Home / 小顔 / 小顔になるための注射がある!?小顔になる注射の基礎知識
a0002_004095

小顔になるための注射がある!?小顔になる注射の基礎知識

小顔になりたいと思っている方は、エステサロンに通ったり、自分でフェイスマッサージやエクササイズを行い、日々努力をしています。しかし効果が出ない、続かないなど、問題点も出てきます。そこで、最近注目されている小顔になる方法が「小顔注射」です。

注射と聞くと不安もある方もいると思うので、小顔になるための注射についての基礎知識などをご紹介します。

スポンサードリンク

小顔注射とは?

注射1

小顔注射で使われているのが「BNLS小顔注射」です。BNLS小顔注射とは、顔痩せや小顔治療を目的に開発された新しい脂肪溶解注射のひとつです。脂肪吸引をおこなったり、メスを使わないので、切ることもなく、注射するだけの手軽な施術です。

痩せにくい顔や身体の脂肪を落とし、引き締まった小顔を作ることができます。2011年に韓国医師により開発されたもので、日本でも2万件以上の実績の症例があります。また、幅広い年齢層に人気があり、20代だと丸い顔のコンプレックス、30代だと顔のハリ、40代だと顔のたるみなどの悩みの解消に利用されています。

BNLS小顔注射の主成分

・ヒバマタ(海藻)抽出物・・・脂肪分解作用(脂肪の分解、新陳代謝を促進)

・チロシン・・・脂肪代謝促進(脂肪の代謝を助ける)

・オキナグサ・・・抗炎症作用、創傷治癒作用、肌再生作用

・カラクサケマン・・・抗炎症作用、創傷治癒作用、肌再生作用

・セイヨウトチノキ(マロニエ)・・・抗炎症作用、浮腫(むくみ)の減少作用

・アデノシン三リン酸・・・血管拡張、血管新生

・ペルシャグルミ(くるみ)・・・血管保護作用

BNLS注射の特徴

注射と聞くと、副作用や痛み、どんな効果があるのかが気になります。BNLS注射の特徴と知ることで、様々な不安が解消されます。

3つの作用

BNLS注射にはリンパ循環作用・脂肪溶解作用・肌の引き締めの3つの作用があります。この作用により、最短でBNLS小顔注射後3日で効果が実感できます。BNLS小顔注射は植物から抽出した成分を利用しているため、とても安全です。リンパ循環の流れが改善されると同時に、脂肪溶解作用と肌の引き締めで、身体に滞留していた老廃物を流し、余分な脂肪を溶かす作用もあるので、自然な小顔になることができます。

短間隔での治療

1週間程度の間隔で治療を行う事が可能なため、早く効果を実感することができます。1回の施術でも効果は出ますが、3回~5回の施術で期待以上の効果を期待できます。最短で3週間で理想の小顔が手に入ります。

対応部位が多い

今までの脂肪溶解注射は鼻に入れるのは難しいというデメリットがありましたが、BNLS小顔注射は鼻への注射が可能です。

ダウンタイムが少ない

従来の脂肪溶解注射は注射部位に腫れが生じたり、熱を持つことがありましたが、BNLS小顔注射は、むくみを予防する成分が入っているため、この問題が解消され、ダウンタイム等はほとんどありません。施術後の日常生活も支障なく過ごすことができ、誰にも気づかれることかく自然に小顔が手に入ります。

BNLS小顔注射のメリット、デメリット

BNLS小顔注射を受けるにあたりどのようなメリット、デメリットがあるのか知る必要があります。

メリット

・脂肪吸引に比べ価格が低価格。

・ダウンタイムが少ない。

・部分的に痩せられる。

・ばれにくく自然な効果が期待できる。

・手術なし、注射のみの施術。

・辛いダイエットの必要がない。

・しこりになりにくい。

・手軽にできる。

・痛みが少ない。

デメリット

・脂肪吸引と違い、急激な効果がでにくい場合があります。

・1回の効果に個人差があります。

BNLS小顔注射がすすめの方

・顔を小顔にしたい人。

・顔の脂肪が気になる人。

・ほうれい線が気になる人。

・まぶたが腫れぼったい人。

・二重あごが気になる人。

・団子鼻をスリムにしたい人。

・ダウンタイムが無い方が良い人。

・切ったり、腫れたりするのに抵抗がある人。

・周囲にバレないように、自然な形で小顔に近づけたい人。

・フェイスマッサージやエクササイズでは効果がなかった人。

BNLS小顔注射の対応パーツ

注射2

・額(前額部)・・・1本

・上まぶた・・・片目1本、両目2本

・小鼻・・・1本~4本

・こめかみ・・・片目1本、両目2本

・頬骨部・・・片側1本、両側2~8本

・ほうれい線・・・1本~2本

・下頬部・・・1本

・側頬部・・・1本~2本

・唾液腺肥大・・・2~4本

・顎下部(オトガイ下部)・・・3本~5本

BNLS小顔注射のパーツ別効果

・鼻への効果

注射3

鼻の中でも特に気になる団子鼻で悩まれている方には、BNLS小顔注射は効果的です。鼻先の左右の鼻翼軟骨と皮膚との間には脂肪を含めた軟部組織が丸みを作っています。この部分にBNLSを注入することで、余分な脂肪をなくし、すっきりとした鼻先に見せる効果があります。

・まぶたへの効果

まぶたの厚みが気になり悩んでいる方には、BNLS小顔注射は効果的です。まぶたの厚みの原因となっている組織は、皮膚、眼輪筋、皮下脂肪、眼窩脂肪などがあります。この中の皮下脂肪に、BNLSを注入することで、余分な脂肪をなくし、まぶたの厚みをすっきりとさせる効果があります。

・ほうれい線への効果

年齢が高くなるにつれ、老化現象の影響で出てくるほうれい線に悩んでいる方も多くいます。ほうれい線とは、鼻の横から頬骨の当たりにある、メーラーフェットという脂肪がし下垂してくることにより起こります。BNLSをこのメーラーフェットに注入することで、たるみを抑えます。

・頬、顎へのBNLS効果

注射4

BNLS小顔注射の中でも特に人気のある箇所が顎、頬です。効果もわかりやすいのが特徴です。BNLSを注入することで、余分な脂肪をなくし、フェイスラインすっきりし小顔が手に入ります。

BNLS小顔注射の施術時間

効果を出したい部位、BNLS注射を注射の量によっても異なりますが、顔の場合は左右合わして約10分~15分程度の短時間で終了します。

BNLS小顔注射の注意点

・BNLS小顔注射は、脂肪を溶かすだけではなく、血行を促進する効果があるため、マッサージや入浴、軽い運動などをして、身体全体の基礎体温を上げるとより効果が出ます。当日は激し運動はさけ、施術後3日から軽い有酸素運動(ウォーキング)などを行うと良いでしょう。激しい運動は、血行が良くなりすぎて、内出血が強く出る可能性があります。

・BNLS小顔注射の効果が出る1週間~2週間は、いつもよりもアルコールやお酒は控えめにしましょう。施術後3日間は特に注意しましょう。

・妊娠中や授乳中の方は、BNLS小顔注射は行えません。

・施術当日は2~3時間後には洗顔、メイク、入浴が可能ですが、強い刺激は避けましょう。
・甲状腺疾患の方は、行えません。

BNLS小顔注射の病院と費用

BNLS小顔注射は、美容整形外科で施術を受けることができます。費用は、BNLS小顔注射1本8000円~12000円程が相場となっています。また、モニターやキャンペーンなどで、5000円以内と、とてもリーズナブルな価格で受けることができます。美容整形外科では、無料カウンセリングや施術後のアフターケアをしっかり行ってくれます。不安やわからないことがあれば、しっかり医師に相談してからおこないましょう。

男性にも人気のBNLS小顔注射

BNLS小顔注射は、男性にも人気があります。仕事で沢山の人と合う機会が多い男性こそ、第一印象を決める顔のケアが重要になってくるのかもしれません。フェイスマッサージをおこなったり、エステサロンに抵抗がある男性にもBNLS小顔注射なら気軽に小顔が手に入ります。

こんな時におすすめ

BNLS小顔注射は、最短で3週間で確実に効果がみられます。結婚式やスピーチ、大切なイベントなどの時に利用してみると良いでしょう。BNLS小顔注射は周囲にバレズ小顔になれるので、周りから注目を浴びることができます。BNLS小顔注射にあわせて、軽い運動やマッサージをするとより効果がでるので、これらを併用して、すっきりした小顔を手に入れましょう。

スポンサーリンク

Check Also

selfie-465563_640

顔がでかいのは骨格のせい?顔がでかくなってしまう生活習慣7選

写真を撮ったら自分の顔のでかさ …