Home / 婚活 / 婚活に有益なアプリの紹介
girl-571808_1280-600x428

婚活に有益なアプリの紹介

今や、一般的にも広く認知されている婚活ですが、一昔前ならば考えられない程の偏見を持たれているものでした。今回はその婚活の現状や婚活を効率的に進めるためのアプリをいくつか紹介いたします。

スポンサードリンク

日本の結婚観の変化

91db7f5b7d752e26a98b91b4362c7fbf-660x330

昨今、日本において、“結婚”という行為に対しての捉え方は変化してきていると言われています。まずはそうした変化をみていきましょう。

一昔前の結婚観

日本には古くから「お見合いで結婚する」という風習があり、場合によっては生まれた時から許婚(きょこん、いいなずけ)が決まっていることもあります。昔は、個々人同士の結婚というよりは、家同士の結婚、ある意味での契約的な性質が強かったのです。そして、当たり前の様に2世帯、3世帯の大家族で同居していました。男性は社会で働いて家庭を支える一家の大黒柱として存在し、女性は家庭を守る為に年頃になれば、周囲の人に勧められたお見合い相手と結婚するのが一般的でした。跡取りの子どもを産むことが女性にとって大きな役割として求められていたのです

ライフスタイルの変化による現代の結婚観

現代においてもお見合い結婚をする人はいますが、その数は減少していました。ほとんどの人は自由恋愛の末に結婚相手を決め、第三者の仲介を得ることなく済ませてしまう状況です。しかし、国民全体の婚姻率は減少傾向にあり、一般的に結婚適齢期といわれる年代以前の人達の中には、将来的に結婚をするつもりがない人が増えました。その結果、少子高齢化が促進されてしまい、日本全体にとって不利益となる状況が懸念されていました。こうした状況を招いた要因の一つにライフスタイルの変化が挙げられます。現代社会においては晩婚化や少子化、核家族化がますます進み、女性の社会進出も促進されています。それに伴い自分で働きながら生計を立てている女性はどんどん増えています。こうした変化をうけて、働き盛りの年代に結婚と出産という一つの大きな選択を行わない人も増えています。その事は晩婚化にもつながっていますが、一昔前の様に結婚適齢期という言葉はもはや使われないようになってきました。自分の人生に対するライフスタイルの考え方をそれぞれしっかりと持っている人は増えています。一昔前に求められていたあり方は形を変えていき、人生に対する価値観の多様化が一般的にも認められる時代になってきたのです。

日本における婚活の現状

young-woman-1745173_640
上記の変化も影響してか、結婚を考えている男女が結婚相手を探す場が減少した状況を改善するような意味も込めて「婚活」という言葉が登場し、テレビやメディアで取り上げたことも影響して広く認知されるまでになり現在に至ります。
それでは婚活は具体的にどのように進められるのでしょうか

結婚相談所

出会い系サイト」とは違い、安全安心に結婚相手を探せる方法として高く評価され、結婚をしたいと思っているが機会に恵まれなかった男女が多く登録する結果になりました。結婚相談所は、専門のカウンセラーが献身的なサポートを行う体制ができている上、あらかじめ趣味趣向やパートナーに求めるものなどを基準にマッチングされているので結果につながりやすいと言われています。

婚活アプリ

大手SNSを運営する企業が、インターネット上で安心安全に出会いのチャンスを得ることができるサービス(ネット婚活)をはじめ、そちらへ流出する割合が増えています。パソコンやスマートフォン所有率増加の影響もあり、どちらかというとこちらの方が一般的となっています。
このサービスの特徴は、いつでもどこでも好きな時に利用できるという点です。特に、スマートフォンで利用できるという点が大きな理由で、通勤通学中や休憩時間、手持無沙汰な時間などにすぐ利用できることが利用者増加に大きく貢献しています。また、スマートフォンアプリで利用できるようなサービスも多く登場し、いちいちサイトへアクセスしなくともリアルタイムで利用できるようになったことも大きく関係しています。
ただ、スマートフォンアプリの場合は、探すところから自分で担当しなければならず、そこが結婚相談所との違いです。

街コン

街コンとは、街ぐるみの合コンイベントと解釈されており、現在開催中の街コンは最低でも100名、大きなものでは3000名近い男女が集まります。ルールとしては同性2名以上1組となり、開催地区の複数の飲食店を会場と定め、制限時間内に参画している飲食店を一定の料金で食べ歩き飲み歩きが可能で、各店舗で相席となった異性との新たな出会いの場を楽しむスタイルが一般的となっており、全国各地で開催される合コンと地域活性化が融合した画期的なイベントです。今後、観光、環境保護、ライフスタイル等、目的別や地域性を生かした企画も求められており、地域の経済効果をもたらす多様な展開が予想されます。

オススメアプリ

最後に、婚活をする上で有益なツールを紹介いたします。

pairs(ペアーズ)

pairs(ペアーズ)は、国内最大手のFacebook連動型の婚活サイトです。Facebook連動型の婚活サイトでは、Facebookのプロフィール情報を使って会員登録します(名前はイニシャル表記)。あなたのFacebookの友達には見つからずに安心して婚活することができ、Facebookと連動することでお互いの雰囲気も伝わりやくなるため、あなたに合った相手と出会えるのが特長です。さらに3万個以上の趣味のコミュニティがあり、共通の趣味を持った相手を簡単に見つけることができオススメです。

Omiai(オミアイ)

日本で最初にFacebook連動型の恋活サイトをスタートさせたのがOmiaiです。基本的な仕組みとしては、気になる相手を見つけたら「いいね!」を押して、お互いにマッチングしたらメッセージ交換ができるようになります。Omiaiは、国内のFacebook連動型の恋活サイトでは日本最大級となる、累計会員数140万人以上の人気サイトです。積極的に活動している会員も多く、簡単に希望のお相手を見つけることができる、お勧めの恋愛マッチングサービスです。

with(ウィズ)

with(ウィズ)は、Facebook連動型の恋愛婚活マッチングサービスです。with(ウィズ)は、共通の趣味・価値観を持っている相手を見つけやすいのが特長です。グルメ・お酒・音楽・アニメ・マンガ・本・映画・旅行・スポーツ・テレビ・結婚観・ファッション・ゲーム・仕事・趣味など、共通の「好み」を持つ恋愛&結婚相手を探すことができます。with(ウィズ)の利用者は若いユーザが特に多いので、20代のお相手を探している人にぴったりの恋愛婚活マッチングサービスです。

街コンジャパン

『街コンジャパン』は上場企業である、株式会社リンクバルが運営する名実ともに日本最大の街コンポータルサイトです。掲載数の多さと豊富なコンセプトが特徴です。

Rooters

『Rooters』は常時数百件の街コンが掲載されている大手の街コンまとめサイトです。こちらも「20代」「アラサー」「趣味コン」など人気のコンセプトで街コンを紹介しています。また、Rootersは、初参加の方を対象に「満足いただけなかった方には、当日の参加費を全額返金」というシステムを導入しています。

まとめ

今回は婚活に有益なツール紹介というテーマで、様々サイトやアプリをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

本記事が実りある婚活の一助となりましたら幸いです。

スポンサーリンク