Home / 美肌 / メラニン生成の仕組みとメラニン色素を減らす方法
girl-571808_1280-600x428

メラニン生成の仕組みとメラニン色素を減らす方法

日常生活の中で、外に出ないということはなかなかできないものです。だけど、そんなときに気になるのが日焼けやシミなどの肌トラブル。その根本の原因になるのが「メラニン」ですよね。

だけど、人間が生きていく上で、メラニンが全くなくなってしまうことはできないことなのです。有害な紫外線から、肌を守る役目をになっているのがメラニンなのですから。

それでも、「美白」を目指す人にとって、やはり日焼けは天敵です。余分なメラニンの生成を抑えて、健康的に美しく白い肌を手に入れるにはどうしたらいいのでしょうか。

メラニン生成の仕組みを学んで、メラニンを作らない方法、そして減らす方法を考え、より美しい肌を手に入れるために何をしていけばいいか考えていきましょう。

スポンサードリンク

1.メラニン生成のしくみ

紫外線に当たると、生成されるメラニンですが、何の目的で作んられているのでしょうか。先にも説明したとおり、紫外線から肌を守るためなのです。

紫外線は肌にとって、すごく有害なものです。紫外線から身を守るための防衛本当が「メラミン」の生成ということになります。ですから、紫外線に当たれば当たるだけ、メラミンは増えていくのです。

1.メラノサイト

メラミンは、表皮の一番深い場所、基底層にあるメラノサイトで作られています。メラノサイトは、色素細胞やメラニン細胞などとも呼ばれているように、ここで作られているメラニンの量がが肌の色を決めていくのです。

メラノサイトは、表皮が紫外線を浴びたときに出す「メラニン生成」を促す信号を受け取ると、紫外線から肌を守るために、メラミンを作っていきます。

これを行わないと、細胞核が破壊されたり、異常をきたして皮膚ガンを引き起こしたりするため、メラノサイトでメラミンが作られるということは、身体にとってもとても大切な働きなのです。

2.活性酸素

活性酸素もまた、メラニンと同じで、身体を守るための機能の一つです。ですが、活性酸素は老化の原因としても有名ですよね。

その理由は、活性酸素の増えすぎなのです。紫外線を必要以上に浴びてしまうと、それに伴い活性酸素の量も増えていきます。

活性酸素はとても強力な殺菌効果を持っているため、身体を守る働きをしてくれます。体の中に入った有害なものを無効化するためには活性酸素の存在は不可欠です。

しかし、過剰に作られてしまうと、体を守るための活性酸素が余ってしまいます。その余った活性酸素は、老化の引き金になってしまうのです。

強力であるからこそ、活性酸素は少しわがままな性質を持ちます。不安定な形をしている活性酸素は、きちんとした形を取り戻すために、他の物質から、形を保つために必要なものを奪っていきます。

その結果、シミの原因である過酸化脂質を作り出したり、シワの原因になるコラーゲンの酸化を促したりをするのです。

3.ターンオーバー

肌の行う新陳代謝の流れのことを、ターンオーバーと言います。大体一月ほどで、行われると言われていますが、年齢と共に長くなる傾向にあるようです。

ターンオーバーの期間は、肌がきちんと正常な状態で作られてこそ、意味があるものです。

早すぎるターンオーバーは、未熟な肌を露出させてゆきます。また、ターンオーバーが遅ければ、必要のない角質が残り続け、どんどん厚くなっていきます。どちらにしても、肌トラブルを招いてしまいます。

ターンオーバーが乱れる理由というのはたくさんありますが、紫外線を浴びすぎてしまうことでも、ターンオーバーも乱れていきます。肌の健康を守るためにも、紫外線への対策は必要なのです。

4.紫外線対策

the-sun-470317_1280

紫外線対策といえば、日焼け止めクリームやそれと同じ効果を持たせたUVカット化粧品、そして日傘を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。この二つを併用すると、紫外線の大半が防御できると言われています。

日傘はとても有効な手段ではありますが、地面から反射する紫外線に対しては意味を成しません。ですから、それ以外の方法と併用しながらが望ましいのです。

またそれだけではなく、紫外線を通しにくい素材や色が使われた服を着ることも紫外線対策になります。

日焼け止めクリームは、PAの表示が高ければ高いだけいいというものではなく、使う場所に合わせて数値を選ぶといいでしょう。日常生活を送ったり少し遠出をする程度であれば10~20程度で充分です。海などのレジャーに行くときは、より高い数値の方が効果的です。

紫外線は濃い色の方が通しにくいので、黒に近い色の服を選ぶといいでしょう。特に夏は暑いからから涼しく見える淡い色を選びがちですが、淡い色は紫外線を透過しやすいため、お勧めはできません。

また、木綿やポリエステルは紫外線を通しにくい素材なので、どうしても淡い色の服を着たいときには素材に気を配ってみるといいかもしれません。UVカット衣料や、衣料用のUVカットスプレーもありますので、併せて使用していきましょう。

どれだけ対策をとっても、日々の生活習慣が乱れていては意味がありません。睡眠不足や疲労の蓄積があれば、身体は正常な働きができません。また必要な栄養が足りなければ、どれだけ対策をとってもその効果が十分に発揮できる状態ではなくなります。

紫外線の対策だけではなく、日々の生活もきちんと規則正しくしていきましょう。

5.酸化しやすい油脂に注意

活性酸素と結びつくことで、油脂は酸化して、過酸化脂質になります。この過酸化脂質ができることによって、様々な悪影響があります。シミやシワの原因になるのも、活性酸素が直接の原因ではなく、過酸化脂質によるところが大きいのです。

過酸化脂質になる油脂は、天然由来のものになります。ですが、全ての天然由来の油を摂取しないというのはとても難しいことです。

ですから、抗酸化作用があるビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールが含まれた食品を摂取しながら、過酸化脂質を予防していくことが大切です。

また、過酸化脂質に変わりやすい油脂が使用されていないものや、オイルレスの化粧品を選んだり、あぶらとり紙などを併用してすることも、過酸化脂質を増やさないための対策になります。

6.不規則な生活・ストレスに注意

girl-1064659_1280

メラニンを増やさないように努力していても、生活習慣が乱れていたり、ストレスをため込んでいると、意味をなさないものです。

ストレスをため込むことによって、ホルモンバランスが崩れてしまいます。ホルモンバランスが崩れると、メラニンを産生する必要がないのにもかかわらず、メラノサイトが刺激されて、メラニンを産生してしまうことが分かっています。

ストレス社会と言われる現代では、なかなかストレスを感じないということは難しいとは思いますが、適度に発散させていく必要があるでしょう。

また、ストレスが溜まると、睡眠不足の原因になってしまいます。睡眠不足など生活習慣の乱れも、健康の上でよくないだけでなく、お肌の不調にかかわってくるのです。

いい肌の状態を作るためには、質のいい睡眠は欠かせないものです。成長ホルモンが分泌されると言われているのは睡眠中。特に、寝始めてから3時間の睡眠はとても大切です。

かつては22時から2時の間の睡眠が効果的と言われていました。しかし、現代ではその時間に就寝することが難しい人が大半ですし、科学的な根拠はないと言われています。

その時間に就寝することを心がけるよりも、深く眠ることを心がけた方がいいでしょう。

7.女性ホルモンの影響

ストレスのところにも少し書きましたが、女性ホルモンのバランスが崩れると、メラニンを産生する原因になってしまいます。

女性ホルモンには2種類ありますが、その一つであるエストロゲンにはメラニンを増加させてしまう働きがあります。ですから、ホルモンバランスが乱れると、エストロゲンがメラノサイトを刺激して、メラニンを余分に産生してしまうのです。

女性ホルモンの乱れる原因はいろいろありますが、ストレスや生活習慣の乱れだけでなく、過度のダイエットや体の冷えなどからも引き起こされます。また、加齢によってもホルモンバランスは乱れていくので、誰もが直面する問題とも言えますね。

2.メラニン色素を減らす方法

メラニンはないと困るけど、過剰に作られているメラニンは減らしていきたいですよね。そんなときはどんな対策をしていけばいいのでしょうか。

メラニンを減らしてくれる栄養素を取ったり、美白系のスキンケアを実践したりすることが大切です。また、減らす量より、増えた量が多くなると、減らしても意味がないので、日焼け対策も必要です。

具体的にはどのようにしていけばいいのか、まとめていきましょう。

1.ビタミンCの摂取

fruits-155616_1280

メラニンを減らすためにお勧めしたい栄養素はビタミンCです。ビタミンCは、メラニン産生を抑制する効果や、排出を促す働きがあります。また、抗酸化作用もあるので、活性酸素の抑制にもつながります。

また、肌をきれいに保つためにも、ビタミンCはとても大切な栄養素です。コラーゲンを生成していく手助けをしてくれる栄養素でもあるので、美肌にしていくためにも、取り入れていきたいですね。

ビタミンC以外にも、トマトに代表されるリコピンも抗酸化作用に優れていますし、緑黄色野菜に含まれるビタミンAやビタミンEはビタミンC同様にメラニンの排出を促す効果がある上に、美肌にも大変効果的です。

特に野菜や果物に多く含まれる栄養素になりますので、野菜が苦手という人もいるでしょうが、積極的に取り入れていきたいですね。

2.日焼け対策

メラニンをどれだけ減らしても、紫外線に当たってメラニンを生成してしまえば意味はありません。それどころか、メラニンの生成量の方が多くなってしまえば、どんどん日焼けしていきますし、シミやシワの原因となってしまいますよね。

日中に外出しないということはなかなか難しいですし、家の中にいても、外から入ってくる日差しによって、紫外線は浴び続けてしまうことになります。

ですから、日焼け止めクリームを塗ったり、UVカット化粧品を使用するなどして、日焼け対策をしていくことは重要です。

外出する際には、日傘や紫外線を通しにくい服装で出かけるように心がけましょう。

3.肌のターンオーバーを整える

sunscreen-1461335_1280

メラニンが肌に残り続けて、色素沈着を起こしている状態というのは、ターンオーバーが乱れている証です。ターンオーバーが極端に早すぎたり、遅すぎたりするのが原因で、古い角質が肌に残り続けている状態になっています。

メラニンを減らしていくためにも、一度乱れたターンオーバーを正常に戻していくことも大切です。それによって、生成されたメラニンは、新陳代謝によって、剥がれ落ちていくからです。

洗顔に気を使っている人も多いとは思いますが、過剰な洗顔をしている人も多いという現実もあります。きれいにしようとしすぎて、過剰に石鹸を使ったり、ごしごし洗ったり拭いたりする人がいますが、やりすぎは禁物です。

また、睡眠不足やストレス、寝る前の食事や過剰な運動もターンオーバーの妨げになります。できるだけ質のいい睡眠を取る、ストレスをためない、ご飯は就寝より3時間程度前に済ませる、就寝前の運動はストレッチ程度に抑えることで、ターンオーバーにエネルギーが正常に使われ、肌の健康状態を保つことができます。

そして、正しいスキンケアして、肌を整えていきましょう。水分が多いものから順番にしていくことが大切です。油分が多いものを後に使うことにより、化粧水で補った成分を、肌に留めておくことが目的です。

洗顔をしたらすぐに化粧水をなじませ、美容液、乳液、クリームの順番に着けていきましょう。

美容液と乳液の順番を間違えている人もいるようですが、順番を間違えるだけでもスキンケアの効果が薄くなるので、注意してくださいね。

まとめ

メラニンの生成の仕組みやその対策について考えてみると、スキンケアだけではなく、日々の日常生活の些細な乱れが悪化させてしまうことがあることがよく分かります。

自分では気をつけているつもりでも、食生活や睡眠のバランスがうまく取れていなかったり、気を使いすぎた洗顔が肌の調子を乱していることが分かりました。きれいにしたいという気持ちから、やりすぎることで悪化してしまうこともあるんですね。

メラニンや活性酸素が、ただの悪者ではなく、身体にとって大切な役割を担っていることもよく分かりました。しかし、過剰に存在することがよくない結果を招くことを学ぶことができたと思います。

日々の生活を見直し、正しいケアをしていくことで、より美しく健康な肌を保つことができます。全部を今すぐ改善することはとても難しいことですが、一つずつ改善していけば、厄介だと思っていたメラニンともうまく付き合っていけると思いませんか。

スポンサーリンク

Check Also

f8e7a2df068ae2953907ae3c97a07f1f_s-600x400-600x330

ホットジェルのクレンジング剤の特徴とおすすめな人

ホットジェルタイプのクレンジン …