Home / 美肌 / 肌の黒ずみの原因と綺麗に治す方法
03401

肌の黒ずみの原因と綺麗に治す方法

夏場など服装が薄着になる季節になると、気になってくるのが「お肌の黒ずみ」です。肌の黒ずみは、体の様ざまな部位に起こり、特に気になるのが、鼻、肘、膝、脇の下、ビキニライン、お尻などではないでしょうか。

肌に黒ずみがあると、「鼻の黒ずみをメイクで隠そうとすると余計に目立つ」、「肩が出る服を着たいけど、脇の下の黒ずみが気になってチャレンジできない」、「スカートやワンピースでおしゃれしたいけど膝の黒ずみが恥ずかしい」、「ビキニラインやお尻の黒ずみが気になって水着が着れない」などの悩みが出てきます。こういった悩みはデリケートなのでなかなか人にも相談しにくいですよね。

そこで、黒ずみの原因と綺麗に治す方法をご紹介していきます。肌の黒ずみができる部位によって黒ずみの原因と治す方法が異なってくるため、部位ごとにご紹介します。

スポンサードリンク

肌の黒ずみの原因と綺麗にする方法(部位別)

鼻の黒ずみの原因

hana-pack-600x400

出典:http://any-stress.com/
鼻にできる黒ずみは、小鼻にできる毛穴の黒ずみのことです。この黒ずみには、2種類あり、毛穴の周りに存在する古い角質と、毛穴に存在する皮脂が混ざり合ってできる角栓が酸化して黒くなったものと、紫外線などで色素沈着してしまったメラニン色素がシミになってしまったものが存在します。

一つ目の角栓が原因の黒ずみは、肌の乾燥や生活習慣の乱れ、睡眠不足、ストレスなどが関係しており、肌の生まれ変わりサイクル(肌のターンオーバー)が乱れることでが要因の一つになっています。一度、肌のターンオーバーが乱れると、毛穴付近の角質層が未熟なままで育ち、通常に洗顔では、剥がれにくくなります。剥がれず、どんどん厚くなった角質は、毛穴付近を硬くし不必要な皮脂の排出を妨げ、黒ずみだけではなく、ニキビができる原因にもなってしまいます。

二つ目のメラニンが原因の黒ずみ(シミ)は、肌が紫外線を吸収した際に、肌を守ろうとする防衛反応がメラニンを増殖させ、紫外線で傷ついた部分が黒く色素沈着を起こすことが原因です。

【綺麗に治す方法】

鼻の黒ずみを綺麗に治すには、「酵素洗顔」がおすすめです。酵素の持つ分解パワーは、通常の洗顔料では、落としきれない毛穴のタンパク質の汚れや皮脂の汚れを吸着して溶かしながら除去してくれます。溶かして除去するため、肌に負担をかる心配もありません。酵素洗顔後は、メラニンを抑える効果もある、ビタミンC誘導体の化粧品や、美白化粧品でしっかり保湿してあげることが大切です。保湿をしっかり行うと、肌のターンオーバーが乱れる原因になる肌の乾燥や過剰な皮脂分泌が抑えられ、健康的な肌へと導いてくれます。

肘・膝の黒ずみの原因

膝の黒ずみを気にする女性

出典:http://www.kuro-zumi.com/

肘や膝の黒ずみは、摩擦や圧力、刺激などが加わわって角質をが厚くし、繰り返し蓄積することで色素沈着や黒ずみまで発展した状態で、無意識に行っている日常生活のクセが要因だと言われています。地面に膝を着くことが多かったり、テーブルに肘をつくクセがあったりすると、知らずしらずのうちに部分が硬くなり黒ずんできてしまいます。

【綺麗に治す方法】

肘や膝の硬くなった黒ずみを治す方法は、入浴時にピーリングできれいにするか尿素クリームなどで角質を柔らかくすることで徐々に綺麗になってきます。ピーリングの場合は刺激が強いので、使用する場合は、週に1~2回程度にし、使用後はクリームなどでしっかり保湿してあげることが大切です。保湿をしないと乾燥して、また硬い角質層を作り出してしまうので注意が必要です。

脇の下の黒ずみの原因

bg-underarms

出典:http://www.naircare.co.uk/

脇の下の黒ずみは、脇のムダ毛処理を行う際におこなう、剃る・抜くと言う行為が皮膚や毛穴や毛根を傷つけ炎症させてしまうことが原因になります。この炎症を起こした状態のことを毛嚢炎(もうのうえん)と呼び、一度炎症を起こすと、修復した際に角質が厚くなるという負のサイクルを引き起こし、やがて黒ずみになってしまいます。特に毛を抜くと言う行為は、毛根までダメージを与えてしまうため、炎症が起きやすく黒ずみになりやすくなります。

【綺麗に治す方法】

脇の黒ずみを治す方法は、自己処理でのムダ毛処理を止めると改善していきます。特に今まで、ムダ毛を抜いていた方は、ムダ毛処理の頻度を減らし、剃る行為に変えると少し落ち着いてきます。しかし、剃る行為でも肌に負担はかけてしまいます。可能であれば、エステや皮膚科で脱毛をすることが望ましいです。エステや皮膚科での脱毛に抵抗があると言う方は、美容成分配合の保湿クリームなどでケアをしてあげると、症状が少し落ち着きます。

ビキニラインの黒ずみの原因

c86fabb5429f6eb33b022e94e07f3eaf_m

出典:https://aloe.style/wp-content/

夏場にプールや海に行く際に気になるビキニラインの黒ずみには、2つの原因があります。一つ目は普段着用している下着やズボンなどの締め付けが原因となっています。この締め付けは、徐々に皮膚に刺激や摩擦やを加え、色素沈着を引き起こし黒ずみとなってしまいます。この刺激や摩擦による色素沈着は、摩擦黒皮症と呼ばれています。シミが皮膚の深いところにできているので綺麗に治るまでには時間がかかります。

二つ目は、ビキニラインのムダ毛処理による炎症性色素沈着です。脇の下のムダ毛処理と同様に、角質が厚く、硬くなることで色素沈着を引き起こします。脇の下に比べるとより皮膚が弱いところになるので色素沈着を引き起こしやすくなります。

【綺麗に治す方法】

ビキニラインの黒ずみを綺麗にするには、締め付けが原因の下着などの素材やサイズなどを見直してみることをおすすめします。ナイロン素材から比較的肌に優しい綿素材の下着に変えてみてはいかがでしょか。また、刺激や摩擦が加わる部位をクリームなどで保湿してあげても良いと思います。また、ビキニラインの皮膚か弱いため、ゆみが出ても掻いてしまう行為は避けましょう。

お尻の黒ずみの原因

fotolia_71833404_xs

出典:http://www.pksbz.com/

お尻は、なかなか鏡で確認することが少ないため、黒ずみができていても気づかないことが多いですが、意外にも黒ずんでいることが多い部分になります。主な原因は、長時間座っていることで、お尻に摩擦や圧力がかかり、皮膚が厚くなり黒ずむことが原因です。また、お尻の筋肉が少なかったり、骨が出ている場合にも黒ずみができることがあります。その他にも、お尻はビキニラインと同様に下着の摩擦や刺激で、摩擦黒皮症が起こり黒ずみになったり、ホルモンバランスの乱れなどでニキビが発生しやすく、ニキビが原因で黒ずみができてしまうこともあります。

【綺麗に治す方法】

お尻の黒ずみを綺麗にするには、長時間同じ姿勢で座ることを控え、クッションなどを利用して、圧力や刺激を分散させると少しずつ改善していきます。お尻は血行不良になりやすいので、気が付いたときに足のストレッチなどをすると効果的です。ビキニラインと同じように下着の素材を変えてみたり、皮膚が硬くならないように保湿クリームでケアをするのもおすすめです。お尻もデリケートな部分です。常に清潔にしておきましょう。

習慣やクセを見直して黒ずみを解決させよう

体の部位別に、肌の黒ずみの原因と綺麗にする方法をご紹介しました。自分の肌の黒ずみで該当する部位があれば、一度実行してみてください。また、黒ずみの主な原因は、私たちが日常で何気なく行っている、習慣やクセが作り出しています。この機会を利用して、習慣やクセを見直し、黒ずみのない綺麗な肌を手に入れましょう。黒ずみのない肌は、人に自慢できる肌になるはずです。

スポンサーリンク

Check Also

1[1]

敏感肌向けのファンデーションとは

「敏感肌」という言葉を聞いたこ …