Home / 美肌 / 目元のしわを改善しよう!~しわのできる原因と対策~

目元のしわを改善しよう!~しわのできる原因と対策~

年齢とともに肌にハリを感じなくなり、しわも気になってきますよね。年齢に負けないハリのある肌を手に入れたい!と、女性なら誰でも思うのではないでしょうか。一言でしわ対策といっても、しわのできる原因をしっかりと知ったうえでケアを行わないと、まったく改善に繋がりません。

また、しわといってもできる箇所、深さ、タイプなど人それぞれです。なので、自分はいったいどのような対策をするべきなのかといった点にも注目したいところです。

そこで本記事では、私たちの敵である「しわ」が何が原因でどうやってできるのかを知りましょう。そのうえでしわの根本原因を無くす為の効果的なケアをしていき、きれいな肌を手に入れていきましょう。

スポンサードリンク

皮膚の構成を知ろう!~皮膚は3つの層で成り立っている~

皮膚は肌の表面から以下の3層で成り立っています。

・表皮:約0.2ミリの厚さ(さらに角質層・顆粒層・有棘層・基底層の4つの層がある)
・真皮:約2ミリの厚さ(毛細血管・皮脂腺・汗腺がある)
・皮下組織:脂肪の層

肌のケアを行うときに大切な場所は表皮と真皮になります。この2つの層にできるしわの原因をしっかりと理解し、効果的なケアをしていきましょう。

しわの種類と原因を知り、効果的なケアを!

しわには大きく2つの種類があります。まず1つは、表皮の機能低下が原因でできる「小ジワ」。2つ目が、真皮膚の機能低下が原因でできる「深いしわ」です。それぞれにしわのできる原因を知り、効果的なケアをしていく事でしわの改善につながります。

小ジワの原因とケア方法

表皮の機能低下による小ジワの原因は、加齢や空気の乾燥、紫外線による水分不足から起こる肌の乾燥です。表皮の中にある角質層に水分を補給してあげることで、小シワは改善できます。では、どういう水分補給をすればいいのでしょう?

角質層の潤いを保つ為に必要な3つの要素は「皮脂膜」「NMF」「細胞間脂質」です。この3つの要素に必要な成分は以下の通りです。

・皮脂膜:脂肪酸・スクワレン・ロウ類
・NMF(天然保湿因子):アミノ酸・PCA-Na
・細胞間脂質:スフィンゴ脂質・セラミド・コレステロール・脂肪酸

角質層の潤いを保つ為に必要な上記の成分が入った化粧品を選び、お肌に効果的な栄養を与えましょう。化粧水で水分補給した後は、乳液やクリームも忘れずに。目元のしわには適度なマッサージも有効です。補った水分を逃がさないケアとマッサージで目元のしわを改善しましょう。

深いしわの原因とケア方法

真皮の機能低下による深いしわの原因は、加齢や紫外線によるコラーゲンやエラスチンの減少です。ここでも紫外線…大敵ですね。肌のハリという言葉を良く聞くと思います。このハリの構造はどうなっているのでしょう?

コラーゲン繊維が真皮の中には網目状になっています。そのコラーゲン繊維を束ねているのがエラスチン繊維というもの。そして、コラーゲン繊維とエラスチン繊維の間にヒアルロン酸が存在し、この3つの要素が肌のスポンジ構造を作っているのです。

いわゆる「肌のハリ」とはこのことです。この3つの要素のバランスが崩れるとハリもなくなるということが理解できると思います。

「では、表皮と同じようにコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を補えばいいのでは?」と思うかもしれません。

しかし、これらの成分の分子は肌に浸透させるには大きく、皮膚の表面にいくら塗っても真皮まで届かないのです。いろいろな化粧品のCMなどがありますが、意外とこの説明はなく、皮膚の表面に塗ると肌の奥まで浸透するという誤解が生まれているように思います。

では、どうすればいいのか?まずは予防です。真皮の機能低下の最大の敵は「紫外線」です。紫外線は肌の奥まで浸透し、肌のハリを作っているコラーゲンやエラスチンを分断していきます。

外出の時には紫外線対策をしっかりすることが大切です。目元の紫外線対策には日焼け止めなどを塗る事とサングラスが有効です。

真皮のしわに対して予防しかできないのか?というとそうではありません。肌に直接いろいろな化粧品を塗っても真皮には届かず即効性はありませんが、体の中から改善をしていけば肌のハリに大切な要素を元気にすることができます。

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の細胞を元気にするためには、バランスのとれた食事、十分な睡眠、規則正しい生活が大切です。体を健康に保つことが肌を元気にし、きれいにしていくのです。

元気な体をつくり、新陳代謝を高めよう!

新陳代謝がきちんと行われている皮膚には潤いを保つ力や細胞が生まれ変わる力があります。生まれ変わってくる細胞が元気なら、肌もきれいになっていきます。未来の自分の細胞の為に肌に良い栄養素を取り入れましょう。

そして、目元のシワには特に睡眠が大切です。寝不足の状態の目元には元気がありません。自分の体をつくっている細胞にとってよい栄養を食事で補いそして、規則正しい生活を心がけ、しっかりと睡眠をとり、シワも改善できる強い肌を作っていきましょう。

まとめ

女性 女子 植物 美容 手 お手入れ 手元 身支度 緑 背景白 アロマ 清潔 瓶 ケア クリーム 掌 コットン エステ 綿棒 アイテム 美肌 スキンケア オイル 化粧水 美容液 ハンドクリーム 身だしなみ 基礎化粧品 化粧品 コスメ エアプランツ 乳液 肌ケア ヘアオイル

いかがでしたか?

ここでは、目元のしわの種類と原因、そして皮膚のしくみやそれぞれに効果的な成分をご紹介しました。

まず、小ジワのケア方法ですが、肌の乾燥からくるものが多いようです。なので、上記で述べた成分だけでなく、ヒアルロン酸やセラミドなどといった乾燥に効果的な成分の配合されたものやアイクリームを使用するのもおすすめです。

そして、深いしわは紫外線対策などの予防を常にして、改善方法としては生活習慣を変えることで大きな効果が得られそうですね。それに加え、新陳代謝を高めるために適度な運動をして気持ちも体もリフレッシュするとなお良いですね。

スポンサーリンク

Check Also

牛乳石鹸の洗顔効果がすごい!牛乳石鹸の効果と正しい使用方法

皆さんは洗顔の際にどんな洗顔料 …