Home / 美肌 / 固形石鹸で洗顔をするメリットと正しい使い方
2a8564c0baf8fb401afe72951b3c862a_s-2-600x401

固形石鹸で洗顔をするメリットと正しい使い方

洗顔といえば専用の洗顔フォームなどを使うことが主流とされていますが、昨今では固形石鹸を使用して洗顔をすることに再度注目が集まってきています。

固形石鹸を使用して洗顔することは、洗顔剤を使用して洗顔した時と比較してお肌へのメリットがある部分があることが、固形石鹸で洗顔をする人が増えてきている背景にあります。本記事では固形石鹸で洗顔をするメリットや正しい使い方についてご紹介していきます。固形石鹸での洗顔にご興味がある方は是非一度本記事を参考にしてみていただければと思います。

スポンサードリンク

固形石鹸は洗顔に使用して良いの?

固形石鹸は、台所や洗面所での手洗いやボディソープとして使用している人が多いです。その為、固形石鹸を洗顔に使用する事に不安を感じやすいと思います。しかし、固形石鹸は正しい使い方や洗顔法を行う事で肌の状態を改善したり、肌を綺麗にする効果を得られる事もあります。肌の状態で悩んでいる人は、固形石鹸を使用してみてください。

特に固形石鹸の種類によっては、お肌に優しい成分が含まれていたり、洗浄する際の摩擦が弱めにされていたりと、乾燥肌などの敏感肌の方にとってメリットのあることが多いものがあります。お肌のトラブルについても適切な洗顔剤や固形石鹸を使用することによって、より効果的に予防・ケアすることができるようになります。

それでは早速、固形石鹸で洗顔することのメリットについて見ていきましょう。

固形石鹸で洗顔をするメリット

c8918e0317f81fd329f80a34fa0f5ab9_s

固形石鹸は洗顔で使用すると得られるメリットが存在します。そのメリットは肌を綺麗にする効果や肌を優しく洗顔できるなど様々です。メリットを読んで、固形石鹸の良さを知ってみてください。

合成界面活性剤が入っていない!

合成界面活性剤は洗顔剤の洗浄力とも関係する成分でありますが、場合によっては肌にとって必要な保湿成分まで落としてしまいます。その為、合成界面活性剤が入っている洗顔剤を使用すると乾燥肌になりやすいです。しかし固形石鹸には合成界面活性剤が入っていないので、肌にとって必要な保湿成分は残したまま洗顔する事が可能です。

その事から、洗顔後にも乾燥を引き起こしにくくしてくれます。乾燥肌で悩んでいる人も改善を期待する事ができます。肌にとって不要な皮脂や汚れを落として、必要な保湿成分は残せるので肌にとって優しい洗顔を行う事ができます。

しかし、固形石鹸を使用していてもゴシゴシと強く洗いすぎてしまえば、必要な皮脂まで洗い流されていってしまいます。固形石鹸を使用する場合でも正しい方法で洗顔をするようにしていきましょう。また、洗顔の後にしっかりと化粧水などで保湿をすることも大切です。

肌が自然な状態に戻ろうと働いてくれる!

固形石鹸で洗顔をした事がある人は、洗顔後に肌がつっぱるような感じを経験した事があると思います。このつっぱる感じから、肌に優しくないのでは?と思われてしまっています。しかし、このつっぱる感覚こそが肌を自然な状態に戻すチャンスです。肌は通常、弱酸性の状態を維持されています。

固形石鹸は弱アルカリ性です。弱アルカリ性の固形石鹸で洗顔する事で、肌も弱アルカリ性に近くなってしまいます。この弱アルカリ性に近付いた状態こそが、肌をつっぱらせる原因です。肌は弱アルカリ性に近付くと、弱酸性に戻ろうと働き始めます。弱酸性に戻ろうと働く事で、肌が活性化されて綺麗な状態へと変化していきます。

固形石鹸を使用して洗顔する習慣を身につけて、素肌美人に一歩一歩近づいていきましょう。

固形石鹸の正しい使い方

053bd7d4e44e458a5ab6b7c7abc2a61d_s

固形石鹸は正しい使い方をする事で、効果を実感する事ができます。固形石鹸で洗顔を行ってみようと思った人は、正しい使い方をするように心掛けましょう。効果のある固形石鹸でも誤った方法で洗顔をしてしまうと逆効果となってしまいます。下記で固形石鹸を使用した正しい洗顔方法について見ていきましょう。

ふわふわな泡を立てる!

固形石鹸は泡立てる事で、ふわふわな泡を作る事ができます。このふわふわな泡で洗顔する事で、肌にとって不要な皮脂や汚れを落とす事ができます。泡立てていることはより粒子が細かくなっている証拠ですので、毛穴の奥の汚れまでしっかりと届き落としてくれます。一方で、泡立たない状態ですと粒子が粗い状態ですので、洗顔をすることで逆にお肌を傷つけてしまう場合もあります。

また、洗顔をする時に手について汚れを顔につけないために、洗顔前にはしっかりと手を洗って、手についた皮脂や汚れを落としましょう。そして泡立てる際には、ぬるま湯を使用するようにしましょう。

手を使って泡立てる事も可能ですが時間や手間が掛かります。泡立てるのが苦手な人は、洗顔ネットを使用することがお勧めです。洗顔ネットを使用すると非常に簡単に泡立たせることができますので、とても楽しいですよ。手軽に入手できるものでありますので、ぜひ洗顔ネットを用意しておきましょう。

しっかりとすすぐ!

固形石鹸は、肌にとって不要な皮脂や汚れを落とす効果を期待できます。しかし、目に見えない石鹸カスが残ってしまいやすいという特徴もあります。その為、泡で優しく洗ったあとにはしっかりとすすぐ必要があります。顔に泡が残っていなくても石鹸カスが残っている事もあるので、十分にすすぐように注意しましょう。

しかし、すすぎ残しをしない為に、力を加えてすすいでしまう人もいますが、力を加えすぎると、肌に負担が掛かってしまいます。すすぐ際には、優しく慎重に行うようにしましょう。また、すすぐ際にも肌に強い刺激を与えないように人肌の温度ですすぎをすることが大切です。優しく丁寧にすすぎをしましょう。

乾燥した状態を維持する!

固形石鹸は直接、手で触れるので雑菌が繁殖しやすくなります。さらに浴室は湿気が多いので雑菌が繁殖しやすい環境となっています。雑菌が繁殖してしまった石鹸で洗顔を行うと、ニキビや肌荒れを起こしてしまう場合もあります。肌トラブルを引き起こさない為にも、雑菌が繁殖しないように管理をする必要があります。

乾燥した場所で保管すると雑菌が繁殖しにくくなるので、使用後には乾燥した場所で保管するようにしましょう。そして固形石鹸を入れている容器も水が溜まらないように気をつけましょう。

洗顔をする時にはお風呂場ですることも多いと思いますので、ついついお風呂場にそのまま固形石鹸を置きがちではありますが、美肌のために使用する固形石鹸に雑菌が繁殖してしまっては本末転倒ですよね。しっかりと乾燥させて、正しい美肌習慣を身につけましょう。

まとめ

830cefbf19a6a921b09146c2f0817098_s

いかがでしたでしょうか?固形石鹸は、洗顔剤と違って合成界面活性剤が入っていません。その為、肌にとって必要な保湿成分を守る事ができるので乾燥を引き起こしにくくする事ができます。さらに固形石鹸は弱アルカリ性なので、洗顔後の肌も弱アルカリ性に近付きます。肌が自然と弱酸性に戻ろうと働くため、肌が活性化されます。

肌が活性化される事で、綺麗な状態に変化していきます。その為、固形石鹸は乾燥肌を改善しながら綺麗な肌になる事ができます。これらの効果を得るためには、固形石鹸を正しく使う必要があります。肌荒れやニキビの原因になり得る雑菌が繁殖しないように、洗顔後は乾燥した場所で保管するなど注意しましょう。

肌トラブルで悩んでいる人は固形石鹸を正しく使って、綺麗な肌を目指してみてください。今は固形石鹸の中でも、保湿成分を含んでいるものや、ニキビ肌のためのものなど、様々な種類のものが発売されておりますので、ぜひ自分のお肌にあった固形石鹸を探してみてくださいね。

スポンサーリンク

Check Also

2

かきたくなる!乾燥肌のかゆみを抑えよう~食事や日常の対策方法

乾燥肌、一度かゆみを感じたり、 …