Home / 美肌 / 顔の汚れは毛穴の詰まりのせい?毛穴の詰まりを引き起こす原因とケア方法
1

顔の汚れは毛穴の詰まりのせい?毛穴の詰まりを引き起こす原因とケア方法

1

顔の汚れは毛穴のせいではと悩んでいませんか?その汚れは毛穴の詰まりのせいかもしれません。毛穴の詰まりを無理やり取ろうとすると皮膚にダメージを与えることになります。そうならないためにも毛穴が詰まる原因とケア方法について理解しておくことが大切です。

本記事は毛穴の詰まりが起きる原因とメカニズム、解消方法についご紹介していきます。毛穴のつまりによる顔の汚れで悩んでいる方は、本記事と一緒に解消できるようにしていきましょう。

スポンサードリンク

毛穴の詰まりを引き起こす原因とは

乾燥からくる毛穴詰まり

肌の表面が乾いてしまうと、皮膚が硬くなってしまいます。すると、体は肌を潤そうとして毛穴から皮脂を過剰に分泌する働きをおこします。これが毛穴を詰まらせてしまう原因になります。

つまり、保湿不足⇒皮膚の乾燥⇒毛穴が詰まる⇒毛穴が広がる⇒影が出来てしまうというサイクルが出来てしまうのです。

オイリー肌からくる毛穴詰まり

皮脂が過剰に出てしまうオイリー肌の場合、皮脂腺が発達してしまい毛穴が大きく丸く広がってしまいます。特に鼻や口の周り、あごは皮脂腺が多い場所なので、毛穴に汚れがたまりやすく詰まらせてしまうのです。

オイリー肌は、毛穴が開く傾向にあるので、毛穴を詰まらせてしまう「角栓」により毛穴が汚れて見えてしまうことがあります。

毛穴の汚れからくる詰まり

4

ファンデーションなどのクレンジングがしっかり出来ていないと、毛穴の中に汚れが残ったままになります。また、加齢によりターンオーバーが遅くなるために古い角質が残ったままになり角質が毛穴を詰まらせてしまうことがあります。

化粧品、皮脂などが混ざると毛穴がますます詰まり肌はザラザラした状態になって汚れて見えてしまいます。

メラニンの色素沈着

5

綺麗に毛穴の汚れをとったつもりでも毛穴が黒ずんで見える場合は、過度のスキンケアで強い刺激を肌に与えてしまったり紫外線で肌が傷ついていたりすることが原因かもしれません。

外部刺激から肌を守ろうとして体はメラニン生成を過剰にしてしまいます。メラニンの色素沈着により毛穴の中にシミのような黒ずみを残してしまうのです。

毛穴の詰まりをケアする方法

洗顔を見直す

肌に残ってしまった角質、黒ずみ、角栓を取り除くことが出来る洗顔に「酵素洗顔」があります。酵素洗顔には、肌のターンオーバーを整える効果もあり、普通の洗顔に比べて洗浄力が強いことでも知られています。

酵素洗顔には、角栓や皮脂に含まれるタンパク質を分解する働きがあるので、肌に残ってしまった古い角質が重なり汚れて見えていた顔のくすみを取り除いてくれる効果が期待出来ます。

ただ、酵素洗顔には、種類があり使用頻度や使用方法に違いがあります。乾燥がある場合は、気になる鼻の周りなど一部分だけ使用するなど肌に合わせた使い方が効果的になります。

酵素洗顔は、洗浄力が高いので泡立てネットなどでしっかりモコモコ泡を作り、優しく肌に乗せるようにして洗うことが大切です。力を入れ過ぎたり、こすったりしてしまうと肌を傷つけ返って肌状態を悪くしてしまう可能性があるので注意が必要です。

また、洗い流す際は、お湯の温度が高すぎると毛穴を広げてしまった状態が続き、炎症を引き起こすなど肌荒れの原因になるので、必ずぬるま湯(30~35度)で洗い流すようにすることが大切です。

洗顔を見直すだけで毛穴の汚れや詰まりが改善されることがあります。角栓が詰まりやすいと感じている人は、オイルタイプやゲルタイプで体温によって乳化するものを選ぶのも良い方法のようです。

また、「クレイ(粉末粘土)」入りの洗顔料も古い角質を取り除いてくれる効果があるのでおすすめです。

ピーリングで効果をあげる

一度の使用で効果が高いと言われているものにピーリングがあります。ピーリングとは、古い角質を取り除き、ターンオーバーを促すための薬剤を使いスキンケアする方法です。ピーリングは、皮膚科でも受けることが出来るのですが、自宅で洗顔により行うことも出来ます。

ピーリングの使用方法は、ピーリングジェルを顔全体に優しくクルクル回しなでるようにします。その際、力を入れすぎると肌を傷つけてしまうので注意が必要です。使用頻度は、月に1~2回程度が良いそうです。

適度にピーリングを行うことで、皮膚が柔らかくなりターンオーバーを促進させる効果が期待されるのですが、やりすぎてしまうと免疫力を下げることになり逆に肌を傷つけてしまうことになります。

使用方法、使用頻度、注意事項をしっかり確認してからピーリングを行うことが大切です。また、十分な保湿と紫外線対策、適度な運動を心がけることによりターンオーバーを促進させメラニン生成を抑える効果が出てきます。

保湿と保湿成分にこだわる

毛穴の詰まりをなくすためにも保湿はとても大事です。オイリー肌だから保湿をあまりしたくないという人もいるかもしれませんが、実は保湿不足により肌を守ろうとして過剰に皮脂が出ている場合があるので、しっかり保湿をすることがオイリー肌からくる毛穴の詰まりを防ぐことに繋がります。

また、保湿不足により肌は乾燥して皮膚をどんどん硬くしてしまうので、毛穴をつまらせてしまうことになります。そこで、より保湿力を上げるために保湿成分にこだわることが大切になります。

保湿力が高いと言われている保湿成分に「セラミド」があります。セラミドは、水に溶けにくい性質があるので、美容液として使用することが効果的です。

その際、セラミド成分表示に「セラミド2」「セラミド3」「セラミド6」「セラミド10」など数字が明記されているものを選ぶようにすることが大切です。セラミドには類似品も多くありますので選ぶ時の基準にするようにします。

次に肌にハリを与え保湿効果が高い成分のビタミンC誘導体配合の化粧水を選ぶようにします。ビタミンC誘導体の表示名は、「ビタミンC誘導体」と書かれていないので表示名が以下のようになります。

①リン酸パルミチン酸アスコルビル3Na(APPS、アプレシエ)

②リン酸アスコルビル酸Na(APS)

③リン酸アスコルビルMg(APM)

④テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)

ビタミンC誘導体配合の化粧水の浸透率を上げるために手で化粧水を入れるようにし、ゆっくりハンドプレス(押し込む)を行い顔全体になじませるようにするとより効果的です。

皮脂はティッシュでおさえる

皮脂が気になるときや化粧直しの時にあぶらとり紙を使用するより、ティッシュで軽く顔をおさえ皮脂を取ることが大切です。なぜなら、脂を取りすぎてしまうと乾燥を招き、ハリがなくなる、毛穴が目立っていくということになります。

その上、乾燥を防ごうと過剰に皮脂が出てきてしまうので、毛穴が広がるだけではなく、毛穴を詰まらせていきます。ある程度の脂を残すことが肌を守ることに繋がります。

間違えたケア方法を取らないようにするために知っておくこと

無理やり角栓をとらない

毛穴の汚れが気になり無理やりピンセットや毛穴パックで取ると、毛穴を無理に広げて角栓を引き出すことになり、毛穴が開くだけではなく皮膚を傷つけ炎症や肌荒れを招くことになります。その結果、以前より毛穴が詰まることになるのです。

また、シートタイプのクレンジングで化粧を拭き取る方法も化粧が完全に落ちないので、毛穴を詰まらせる原因になります。肌に摩擦がかかることもあり肌荒れの原因にもなるので、洗顔タイプで化粧を落とす方が肌には良さそうです。ぜひ、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

Check Also

1d063d917e416053291eb778c191265c_s-3-600x400

生え際にニキビができる原因と生え際ニキビを確実に消す方法

気がつくと生え際にニキビができ …