Home / 美肌 / 小鼻に角栓ができる原因と対処方法、ケア方法
smile-191626_1280-660x330

小鼻に角栓ができる原因と対処方法、ケア方法

肌トラブルの中で、皆さんはどんな悩みを抱えてるでしょうか。小鼻の角栓に困っているという人も多いのではないでしょうか。

きちんとケアはしているはずなのに、なかなか角栓がなくならないと悩むことはありませんか。角栓は取り除いたとしても、きちんと原因を取り除いておかないと、またできてしまうのです。

角栓のできる原因は、些細な日常生活の習慣だったりします。みなさんは、きちんと角栓ができないように気をつけていますか。

今日は角栓ができる原因と正しいケアの仕方について、考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

1.小鼻の角栓ができる原因

角栓ができる原因ってご存知ですか。実は日常生活の些細な行動で角栓ができやすくなってしまうのです。その原因を正せば、角栓はできにくくなるのです。

ですが、間違ったケアやあまりよくない生活習慣を続けてしまううちに、角栓ができやすい状態になっているかもしれません。

あなたの生活習慣は大丈夫ですか。これから確認していきましょう。

1.小鼻の角栓とは

角栓の正体は、皮脂や古い角質からできています。特に、古い角質の割合が大きく、洗顔しても角栓が残ってしまうのは、角質がタンパク質でできていることが原因なのです。

ホットタオルで角栓を溶かそうとしても、角栓がなかなか溶け出してくれないのには、皮脂が主成分ではないという理由があったんですね。

角栓に対するイメージがよくないこともあり、根こそぎ取ってしまうという方法をとる人が多いのかもしれません。しかし、角栓にも大切な役割がありますので、根こそぎ取ってしまうことは悪循環にもなりかねません。

角栓に対して、正しい知識を持っていないために、角栓が大きく育ちすぎて、悩みを抱えているという人が非常に多いことが、角栓の特徴かもしれませんね。

2.小鼻の角栓ができる理由

角栓には悪いものというイメージがつきまといますが、大切な役割も果たしているのです。ですから、角栓ができることは一概に悪いこととは言えないのです。

角質には、雑菌などから毛穴を守るという役割を担っています。ですから、角栓が根こそぎなくなってしまうことは望ましくありません。毛穴を守るために、さらに大きな角栓となってしまうのです。

角栓を予防しているはずが、どんどん大きな角栓ができてしまう理由はそこにあります。

毛穴が新陳代謝をしていく中で、不要な角栓は一定周期で自然と剥がれ落ちていきます。本来はそこまで目立つものではないはずなのですが、新陳代謝の乱れから角栓が大きくなってしまい、目立つようになっていきます。

大きくなった角質が気になって、除去しようといろいろ手を尽くすことで、ますます大きな角質を育ててしまうという負のスパイラルに陥る人がいるのは、毛穴の防衛本能なのです。

3.小鼻の角栓を観察してみる

小鼻の角栓を観察してみたときに、角栓はどのようにできているでしょうか。白い突起のようなものができているという人が多いですよね。

でも、中には小鼻の黒ずみを角栓だと思い込んでいたら、実は産毛だったという人もいるようなので、角栓なのか、産毛なのかを見極めるためにも、しっかりと観察してみるといいでしょう。

それでも、やはり角栓だと判断した場合には、角栓に対するケアをしていきましょう。

産毛があるということが気になる人は、抑毛ローションを使ったり、フェイスシェーバーを活用する他、理容室でも女性用のシェービングコースを用意しているところもあるようなので、一度利用してみるのもいいかもしれませんね。

4.自分の生活習慣をみつめる

あなたの生活習慣が角栓ができる原因になっている可能性もあります。角栓のできやすい生活習慣を改めて、角栓のできにくい状態を作っていくことも大切です。

洗顔などの習慣が与える影響もありますが、それはまた後ほどお話していこうと思います。

生活が欧米化していく中で陥りやすいのが、脂質の多い食生活ではないでしょうか。脂質の多い食事というのは、皮脂の量が増える原因になるようです。

余分な皮脂が増えると、古い角質と混ざり合って、角栓が大きく育ちやすくなります。脂質の少ない食事を心がけることで、角栓が大きく育たないような努力をしていきましょう。

また、新陳代謝を活性化させるために重要になるのは、やはり睡眠時間です。しっかりと睡眠を取ることで、乱れた新陳代謝を正常に戻していくことが大切です。

睡眠のゴールデンタイムという言葉はよく聞きますが、現代の生活スタイルではその時間に就寝することは難しい人も多くいると思います。睡眠後1時間が大切だとも言われていますので、ゴールデンタイムの間に眠ることができなくても、深く眠ることを心がけましょう。

ストレスも肌トラブルの原因として挙げられます。勿論角栓に対しても、それは同じと言えるでしょう。

現代社会では常にストレスが隣り合わせと言っても過言ではありませんが、ストレスをうまく発散させて、ストレスをため込まないことが大切です。

適度な運動をすることによって、新陳代謝を高める効果が期待できるだけでなく、ストレスの緩和にもつながりますので、普段から運動をしないという人でも、いつもより長く歩いてみるなど、少しでも体を動かす工夫をしていきたいですね。

5.間違ったケアは角栓をつくる原因にもなる

角栓に悩んでいる人の中には、改善するためにケアに力を入れている人は多いと思います。しかし、正しいと思い込んでいたケアが逆に悪化の原因になってしまうことがあるようです。充分気をつけましょう。

角栓が大きくなってしまったことに悩みを抱え、取り除くという手段をとる人は多いと思います。指で押しだしたり、毛抜きで引っこ抜くなどのケアはついやってしまいがちですよね。

しかし、取り除くという方法をとってしまったために、角栓がさらに悪化してしまう人というのは多いそうです。

角栓を取り除くときには、角栓がなくなってすっきりとするために、気持ちの上では非常に爽快感があります。きれいになったという実感を得やすいためです。

その爽快感を得たことによって、見落としがちなのが角栓の役割です。角栓は毛穴にとっても必要なものですから、角栓がなくなってしまったことにより、角質や皮脂が過剰に作られるという状態となり、ますます大きな角栓ができてしまうのです。

また、肌が傷つけられることによっても必要のない角栓ができる原因になりますので、角栓が気になるからといってごしごしと強い力で洗顔やマッサージをすることもよくありません。

角栓を根こそぎ取ってしまうのがよくないのは、肌に対するダメージになるからという理由もあるのです。

刺激の強い洗顔料や、洗顔に時間をかける行為もよくありません。洗顔時に熱いお湯を使うことも避けた方がいいでしょう。他には、紫外線対策をしっかりと行うことも大切です。

肌は些細なことでダメージを受けてしまいます。いつも行っているケアが間違っていると、肌は過剰に反応して、角栓を作り出してしまうのです。

6.お肌に合わないファンデーションは小鼻に影響する

合わないファンデーションを使っていると、肌が乾燥してくることによって、肌トラブルを招いてしまうことがあります。

それは小鼻にも言えることで、乾燥することによって、角栓ができやすくなるのです。角栓のできる原因の一つに、肌の乾燥があるからなのです。

また、乾燥することにより、皮脂の分泌が過剰になることもあり、角栓が酸化して、黒ずみの原因となることもあります。

合わないファンデーションを使うことによって、小鼻にも影響しますので、自分の肌質にあったファンデーションを選ぶことは非常に大切なのです。

2.小鼻の角栓を取り除く方法

小鼻の角栓は、そのままにしておくよりもきちんと取り除く方がいいそうです。しかし、角栓は毛穴を守る大切なものです。肌にダメージを与えないように、ゆっくりと除去していきましょう。

では、小鼻の角栓を取り除くにはどのような方法があるのでしょうか。

1.小鼻の角栓を取り除く方法

小鼻の角栓を取り除くためには、皮脂汚れを除去するために作られているクレンジング剤を使っても、ほとんど効果は得られません。角栓の主成分がタンパク質ですから、効果を感じにくいのです。

ピーリングをしたり、酵素洗顔を実践することで、古い角質を除去していく方法や、蒸しタオルを使って毛穴を開くことによって、角栓を落としやすくする方法があります。

また、あまりよくないと言われている方法でも、頻度や除去する前後のケアによっても効果を得られる場合もありますので、どの程度なら大丈夫なのか、使用する前後にはどういうケアをすればいいのかをきちんと見極めてから行うことが大切なのです。

2.小鼻の角栓を取り除くおすすめ化粧品

どのような化粧品を使うと、角栓はきれいに取り除くことができるのでしょうか。

毛穴ケア専用のピーリング化粧品を使う方法は、古い角質を除去することができるのでおすすめです。角栓の除去にも効果的ですが、やりすぎると肌に対するダメージを与えてしまいますので、使用するのは週に一回に留めましょう。

洗顔用の酵素パウダーを使って、酵素洗顔するのもおすすめです。たんぱく質を分解する働きがある酵素を使うことで、角栓を除去することができます。

ミネラル成分が含まれているクレイパックは、毛穴の汚れを吸着することができるので、角栓ケアの効果も期待できます。クレイパックは乾いてしまうとかゆみが出てしまうので、乾燥する前に洗い流すのがポイントです。

全ての人に合う化粧品というのはなかなかありませんが、様々な商品が出ていますので、自分に合うものを探してみるのもいいのではないでしょうか。

3.小鼻の角栓を取り除くおすすめ道具

蒸しタオルで溶かしづらい角栓ですが、毛穴を開くことによって、角栓を落としやすくすることができます。また血行が良くなるため、代謝が上がります。

蒸しタオルを顔に乗せて、顔全体を温めます。その後、洗顔をすることにより、開いた毛穴から角栓を洗い流すのです。終わった後は、きちんと保湿すれば、毛穴が開きっぱなしになることはありません。

蒸しタオル以外にも、家庭用のスチーマータイプの美顔器も、蒸しタオルと同様の効果が得られるのでおすすめです。手順は、蒸しタオルと同様です。

角栓テープや角栓スティックなど、使いやすく爽快感もあるので、利用する人がいるかもしれませんが、肌を傷つける危険があるので、あまりおすすめはしません。

ですが、あまりにも酷く一度リセットしたい場合には、毛穴を開くために蒸しタオルなどを使ったり、使用後には保湿をしっかりするなどの対策を怠らないようにしましょう。また、肌のターンオーバーを乱さないためにも、月一回に留めましょう。

力任せの方法は肌トラブルの原因にもなりかねません。できるだけ肌に優しい方法に切り替えることをおすすめします。

4.小鼻の角栓を取り除いたあとの手当

角栓を取り除いた後は、毛穴が広がった状態になっています。そのままにしておくと、毛穴に汚れやメイクが入り込んでしまい、蓋をした状態になってしまいます。また、雑菌が入りやすくなる環境にもつながります。

そうなると、角栓ができやすくなるだけでなく、さまざまな肌トラブルを引き起こす原因となってしまいますので、角栓を取り除いた後のケアは非常に重要です。

これくらい大丈夫だろうと軽く考えて、ケアをしないままにしておくことのないようにしましょう。

角栓を取り除いた後には、収れん化粧水を使い、その後に保湿を行います。保湿をすることで肌が引き締まって、毛穴の開きも解消されるのです。

特に、セラミドが配合された化粧品を使うのがおすすめです。潤いを持続させる働きがありますので、角栓ができる原因である乾燥を防ぐことができます。

また、脂質が酸化の原因にもなりますので、抗酸化作用のあるビタミンCが使用されているものもおすすめです。他にも古い角質を除去して、新陳代謝を高めてくれる効果もあります。

しかし、ビタミンCは壊れやすい成分でもありますので、ビタミンC誘導体が使われている化粧品を選ぶといいでしょう。

美容成分を含んだ化粧品はたくさんありますので、自分の肌に合ったものを選んで、角質ケアをしていきましょう。

5.セルフケアで失敗した時は病院へ!

角質を取り除いた後に肌トラブルが起きてしまう場合があります。自分で対処できる場合もありますが、中にはアレルギーやウイルスから引き起こされるものもあります。

角質の除去など、セルフケアに失敗したと思ったときには、皮膚科へ受診してください。

クレンジングから引き起こされるアレルギーやウイルスが関係するイボや悪性の腫瘍ができていることがあります。角栓が直接的な原因ではないときもありますが、違和感を感じたり、今までのケアでは起こらなかったことが起きた場合などは、放置せずに皮膚科医の指示に従ってください。

3.小鼻の角栓を予防するケア方法

角栓はできたから取り除くよりも、日々の生活習慣を正して、角栓ができないようにしていくことが大切です。角栓の原因となるような習慣をしているのであれば、それを直して、角栓ができない状態にしていきましょう。

角栓は、必ずしも外であるわけではありません。角栓がなく、きれいな肌をしている人にも角栓は存在しています。新陳代謝がうまくいっていれば、角栓は気になるほど大きくはならないのです。

角栓を予防して、きれいだと言われる肌を目指してみませんか。

1.小鼻体操で角栓ができるのを防ぐ

角栓を予防する方法の一つに、小鼻体操というものがあります。その言葉だけ聞いても、どんなものなのか想像がつきませんよね。

小鼻体操のやり方を簡単に説明したいと思います。やっているときに、力を入れすぎると肌にダメージを与えてしまいますから、あまり力を入れすぎないように注意しましょう。

小鼻に両手の中指と薬指をあてます。このときに、中指と薬指で、鼻を挟むような形になります。

鼻を左右、上下という順番で動かし、その後に鼻を回すように動かします。この動きのときに、力をこめすぎてはいけません。優しく行いましょう。

最後に小鼻をつまんで、毛穴の汚れを出すように、軽く押していきます。

慣れるまでは難しいかもしれませんが、角栓の予防に効果があります。どのように効果があるかというと、毛穴が柔らかくなるのです。

毛穴が柔らかくなることと、角栓がどう関係してくるのかというと、固い毛穴では角栓が取れにくくなり、角栓が気になる状態になってしまいます。

角栓が取れやすくすることで、角栓が気にならない肌へと変わっていくのです。

2.毎日のケアで小鼻に角栓をできないようにする

何よりも欠かせないのは毎日のケアです。特に、洗顔は大切です。

熱すぎるお湯で洗顔する人がいますが、これは乾燥肌の原因になるだけでなく、肌へのダメージを与えてしまいます。また、洗顔に時間をかけすぎると、洗顔料をつけていることでダメージを与えてしまいますので、できるだけ手早く洗顔しましょう。

スクラブ洗顔剤は肌へのダメージが大きいため、おすすめしません。また洗顔ブラシも肌への刺激を与えてしまいますので、使わない方がいいでしょう。洗顔時に、肌を擦って汚れを落とそうとする行為も、肌へのダメージを増やしますので、優しく洗顔してください。

弱酸性の洗顔料は肌にいいように感じますが、乾燥を招く温床になっている可能性があります。アルカリ性の洗顔石鹸を泡立てて、肌に直接触れないように洗顔すると、肌にダメージを与えることなく、洗顔することができます。

また、乾燥することが角栓の原因にもなりますので、日々のスキンケアで、きちんと保湿を行ってください。乾燥肌や敏感肌の人は、それだけで肌にダメージを受けやすくなります。しっかりと保湿することが大切です。

3.毎日の生活習慣で角栓ができない小鼻に

つい夜更かしをしてしまったり、仕事で遅くなってしまったりと、生活習慣が乱れがちな現代社会ですが、生活習慣からも角栓ができやすくなってしまうことがありますので、注意が必要です。

睡眠不足も角栓の原因の一つ。寝る時間を早めることができなくても、質のいい睡眠を取れる環境を整えましょう。寝つきが悪い場合は、寝る前に携帯を見ることをやめたり、ホッとココアを飲むなど、寝つきをよくする対策を行ってください。

栄養が偏った食事も、よくありません。自分自身の食生活が脂質中心である人は、食生活を見直して、脂質を減らす努力をしてくださいね。

疲れているときには、そのまま寝てしまいたいときもありますが、メイクを落とさずに寝ることがないようにしてください。

まとめ

肌トラブルの中でも、なかなか隠すことが難しい角栓ですが、自分自身の生活習慣や、毎日のケアの方法を見直せば、改善できることが分かりました。

気軽にできるケアを選んでしまいがちではありますが、毎日の積み重ねが一番大切なのですね。

中には角栓培養といって、角栓が自然ととれるまで大きくしていくという方法もあるようですが、時間もかかりますし、一時的に角栓が酷くなってしまうようです。

外に出るのもつらくなるということですから、時間に余裕がある人ではないとできない方法かもしれません。

自分の状況に合わせて、一番合った方法で、気になる角栓を取り除くのが理想的ですよね。

角栓は取り除いて終わりではありません。きれいな肌環境を整えるためにも、毎日努力の積み重ねをしていきましょう。

スポンサーリンク

Check Also

efceb4361f5cbd1e2a9633d0c2efc316_s

チアシードを知って効果的に栄養を取り入れよう!4つの効能と2つの注意点

あなたはスーパーフードを普段の …