Home / 美肌 / 頭にニキビができる原因と治療方法
b03a74a83e83986b678864e21b452659_s

頭にニキビができる原因と治療方法

乾燥する季節は、顔にニキビなどの吹き出物が出たりして肌荒れが酷くなるという事がよくあります。そのような季節に、何か頭に気になるものができて確認してみたらニキビだったということはないでしょうか?

ニキビは顔だけでなく、頭など身体の各部位にできる場合があります。頭にニキビができる原因と対処方法について診ていきましょう。

スポンサードリンク

頭ニキビができる原因

乾燥の季節と頭のニキビ

春先や冬場などが乾燥の季節ですが、この時期にニキビができるのは皮脂が大きく関係しています。皮膚は分厚い1枚の膜のように見えますが、何層かに分かれていて、一番奥の部分は真皮と呼ばれる一つの層になっています。

この部分は外側からどんなに保湿しても水分が浸透しにくいので身体の中から水分を満たす必要があります。体内の水分が不足してしまうと今残っている水分を逃さないようにするために人間の中にもともと備わったメカニズムが働き始めます。これが、皮脂を分泌させるという事で、皮脂という脂分で肌に膜をつくることによって、これ以上水分を放出させないようにするわけです。

この仕組みを理解すれば、なぜ乾燥の季節に皮脂が多く分泌されるのか分かってくるのではないでしょうか。

皮脂の分泌と頭のニキビ

さらに皮脂が多くなると、その部分に汚れが溜まって細菌が繁殖し、結果的にニキビなどの吹き出物をつくってしまったり、脂分自体に反応して肌荒れを引き起こしてしまったりします。本来は肌を守るためにある皮脂ですが、これも多く分泌され過ぎると問題であるという事です。

このような原理によって皮膚にトラブルをもたらすという事になれば、これは顔だけではなく皮膚がある身体の全ての部分に広がっていきます。皮膚が露出している部分に限らず、頭皮などにもニキビはできます。

この部分は外気にさらされているので乾燥しがちで、ケアをしていないとすぐに皮脂が出てきてしまいますし、逆に乾燥を防止するために帽子を被ったりしても、それによって汗が溜まってしまい細菌の繁殖を促してしまう事もあります。

頭皮の肌荒れは見落としがちなのでケアをこまめにしている人は少ないですが、一度荒れてしまうと治りにくいというのも事実ですから、予め知識をつけてケアしていく必要があるのではないでしょうか。

頭には脂漏性皮膚炎もできる

アクネ菌の増殖によって引きおこされれるニキビとは異なり、脂漏性皮膚炎というマラセチア菌が原因の皮膚炎も頭にはできる場合があります。マラセチア菌とはカビの一種であり、皮脂を分解し、その際にでてきたものによって周囲の皮膚に炎症作用を引き起こすものです。

脂漏性皮膚炎の場合は頭に大きなかさぶたができたり、フケが大量に発生してしまう場合があります。頭にはこのようにニキビや脂漏性皮膚炎など、炎症がおきやすい箇所でもありますので注意して対策をすることが必要です。

頭のニキビの対策方法

保湿してからシャンプーを

1fd2a3154da0342480feb9e658f22da6_s

まず乾燥を防ぐ方法ですが、シャンプーの時にしっかりと保湿してから頭皮を動かすようにしてきれいに洗う事です。シャンプーを塗布する前に、1分程の時間を掛けてしっかりとお湯を浸透させてから洗うのもポイントです。泡がたつと何となく全体に浸透していると錯覚してしまいますが、実際には全体を洗えていない可能性もあるでしょう。

最初から泡立ちの元になる水分を全ての部分に浸透させておけば全体を上手く洗う事が出来るでしょう。さらにシャンプーを塗布してから洗い流すまでの時間もしっかりかける事によってより保湿力が高くなってきます。時間がある時は蒸しタオルをしたまま湯船に浸かるというのも良いでしょう。

トリートメントを見直そう

また、トリートメントも大きく関係しており、一般的なさらっとしたコンディショナーだけでは足りないという季節もあります。バリアを張るようにして水分を守るための濃度の高いトリートメントを定期的に行う事によってある程度水分の放出を防ぐ事が出来ますし、髪の毛自体の美しさも同時に保つ事が出来るでしょう。

乾燥があまりにも酷い場合は、フケ専用のシャンプーやコンディショナーを使うとより効果的です。フケが出る原因も乾燥であり、乾燥する事で皮膚の一部分が白い粉のようになって落ちてくるわけですから、フケを予防する事が結果乾燥防止になるという事です。出来れば美容室などで販売しているきちんとした裏付けのある商品を選んだ方が良いでしょう。

このようにしてシャンプーの時に乾燥防止を行いますが、それと同時に細菌を繁殖させないように衛生状態を保つのも大切です。シャンプーは髪の毛だけをきれいにするのではなく、頭皮も洗うという感覚で指の腹でしっかりと洗うようにしましょう。動かす事によって毛穴の動きも活性化して、毛穴に詰まった汚れが出てきやすくなります。これをしっかりしていないと、汚れは蓄積される一方で皮膚全体にトラブルを起こす事になります。たまには専用のブラシなどで時間を掛けて洗ってみるのも良いのではないでしょうか。また、しっかりと乾かすという事も大切です。

生乾きにはご注意を

5fb5515e78953c09abb8bc263279f579_s

ドライヤーの熱が髪の毛に悪いのではないかと考えて、半分濡れているような状態で放置する人もいますが、ドライヤーの熱以上に髪の毛に悪いのは、半分湿っているという状態です。どのようなものでも同じですが、中途半端に水分が残った状態で放置すると細菌が繁殖しやすくなります。

髪の毛に熱を与えすぎると良くないというのは確かですから、ポイントとしては、まず乾かし始める時は内側からという順番を守って、そこから少しずつ毛先に向かっていくという乾かし方をしてみる事です。今は様々なドライヤーがあって、イオンを含むものや髪の毛に良い影響を与えるものなどもありますから、こうしたアイテムを上手に使っていくのも良いでしょう。いずれにしても、手で触って湿った部分が無くなるまできちんと乾かす事です。

寝具にも注意する

ニキビや脂漏性皮膚炎などに対してしっかりと対処するためには、上記のように洗髪の時に正しい方法を実践するだけでなく、寝具も清潔な環境を保ち、髪に雑菌をつけないようにする習慣が大切になります。ついつい枕カバーなどの洗濯はおっくうなためサポってしまいがちではありますが、寝具に雑菌がついたままだと、せっかく正しい方法で頭を洗ったとしても、寝る時に雑菌がついてしまい、皮膚トラブルの原因になってしまいます。

洗濯をしたあとも生乾きのままでは雑菌が繁殖する原因となってしまいますので、太陽の光でしっかりとカラッとかわかすか、乾燥機などの高熱処理をして乾かすようにすると良いでしょう。

紫外線対策もしよう

お肌対策には紫外線対策が必須ではありますが、頭のニキビに困っている時も同様のことが言えます。紫外線は肌の表皮と真皮の間の組織にダメージを与える作用があり、このことが原因で肌の生まれ変わり(ターンオーバー)のリズムを乱す原因となることがあります。

ターンオーバーが適切なタイミングで行われないとニキビが発生する原因となってしまいます。そのため、頭ニキビができる場合にはキャップなどで頭の紫外線対策も実施することが大切です。またその際にかぶるものについても清潔な状態を保つようにしていきましょう。

まとめ

ニキビは顔だけでなく頭などの身体の部位にも発生してしまいます。また、頭については脂漏性皮膚炎などのニキビ以外の肌トラブルが生じることもあります。お風呂場で頭を洗う時には正しい方法で行い、その後もできるだけ清潔な環境を保てるように努めましょう。

スポンサーリンク

Check Also

1d063d917e416053291eb778c191265c_s-3-600x400

生え際にニキビができる原因と生え際ニキビを確実に消す方法

気がつくと生え際にニキビができ …