Home / 美肌 / ニキビに効果的な市販薬のクリームの選び方とおすすめ商品
sexy-1721447_640

ニキビに効果的な市販薬のクリームの選び方とおすすめ商品

なかなか治らないニキビにお悩みですか?ニキビを治すには様々な方法がありますが、ニキビに効果的な市販薬を使われたことはありませんか?

この記事では、どのような市販薬のクリームを選んだらよいのか、そしておすすめの商品もご紹介していきます。ニキビでお悩みの方、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

ニキビに効果的な市販薬の選び方

1bc73123784369a43257508f613dcfd6_s

ニキビのための市販薬は、非常に多く販売されています。そのため、どれを選んだらよいのか悩まれる方も多いでしょう。塗る薬だけではないですが、ニキビのための市販薬は50種類以上あると言われています。その中から、今回は特にクリームタイプの市販薬の選び方をご紹介していきます。次のようなポイントを抑えている商品を選ぶと良いかもしれません。

炎症を抑えてくれる成分が含まれている

ニキビは、毛穴に皮脂や汚れがつまり、アクネ菌が繁殖して皮膚に炎症を起こしている状態です。ですから、ニキビを早く治すには炎症を鎮めてあげることが必要になります。そこで、市販薬は大きな助けとなるでしょう。では、どのような成分が含まれていると、ニキビの炎症を抑えることができるでしょうか?

・イブプロフェンピコノール
これは、非ステロイド性の炎症を抑える成分です。ですから、ニキビを原因から治すわけではありませんが、症状を抑えることができます。

・ヒドロコルチゾン
これは、ステロイドで、炎症による腫れや赤み、かゆみや痛みを抑える作用があります。ステロイドの中でも弱めなので、顔に使うことができます。数日使う程度でしたら、副作用の心配をあまりしなくても良いかもしれません。ただし、妊娠中の方は広範囲には使わないほうが良いでしょう。

・グリチルリチン酸ジカリウム
これは、もともと甘草の根に含まれている成分です。抗炎症作用があるため、アレルギーや風邪の治療薬としても使われることがあります。

炎症を抑えてくれる成分はこれだけではありませんが、こうした作用のあるものを選ぶと良いかもしれません。

殺菌作用のある成分が含まれている

ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌する効果があるものを活用することもおすすめです。背中ニキビは、マラセチア菌という菌が原因とされていますから、こうした菌を殺菌してくれる成分が配合されていると、ニキビの治りが早くなるでしょう。次のような成分があります。

・イソプロピルメチルフェノール
これは、殺菌作用のある成分で、アクネ菌やマラセチア菌にも効果があるとされています。また、炎症を抑える働きもあるので、おすすめです。

・イオウ
これは、ミネラルの一種ですが、アクネ菌を殺菌する働きがあります。ただし、肌に必要な皮脂を吸収してしまう作用があるので、乾燥肌の方は避けたほうが良いでしょう。また、この成分が入っている市販薬を使用する場合も、ニキビの部分にピンポイントで塗るようにしてください。

これら以外にも殺菌作用のある成分はあります。そうした成分が含まれている市販薬を選ぶことをおすすめします。

市販薬でニキビが完全に治るわけではない

市販薬を使う点の注意点として、市販薬のクリームを塗ることで、ニキビが完全に治るわけではないことを覚えておきましょう。市販薬は炎症を抑え、殺菌をする作用がありますが、症状を軽くするという働きをしてくれるものです。ですから、ニキビの根本的な治療というわけではありません。あくまでも対症療法として市販薬を活用するようにしましょう。

ニキビを早く治すには、食事を栄養バランスの取れたものにすることや、睡眠をしっかりと取ることや、ストレスを解消すること、洗顔方法やスキンケアの方法を見直すことなどが関係しています。そうした根本的な解決方法を行いつつ、市販薬を使っていくことをおすすめします。

おすすめの市販薬のクリーム

ここからは、おすすめの市販薬を3点ほどご紹介していきます。ドラッグストアで購入できるものばかりですから、ニキビでお悩みの方で症状を軽くしたい方はぜひ試してみてくださいね。

ライオン ペアアクネクリーム

ライオン ペアアクネ

出典:http://www.lion.co.jp/

こちらのクリームは、第2類医薬品で「イブプロフェンピコノール」と「イソプロピルメチルフェノール」から作られていますから、抗炎症作用と殺菌作用を期待できます。塗ると透明になるので、メイクをする女性におすすめの市販薬です。使用方法は、洗顔をして肌を清潔な状態にしてから、適量を指にとって付けます。患部が乾いたら、保湿をしっかりするようにします。植物系のほのかな香りです。価格は、14gで950円です。

口コミを見ると、「大人にきびになってしまった時は、これです。オロナインをよく塗っていましたが、これの方が、きれいに早く治る様に思います。赤みになっている吹き出物でも、しみたりせずに塗る事が出来ました。我慢せずに、こういう塗り薬を塗った方がベストです」「三年前、ストレスからか額・生え際を中心に繰り返しできる吹出物に悩まされていた時に出会いました。でき始めに塗れば早ければ一晩で効果が出るし、大きくなってしまったものでも三日ほどでかなり落ち着きます。塗った後にベタつく感じもなく、上からメイクOKなのも嬉しいですね」といった声があり、人気の商品です。

ジョンソン・エンド・ジョンソン テラ・コートリル

テラ コートリル

出典:https://www.jnj.co.jp/

こちらは指定第2類医薬品です。炎症を抑えるステロイド剤であるヒドロコルチゾンと、抗生物質が配合されています。症状を抑えつつ、炎症を鎮める効果を期待できるクリームです。1日に1回から数回、患部に塗ります。ステロイド剤で、弱めのものですから、副作用を心配し過ぎることはありませんが、5~6日使っても効果が出ない場合は、使用をやめましょう。また、お子さんも使用を避けてください。妊娠中の方は医師に相談してからの使用をおすすめします。価格は、6gで1,000円となっています。

口コミには、「こちらの商品は即効性があり、皮が剥けたり赤くなることなく使用できています!だいたいのニキビは1日~5日程度で落ち着きます。ただ、抗生物質なので長い期間使い続けるのは絶対やめた方がいいと思います。1週間ぐらい塗りつづけて、1週間ぐらい空けて、を繰り返しています。また、ニキビができてない正常なお肌の部分にはつけないように気をつけています」といった声がありました。ステロイドなので、即効性があるという感想が多く見られます。

SSLヘルスケアジャパン クレアラシル

クレアラシル

出典:http://www.clearasil.jp/

こちらは、第2類医薬品です。イオウ、レゾルシン、グリチルリチン酸ニカリウムなどが配合されています。そのため、アクネ菌を殺菌し、ニキビの腫れや赤みを抑え、皮脂を吸収する働きがあります。また、ニキビの悪化を防ぐビタミンEも含まれているという点も特徴的です。肌色タイプと白色タイプが販売されていますから、お好みで選びましょう。価格は、18gで1,110円です。

口コミでは、「白ニキビが酷く、薬局の方に薦められて買いました、広範囲だったので即効性を求めていたので、洗顔→化粧水→ニベア→この薬。の順につけて寝て翌朝見たら完全とは言えませんが白ニキビは消えていました。つけ過ぎずつけなさ過ぎず程度が一番肌にも良いと思い二回程度塗りました。敏感肌だったので荒れるか荒れないか一か八かにかけましたが無事良くなってよかったです」とか「赤みを消してくれる、肌色タイプを使用中w塗ったところと、塗ってないところにはかなりの差が出ます。1日では直してくれませんが、気がつくとにきびがなくなっている感じ。肌が弱い私にも大丈夫だと思います」といった声がありました。

市販薬を活用して早くニキビを治そう!

sexy-1721447_640

ニキビに効果的な市販薬のクリームについて選び方と、おすすめの商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?根本的な治療にはなりませんが、症状の改善に効果的とされています。即効性もあるものもありますから、ニキビを早く治すための手助けとして市販薬を上手に活用してみるのはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

Check Also

29ea30443d029ac689e8315a2ef4a4d0_t

毛穴トラブルに悩める女性必見!おすすめ美顔器と毛穴洗浄サロンを紹介!

お家で出来る可能な限りのケアは …