Home / むくみ / 手のむくみが出てきてしまう原因と改善方法
1.jpg

手のむくみが出てきてしまう原因と改善方法

1.jpg

手のむくみの原因は、不要な水分・老廃物・他の部分のむくみです。手は身体の中で一番使用頻度の高いパーツでもあり、肉眼で最も見やすいパーツでもあります。そんな手のむくみは、手を動かしにくくし、パンパンにします。

機能的にも見た目にも決して嬉しくない手のむくみは、早期改善したいもの。原因が他のパーツのむくみなら、全身のむくみを撃退する事が、手のむくみを改善するのに必要です。

他にも手のむくみの原因として考えられる、ホルモンバランス・筋肉量・リンパ・病気まで、手のむくみの原因を探っていきましょう。

スポンサードリンク

手のむくみの原因とは

2.jpg

全てのむくみの原因は『余分な水分と老廃物』

むくみはどの部位で、どんな原因で起こっていても、身体内側で起きている事は変わりません。体内に余分な水分・老廃物が排出されずに溜まった結果、皮膚をパンパンに膨らませる、あの嫌なむくみが起きているのです。

では、身体が余分な水分を溜め込んでしまう原因はなんなのでしょうか。考えられる手のむくみの原因はこちら!

長時間の同じ姿勢(血流の悪さ)

3.jpg

デスクワークなどで、長時間同じ姿勢で居続けると、身体の血流やリンパの流れが悪くなります。心臓から出た血液は、手まで戻ってくるのに下半身を経由します。その下半身の筋肉も、長時間動かさない事でポンプ作用が弱まり、血液を上半身に送り返す力が弱まります。

極端な話、足を動かさない事によって血栓ができ、死亡原因にもなるエコノミークラス症候群と同じように、足の血液の流れが悪くなる事が他の部分(手)のむくみに関係しているという事です。

手首の凝り

4.jpg

手のむくみには、手首の筋肉の柔軟性も大きく影響してきます。パソコン作業などで手を使う際、手首が痛んだり・凝るという方は、手首の凝りが原因で手のむくみが発生している可能性があります。

手首は、手と腕の中継地点であり、ここが凝り・詰まりを起こす事によって手全体が一気にむくむ原因となります。手首の凝りは放置せず、気付いた時に揉み解したり、ストレッチして血流の促進を促しましょう。

他の部分のむくみ

5.jpg

先程の手のむくみの原因としてご紹介した、手首のむくみ以外にも、身体のどこか一ヶ所の凝りや詰まりが激しいと、複合的に手にむくみが起きるという事も。特に注意したいのは足のむくみです。

足がむくんで血流を正常に押し流す事ができないと、下半身に溜まった水分・老廃物を排出できません。結果、全身がむくみ、手のむくみにも繋がってしまいます。

ミネラル不足

6.jpg

むくみに効果的とされるミネラルは、『カリウム』『マグネシウム』『カルシウム』の3つです。カリウムは、摂り過ぎた塩分の排出を助けます。マグネシウムは、むくみにくい身体に不可欠な筋肉の運動をサポートする働きを持っています。カルシウムもむくみの解消に効果的なミネラルの一つです。

体内の塩分量とミネラル量のバランスが崩れると、手を含めた全身のむくみが発生してしまいます。食生活を見直して、ミネラルが不足しているなと思ったら、サプリメントなどで補いましょう。ただし、ミネラルのサプリメントを服用してはいけない場合もあるので、以下のような方は服用を控えるか、服用前に医師に相談してください。

・心臓、腎臓、肝臓病の方。
・糖尿病の方。
・利尿剤を服用している方。
・カリウム保持性利尿薬を服用している方。
・非ステロイド性抗炎症薬を使用している方。
・ACE阻害薬を使用している方。
・心臓病の薬を服用している方。

どんなにいい食品やサプリメントでも、摂りすぎは健康を害してしまう場合があります。上記以外の方でも、サプリメントを服用する場合は必ず、用法・容量を守って正しく使いましょう。

寝る前のスマホ

7.jpg

最近はスマホが普及したので、手軽に寝る直前までネットサーフィンができるようになりました。通販やSNSのチェックなど、寝る前の多くの時間をスマホ操作に費やしている人も多いのではないでしょうか?

寝る前のスマホには、指・手・手首や腕・肩の凝りを誘発します。また、ブルーライトによって交感神経が過剰に刺激され、自律神経のバランスが崩れる原因になります。

手や腕の凝りは、リンパの詰まりや血流の滞りに直結しますし、自律神経の乱れは体内の余分な水分の代謝に影響を及ぼします。朝方の手のむくみに悩んでいる人は、スマホ操作を寝る一時間前にはやめて、手や腕の凝り、自律神経の乱れを予防しましょう。

ホルモンバランスの乱れ

8.jpg

女性の手のむくみには、切っても切れない関係のあるホルモンバランス。女性ホルモンは、約2週間で優位なホルモンが入れ替わります。

月経後から排卵日にかけては、体調も気持ちも安定するエストロゲンが優位な卵胞期。卵胞期には、むくみが無い事が多い女性でも、排卵日から月経に向けて分泌が活発になるプロゲステロン優位な黄体期にはむくみやすくなるのが普通です。

手足のむくみだけでなく、この時期は全身がむくんでしまう人もいる程、女性にとってむくみやすい時期なのです。また、ストレスや不規則な生活習慣などで女性ホルモンのバランスが乱れた時にも、手のむくみが発生しやすくなります。

女性ホルモンのバランスが原因で手がむくんでいる場合、健康的な生活ときちんとした睡眠・ストレスの発散など、女性ホルモンのバランスが乱れないように工夫する必要があります。

病気

9.jpg

サプリメントの項目で少し触れましたが、手のむくみが発生する病気があります。内臓疾患の患者さんは、病気の症状としてむくみが現れる事も。主に以下のような病気が手のむくみと関係します。

<腎性浮腫>ネフローゼ症候群や糖尿病性腎症などの腎臓疾患。
<内分泌性浮腫>甲状腺機能低下症など、ホルモン分泌が正常に働かないためむくみが起こる。
<栄養障害性浮腫>ビタミンB群欠乏症など、体内の栄養障害。
<肝性浮腫>肝硬変などの肝臓病。
<心性浮腫>慢性心疾患・肺性心など。
<静脈性浮腫>静脈瘤や大動脈症候群などの静脈の詰まりからくるむくみ。
<リンパ性浮腫>リンパの詰まりからむくみが起こる。
<その他の病気>突発性浮腫・月経前症候群・妊娠高血圧症・悪性浮腫など。

手のむくみを引き起こす原因となる病気は多種多様ですが、内臓疾患が多いですね。もしも自分の手のむくみの状態が病的で、一日のうちで改善が見られない、他にも身体の痛みや息切れなどの症状がある場合は、思い切って病院に検査を受けに行った方がいいかもしれません。

むくみと関係する病気の大半は、命に関わる重大な病気です。健康な身体にはむくみが見られない事から、身体が余分な水分を排出できずにむくみを引き起こしている状態は、ある意味健康を害しているとも言えます。慢性のむくみに悩んでいる場合、それが手のむくみだけであっても甘く見ずに原因を突き止め、対処しましょう。

手のむくみの改善方法

手のむくみの改善に効果的なのは、この5つです。
・『マッサージ』で老廃物を排出しやすくする。指先から腕、脇のリンパ節まで、しっかりとマッサージする事で血流も改善し、手に溜まってしまった余分な水分の排出力を高めます。

・『生活習慣の改善』でホルモンや自律神経のバランスを保つ。寝る前のスマホ習慣も改めましょう。

・『食生活の改善』でむくみにくい身体作り。塩分は控えめに、ミネラルの取れる食事を心掛ける。過剰な水分補給は避けましょう。サプリメントを有効活用するのも。

・『適度な運動』をして、特に下半身の筋肉を増やす。下半身の筋肉を増やすと、血流を上半身に押しかえすポンプ作用が強力に。水分やリンパの詰まりを予防するのに効果的です。

・むくみの原因となっている『病気の治療』。手のむくみの原因が病気なら、病気を治療する事でむくみが改善できます。

顔や足のむくみと比べて軽視されがちな手のむくみ。手だけだから・・・と放置するのではなく、その日のむくみはその日のうちに対処する必要があります。それには、自分の手がなぜむくんでいるのか原因をしっかりと把握する必要があります。

あなたの手のむくみを引き起こしている原因はわかりましたか?デスクワーク中のストレッチやマッサージを日課にして、スッキリと軽い手と健康体を同時にGETしちゃいましょう。

この5つは、手のむくみ解消だけでなく、全身のむくみの軽減・健康増進にも役立ちます。健康な人の手はむくみません。自分の手がむくむ原因の解消に合った方法を見つけて、意識して生活に取り入れ、普段から対策をしていきましょう。

スポンサーリンク

Check Also

shortcut_girl

舌回しは美容の味方!そのやり方と注意点を解説!

お仕事でずっとパソコンに向かっ …