Home / 化粧品 / 美肌にも注目されるコエンザイムとは?コエンザイムの効果と選び方
wc401-600x400

美肌にも注目されるコエンザイムとは?コエンザイムの効果と選び方

美容や健康に興味がある方なら、「コエンザイムQ10」という言葉を耳にしたことがあるという方は多いはず。ドラッグストアなどでもサプリメントコーナーで取り扱っているので身近な健康食品というイメージも定着してきていますよね。

「コエンザイムQ10」は美肌に効果があるとか、アスリートも飲んでいるなど様々な情報から、「わたしも飲んでみたい!」と思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで、「コエンザイムQ10」がどのようなもので、摂取するとどのような効果が得られるのかなどをまとめてみました。

スポンサードリンク

1.コエンザイムQ10って?

皆さんも一度は耳にしたことはあるであろう「コエンザイムQ10」ですが、どのようなものなのかまでご存知の方は少ないのではないでしょうか。

まずは「コエンザイムQ10」という物質そのものについて簡単にご紹介いたします。

hachimitsu3

1.一種の脂溶性の物質

コエンザイムQ10は、体内で作ることができる一種の脂溶性物質です。つまり、コエンザイムQ10は、わたしたちの体の中に既に存在しているものなのです。

食品などを摂取することにより体内に取り入れられるものなのですが、脂溶性であるため吸収率が良いとはいえません。

脂溶性という特性を活かすと油に溶かした状態だと一番吸収率が良いといわれていますので、脂肪分の多い食事と一緒に摂取するか、油分をとる食後に服用することで吸収率が高まります。

ただし、カロリーを考慮すると油自体または油分の多い食品と一緒に摂取することはオススメしません。そもそもカロリーオーバーしてしまっては美容にも健康にもよろしくないです!せっかく摂取したコエンザイムQ10が無駄にならないように気を付けましょう。

2.食品にも含まれている栄養価

コエンザイムQ10は、魚や肉などの動物性食品に比較的多く含まれている栄養価です。

wc404

これらの食品の中でも特にイワシには100g中6.4mgのコエンザイムQ10が含まれているといわれています。この他、菜種油や大豆などにも含まれています。

ただし、人間が1日に必要なコエンザイムQ10の摂取量が約100mgといわれていますので、食品に含まれるコエンザイムQ10だけでは必要な量を補うのは非常に難しいでしょう。

ここはサプリメントを活用して上手に摂取したいところですね!

3.別名としてユビキノンやCoQ10と言われている

コエンザイムQ10は別名「ユビキノン」とも言われています。これは、コエンザイムQ10があらゆる細胞に存在するという物質から、「どこにでも存在する」という意味の「ユビキタス」という言葉と、構造を表す「キノン構造成分」が合体したコエンザイムQ10の特徴を示す名称です。

また、コエンザイムQ10は、元々「Co(補う)」+「Enzyme(酵素)」+「Q10(炭化水素が10個連なっている状態)」という言葉が合わさってできた言葉です。これを略して「CoQ10」と標記されることもあります。

「CoQ10」はよくサプリメント商品の商品名にも利用されていますのでこちらの表記を目にしたことがある方も多いのではないのでしょうか。

4.体の老化を予防

コエンザイムQ10の最大の特徴は、「強い抗酸化作用」と「エネルギーの生成」です。それぞれどのように働くかをみていきましょう。

体内では、入り込んでしまった殺菌類を除去するために「活性酸素」が働いています。しかし、活性酸素はその酸化力が非常に強いものですので、適量ならば細胞を保護してくれますが、激しい運動や強いストレス、喫煙などで活性酸素が増えすぎると、逆に細胞にダメージを与えてしまいます。

そこで活躍するのがコエンザイムQ10の「強い抗酸化作用」です。この作用が働くおかげで、増えすぎてしまった活性酸素を除去し、細胞をダメージから守って若々しく保ち、老化を防ぐことができます。

次に、コエンザイムQ10は、体内でエネルギーを作り出す機能に大きく関わっています。

体内では細胞にあるミトコンドリアという器官で活動にエネルギーを作り出しているのですが、そのミトコンドリアにはコエンザイムQ10が多く含まれているため、エネルギーの生成になくてはならない存在なのです。

科学的なところは私は専門家ではないため説明するには大変難しいので大幅に省略して書かせていただきますが、簡単に言えば糖質やたんぱく質などをエネルギーに変換するために必要なのがコエンザイムQ10というわけです。

エネルギーの生成により体内の基礎代謝を上げることで、肌や筋肉などの衰えを防ぐ効果があるということです。適度な運動と一緒に取り入れるとより効果が現れそうですね。

2.コエンザイムQ10の効果

コエンザイムQ10についての概要をご紹介してきましたが、では、コエンザイムQ10を摂取することでどのような効果が現れるのでしょうか。

主な効果を具体的にみてみましょう。

wc402

1.動脈硬化予防

動脈硬化とは、血管壁にコレステロールが付着してしまい、血管が狭くなるために起こる病気です。これを予防するには、血液の流れを良くして血管の詰まりをなくすことが重要になります。

コエンザイムQ10には、コレステロールを抑制する効果と、血液の流れを良くする効果があります。

コエンザイムQ10を摂取することで、血管内のコレステロールを抑制することで血管に付着しにくくなり、また流れを良くすることで詰まりにくくなりますので、動脈硬化を予防する効果があるといえます。

2.生活習慣病予防

コエンザイムQ10は、糖尿病や肥満などの生活習慣病予防にも効果があるといわれています。

生活習慣病は字のごとく生活習慣から及ぶ病ではありますが、別の原因として老化により体内の抗酸化作用が減少し、活性酸素が増加してしまうことで細胞がダメージを負い生活習慣病に至るということが挙げられています。

コエンザイムQ10には強い抗酸化作用がありますので、増えてしまった活性酸素を除去し、細胞のダメージをなくすことで生活習慣病を予防してくれる効果があります。

3.疲労回復

コエンザイムQ10は体内で作ることができますが、20代をピークに生成量は減少し、40代では急激に減少するといわれています。

そのため、必要なエネルギーを体内で作り出すことができず、加齢とともに疲労感が取れにくくなってしまうのです。

そこで、積極的にコエンザイムQ10を摂取して補うことで必要なエネルギーを作り出し、疲労回復に繋げる効果を期待できます。

4.心機能向上

コエンザイムQ10は、その強力な抗酸化作用により活性酸素を除去し、細胞のダメージを無くして肌や臓器を若々しく保つ効果がありますが、特にも心機能の向上に効果があるといわれています。

その理由は、コエンザイムQ10は特に心臓に多く存在する物質であるため、心臓や血管機能に特に高い効果を発揮するためといわれています。

コエンザイムQ10を摂取し補うことで心臓のポンプ機能が高まり、血液循環が良くなって心機能が向上しますので、不整脈や狭心症などの心臓病の予防が期待できるというわけです。

5.美肌効果

コエンザイムQ10には、コラーゲンの生成を促す効果があるといわれています。コラーゲンは言わずもがな美肌を保つのに有効な成分ですから、コラーゲンの生成を促すコエンザイムQ10を取れば当然美肌にも効果があるといえます。

また、既に前述しているとおり、コエンザイムQ10には強力な抗酸化作用がありますので、活性酸素を除去し、細胞のダメージを無くして肌の老化を防ぎ、若々しく美しい肌を保つ効果も期待できます。

26fb195e24bdc39a506402ae876d4985_s

6.ダイエット

コエンザイムQ10には、糖分やたんぱく質、脂質などの栄養素から必要なエネルギーを生成するという重要な働きがあります。

糖や脂肪などを代謝し、どんどんエネルギーに変換してくれるので、体内の基礎代謝がアップします。代謝が促進されることで筋肉が作られ、脂肪が燃焼されるためダイエットにも繋がる強い味方になってくれます。

併せて適度な運動も一緒に取り入れればよりダイエット効果が感じられるでしょう。

7.冷え性改善

基礎代謝を上げてくれるだけでもとても嬉しい効果ですが、コエンザイムQ10は血液を流れやすくしてくれる効果がありますので、冷え性やむくみが改善されるという報告も多くあります。

冷え性やむくみは心身の不調や生活習慣病、老化現象を生み出す原因にもなりますので、早々に撃退したい症状ですよね。

また、冷え性やむくみが改善されれば、ダイエットにもより効果的であるともいえます。コエンザイムQ10は効果的にエネルギーを生産に働き代謝の促進により脂肪を燃やしてくれますので、積極的に取り入れれば冷え性やむくみの改善にも活用できます。

3.コエンザイムQ10の選び方

これまでに記載してきたとおりコエンザイムQ10にはたくさんの素晴らしい効果があるのですが、反面、魚や肉などの食品を摂取するだけでは補いきれないのが現実です。

また、脂溶性のため体内への吸収率も悪いためせっかくコエンザイムQ10を多く含む食品を積極的に摂取したとしても、大部分は吸収されずに体外へ排出されてしまいます。

そのため、効率的に摂取できるよう各社から多くの種類のサプリメントが販売されているわけですが、どのサプリメントを飲んでも効能が全て同じとはいえません。サプリメントによって内容や成分が異なるので、得意な効能も違うのです。

では、数あるサプリメントの中から、どのように商品を選べば良いのかを考えてみましょう。

wc403

1.吸収率が高い製品が理想

さて、ドラッグストアやコンビニ、通信販売などであらゆる種類のコエンザイムQ10のサプリメントが販売されているところですが、実はただ飲んでいれば効果が出るというものではないのです。

前述したように、コエンザイムQ10は脂溶性なので吸収率はとても低いものですので、特殊な加工がなければせっかく飲んでもその大数がただただ排出されて終わりということになってしまいます。

これではいつまでたってもコエンザイムQ10の効果は得られませんので、できるだけ吸収率が高い製品を選ぶようにしましょう。

また、脂溶性を活かして油分の多い食事と一緒に摂取するとより効果が得られるでしょう。もちろんカロリーオーバーにならないよう気を付けてくださいね!

2.目的別に選ぶこと

同じ「コエンザイムQ10」を名乗った商品でも、それぞれに得意な効能が異なります。

まずは、あなたがコエンザイムQ10を摂取する目的をはっきりさせましょう。若々しい美肌効果を求めたいのか、健康維持を重視したいのか、ダイエットなのか、など様々あると思いますので、その目的に強い商品を選ぶことが効果を得る第一歩です。

3.効果別に選ぶこと

結果として得られる効果をみてから商品を選ぶのもひとつの方法です。

それぞれ商品のパッケージやメーカーのホームページなどを見ると、その商品が目指す効果・効能が目立つように記載されていますので、自分がコエンザイムQ10を摂取することで求める結果と合っているものを選ぶようにするという方法です。

なお、商品によってはより効果が得られるための飲み方など注意点すべき点がありますので、面倒がらずに合わせて確認しておくことをオススメします。

4.機能別に選ぶこと

前述と似ていますが、「効果別」は「求める結果」がどうなってほしいかという視点ですし、「機能別」は「サプリメント自身がそもそも持っている特長」と言えば少し分かりやすくなるでしょうか。

人間と同じように、コエンザイムQ10サプリもそれぞれの「長所」があります。代謝の向上に向いているのか、美肌に特化しているのかなど、それぞれの「長所」である機能が何かというところから選ぶという方法もあります。

まとめ

m030274

いかがでしたでしょうか。コエンザイムQ10の特徴や効果を簡単にまとめてみましたが、書いているうちにわたしも欲しくなってしまいました!コエンザイムQ10は元々体内に存在するものなので、サプリメントなどで摂取しても大きな副作用がないのも魅力的です。

たくさんの素晴らしい機能を兼ね備えているコエンザイムQ10ですので、身体の衰えを少しでも感じたら積極的に取り入れてみることをオススメします。さて、わたしも自分に合うコエンザイムQ10を探してみようかな!

スポンサーリンク

Check Also

5624-close-up-portrait-of-a-beautiful-brunette-pv-660x330

頭皮の汚れを綺麗に落とすクレンジングシャンプーの特徴とメリット

最近髪が脂っぽく感じたり、頭皮 …