Home / 化粧品 / ネイリストになるために!ネイルの資格の取り方
1

ネイリストになるために!ネイルの資格の取り方

 「ネイルリストになりたいな」と思った時、まずどこから準備し何を学ぶべきか具体的にすぐ浮かびにくいのではないでしょうか。ネイルリストになるにはネイルの資格があったほうがよいとされています。早速、本屋に行って本をたくさん買い、独学で勉強して資格を取るという選択もなくはないのですが、現実には相当難しいようです。

最近では、スクールか通信講座の過程を経てネイルの資格を取ることがほとんどです。スクールか通信講座と自分にどっちが合っているのか悩んでいる人のためにネイルリストになるための資格やスクールと通信講座のメリット、デメリットなど詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

ネイルの資格について

ネイルの資格とは

2

ネイリストの検定は、3級・2級・1級と分かれていて、3級レベルだとネイルケア、ネイルアートの基礎技能が求められます。2級レベルでは、実際にサロンで即戦力になるネイルケア技術、リペア技術、チップやラップ技術、アート技術に関する知識と技術が求められ、1級レベルになると国際ライセンス同等に値するトップの技術が必要になります。

サロンで働く時に求められるレベルは2級からです。求人広告には「ネイリスト2級以上」もしくは「ネイリスト1級」と書かれていることが多くなります。

実際、独学で取れる資格は3級までと言われているので、スクールまたは通信講座で学ぶことが必要といえるでしょう。

どんな資格があるのか

ネイルにはどんな資格があるのかというと一般財団法人 日本ネイリスト検定試験センター(JNE)の「ネイリスト技能検定試験」と、インターナショナル ネイルアソシエーション(I-NAIL-A)の「ネイルスペシャリスト技能検定試験」があります。

「ネイルスペシャリスト技能検定試験」は、学生、初心者を対象としているA級・SA級、プロフェッショナルを対象としているPA・AA・AAA級と2つに分かれていて学科試験、実技試験の合格が必要になります。

そして、最も有名な資格が[ネイリスト技能検定]で1級~3級に分かれた資格になります。また、最近ではジェルネイルの人気が高いことから、[JNAジェルネイル技能検定]も出てきています。初級では、ジェルネイルの基礎知識と技術が求められ、上級になるとプロレベルの両指10本ネイルのケアとカラーリングが出来ることが求められます。

また、ネイルの資格には飛び級制度がないので、必ず順番に試験を受けて合格していかなければなりません。3級、2級の試験が1月、4月、7月、10月の年4回になり、1級は4月、10月の年2回で、最短で資格を取れたとしても1級まで取得するのに最低1年はかかります。

資格を取るとどんなメリットがあるのか

ネイリストは国家資格ではないので、資格がなくてもネイルサロンを開くことができますが、甘皮のケアの方法や爪に関する詳しい知識、トラブルがあった場合の対処方法など多くの知識と技術が必要とされるので、

しっかり勉強して資格を持つネイリストへの信頼は大きいと言えるでしょう。それだけに、資格を持っているだけでネイルサロンでの就職にも有利になります。

スクールで学んで目指す

スクールで学ぶメリット

3

スクールで学ぶメリットは、性格な知識や技術が学べるという点にあります。スクールは、プロの講師が少人数制で指導してくれるので、チップ&ラップ、スカラプチャーなどの難しい技術が理解しやすく学べます。

わからないことが出てきた時、すぐに聞けるという点でも確実な技術が身につきやすいといえるでしょう。そのため、スクールで学ぶとネイリスト試験に合格する確率が高くなります。

ただし、スクールにもよりますのでそのあたりの見極めも必要です。また、スクールに通うことで同じ目標の友達が出来るという点で心強いようです。

スクールで学ぶデメリット

スクールに通う唯一のデメリットは、費用が高いことです。通信講座に比べて高く、コースによりかなり高額になることもあるようです。そこに、ネイルリストに必要なジェルなどの材料費やスクールまでの交通費が加わるという点をふまえていかなければなりません。

選ぶ際のポイント

JNA認定校であることが大きなポイントになります。JNA認定講師試験を受ける場合は、JNA認定校の教育課程を経ていなければ受験出来ません。

サロンに就職する際もJNAの[JNECネイリスト技能検定]2級以上が必要となるのでJNA認定校での試験対策コースがあるスクールがおすすめです。また、JNA本部認定校であれば、ジェルネイル検定の免除制度や学校内での受験が可能になります。

次に実際に見学をすることがポイントです。最近ではスクールに併設されているサロンも多いので、その雰囲気や技術を知る上でも併設されているサロンに行って施術を自ら受けてみるのも良い方法になります。

もし、サロンが併設されていないスクールなら自分にあったスクールかどうかを知る手がかかりとして見学をさせてもらいスクールの雰囲気などを知ることもおすすめです。

合わせて授業料の支払いに関してもチェックするようにします。ネイルのスクールは基本的には一括払いが多いようです。しかし中には分割払いが可能なスクールもあります。支払い方法も選ぶ際の基準に取り入れることも大事なことでしょう。

おすすめのスクール

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーは、JNA認定校ということもあり「JNAネイリスト技能検定」「ジェルネイル技能検定」の合格に向けた知識や技術を習得出来るコースがあるだけではなく、合格保証制度、フリーレッスン制などのサポート体制もあります。

ヒューマンアカデミーで学んだ生徒の合格実績は、ネイリスト技能検定3級~1級までの合格率が全国平均を大きく上回っている点でも注目されています。

有吉ひとみネイルスクール

日本ネイリスト協会認定校で、学院長自ら日本ネイリスト協会講師会会長です。多くの認定講師が在籍していることでも有名なスクールで、JNEネイルスト技能検定試験やJNAジェルネイル検定にも対応しています。

また、講師全員がサロンで活躍するネイリストという点でも多くを学べるという魅力があります。

通信講座で学んで目指す

通信講座で学ぶメリット

4

通信講座でのメリットは、費用がスクールの約1/10という点です。また、子育て中のお母さん、学生、仕事などでスクールに通いにくい方の場合、時間に縛られず学べる点や通学にかかるお金を節約出来る点でも大きなメリットといえます。

通信講座を受講する際、初回からテキストや練習用教材が全てセットされていることや講座の終了後の就職支援がついているものもあります。

通信講座で学ぶデメリット

通信講座で学ぶデメリットは、DVD教材などの説明が理解しにくい時、すぐに講師に質問して指導を受けられないことです。また、スクールのようにスケジュールが決まっているわけではないので自分の意欲やバイタリティを保つことが出来ないという点で習得に遅れが出てしまうこと、就職に不安が出てくるといったことがあげられます。

選ぶ際のポイント

通信講座を選ぶ際のポイントは、JNAの認定講師、もしくは同等レベルの講師が在籍し直接指導を受けられるかです。協会認定講師から試験の注意点、合格する際のポイントなど的確な指導を受けられるかによってネイリスト試験への合格に大きく繋がるようです。

また、資格に合わせたコースのあるスクールの通信教育を受けると、学習期間が長めに設定してある場合が多く、修了後の就職サポートも受けられるのでおすすめです。その他に直接学校に行って学習できる一定期間の面接での指導があること、

疑問点が出てきた場合、直接電話やメールでの指導が受けられ、添削に回数制限がないところを選ぶことも大事です。実際サロンで使用されているジェルブランドで指導してくれているかもチェックすると良いでしょう。

おすすめの通信講座

たのまなヒューマンアカデミー

たのまなヒューマンアカデミーの特徴は、DVDがわかりやすいことです。施術とテロップ、ナレーションが同時に流れ、接写カメラによって手元のアップが見られることで細かい技術を繰り返し見ることが出来ると言われています。

テキストもDVDと連動して作られ、施術に使うジェル品番がわかるようにしてあるところなどが丁寧だと人気を集めています。

まとめ

1
ネイリストの講座を選ぶ基準は、自分の生活環境や経済状況に適しているかが大きいようです。自分に合った講座を見つけるためにもまず、資料請求をしてみるというのも良い方法になります。ぜひ、気になる講座を比較する時のお役に立ててみて下さい。

スポンサーリンク

Check Also

e39a2cdc552d1b6871ce7c23bf5e39f2_t

すっぴんお肌をきれいに!基礎化粧品の種類と選ぶポイント

「その顔、すっぴんなの!?お化 …