Home / 美肌 / 顔にニキビができる原因と解消方法
ac9d98555fdcc08cce8354e99808f5eb_s

顔にニキビができる原因と解消方法

できないように気をつけていても、いつの間にかできてしまっていることの多い顔のニキビ。悪化させてしまうとクレーターのような陥没ができ、気がついたら顔が凸凹になってしまっていることも少なくないので、早急に対処することが大切です。

スポンサードリンク

顔にニキビができる原因と解消方法

31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_s

とはいえ、どうしてできてしまうのか分からずにただ闇雲に対策をしていても十分な効果を見込めません。原因を知って適切な対策を講じましょう。

毛穴にアクネ菌を初めとした常在菌が異常に増殖し、これらの菌の活動によって毛穴に炎症が生じることでニキビが引き起こされますが、アクネ菌の異常な増殖が起こるのは、毛穴に皮脂の詰まることが主な原因です。

アクネ菌を初めとした常在菌は皮膚に一定数存在し、皮膚のpHを弱酸性の状態に保つ役割をしています。皮膚が弱酸性の状態ならば、酸性の環境を嫌う有害な細菌が繁殖しにくくなるので、皮膚を細菌感染から保護し、正常な状態を維持することができるというわけです。

アクネ菌は皮脂を栄養源にして活動しており、常に適度な量の皮脂が供給されることで、増えすぎず減りすぎずの丁度いい数が保たれています。また、アクネ菌は酸素が苦手であるという性質を持っているので、適度に通気性によい環境ならば過剰に増えることはありません。

ところが、さまざまな原因で皮脂の過剰分泌が起こり、さらに毛穴に皮脂が詰まってしまうと、毛穴の中に酸素が侵入せずに栄養源の皮脂が豊富というアクネ菌にとって理想的な環境ができてしまうので、毛穴の内部にアクネ菌の異常増殖が起こるのです。

このようにニキビができる大きな原因は皮脂の過剰な分泌や毛穴の詰まりが原因といえるわけですが、特に顔にできやすいのは皮脂の分泌量が多くなりやすく、誤ったスキンケアによって皮膚のバリア機能の低下が起こりやすい部位であるためです。

特に皮脂の分泌量が多くなりがちなのは、おでこと鼻筋のラインを結ぶTゾーンと呼ばれる部位です。Tゾーンの毛穴には皮脂腺が発達しており、ちょっとしたことで皮脂の過剰な分泌が起こってしまいます。

生活習慣を改善しよう

20b83031eee2fb216c1d412852230b0e_s

皮脂の過剰分泌につながる主な原因は偏った食生活や不規則な生活習慣、睡眠不足といった生活習慣の乱れです。

肉料理や揚げ物、インスタント食品、スナック菓子、洋菓子をよく食べるという人も多いと思いますが、こうした食品には脂肪分が多く含まれています。脂肪分の摂り過ぎると皮脂の分泌量も増加してしまうので、脂肪分の多い食品はできるだけ控え、低脂肪な魚料理や体内の脂肪の代謝をスムーズにするビタミン・ミネラルが豊富な緑黄色野菜などを積極的に摂取するようにしましょう。

睡眠不足や不規則な生活が続くと自律神経の働きが不安定になり、その結果として皮脂の分泌量が増えやすくなるので、毎日規則正しい生活を心がけ、睡眠をしっかりと取ることが大切です。

また、髪の毛の長い女性はおでこに髪の毛がかかることも多いと思いますが、髪の毛に付着した雑菌や汗などの影響で不衛生になりがちなので、できるだけおでこに髪の毛がかからないようにヘアスタイルを工夫しましょう。

洗いすぎにはご注意を

4f57ee350bb307deee342dfdca0e7afe_s

一方、ニキビを予防するためには、1日の終わりに顔に付着している汚れや化粧品をしっかり落として衛生的に保つためのスキンケアも大切ですが、洗浄力の強い石鹸や化粧落としで洗い過ぎていると皮膚が元々持っているバリア機能を低下されてしまうので注意が必要です。

皮膚の表面は乾燥や刺激から保護するために皮脂膜で覆われています。洗浄力が強い石鹸を使用して毎日ゴシゴシと洗っていると、この皮脂膜を全部剥がれてしまうので皮膚が乾燥してしまいます。皮脂膜が失われると人間の皮膚は乾燥から保護するためにすぐに皮脂膜を修復しようと皮脂がどんどん分泌するので、皮脂の過剰な分泌が起こり、毛穴が詰まりやすくなるわけです。

特に、弱アルカリ性の石鹸で洗っていると皮膚のpHを弱酸性に保つ役割をしている常在菌を減少させ、かえって毛穴がアクネ菌の増殖が増殖しやすい環境になってしまうので注意が必要です。

皮膚のバリア機能を維持するためには、皮膚のpHを弱酸性の石鹸や化粧落としを使用して優しく洗顔すること大切ですが、石鹸や化粧落としが付着したままだと雑菌の繁殖させる原因になるので、しっかりと洗い流しましょう。洗い上がりの皮膚は乾燥しやすいので、化粧水や乳液などを使用してしっかりと保湿することが大切です。

このように、顔は皮脂の分泌量が増えやすく、スキンケアによってバリア機能が低下しやすいことからニキビができやすい部位といえますが、正しいスキンケアを毎日しっかりと行なうとともに、皮脂の過剰分泌につながりやすい生活習慣を改善することで、毛穴に皮脂を詰まりにくくし、毛穴に炎症を引き起こすアクネ菌の増殖を防ぐことが可能です。

サプリメントやスキンケア化粧品も取り入れて

なお、最近は皮膚の代謝を高めてくれる有効成分が配合されたサプリメントやニキビ予防に特化したスキンケア化粧品も販売されているので、必要に応じてこうした製品を活用しながら万全の対策をしましょう。

例えば、サプリメントだとビタミン剤が有効です。野菜不足や疲れが溜まってしまうと、栄養不足のために口周りや頬のニキビが多くなってしまいます。しかし、毎日野菜を摂るというのも難しい方もいると思うので、そうした場合に手軽に摂取できるのがビタミン剤などのサプリメントであり、皮脂の分泌を抑えるビタミンB群や抗酸化作用によって美肌効果をもたらしてくれるビタミンCをとることでニキビに対して効果をもたらしてくれます。

ニキビ予防に特化したスキンケア化粧品を使うにも、自分の肌質を考えることが重要です。乾燥肌の方であれば、保湿成分が含まれているものや、成分が肌に浸透しやすい化粧品を選び、化粧水や乳液などを組み合わせながら使うと効果的です。また、乾燥肌は刺激に敏感でもあるため、アルコールや香料などが入っていないようなものを選ぶとより効果的にニキビ対策ができます。

逆に油分が多く、肌がべたつくといったような方は、弱アルカリ性やさっぱりしたタイプの洗顔料や化粧水を使い、乳液やクリーム、美容液はべたつかず肌になじむものを使いましょう。

年齢に合ったニキビケアを

自身の年齢によって、できるニキビの原因も変わってきます。
10代であれば、成長ホルモンによる皮脂の過剰分泌で思春期ニキビが発生してしまいますが、顔がべとつくという理由だけであぶらとり紙を大量に使ってしまうと逆にニキビが悪化してしまいます。皮脂を強く拭きとらず、適度に使えば皮脂の参加を防ぐことができますが、肌のバリア機能が弱まり乾燥しているがために皮脂を出して肌を守っている、という隠れ乾燥肌の場合はあぶらとり紙により更に肌が傷つき、乾燥肌となり、ニキビが悪化してしまいます。

また、20代は飲酒やストレスによるニキビ、30代以降は肌の水分が少なくなったことや古い角質が毛穴を防ぐことによるニキビなど、発生原因は様々です。
そのため、年齢や環境に応じて化粧品やケアの仕方を変えることを意識してください。

まとめ

26fb195e24bdc39a506402ae876d4985_s-600x400

今回は顔ニキビの原因と対処法に関して見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

誤ったスキンケアの仕方に加え、偏った食生活や、睡眠不足といった生活習慣の乱れによる皮脂の過剰分泌により顔ニキビが発生しやすくなるため、まずは原因を知ってから対策をしていくことが重要です。
そして、洗顔の仕方の改善や自分の肌に合った化粧水を使い、時には食事やサプリメントなどでバランスよく栄養を摂取しながら、日頃からニキビ予防を行っていきましょう!

スポンサーリンク

Check Also

2

かきたくなる!乾燥肌のかゆみを抑えよう~食事や日常の対策方法

乾燥肌、一度かゆみを感じたり、 …