Home / 美肌 / 小鼻の黒ずみの原因とケア・解消方法
silver-535009_1920-660x330

小鼻の黒ずみの原因とケア・解消方法

鏡を見るたびに気になってしまう小鼻の黒ずみ・・・。毎日ちゃんと洗顔しているし、クリームなどでケアもしているのにイマイチ効果がないと嘆いている方も多いのではないでしょうか。

今回は汚肌に見せてしまう悩み多き小鼻の黒ずみが発生する原因とその解消方法をご紹介します。

スポンサードリンク

小鼻の黒ずみの原因

子供の頃は全く気にならなかったのに、年齢を重ねるにつれてどんどん目立ってくる小鼻の黒ずみ。いつの間にかできてきて、ちっとも消えてくれないという手強いヤツです。

では、なぜ小鼻に黒ずみができてしまうのか、その原因を見ていきましょう。

黒ずみの原因は毛穴の詰まり

まるでイチゴの種のようにポツポツとできる小鼻の黒ずみですが、その原因はズバリ小鼻の毛穴が詰まっているせいなのです。

日常生活において、肌は常に空気中のホコリや花粉などに触れていますし、メイクをすればファンデーションなどの粒子が付着しています。これらが毛穴の奥まで入り込んでしまうと、クレンジングや洗顔だけで落としきれずに汚れとなって毛穴をつまらせた結果が黒ずみとなるのです。

皮脂とホコリ、メイク、古い角質が結びついて詰まる

Tゾーンの中でも、小鼻は皮脂の分泌量が高い部分です。肌の乾燥を防ぐために皮脂はなくてはならないものですが、分泌量が過剰になると毛穴づまりを起こしやすくなります。

過剰に分泌した皮脂が同じ油分を含んでいるメイクや、肌に付着したホコリ、落としきれなかった古い角質と仲良くなり、これらの汚れを毛穴に閉じ込め、皮脂という油分で蓋をしてしまいます。この汚れが脂で酸化して黒ずみになってしまうのです。

鼻の毛穴は深さが深いため、皮脂などが溜まりやすい

しっかり洗顔しているつもりでも、なかなか黒ずみが解消しないのは小鼻の毛穴の深さに原因があります。

毛穴の深さが深くなると、そこに皮脂などの汚れが入り込んで溜まりやすくなってしまいます。深くなる分洗顔料が毛穴の奥まで届かず汚れが残り酸化してしまい、結果いつまでも黒ずみが消えない状態が続いてしまいます。

鼻は皮脂量が多いので特に黒ずみができやすい

他の部分はさらっとしているのに、なぜか小鼻だけテカっているということがありますよね。小鼻は顔の中でも非常に皮脂量が多い部分です。

上述しましたが、この皮脂は毛穴に付着したホコリやメイク汚れを黒く酸化させるため、皮脂量の多い小鼻は特に黒ずみができやすくなります。さらに、鼻は顔の真ん中にあり目立つ部分ですから、黒ずみができるとますます目立って見えてしまいます。

普通肌の方でも夕方になると小鼻がテカるということがありますから、脂性肌の方はこまめにあぶらとり紙などで余分な皮脂を取らないと、あっという間に黒ずみが目立ってきますよ!

過度なケアも黒ずみの原因になる

小鼻から出た余分な皮脂と排出しきれずに肌に残ってしまった古い角質が混ざってできるものを「角栓」と言い、毛穴詰まりの原因となります。

この詰まった角栓を取るために無理矢理外へかき出そうとすると、鼻の角質層に傷がつき、今度はそこを守ろうと角質がどんどん生まれ、ますます角質が溜まっていき、更に毛穴が詰まってしまうという悪循環を招いてしまいます。

過度な角栓ケアは絶対に避けましょう。

毎日実践したい小鼻の黒ずみを解消する洗顔方法

小鼻に黒ずみができる原因がわかったところで、次にこの黒ずみを解消するための洗顔方法をご紹介します。

毎日の洗顔を正しい方法で行うことで、黒ずみもだんだん解消されていくはずです。コツコツ続けてつるんとキレイな小鼻を目指しましょう!

毛穴を大きく開かせる(蒸しタオル、長風呂など)

まずは、毛穴に詰まっている角栓などの汚れを浮き上がらせるため、小鼻を蒸気で温めて大きく開かせていきます。やり方は以下のとおりです。

1,蒸しタオル(水に浸してよく水気を切ったタオルを500~600wの電子レンジで30秒~1分程度チンすると簡単にできます)を用意する。温度が熱くならないよう気をつけて!
2,小鼻にクレンジング剤(クリームタイプがオススメ)を塗る。
3,蒸しタオルをのせ、3分程度手の平で軽く押さえる。
4,ぬるま湯ですすぐ。

また、この方法と同様の効果が入浴でも可能です。ぬるめのお湯で長めの半身浴をするとお風呂場の蒸気が毛穴を開いてくれます。汗をかいてきたら毛穴が開いていますので、汗を拭いた後にクレンジング剤を使って優しく落としていきましょう。

洗顔フォームで泡をしっかり立てて優しく洗顔

次に、洗顔フォームを使って洗顔し、毛穴の汚れを落としていきます。

まずは潰れない程度にしっかり洗顔フォームを泡立てます。クッションのような泡ができたら、手の平で泡を撫でて転がすように優しく洗っていきます。泡のキメが細かければ細かいほど弾力が出て潰れにくくなり、泡が毛穴の奥まで入って汚れをかき出してくれます。泡で出てくるタイプの洗顔フォームの場合は、少し多めの量を使うと泡がへたりにくくなります。

しっかり泡立てた洗顔フォームを使う理由は、肌を傷つけずにしっかり汚れを落とすためです。泡立ちが悪いとすぐに泡がへたってしまい、指の力でゴシゴシ擦るように洗ってしまうので、肌が痛めつけられてしまううえに、毛穴の汚れに泡が届かず、せっかく毛穴が開き緩んで取れやすくなった角栓や詰まったメイクなどの汚れが取りきれず中途半端に残ってしまうので、いつまでも黒ずみが解消されないままの状態が続いてしまいます。

洗顔後、化粧水、乳液で鼻の毛穴を引き締める

スチーム効果で毛穴を開き、きめの細かい泡で優しく洗顔した後の小鼻は、汚れの塊だった黒ずみがとれ、ぱっくりと毛穴が開き陥没した状態になります。

このまま放っておくと開きっぱなしの毛穴にまた汚れや角栓が詰まってしまいますので、洗顔後はしっかりお手入れをする必要があります。洗顔や入浴直後はその蒸気で肌が潤っているように感じますが、その水分はあっという間に蒸発してなくなってしまいます。なので、一刻も早く肌に潤いを与え、保湿をして毛穴を引きしめなければいけません。

まずは化粧水を手のひらに適量とり、顔を優しく包むようにつけていきます。奥まで染み込むように数秒程度手のひらで包んであげると良いでしょう。コットンを使用する場合は叩き込むのではなく、優しく押しこむようなイメージでパッティングしていきましょう。小鼻の部分だけコットンでパックしてあげるのもオススメです。どちらでつけても良いですが、絶対に強く叩き込むようにつけるのはやめてください。化粧水の後は乳液をつけていきます。

乳液は化粧水の保湿成分が飛んでしまわないよう上から蓋をして肌の水分と油分のバランスを正常な状態でキープする役割があります。つける量が少ないと油分を補おうとして皮脂が過剰に分泌されてしまいますし、逆に多すぎるとベタつきますので、ご使用する乳液の適量をつけるようにしてください。

適度な運動で代謝を上げる

毛穴に詰まる汚れや角栓の原因の一つは、古い角質が外へ排出されずに皮膚に残って蓄積されてしまうということが挙げられます。

肌は、通常一定の周期でターンオーバーが行われ、古い皮膚は角質となって外に排出され、代わりに新しい皮膚が生成されることでキレイな状態を保っています。

しかし、加齢やストレスなどにより肌の代謝が悪くなると、肌のターンオーバーの周期が遅れ、本来外に排出されるべき古い角質がそのまま残ってしまい、地層のように蓄積されてしまいます。こうして残ってしまった古い角質は皮脂と結合して角栓となり毛穴詰まりを起こしたり、汚れとなって黒ずみを起こします。

正常なターンオーバーを促すためには、適度に運動することで代謝をあげるのが良いでしょう。運動は全身の血流を良くし、それに伴って代謝も上がってきます。また、汗をかくことで毛穴の汚れが外に出てきます(運動後のケアをお忘れなく!)。

激しい運動は効果が一時的で、何より長く続けるのが難しいので、ストレッチやウォーキングなどの軽めの運動の方が良いでしょう。特にストレッチは簡単で誰にでもできますし、ゆっくり全身の筋肉をほぐす動きは血流を促し代謝を良くするのでオススメです。

定期的に実践したい小鼻の黒ずみのケア方法

最後に、定期的に行うとより効果が得られるスペシャルケアの方法をご紹介します。

一定の周期で取り入れればより黒ずみ解消の効果が高くなるでしょう。気になる方は実践してみてくださいね!

オイルマッサージ

同じ油分であるオリーブオイルをなじませることで角栓や黒ずみを除去する方法です。やり方は次のとおりです。

1,食用のオリーブオイルを鼻全体になじませ、1分程度おいて汚れを浮かせます。
2,手に少量のオイルをつけ、優しくマッサージしていきます。
3,ティッシュなどにオイルを吸わせ取ります。
4,通常の洗顔をします。

オリーブオイルは不純物が少ないものを使いましょう。また、開封して長時間経過しているものは酸化している可能性がありますので使わないようにしましょう。

マッサージするときには、力を入れてゴシゴシ擦らずに、薬指を使って下から上にクルクルと円を描くようにマッサージしていきます。指が与える摩擦は思っているより肌を傷つけますので、すべりが悪いと感じたときはオイルを指にちょっとずつ付け足してみてください。

ティッシュなどでオイルを落とすときは、ふき取らずに吸わせるようにして落としましょう。ふき取るように落としてしまうと、せっかくキレイにとれた角栓の後にティッシュの繊維などゴミが入り込んでしまいますし、繊維で肌が傷ついてしまうことがありますので注意しましょう。

炭酸水パック

炭酸を作っている炭酸ガスは、皮脂を吸着する性質があります。そこでオススメなのが市販の炭酸水を使ったパックです。やり方は次のとおりです。

1,蒸しタオルで毛穴を開いておきます。
2,コットンに炭酸水を浸し、小鼻にのせて10分程度おきます。コットンが乾いたらまた炭酸水を染み込ませてください。
3,化粧水などいつもの保湿ケアをします。

たったこれだけ?!と思うほど簡単ですよね。

炭酸水は、水と二酸化炭素でできています。この炭酸水パックをすることで、二酸化炭素が毛細血管に入っていくのですが、血管を流れる血液は入り込んできた二酸化炭素を外に出そうと一生懸命活動するようになります。その効果で血流がよくなり、肌の代謝が上がってくるので、ターンオーバーが促進され、黒ずみの解消のほかくすみやクマなどの解消も期待できます。

また、炭酸ガスは皮脂だけでなく毛穴を詰まらせる原因でもある角栓をつくっているタンパク質とも吸着します。しっかり毛穴を開いた状態で炭酸水パックを行うことで、炭酸が角栓とくっつき除去できるというわけなのです。

なお、ここで使用する炭酸水は甘味料や香料が入ったものは避けましょう。また、かゆみなどのトラブル症状が出たら中止してください。

皮膚科で診療してもらう

間違ったセルフケアで肌に負担をかけたくない!という場合や、セルフケアではなかなか効果が出ないという頑固な黒ずみの場合は、一度皮膚科で診療してもらうことをオススメします。

専門の医師に診てもらえる安心感もありますので、お悩みの方は利用されてみてはいかがでしょうか。皮膚科での主な治療は次のとおりです。

1,ケミカルピーリング
肌の状況に合わせ、専用のピーリング剤を使用して古い角質などを除去していきます。
2,レーザー治療
気になる部分にレーザーを照射し、破壊していく方法です。皮膚の代謝を促し、毛穴を目立たなくしていく効果があります。
3,イオン導入
高濃度のビタミンCやトラネキサム酸などの有効成分を微弱の電流を使って流していきます。先にケミカルピーリングを行うとより効果があります。

自分にどの方法が向いているかは自己判断せず、信頼できる医師と相談しながら決めていきましょう。また、治療のほとんどは保険が利かないことが多いので、費用対効果もよく考えてみることも大事です。

いずれも1回で治療が終了するというケースはほとんどないようなので、数回にかけて根気よく治療するという意思の強さも必要となりそうです。医療機関での治療はセルフケアでは絶対に真似できない技術ですから、深刻に悩んでいる方は一度専門の医療機関へご相談されてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。小鼻の黒ずみはなかなか取れないのであきらめている方も多いでしょうが、原因がわかれば対策もとれるはず。ご紹介した中でまだ実践していない解消方法がありましたら、簡単にできるものもありますので是非やってみてください。正しいケアを行えば、悩んでいた黒ずみともサヨナラできるはずです!良い結果となるよう期待しています。

スポンサーリンク

Check Also

1d063d917e416053291eb778c191265c_s-3-600x400

生え際にニキビができる原因と生え際ニキビを確実に消す方法

気がつくと生え際にニキビができ …