Home / 美肌 / ニキビが出来る場所の特徴と体の部位
1

ニキビが出来る場所の特徴と体の部位

体の部位によって毛穴の数や汗腺の違いがあります。毛穴や汗腺が多い場所ほどニキビが出来やすくなるといえますが、ニキビが出来る原因はそれだけではなく乾燥から保湿不足になることでもニキビになります。そこで、ニキビが出来る場所の特徴について詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

ニキビが出来る特徴

おでこのニキビ

2

おでこに出来るニキビの特徴には大きく分けて4つの要因があります。

①思春期ニキビ

おでこに出来るニキビの多くは、思春期のホルモンバランスの乱れによって皮脂が過剰に分泌されることにあります。

おでこは特に皮脂腺が多い場所なので、毛穴がまだまだ成長段階にある思春期の時期に皮脂が増えすぎると皮脂が毛穴の中に溜まり、古い角質が汚れと混ざって毛穴を塞いでいきます。そこにアクネ菌が増殖してニキビに繋がってしまいます。

②シャンプーなどのすすぎ残し

シャンプーなどの洗い残しや整髪料がおでこに付着したままになると毛穴が詰まりニキビが出来やすくなります。

特に洗い流さないトリートメントなどは、おでこにニキビが出来やすくなるので付着したままにならないように注意することが大切です。

③おでこの刺激

おでこを手で触る癖や帽子、前髪がおでこに当たることなどはおでこに刺激となってしまいます。

特におでこは毛穴が小さく皮膚が薄い場所なので、雑菌がついたままの手でおでこに触ることや帽子などの衣服が汚れたままになっていることがニキビに繋がります。また、おでこが乾燥しがちになっていると前髪が刺激になりやすくなります。

④胃腸の不調

暴飲暴食や食生活が乱れてしまうことで胃腸が不調になり、おでこにニキビが出来やすくなります。

生え際のニキビ

3

生え際に出来るニキビの特徴もおでことよく似た傾向がありますので、詳しくご紹介します。

①シャンプー、コンディショナー、ワックスの成分

髪の毛の生え際に出来るニキビの多くの原因がシャンプー、コンディショナー、ワックスの中に含まれる合成界面活性剤が影響していることがあります。

合成界面活性剤は、石油系の成分で出来ているため、すすぎが不十分だとその成分が毛穴の中に入り詰まらせてしまいます。毛穴が詰まるとそこにアクネ菌が増殖しやすくなります。

また、合成界面活性剤の洗浄力が強すぎると必要な皮脂まで洗い流してしまうので、乾燥や炎症を起こしニキビへと繋がります。同じように乾燥を引き起こす要因にドライヤーの熱を長時間あて続けることがあり、生え際にニキビが出来やすくなります。

②頭皮への刺激

帽子を常にかぶることや通気性の悪い帽子は汗が溜まりやすく雑菌が繁殖しやすくなりなります。また、枕などの寝具が汚れたままになっていることも雑菌やカビが繁殖し、ニキビが出来やすい状態を作ってしまいます。

鼻、Tゾーンのニキビ

4

鼻を含むTゾーンに出来るニキビの特徴には様々な要因があります。

①ホルモンバランスが乱れる

ホルモンバランスが乱れると皮脂分泌を過剰にしてしまうので、鼻にニキビが出来やすくなります。ホルモンバランスが乱れる原因は生理不順、不規則な食事、睡眠不足、ストレスなどがあります。

②間違えたスキンケア、メイク

毛穴の黒ずみ皮脂が目立ちやすい「イチゴ鼻」が気になりコンシーラーやファンデーションを厚塗りして消そうとすることで、毛穴にメイクの汚れや皮脂が詰まりニキビが出来やすくなります。

また、無理に角栓を引き出そうとする間違えたスキンケア方法が原因で皮脂分泌を過剰にしてしまいます。鼻の毛穴は詰まりやすくなりニキビの炎症やニキビ跡まで出来てしまうことになります。

③紫外線

鼻は顔の中で日焼けしやすい場所です。紫外線のダメージを受けると乾燥し、皮脂分泌が過剰になりニキビが出来やすくなります。

④鼻を触る癖

手で鼻を触る癖があると雑菌が繁殖しやすくニキビが出来やすい状態を作ってしまいます。

⑤肝臓、肺、大腸の不調

肝臓は不調がわかりにくい臓器と言われていますが、内臓からのSOSのサインは鼻にニキビが出来ることでわかる時があるそうです。

頬のニキビ

5

頬に出来るニキビの特徴は、片方の頬に出来るか両方の頬に出来るかによって違いあります。

①片方に出来るニキビ

枕などの寝具が汚れていると雑菌やカビが繁殖しやすくなります。寝る姿勢によって枕や寝具にあたる方の頬にニキビが出来やすくなります。こまめに洗濯をすることで頬のニキビが改善される場合が多いようです。

②両側の頬に出来るニキビ

両側に出来るニキビの場合、ホルモンのバランスの乱れから男性ホルモンが優位になり、皮脂分泌が増え毛穴に皮脂が詰まりやすい状態になっていることがあります。

男性ホルモンが優位になる原因は、ストレス、胃腸の不調、便秘などが考えられ、良い睡眠やリラックス出来る生活習慣を作ることで改善されるようです。

あご、フェイスラインのニキビ

6

あごにできるニキビには大きな特徴があります。

①生理周期

生理前になるとイライラ、憂鬱、頭痛、手足のむくみなどの症状が現れる人も多くいます。これは、黄体ホルモンが増えるからです。黄体ホルモンは、男性ホルモンに似た働きをするので、皮脂分泌が増え肌の水分量が下がる特徴があり、あごにニキビが出来やすなります。

②ホルモンバランスの乱れ

生理周期以外でもホルモンバランスが乱れる原因に睡眠不足、冷え性、ストレスなどがあります。

口の周りのニキビ

7

口周りに集中して出来るニキビの特徴をご紹介します。

①体調不良

風邪を引いて熱を出したこと、疲労、ストレスなどが原因で胃腸トラブルになると体の抵抗力が下がり口周りにニキビが出来やすくなります。また、暴飲暴食により便秘や下痢を引き起こすことでもニキビに繋がります。

②ホルモンバランスの乱れ

生理不順やストレス、冷え性で血流が悪くなるとホルモンバランスが乱れてしまい、口周りにニキビが出来やすくなります。

首のニキビ

8

首に出来るニキビには大きく分けて2つの特徴があります。

①汗

運動や夏場など首筋に汗をかきやすくなります。汗をすぐにシャワーで洗い流せれば良いのですが、そのままになってしまうと皮脂がたまり毛穴を詰まらせニキビが出来やすくなります。

また、シャワーなどで首を洗ったつもりでもボディソープなどが首に残ってしまったままだと毛穴を詰まらせアクネ菌の増殖に繋がってしまいます。

②冷え性

下半身が冷えやすくなると足先から血流が上に上がることが難しくなり、首も冷えて血流が悪くなります。血流が悪くなることで代謝が悪くなり肌のバリア機能も下がり首にニキビが出来やすくなります。

デコルテのニキビ

9

デコルテニキビの特徴についてご紹介します。

①汗・皮脂が原因

デコルテにニキビが出来てしまう原因に汗や皮脂があります。デコルテは皮脂腺が多い場所なので胸の大きい人だと胸の谷間に汗が溜まりやすくなります。皮脂が溜まることでアクネ菌が増殖しニキビに繋がります。

また、ボディクリームなど油分が多いボディケア製品を塗りすぎてしまうとニキビの原因になります。

②シャンプー、ボディソープなどのすすぎ不足

髪の毛を洗う順番が体を洗うことより後だとトリートメントが体についたままになったり、ボディソープをしっかり洗い落とせていなかったりが原因で毛穴が詰まりニキビに繋がっています。

③衣服の汚れ皮膚に刺激となる素材が原因

パジャマ、ルームウエアー、枕カバーなどの汚れが雑菌を繁殖させ、その衣服を着ることでニキビに繋がります。また、チクチクするようなニットなど肌への刺激もニキビに繋がります。

④冷え性

足先が冷えると血流が滞りやすく、下から上へとスムーズに血液を送ることが出来にくくなり肩こりになります。血流が滞る場所に老廃物が溜まりそれをエサにしてアクネ菌が増殖しニキビになります。ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

Check Also

2

かきたくなる!乾燥肌のかゆみを抑えよう~食事や日常の対策方法

乾燥肌、一度かゆみを感じたり、 …