやすい説明にはなりますが、脂質の摂取が少ない場合でも皮脂の過剰分泌に繋がってしまう場合があります。ので、適切な栄養バランスを保った食生活をすることが大切です。

特に動物性脂肪や糖質の過剰摂取は、皮脂の過剰分泌にダイレクトに繋がるため、注意するようにしましょう。また、ビタミンB2とB6は皮脂の分泌量をコントロール作用も持っているため、これらが不足している場合も皮脂の過剰分泌を促してしまう場合があります。

過剰なスキンケア

皮脂などが毛穴のつまりを引き起こし、それがニキビの原因になっていると聞くと、洗顔などを過剰に行ってしまう場合が多くあります。しかし、皮脂はお肌の保湿に欠かせないものであり、これを落としすぎるというのも肌にとって悪影響になります。

皮脂が少なくなると、お肌の守るために角質が厚くなり、徐々に保湿が行き届かなくなってしまいます。保湿ができず乾燥してしまったお肌は、正常なターンオーバーが実施されず、古い角質が残り、毛穴を詰まらせる原因となってしまいます。

これが冒頭で簡単にご紹介した、皮脂を取りすぎることによって生じるニキビの原因になります。

紫外線

紫外線とニキビは一見すると関係性があまりないように見えるかもしれませんが、紫外線に当たりすぎると、体は肌を守るために、角質を厚くする作用をします。

角質が必要以上に厚くなってしまうと、上述しているように保湿が届かなくなり、ターンオーバーが乱れ、毛穴のつまりの原因になってしまうのです。

冬であっても紫外線は出ていますので、ニキビで困っているという方は、外出する時は紫外線対策をしてから外に出るようにしてみてはいかがでしょうか?

メイクの落とし残し

女性であれば毎日のようにメイクをしているかと思いますが、夜お風呂に入った時にメイクなどの落としが甘く、お肌に残ってしまうと、それらがお肌の毛穴につまり、ニキビを発生させてしまう原因になります。

しっかりとメイクを落とすためには、毛穴をしっかりと開かせた状態で正しい洗顔をすることが大切です。蒸しタオルを顔にのせたり、長時間入浴してしっかりと毛穴を開かせ、メイク落としや洗顔剤を適切な方法で使用し、メイク残しがないように綺麗に洗顔しましょう。

また、洗顔後は皮脂が不足している状態にもなっているため、化粧水などで保湿することもとても大切です。

雑菌

また、これは直接毛穴のつまりを引き起こす原因ではありませんが、何日も洗濯をしていない枕などで寝ていたりすると、枕の雑菌が顔に大量につき、それが毛穴を詰まらせニキビの原因になってしまう場合があります。

ニキビで悩んでいる方は、とにかく清潔な環境下で生活をすることが大切になりますので、ずっと洗濯していないシーツやタオルがあれば、すぐに洗濯をするようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?本記事ではニキビができる原因についてご紹介してきました。ニキビは毛穴がつまり、そのことによってアクネ菌が増加し、炎症反応を起こすことによって生じるものです。そのため、毛穴のつまりの原因となっている生活習慣や要素を取り除くことによって、ニキビの原因を取り除くことができるようになります。

皮脂の過剰分泌だけでなく、皮脂を取り除きすぎるのもの毛穴のつまりを引き起こす要因になるということが、一番理解しておかなくてはならないことです。睡眠や食生活など健康的な生活習慣を身につけながら、適切な洗顔方法、メイク方法を実践することが大切です。

ニキビに悩んでいる方は、自分のニキビの原因について本記事を参考に考えてみてくださいね。

スポンサーリンク

Check Also

efceb4361f5cbd1e2a9633d0c2efc316_s

チアシードを知って効果的に栄養を取り入れよう!4つの効能と2つの注意点

あなたはスーパーフードを普段の …