Home / 美肌 / 美容効果抜群!コラーゲンの効果を徹底解説!
2c5a9515651f1f54d340f6f28793d673_s

美容効果抜群!コラーゲンの効果を徹底解説!

美肌にはコラーゲン!とよく聞きますよね。でも、本当のところコラーゲンにどんな効果があるかご存知でしょうか?本当に効果があるのかも疑っているという人も多いかもしれません。

美容効果以外にも効果のあるコラーゲンとその効果的な摂取の仕方もお伝えします。コラーゲンに関する知識をこの記事から得てみませんか?

スポンサードリンク

コラーゲンの効果

portrait-1319951_640

この記事で取り上げるコラーゲンは、「コラーゲンペプチド」と言ってコラーゲンを酵素分解して分子を小さくしたものです。

この「コラーゲンペプチド」は分子が小さく水に溶けやすく、体への吸収率が普通のコラーゲンに比べて高いとされています。そのため、サプリメントやドリンクに含まれているコラーゲンというのは、この「コラーゲンペプチド」のことが多いでしょう。

この記事の続く部分で述べる効果は、「コラーゲンペプチド」の効果です。主に次の3つの効果が得られることを期待できるとされています。

肌の状態が改善される

コラーゲンと言えば、美肌効果があるものと考える人が多いでしょう。その通りです。コラーゲンの美容効果の1つは、肌状態の改善です。私たちの肌には、もともとコラーゲンが備わっています。

しかし、年齢を重ねるとともにコラーゲンの量が減っていきます。コラーゲンを摂取することで水分量が増えるため、肌の保湿効果、ハリやツヤのアップ、たるみやしわが改善されることを期待できるでしょう。

バストアップ

年齢とともに、胸が垂れてきますが、これも実はコラーゲンと関係があります。意外ですよね。バストは乳腺と脂肪という組織でできていますが、これを支えているクーパーじん帯というものがあります。

このじん帯の主成分がなんとコラーゲンなのです。ですから、コラーゲンを摂取することでバストのハリを保てます。

また、コラーゲンはタンパク質です。そしてバストの乳腺を発達させるのにこのタンパク質が貢献し、バストアップにつながるのです。バストアップとハリを与えてくれるなんて、うれしい効果ですよね。

薄毛の予防

薄毛と聞くと男性ホルモンとの関係を思い浮かべる人も多いかもしれません。ですが、薄毛の改善にはコラーゲンとも関係があることが近年、分かってきました。

髪の毛を作る細胞(毛包幹細胞)は、コラーゲンの一種によって守られているのです。この細胞は毛を作る時に分裂しDNAを傷つけます。若い時は修復を自分で行えますが、年齢とともにある酵素によってこの細胞は修復が必要になってきます。

そして、この酵素がコラーゲンを分解してしまいます。その結果、コラーゲンに保護されなくなった毛包幹細胞は、皮膚の表面に押し出され、毛穴までなくなってしまい、薄毛へとつながっていくのです。

毛穴がなくなってしまってからでは、毛を生えさせることはできません。薄毛にならないように、コラーゲンの摂取やコラーゲンの生成を促しておくことで、薄毛になることを予防する可能性を高めることが可能です。。

美しい髪・爪になる

美容効果のもう1つの点は、美しい髪・爪になるということです。女性にとっては、これも魅力的なポイントではないでしょうか?

髪の毛も爪もタンパク質でできているため、コラーゲン(タンパク質)を摂取することは大切です。髪を美しくハリのあるものにしてくれます。爪も、健康な状態にし割れにくくすることができるでしょう。

軟骨の回復を早める

コラーゲンの摂取により、関節痛の改善にも効果がみられると考えられています。関節は骨と骨とをつなぐ役目があります。関節があることにより、私たちは体を曲げたり伸ばしたりできるわけです。

ですが、この関節についている軟骨は使うたびにすり減ってきます。軟骨は再生する能力がもともとあるので、またすり減っても回復しますが、年齢を重ねると共にその能力が低下してしまいます。

そのため、関節痛が生じるのです。軟骨の主成分は、コラーゲンです。ですから、コラーゲンを摂取することで軟骨の再生を促されるとされています。

その結果、関節痛の改善が見込めるというわけです。ただし、関節痛がある場合は、整形外科など病院でまず診察してもらうようにしてください。コラーゲンの摂取だけで関節痛が治るわけではないことも覚えておきましょう。

年齢を重ねることで低下する軟骨の働きを強めるために、摂取するのは良いかもしれません。

骨を丈夫にする

コラーゲンには、骨密度の低下を抑制する働きもあります。骨を作るのにコラーゲンが必要だからです。骨というとカルシウムというイメージがありますか?このカルシウムはコラーゲンの繊維の網の目に付着することで骨が作られます。

ですから、コラーゲンは骨の生成においてとても大切な役割を果たしています。コラーゲンが少ないと新しい丈夫な骨が作られていかず、骨密度の低いスカスカの骨となってしまうと考えられます。

健康的な血管に

コラーゲンには血管を若返らせる、強くし弾力を持たせることができるとされています。それは、血管の大部分がコラーゲンで成っているからです。

コラーゲンの不足により、血管は弱くなり、弾力がなくなり高血圧につながる場合もあるようです。また、血管は小さな傷が誰もができるようですが、コラーゲンにより修復されています。

しかしコラーゲンが足りないと修復されないため、血栓ができて血管が細くなり、動脈硬化などになる可能性があるとされています。そうしたことを防ぐのに、コラーゲンが一役買っていると考えられます。

コラーゲンを効果的に摂取するには

fish-oil-1915423_640

美容にも医学的にもコラーゲンが必要な成分であることを見てきましたが、どうしたら効果的に摂取することができるのでしょうか?適切なタイミングと、摂取量などをご紹介します。

摂取する適切なタイミング

コラーゲンペプチドは、一度にたくさん摂っても意味がないとされています。効果が持続するのは1日程と見られているからです。そのため、毎日適切な量を摂取するようにしましょう。

また、夜の十時から深夜二時頃は、お肌がターンオーバーするタイミングだと言われております。ですから、その前に摂取するのが効果的であると言えるでしょう。

適切な摂取量

摂取量に関しては、はっきりとしたものはありませんが、5g~10gほどが良いのではないかと見られています。コラーゲン5gってどのぐらい?と思うかもしれません。

日本人の平均摂取量は1,9gというデータがあり、かなり不足しています。食事だけでは補いきれないでしょう。サプリメントやドリンクなどを活用して摂取すると1日の必要量などを摂ることができるかもしれません。

何と共に摂取すると効果的か

コラーゲンを摂取する時には、ビタミンCと一緒に摂ることが効果的だといわれています。ビタミンCには、コラーゲンの働きを助ける作用があるからです。体内でビタミンCは作ることができません。

ですから、野菜や果物、サプリメントなどを通して、ビタミンCを積極的に毎日摂取することをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

コラーゲンは摂取しても効果がないという意見もありますが、調査によるとコラーゲンには非常に多くの効果があるということが分かりしたね。

コラーゲンの効果を疑っていたあなた、どんな効果があるのか知りたかったあなた、コラーゲンの力を体験してみたいと心動かされましたか?

効果には個人差がありますが、気になる方は活用してみてくださいね。

スポンサーリンク

Check Also

6d9766ede0d7a2e1f94a6850d0aeed2c_s

不足注意!ナイアシンの効果とナイアシンを含む食材4選

あなたは栄養成分の「ナイアシン …