Home / 化粧品 / ネイルオイルの使い方・選び方
1

ネイルオイルの使い方・選び方

「手に年齢が出る」という言葉を聞いたことはありませんか。手はふだん水仕事や家事などでどうしても負担が出やすくなります。

特に爪はジェルネイル、除光液など乾燥や環境の変化を受けやすいデリケートな場所です。ネイルオイルでケアすることで美しい爪、指先を保つことが出来ると言われています。そこで、ネイルオイルの特徴、使い方、選び方などについて詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

ネイルオイルとは

ネイルオイルって?

2

洗い物、水仕事で洗剤を使うと乾燥を招きやすくなります。また、ジェルネイル、除光液も爪への負担が大きくなると言われています。指先を綺麗にしているだけで女性は気持ちも明るくなるもの。でも、爪への負担が多くなることは避けたいですよね。

そこで、ネイルオイルを使って指先の負担を軽減し美しさを保つようにしていきます。そもそもネイルオイルってなに?と思われる人のためにネイルオイルについて詳しくご紹介します。ネイルオイルは、別名キューティクルオイルとも言われ、爪の根元にある甘皮を保湿して乾燥を防ぐ役割をしてくれます。

ネイルオイルには、植物性オイル、ビタミンなどが配合されているものが多く肌に馴染みやすいといった特性を持っています。

どんな効果があるのか

ハンドクリームだけでは行き届かない場所をネイルオイルでケアすることが出来ます。また、ハンドクリームより浸透力が高いので、爪の乾燥を防ぐ以外にも新しい爪を作る際の栄養を与える役割もしてくれます。

そうすると、外部のダメージから守ってくれる強い爪になるという効果も出てきます。どうしても、常にマニキュアやジェルネイルをしていると爪が痛みやすくなるので、ネイルオイルを常用するだけで指先のオシャレをいつも楽しめるようになります。まさに、心強いアイテムといえるでしょう。

ネイルオイルの効果を上げるには

ネイルオイルには保湿効果があります。特に爪の根元にある爪半月と呼ばれる白い半月状の場所は、水分や栄養を吸収しやすいといわれているので、この部分にネイルオイルをつけることを意識すると保湿効果をさらに上げることが出来ます。

ネイルの持ちを良くする

ネイルオイルを塗ってからマニキュアやジェルネイルを塗ると油分でうまく塗ることが出来なくなってしまいますが、マニキュア、ジェルネイルを塗った後でネイルオイルを塗ると色持ちが良くなると言われています。

乾燥などによって潤いがなくなってしまうと、マニキュアやジェルネイルは剥がれやすくなってしまいます。しかし、ネイルオイルを後から塗ることで乾燥を防いで、爪に栄養や潤いを与えてくれるので剥がれにくくなるのです。

正しい使い方

使う前の注意

3

ネイルオイルを使う前は、必ず手を綺麗に洗っておくことが大切です。手に油分があるとネイルオイルが剥がれてしまいやすいことやネイルオイルをした後すぐに手を洗ってしまうことを避けるためにあらかじめ手を清潔にしておきます。

その次に、手をしっかり温めるようにします。甘皮を柔らかくすることでネイルオイルの馴染みが良くなるので、洗面器にお湯を張って指先を温めるか入浴で温めるようにしておきます。

その後は、手のコンディションを整えるためにローションを肌に馴染ませておきます。これは、皮膚を柔らかくすることでネイルオイルの浸透率を上げることが出来るからです。
この時、油分の多い乳液やハンドクリームはネイルオイルをはじいてしまうので避けるようにします。

ネイルオイルの使い方

①ネイルオイルを甘皮部分に沿って塗っていきます。この時片手ずつ行うようにすることが大切です。マネキュアなどをしている場合は爪の内側から塗るようにし、爪の輪郭に沿うことで浸透率を上げることが出来ます。

②ネイルオイルを数滴垂らしたら揉むようにして指の腹でグルグル回しながらマッサージしていきます。この時爪の横側にもオイルを馴染ませると効果的です。

最後はハンドクリームで仕上げる

最後の仕上げにハンドクリームを使うことでネイルオイルの保湿成分を閉じ込めることが出来ます。寝る前に行うことで翌朝の爪と指に潤いが出てくるのでおすすめです。

もっと効果を上げる裏技!

より爪と指先に潤いを与えるために時々ネイルオイルパックをするという方法があります。
まず、甘皮のケアをおこなってからネイルオイルを塗ります。その後、ラップで指先を包みその上から蒸しタオルで包んで10分程度置きます。

どれぐらいの頻度で使えばよいのか

毎日寝る前が基本!

1日1回ペースでネイルオイルを使用することが良い方法になります。しかし、乾燥が気になる冬時期などは1日1回にとどまらず何回ネイルオイルを使うことをおすすめします。

特にお風呂上がり、夜寝る前の時間にネイルオイルを使うことが効果的です。寝る前だとその後、水仕事などをせず次の日まで置いておくことが出来るので朝起きた時に潤いが増してきます。

ネイルオイルの種類と選び方

ネイルオイルの選び方

ネイルオイルを選ぶ際、保湿力と浸透力のある成分をまずチェックします。オイルだったらなんでも良いというイメージがありますが、ネイルの用途に合うものでなければ効果がでにくいでしょう。

肌に優しいベビーオイルも一見よさそうですが、本来ベビーオイルは保湿をするための蓋の役目をするので、ネイルケアという点では浸透力があまり良くないでしょう。保湿力と浸透力を兼ねそなえネイルケアに向いているオイルは、ホホバオイル、オリーブオイル、アーモンドオイル、アボガドオイルといった種類になります。

気をつけたいことは、あまりに安価すぎるネイルオイルは鉱物油を薄めただけの可能性もあり、鉱物油自体が肌や爪には良くないこともあるので必ず成分をしっかり確認することが大切です。

使用感の良いものを選ぶ

ネイルオイルは1日に何度塗って良いものなので、手を使う水仕事が多い場合などいつでも手軽に持ち運びができてすぐ使えるものが良いこともあります。その際、ロールオンタイプやペン先ブラシタイプなどがおすすめです。

また、保湿、浸透が良いオイルは殺菌作用も高く有効成分も豊富なことから匂いが独特のものもあるようです。日中オイルネイルの匂いが気になる場合は、このような種類のネイルオイルを夜だけ使用するなど自分の生活スタイルに合わせたネイルオイル選びをすると良いでしょう。

動物性オイルと植物性オイルのおすすめ

効果があると言われているのは植物性オイルです。植物性オイルは、肌のなじみが良いといわれ特にホホバオイルやオリーブオイルに人気があります。次に肌のなじみが良いと言われているのが動物性オイルです。動物性オイルの場合、馬油がおすすめです。

反対に肌のなじみは良くないと言われているのがミネラルオイルです。ただ、ミネラルオイルの場合肌なじみはあまり良くないのですが、肌に残りやすいという点からフットマッサージなどではよく使用されています。

まとめ

4

最近ではネイルオイルの種類も増え香りのついたタイプのものやドライフラワー入りのネイルオイルといった見た目や使い心地にも考慮されているものが多いので選ぶだけでも楽しくなります。

マニキュアをあまりしない人でもネイルオイルだけで爪や指先が綺麗になるので、ハンドケアを習慣にすると年齢が手に現れにくくなります。ネイルオイルを使用することでいつまでも、指先を美しく保つことができるだけではなく、リフレッシュ効果も得られると言われています。ぜひ、ネイルオイルを使う際の参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

Check Also

e39a2cdc552d1b6871ce7c23bf5e39f2_t

すっぴんお肌をきれいに!基礎化粧品の種類と選ぶポイント

「その顔、すっぴんなの!?お化 …