Home / 小顔 / リンパを流して小顔になろう!顔とリンパの関係とマッサージ方法
a0001_013667

リンパを流して小顔になろう!顔とリンパの関係とマッサージ方法

リンパマッサージは、むくみや二重アゴの解消になり、小顔に近づけると女性の間でとても人気の高いマッサージ方法です。リンパマッサージは、リンパの滞りを改善する目的で行われています。

しっかり、マッサージ効果を得るためにも、基本的なリンパ系の仕組み自宅でできる顔のリンパマッサージの方法をご紹介します。

スポンサードリンク

リンパとは?

リンパ(リンパ液)とは、リンパ管の中を流れる液体のことを言います。血管を流れる血液成分は、細胞に酸素と栄養素を運ぶために、動脈側の毛細血管から漏れ出します。この漏れ出した成分は、組織液(間質液)となり細胞と細胞の間を満たします。

細胞はこの組織液を介して物質交換をし、再び血液の中に吸収されます。静脈側で血管に戻れなかった水分はリンパ液となり、これを回収して血流に戻してくれるのがリンパ管と言い、リンパ管は皮膚と内臓に分布しています。

リンパ系には、リンパ液とリンパ管の他に、リンパ液をろ過するフィルターの役割を果たすリンパ節があります。リンパ節は全身に800箇所もあり、関節部に多く分布します。

また、リンパ節にはリンパ球が存在し、病気にならないように、細菌から身体を守ってくれます。リンパ球には細菌やウィルスを記憶する作用があるため、再び同じ病原体が侵入するのを防いでくれます。

リンパ系の機能

・体内の組織中に存在する過剰の組織液を吸収する。

・体外から組織液に侵入した異物を取り除く、排泄機能。

・組織液の浸透圧を調節する。

・感染に対する防衛機能、免疫作用。

顔に関係するリンパ節

リンパ2

・耳下腺(じかせん)リンパ節(耳介リンパ節)

耳の前側と裏側にあります。耳下腺(耳介)リンパ節が滞ると耳下腺が腫れたり、耳鳴りや炎症や痛みが起きたりします。風邪を引いた時などに張れる箇所になります。

・顎窩(がくか)リンパ節

あごの一番奥まったところにあります。顔から首へのリンパ管が集中しているところになります。顎窩リンパ節が滞ると顔のむくみや二重アゴの原因となります。

・鎖骨(さこつ)リンパ節

左側の鎖骨の上のくぼみの部分にあります。鎖骨リンパ節は全身を巡った全てのリンパが最後に巡ってくる場所になります。リンパマッサージの最後にはしっかり鎖骨リンパ節を流す必要があります。

リンパが滞るとどうなる?

身体の中を巡るリンパが滞ると、むくみやだるさ、免疫機能の低下、肩こりなど様々な症状が出てきます。顔に出る影響として大きいのは、むくみや二重アゴなどです。

リンパが滞る原因

・運動不足による筋肉量の低下

リンパの循環は、筋肉の力を借りて動くため、筋肉量の少ない方や高齢者、女性は滞りやすくなってしまいます。筋力低下は心臓に血液を戻す力が低下し血液循環も悪くしてしまいます。また新陳代謝も悪くなるため、細胞に充分な酸素、栄養素を送ることが難しくなります。

・塩分の摂り過ぎ

塩分の多い食事は、ナトリウムを多く摂取してしまうために、細胞外液に多く含まれるナトリウムと細胞内液に多く含まれるカリウムの浸透圧のバランスが崩れてしまいます。このバランスが崩れると、細胞間に余分な水分を溜めこみ、結果リンパが滞ることにより、顔などにむくみが出てきます。

塩分の多い食事やアルコール、カフェインを多く摂取する方は注意が必要です。

・過度なストレス

ストレスが過度に加わると、コルチゾールというホルモンが増え、水分代謝スムーズに行われなくなります。体内の水分が排出されにくくなりリンパも滞りやすくなります。

またコルチゾールは、筋肉を作るたんぱく質に影響を及ぼすため、筋肉低下や筋肉が痩せ細るといったことが起こります。毎日のストレスの積み重ねで、コルチゾールは増加してしまうので、ストレスを溜めない生活をすることが大切です。

・冷え症

冷えは、身体の血行の流れを悪くするため、リンパ系の循環もスムーズにいかず、リンパも滞りやすくなります。冷え症が長く続くと、慢性的な肩こりや腰痛、ホルモンバランスの乱れの原因にもなるため注意が必要です。

小顔になるためのリンパマッサージの方法

リンパマッサージは、滞ってしまったリンパ液を各リンパに流して排出し、リンパの流れをスムーズにし、むくみや二重アゴの解消とるマッサージ方法です。1日5分から簡単に行えます。

下準備

・リンパマッサージはクリークかオイルを使用します。使用量の目安は、巨峰大ぐらいの量になります。途中で足りなくなる場合は、クリームを足してください。

・顔がしっかり出るようにヘアバンドなどで髪は止めてください。

・鎖骨リンパ節までしっかり流すため、鎖骨が出る洋服で行ってください。

リンパマッサージのポイントと注意点

・リンパマッサージは、強い刺激はさけ、指で押すか、四指や手のひらでさするように行います。強い刺激は、シワやたるみの原因になります。

・リンパの流れる方向に沿って行います。

・入浴後の全身が温まっている状態で行うとより効果が高まります。

・日焼けやニキビなど肌に炎症のある場合は避けましょう。

顔のリンパマッサージ

リンパ3

①耳の下の耳下腺リンパ節を中指と人差し指で5秒間押します。

②フェイスラインからあご下の顎窩リンパ節に向かい位置をずらしながら流します。

③中指と人差し指であごを挟み、あごから耳下腺リンパに向かい流します。

④指の腹を口角の横に当て、こめかみに向かい流します。

⑤小鼻からこめかみに向かい流します。

⑥目元から鎖骨の下を通って、耳の前の耳下腺リンパ節に向かい流します。

⑦目頭から半円を描くように目尻と通り、耳の前の耳下腺リンパ節に向かい流します。

⑧眉間から生え際に向かい縦方向に流します。

⑨おでこの中央に指を当てこめかみに向かって流します。

⑩2~9を各5回ずつ行います。

首回りのリンパマッサージ

リンパ4

①あごを軽く上げ、親指と四指で首を軽く挟んで、あごの下に手のひらを当てます。

②親指と四指で両側から少し圧を加えながら、首前面を軽く5秒間押します。

③位置を少しずつずらしながら、首の付け根から鎖骨までさすります。

④1で押した場所を、手のひらを左右交互に動かしながらさすります。

⑤親指と四指の間を広げ、首の横側に親指と四指を当て、首から肩先に向かって手の位置を少しずつずらしながら押していきます。

⑥5で押したラインを、手のひらを左右交互に動かしながらさすります

⑦5回行います。

鎖骨のリンパマッサージ

リンパ5

①逆側の四指を鎖骨の上に当てます。

②肩から鎖骨の中央に向かって、手の位置を少しずつずらしながら押していきます。

③肩から鎖骨中央に沿って、四指でさすります。

④鎖骨の下の脇下の腋窩リンパ節に向かって、手の位置を手の位置を少しずつずらしながら数か所押します。

⑤4と同じラインを腋窩リンパ節にリンパを送り込むように四指を使いさすります。

⑥5回行います。

小顔をキープするには

リンパマッサージで手に入れた小顔をキープするには、継続的にマッサージを行う必要があります。1日5分から、週2~3回のペースで行うと良いでしょう。また、リンパは顔や首、鎖骨周辺だけではなく、身体全身を巡っています。

顔のリンパマッサージで、顔のむくみや二重アゴは一時的に解消されますが、生活習慣の乱れやストレスなどの影響により、また元に戻ってしまいます。小顔をキープするには、リンパマッサージだけではなく、食生活の見直しや、運動、ストレスを溜めない生活をすることが重要になってきます。

スポンサーリンク

Check Also

kogao

リンパを流してすっきり小顔。顔のリンパマッサージの効果と方法

誰もが憧れる「小顔」。リンパを …