Home / アンチエイジング / 首のしわを解消しよう!首のシワの原因と解消方法
首1

首のしわを解消しよう!首のシワの原因と解消方法

首1
出典:出来てしまった首のシワに効く!本気のリンパマッサージ
年齢を重ねると共に現れる「首のシワ」。特に首は年齢が出やすい部位になり、シワも大きく深くなるのが特徴です。首にシワがあると、いくら上手に化粧をして若々しくみせても、首にシワのせいで老けて見えてしまいます。いつまでも若々しく見られるために、首のシワの原因と予防法、解消方法をご紹介します。

スポンサードリンク

首のシワの原因とは?

首には汗腺が2つあり、他の皮膚に比べて薄いために、たるみやシワができるやすい部位になります。また、首のシワができる原因には様々なものがあります。

加齢のよる首の筋肉の低下

年齢を重ねると徐々に筋肉量が低下してしまいます。特に首は重い頭を支えるためにとても重要な筋肉です。首の筋肉が低下するとたるみやシワの原因となります。日頃からストレッチやマッサージをして筋肉を鍛える必要があります。

表情筋の衰え

顔の表情筋は首と繋がっているため、表情筋が低下するとたるんだ状態になってしまい首のシワの原因となります。

ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンの減少

真皮に存在するヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンは皮膚の潤いやハリ、水分保持に重要な役割を果たしています。これらが加齢と共に減少すると首のシワの原因となってしまいます。

枕の高さや姿勢

首2
出典:顔の前倒れが首シワとホウレイ線を作る?
首の皮膚は、汗腺が顔の2倍あり伸縮の多い部位になるため、形状記憶の影響でシワができやすくなります。首のシワができたまま同じ姿勢を続けると大きく深いシワの原因となってしまいます。

食生活の乱れ

肌の新陳代謝や細胞の活動を正常に保つためには、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素をバランスよく摂取し、健康的な身体をつくる必要があります。特にビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEは肌の生成に重要な役割を果たしているのでしっかり摂取するように心掛けましょう。食生活の乱れが首シワの原因となることもあります。

睡眠不足

肌のターンオーバー(生まれ変わり)には、睡眠をしっかりとることも重要になります。肌が再生する、ゴールデンタイム(22~深夜2時)の間に深い睡眠をとるようにしましょう。生活習慣の乱れはストレスや乾燥の原因となり、首のシワの原因になります。

紫外線によるダメージや乾燥肌

首3
出典:beauty.authors
紫外線は、体内の活性酸素を増やし、乾燥や皮膚の弾力を保つコラーゲンを断裂させてしまいます。これが首のシワができる原因となります。外出するときは、日焼け止めクリームや日傘などを使用し紫外線対策を心掛けましょう。

ストレス

ストレスが過剰にかかると、体内の活性酸素が増加してしまします。この活性酸素が体内の細胞を傷つけ、酸化させることで首シワのできる原因となってしまいます。

首のシワの解消方法

シワの解消方法は、上記で上げたシワの原因を改善することが重要になります。特に紫外線による肌のダメージは首のシワを深くしてしまいます。外出時は必ず日焼け止めクリームを使用するようにしましょう。その他、首のリンパマッサージや首のストレッチ、首のスキンケアなどを加え解消していきましょう。

リンパマッサージ

首4
出典:topicks
首のリンパマッサージでむくみを解消にし、首にハリを与えましょう。首には、リンパ管が沢山はりめぐらされているため、首をマッサージすることで、血液の流れが改善しリンパの滞りも解消されます。

<リンパマッサージの手順>
①あごを軽く上げ、親指と四指で首を軽く挟んで、あごの下に手のひらを当てます。

②親指と四指で両側から少し圧を加えながら、首前面を軽く5秒間押します。

③手のひらを左右交互に動かしながらさすり、あご下のリンパを耳介リンパへ流します。

④首の付け根から鎖骨までさすります。手のひらを左右交互に動かしながら少しずつ位置を少しずらしさすります。耳介リンパを鎖骨リンパへ流します。

⑤親指と四指の間を広げ、首の横側に親指と四指を当て、首から肩先に向かって手の位置を少しずつずらしながら押していき、首から肩先に向かってながします。

⑥最後に、鎖骨の下に四指を当て腋下リンパ(脇に下)に向かって手の位置を少しずつずらしながら押していき、鎖骨リンパから腋下リンパへ流します。

⑦各5セットおこないます。

<注意点>
首のリンパマッサージはクリームを使用します。クリームは巨峰大ぐらいの量で、足りない場合は途中で足してください。マッサージはリンパの流れる方向に沿っておこないましょう。また、強い圧力は肌に摩擦を与え逆効果になってしまうので優しくおこないましょう。入浴後におこなう血行が良くなっているため効果が高まります。

首のストレッチ

首5
出典:kaumo
首のストレッチは、首を支える筋肉である広頸筋を鍛えます。広頸筋の筋肉が低下すると首のシワの原因となります。ストレッチは継続的におこなうことで効果が出てきます。

<首のストレッチ手順>

①下あごを突き出すようにして、口を横にひき「い」の発音をするような感じで首に力を入れます。

②首の筋肉が浮き出るようになったら、そのまま10秒間キープします。

③これを3セットおこないます。

首のパック

首のパックをするときは、入浴後など首を清潔な状態にしておきましょう。

<首のパック手順>

①美容液やクリーム(コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸配合)を首にぬります。

②首の周りを温めたタオルで巻き、10~15分ほどそのままパックします。

③タオルで首のクリームをふき取り、乾燥予防のスキンローションや美容液をぬります。

首のスキンケア

首は顔の皮膚に比べ水分保持量が1.6倍高いと言われています。正しい成分の入った化粧品を使用しスキンケアをおこなうために、化粧品を選ぶポイントと使用方法をご紹介します。
<選ぶポイント>

化粧品を選ぶポイントは、レチノール(ビタミンA)、ビタミンC誘導体、ナイアシン(ビタミンB群)の成分が含まれているものを選びましょう。これら3つは、コラーゲン線維やエラスチン線維、ヒアルロン酸の生成に必要な繊維芽細胞に働きかける効果があります。

・レチノールはビタミンAの一種で、コラーゲンを生成促進させる成分として、シワやたるみの予防に効果的です。レチノールは肌への浸透力に優れており、ターンオーバーのリズムを整えてくれます。副作用として、肌のヒリヒリ、乾燥、赤み、刺激を感じる方もいます。症状が気になる方は、日にちをあけて使用すると肌への負担を軽減できます。

・ビタミンC誘導体は酸化しやすい不安定なビタミンCを安定させて皮膚に吸収されやすいようにされたビタミンCのことです。ビタミンC誘導体には、抗酸化作用、新陳代謝を促す作用、メラニン色素の色素沈着を防ぐ作用があるため、日焼けした後などに使用すると効果的です。主に、美白用の化粧品に多く含まれます。誘導体や浸透型という表記がされています。

・ナイアシンはビタミンB群の一種で、エネルギーの生産を助ける効果があり、ニコチン酸とも呼ばれています。酵母、胚芽、米ぬか、豆類、落花生、レバーなどに多く含まれています。

<注意点>
首に化粧品をつけるときは優しくおさえる程度にし、伸ばしてつけたり、叩いてつける行為はしないようにしましょう。

日常生活を変えましょう!

首の深いシワの原因は、日々の日常生活の積み重ねです。首のシワをなるべくつくらないようにするためには、日常生活を見直して変えていく必要があります。また毎日のケアをすることもとても重要です。首のシワを予防して解消させ、若々しさをめざしましょう。

スポンサーリンク

Check Also

e8459959a8478269c764688a8e359f23_s

若返りのためには何から始めれば良い?若返りのために抑えておきたい基本

「若返りたい」たいてい誰もが願 …