Home / むくみ / 朝のむくみはなぜ出るの?朝にむくみが出やすい理由と予防方法
鏡

朝のむくみはなぜ出るの?朝にむくみが出やすい理由と予防方法

朝起きて鏡を見てがっかり。顔がボテッとしてパンパンになっていて、化粧のりも悪いし最悪な気分になったことはありませんか?女性なら誰しも経験されておられることでしょう。では、この朝のむくみ、特に顔にむくみが出やすいですが、どうして生じるのでしょうか?

できれば、毎日を同じコンディションの顔で1日をスタートさせたいですよね。では、朝のむくみを予防させる方法と合わせてご紹介していきましょう。

スポンサードリンク

むくみが生じるメカニズム

鏡

朝にむくみが出やすい理由を知るために、まずは、私たちの身体にむくみが生じるメカニズムをご紹介します。

私たちの身体にむくみが生じるのは、何らかの要因により、血液やリンパの流れが滞り、体内にある余分な水分や老廃物が排出されず、皮膚の下に溜まってしまうためです。

朝のむくみがいつまでも取れない場合は、病気が原因でむくみが起きている場合もあります。ですから、夕方になっても顔がむくんだままだとか、顔以外にも全身にむくみの症状などが続いている場合は、病院での診察を受けることをオススメします。

朝にむくみが生じる原因

では、ここからは、朝にむくみが生じる、つまり、血液やリンパの流れが悪くなる原因について5つほど挙げていきます。

お酒の飲み過ぎ

お酒

お酒を飲む方で、朝のむくみが生じる方の多くは、このアルコールの摂り過ぎが原因となっていることが多いかもしれません。飲んだ翌日は、顔がむくんでいませんか?

アルコールには、利尿作用があります。お酒を飲んでいると、トイレが近くなりますよね。
そして、アルコールは肝臓で分解されるのですが、その分解の際に水分を必要としますから、体はどんどん脱水状態になります。

脱水状態になると、体は水分を溜め込もうと働きます。そのため、むくみが生じるのです。ですから、アルコールを飲む時は、二日酔い予防もかねて、アルコールと同じだけの量の水分を摂ることがすすめられています。

塩分の摂り過ぎ

唐揚げ

むくみが生じた前日、何を食べましたか?塩分の多い、味の濃い目のものを食べたかもしれません。お酒を飲んだのであれば、特におつまみは味の濃いものが多いので塩分を多く摂っている可能性があります。

塩分を摂ると、のどが渇いて水が飲みたくなりますが、体の中でもそれと同じ動きが起きています。摂り入れた塩分を薄めようとして、水分を必要とし、体内に溜め込もうとするのです。

むくみが生じた朝の前日に限らず、私たちの現代の食生活は味付けの濃い塩分の多い食生活になっていますから、むくみが生じてもおかしくはないと言えるでしょう。

冷えている

血流やリンパの流れを悪くする大きな要因の1つに冷えがあります。日中、エアコンの中に1日いたり、生足で過ごして足が冷え切っていたりしませんか?

また、お風呂にゆっくりとつからず、シャワーのみで済ましていないでしょうか?これも体を冷やし、血流やリンパの流れを悪くし、代謝機能を下げ、むくみを生じさせる原因となります。

運動不足

適度に運動をしていないこともむくみの原因となります。運動をすることで、筋肉がつきますよね。

この筋肉はむくみと関係があります。筋力が低下していると、リンパ液を動かすことができず滞ります。また、血液を心臓に送る力も弱くなるので、血液の巡りも悪くなります。

そうなると、細胞の力も弱まり、老廃物を排出する力も弱まり、新陳代謝も悪くなるのです。その結果、むくみが生じてきます。

生理前のため

生理前になると朝起きた時に顔がむくむという方も多いはずです。それは、ホルモンバランスの変化のために生じます。

生理前は、本来妊娠に備える時期のため、栄養や水分、脂肪などを体に溜め込もうとするためむくみやすくなります。体重が増えるのもそのためです。

このホルモンバランスの変化は自分ではどうしようもない分野でもありますが、むくみをできるだけ抑えるために水分や塩分、アルコールなどの摂取の仕方に特に気を付けると良いかもしれません。

朝のむくみの予防方法

鏡を見る

では、朝のいやなむくみを予防するには何を行うと良いでしょうか?おススメの方法をいくつかご紹介します。少し意識して生活を変えるだけで良い事ばかりですから、ぜひお試しください。

食生活の調整

塩分の多い食生活を送っておられたなら、食生活を変えることでむくみを予防できるかもしれません。外食やコンビニ弁当などが多い方は、どうしても塩分は多め、味は濃い目になっていますから、できるなら自炊がオススメです。

そして、むくみ予防に摂り入れていただきたい成分がカリウムです。このカリウムは体内の水分バランスを保つのに有効な働きをします。そのため、余分な塩分、水分を排出してくれるので、むくみ予防に効果的です。

カリウムが多く含まれる食べ物は次の通りです。

・果物−アボカド、バナナ、メロン、キウイ
・野菜−パセリ、ニンニク、ほうれん草、枝豆
・きのこ類−干しシイタケ、きくらげ、エリンギ
・魚類−煮干し、鰹節、たい
・肉類−生ハム、鶏のささみ、豚ひれ肉
・豆類−きな粉、納豆、おから、豆乳

これら以外にも数多くありますが、特に多く含まれているとされていますので、積極的に日頃の食事に摂り入れていきましょう。

お風呂にゆっくり入る

お風呂

むくみの予防には、身体を温めることが大切です。特に、夜にしっかりとお風呂に浸かり体を芯から温めて睡眠に入るなら、朝のむくみ予防につながるでしょう。

おしゃれをしたいという方も多いので、日中は生足で過ごすことはやめられないという方も多いでしょう。また、職場などのエアコンを自分の体温に合わせて調節することは困難です。

ですから、家に帰ってきて、冷えている体を温めて、血流やリンパの流れを良くするように心がけてください。

適度な運動をする

筋力を付けるために適度な運動をすることをオススメします。職場と家との往復で、休みの日にわざわざ運動なんて疲れることはしたくないという方も多いかもしれません。

大掛かりな運動をする必要はありません。通勤時に一駅だけ手前で降りて歩くだけでも良いです。いつもはエレベーターを使うところを階段に変えてみませんか?

車で行っていた買い物を歩いて行ってみるのはどうでしょうか?ちょっとした時間を見つけてウォーキングをするだけで良いのです。

もっとしたいという方は、水泳やジョギングなどを行うと筋力が付き、血行やリンパの流れが良くなりますし、代謝機能がアップし、冷えの解消、むくみ予防につながっていくでしょう。

もしそれも無理という方は、家でお風呂上がりにストレッチをして全身を動かしてみると良いかもしれません。また、ラジオ体操も体中の筋肉を使うのでオススメの運動です。

お酒を飲み過ぎない

朝のむくみの原因の大きなものはアルコールの飲み過ぎにあります。どうしても、翌日むくみたくないという方は、適量にしましょう。

特に、冷たいアルコール類は冷えも生じさせますから、むくみの原因となりかねません。最初の1杯は、冷たいものにして、あとはできるだけ、常温かお湯割り、熱燗、ホットワインなどにするといった工夫をするのはいかがでしょうか?

朝のむくみは予防可能!

朝起きた時に鏡を見て、スッキリした顔だと1日の始まりとしてモチベーションも上がってきますよね。そのために、むくみを予防する生活習慣を送るように努めていきたいですよね。

私たちが何を食べるか、どのように体を使うかで、体は作り上げられていきます。体は非常に正直だと思われませんか?ですから、意識して自分の体をいたわった生活を送り、むくみと無縁の生活を送っていきましょう!

スポンサーリンク

Check Also

shortcut_girl

舌回しは美容の味方!そのやり方と注意点を解説!

お仕事でずっとパソコンに向かっ …