Home / アンチエイジング / これで目元スッキリ!各種クマの原因と解消法を紹介!
29ea30443d029ac689e8315a2ef4a4d0_t

これで目元スッキリ!各種クマの原因と解消法を紹介!

疲労の蓄積や寝不足が続くとできる目のクマ。ファンデーションやコンシーラーなどで隠すこともできますが、時間が経つとよれてきてしまい、余計老け顔に見えてしまうこともあります。

できることならば、クマそのものを取り除いてしまいたいものですよね。クマにも種類があり、種類によって対処法が異なります。

本記事ではクマの原因と解消方法を種類別に説明していきたいと思います。本記事を読んで、自身のクマの種類を特定し、それに合った対処をすることで目元スッキリを目指しましょう!

スポンサードリンク

青クマができる原因と解消する4つの方法

青クマができる原因

目の周りの筋肉が硬直してしまうと毛細血管の流れが滞り、青く見えるのが青クマです。青クマができる原因は主に以下が挙げられます。

  • 乾燥
  • ドライアイ
  • 冷え
  • 睡眠不足
  • 眼精疲労
  • 低体温
  • ストレス

目の下に青クマがあると、顔色が悪く見えてしまいがちです。コンシーラーやファンデーションでも隠れにくい特徴があります。

青クマを解消する4つの方法

以下、青クマを解消する方法を4つご紹介します。

1.優しくマッサージする

指の腹を使い優しくマッサージをしてあげましょう。マッサージのポイントは力を入れない、こすらないことです。手の柔らかさと温もりを利用して優しくマッサージしましょう。

アイクリームなどを用いて、摩擦を起こさないようにすることが大切です。

2.血液をサラサラにする食べ物を摂取する

血液がドロドロに詰まってしまうような状態ですと血行が悪くなり、青クマができる原因となります。玉ねぎなどのネギ類、納豆、お酢などを積極的に摂取し、血液をサラサラにすることで血行不良を改善していきましょう。

代表的な食材にカシスがあります。カシスにはポリフェノールが多く含まれており、このポリフェノールが目の下の血流を良くするとされています。

血行の改善だけでなく、眼精疲労改善や抗酸化作用、美肌効果などもあると言われています。ポリフェノール配合の基礎化粧品なども販売されていますが、サプリメントなどで摂取するとより効果的です。

3.体を冷やさないようにする

血行をよくするために目の周りだけを集中して血行を促しても、すぐに冷えてしまいます。目の周りの筋肉を冷やさないために、まず体全体の温度を保っておくことが重要です。

軽い運動やストレッチをしたり、生姜が入った温かい飲み物を飲むようにするなど体の芯から体が冷えないようにする工夫を行いましょう。

4.ホットタオルで血行を改善する

ホットタオルを用いて青クマを解消する方法もあります。水に少し濡らしたタオルをレンジで20秒から30秒温めて、そのまま目の上に置きます。やけどをしないように温かさは調整しながら行いましょう。

タオルを置きながら、そのまま軽くタオルを抑えるなどしてマッサージをするとさらに効果的です。

茶クマができる原因と解消する4つの方法

888c133de9da3abc3b696d44c9368196_s-600x400

茶クマができる原因

茶クマができてしまうのは

  • シミ
  • 色素沈着

が主な原因です。紫外線による損傷や、目をこすることによる摩擦、化粧品や日焼け止め、皮膚炎などによるかぶれが色素沈着を引き起こします。

茶クマを解消する4つの方法

以下、茶クマを解消する方法を4つご紹介します。

紫外線対策を行う

紫外線は肌にダメージを与え、色素沈着やシミの元となります。夏以外の季節や、曇りの日でも気を抜かずに対策をしましょう。

目のまわりは皮膚が動くので日焼け止めクリームを塗ってもすぐ取れてしまいがちです。数時間おきに塗り直すなどして効果を持続させましょう。

摩擦を避けて肌を労る

癖で目のまわりをこすってしまっていたり、洗顔やクレンジング時に強く目のまわりを洗ってしまっていたり、花粉症などの痒みで掻いてしまったり。

まずは毎日行っている習慣を思い返し、少し気にかけて摩擦を避けるようにしましょう。

ピーリングを行う

ピーリングとは古い角質層を剥がし、ターンオーバーを正常にする角質ケアのことです。

茶クマができる原因の一つとして、肌のターンオーバーがしっかりなされないためにシミやくすみとして発生してしまう可能性があります。

本来28日周期で行われるべきターンオーバーは、加齢やストレス、不規則な生活などで乱れてしまうことがあり、クマを悪化させてしまいます。

ターンオーバーを促進するために、定期的にピーリングを行い、古い角質層を剥がし、肌の新陳代謝を促すのも方法の一つです。新しい新陳代謝の高い皮膚が出てくると肌の色がトーンアップし、茶クマが見えにくくなるのでオススメです。

ビタミンCを取り入れる

色素沈着してしまった茶クマを解消する方法としてビタミンCを摂取する方法があります。日焼けしてしまった際にもビタミンC誘導体などの化粧水を利用し、美白を行うことがありますよね?

それと同様に、ビタミンCを摂取することで出来てしまったメラニンの沈着を緩和させる動きを促進します。

具体的な手段としては、

  • ビタミンCが含まれている化粧水や美容液を使う
  • 美容外科でビタミンC誘導体の処置を受ける
  • サプリメントを摂取する

などの方法があります。

黒クマができる原因と解消する3つの方法

以下、黒クマを解消する方法を4つご紹介します。

黒クマができる原因

黒クマは加齢によって以下の症状が現れることで生じます。

  • 眼窩脂肪の突出
  • 皮膚のたるみ
  • 目や涙袋が大きい

黒クマを解消する3つの方法

1.コラーゲンを摂取する

コラーゲンを摂取することでアンチエイジングが期待でき、肌にハリや弾力性が生まれ、黒クマの原因である肌のたるみやむくみが解消されます。コラーゲンを含む化粧水や美容液を利用したり、サプリメントや食品で経口摂取するなどしましょう。

2.むくみを解消する

目元がむくむと、眼下に影ができやすくなります。

  1. ホットタオルを目元にかぶせる
  2. 運動で汗を流す
  3. 塩分を控える

などして血行を良くすることがむくみ解消につながります。

3.目元の筋肉を鍛える

眼窩脂肪が突出したり、目元がたるんでしまう原因は眼輪筋の衰えにあります。以下、眼輪筋を鍛える方法をご紹介致しますので実践してみてください。

眼輪筋トレーニング

  1. 舌を軽く出し、軽く噛む
  2. 下まぶたのみで目を閉じるよう力を入れる
  3. テンポ良く下まぶたの上下運動を繰り返す

まとめ

eb474ef3249831857d9bd7bfe398a614_s-1-600x400

いかがでしたでしょうか。種類別のクマができる原因と解消する方法をご紹介してきました。眼精疲労やストレス、日々の寝不足などによりできてしまう目の下のクマ。

コンシーラーなどで隠すことは即効性がありますが、根本的な解決にはなりません。クマを元から消すことができれば悩みも少ないですし、メイクの時間も短縮できますよね。

本記事でご紹介した原因、対処法をもとに目元のケアを行い、健康的な目元を目指しましょう!

スポンサーリンク

Check Also

efceb4361f5cbd1e2a9633d0c2efc316_s

チアシードを知って効果的に栄養を取り入れよう!4つの効能と2つの注意点

あなたはスーパーフードを普段の …