Home / むくみ / 食べ物とむくみの関係とは!?むくむ食べ物とむくまない食べ物
2.jpg

食べ物とむくみの関係とは!?むくむ食べ物とむくまない食べ物

1.jpg

食べ物に、むくむ食べ物とむくまない食べ物がある事をご存じですか?単に水分量が多い食べ物がむくむ食べ物ではありません。あなたのむくみの原因は、もしかしたらむくむ食べ物にあるかもしれません。

気になるむくむ食べ物とむくまない食べ物を、具体的にご紹介します。むくまない食べ物で、むくまない身体を作りましょう!

スポンサードリンク

むくむ食べ物ってどんな食べ物?

むくみは、身体に余分な水分や老廃物が溜まってしまっている状態です。代謝が正常に行われていないため、身体にとって決して健康な状態ではありません。むくむ食べ物を取る事によって、むくみが加速する事は、できれば控えたいですよね。

むくむ食べ物には特徴があるので、意識して量を控えめにしたり、別のものを食べる事で、むくみを予防できます。むくむ食べ物は、こんな食べ物です。

塩分の多い食べ物

2.jpg

塩分の多い食べ物を食べると、身体が塩分濃度を一定に保つために、余分な塩分を排出しようとします。そのときに必要なのが、塩分の排出に役立つミネラル、カリウムです。

そのカリウムが足りなくなれば、身体は他の方法で塩分濃度を下げようとします。身体に水分を溜め込んで、その水分で塩分濃度を調節しようとするのです。だから、塩分を摂りすぎれば摂りすぎる程、たくさんの水分を溜め込んで、むくみが酷くなっていきます。

むくむ食べ物の例

3.jpg

・ラーメン
・漬物
・うどん
・練り物
・加工肉
・チーズ
・市販のスープ類
・ノンオイルドレッシング
・パン類など

意外な食べ物もありましたよね。食べても塩分を殆ど感じない食べ物の中には、製造過程で多量の塩分を使用して作られた物があります。また、ノンオイルドレッシングは、砂糖や塩などの味付を濃くして作るのが一般的です。

意外な食べ物から、多くの塩分を身体に取り入れる事で、むくみを誘発していたんですね。この他にも、むくむ食べ物(塩分の多い食べ物)は、身近にたくさん存在しています。

むくまない食べ物

4.jpg

むくまない食べ物は、塩分を排出するのに役立つカリウムを多く含む食べ物です。カリウムが豊富にあれば、身体は塩分濃度の調節をカリウムで行う事ができるので、水分を過剰に身体に溜め込む必要がなく、むくみません。

むくみの原因を解消できるのが、むくまない食べ物なんですね。それでは、カリウムが豊富に含まれる、むくまない食べ物とはどんな食べ物なのでしょうか?

むくまない食べ物の例

5.jpg

・アボカド
・バナナ
・ピタヤ
・夏みかん
・メロン
・八朔
・キウイフルーツなど

カリウムの含有量は、他の食べ物と比べて断然フルーツが多いです。特に、アボカドは1つに720mgものカリウムが含まれており、むくまない食べ物の代表格と言えます。

むくまない食べ物は、塩分の摂りすぎからくるむくみの改善にも効果的なので、是非日頃の食事に取り入れたいですね。『朝のフルーツ金』という言葉もあるので、朝食にフルーツを食べる習慣をつけるものいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

Check Also

shortcut_girl

舌回しは美容の味方!そのやり方と注意点を解説!

お仕事でずっとパソコンに向かっ …