Home / 美肌 / 毛穴の汚れを引き起こ起こす原因と汚れの予防・解消方法
woman-919047_640

毛穴の汚れを引き起こ起こす原因と汚れの予防・解消方法

毛穴のお悩みを抱えている女性は少なくありません。特に多いのが、「毛穴の汚れを取りたい」「毛穴に汚れが詰まらないようにしたい」というものではないでしょうか?

そこで、毛穴の汚れを引き起こす原因と、汚れの予防・解消方法をご紹介していきます。ポツポツ毛穴が気になっている方は、ぜひ参考にしてください!

スポンサードリンク

毛穴の汚れを引き起こす原因とは?

woman-919047_640

「毎日きちんと洗顔しているのにどうして毛穴に汚れがたまるの?」と疑問に思っておられるかもしれません。毛穴に角栓が溜まることが、主な原因です。この角栓、どのような原因で作られて溜まるのでしょうか?原因をここでは3つほどご紹介します。

皮脂の過剰分泌

まず、毛穴汚れの原因となる角栓は、皮脂の過剰分泌と大きく関係しています。皮脂は誰でも毛穴から分泌されます。そして、この皮脂は肌に必要なものです。この皮脂があることで肌を守るバリア機能となり、肌の潤いを保つからです。

しかし、過剰に皮脂が分泌されて、皮脂を落としきれずに肌に溜まり続けると、肌に残っている汚れと合わさって角栓が作られるとされています。皮脂の過剰分泌が生じる原因としては、次のようなものが考えられます。

肌が乾燥している

矛盾しているように感じるかもしれませんが、肌の乾燥により皮脂は過剰に分泌されます。なぜなら、先ほども述べたように、肌には皮脂を分泌することで肌を守っています。そのため、肌が乾燥すると、皮膚は肌を守ろうとより多くの皮脂を分泌する仕組みとなっているのです。
保湿をしっかりと行っていなかったり、間違った洗顔方法をしていたり、紫外線をよく浴びていたりすると乾燥を招きます。

食生活の影響

脂質や動物性たんぱく質、糖質の多い食生活を送っていると、皮脂腺を刺激して皮脂の過剰分泌につながると言われています。脂っこいものや肉類、炭水化物、お菓子やジュースなどをよく摂っていて、バランスの悪い食生活になっていませんか?

ストレスや睡眠不足

皮脂の過剰分泌は、ストレスや睡眠不足により生じることもあります。ストレスや睡眠不足により、ホルモンバランスや自律神経のバランスを乱れさせます。女性であれば、女性ホルモン、エストロゲンには、皮脂分泌を抑える働きがあり、このホルモンが減ることで皮脂が過剰に分泌されるでしょう。自律神経の乱れにより、ホルモンの分泌にも影響を与えますし、交感神経が活発になると皮脂腺も活発に働き分泌が増えるとも考えられています。

メイクが落としきれていないため

角栓は皮脂の過剰分泌と汚れによって生じますが、この汚れというのは多くの場合、メイクの落とし残しが原因と考えられます。メイク落としが十分に行われていないと、毎日毎日、汚れが積もり積もって溜まっていきます。もし、メイクを普段されていない場合は、日常生活の中で顔に付着するホコリなどの汚れが取れていないのかもしれません。洗顔を正しい方法で行っていますか?洗顔方法に原因がある場合もあるでしょう。

ターンオーバーの乱れ

本来、肌は自然とターンオーバー、つまり新陳代謝を行っているので、毛穴の汚れは外へ押し出されて肌は生まれ変わっていきます。ですから、汚れが溜まっていかないはずなのです。ターンオーバーの周期は、基本的には28日ほどとなっていますが、年齢を重ねるともう少し長い日数となります。

しかし、様々な要因によりターンオーバーが乱れると、汚れが外に押し出されずに古いものが溜まっていきます。そのため、古い角質などの汚れが奥に溜まっていて、ターンオーバーが乱れていると、いくら洗顔を正しく行っていても奥にあるものが取れず、綺麗な毛穴にはなっていかないでしょう。

ターンオーバーが乱れる原因としては、睡眠不足、食生活の乱れ、アルコールの過剰摂取、喫煙、ストレスが溜まっているなどが挙げられます。ご自分の生活習慣に思い当たる所はありませんか?

毛穴の汚れを予防・解消する方法とは?

d62d12e44c7452df4ce4199ae7cb4286_s

では、毛穴の汚れを溜めないように、また汚れがある場合には解消するにはどうしたらよいでしょうか?先ほどの原因となることを考慮して予防や対策を練っていけば良いわけですが、ここでは、3つほどの方法をご紹介します。

正しい洗顔方法を行う

皮脂の過剰分泌やメイク落としが十分でないために、毛穴の汚れが生じている場合は、洗顔の方法を見直してみましょう。洗顔の方法を見直すだけで、毛穴汚れが解消されたという方は少なくありません。毎日の洗顔をどのように行っておられますか?

正しい洗顔方法のポイントを4つほどご紹介します。

ゴシゴシと洗わない

1つのポイントは、メイクや汚れを落とそうとゴシゴシと洗いたくなりますが、これは逆効果になりますから、避けてください。ゴシゴシと洗うと毛穴を広げる原因となり、汚れを詰まらせやすくなってしまいます。また、皮脂の過剰分泌を促してしまう乾燥の原因ともなるからです。洗顔後にタオルで拭く際も、ゴシゴシと拭くことは避けましょう。

石鹸や洗顔料をしっかりと泡立てる

洗顔は、泡を顔にのせて優しく優しく洗いましょう。そのために、洗顔料をしっかりともこもこの泡に泡立ててください。洗う時には、常に手と顔の間に泡があるようにします。泡がしっかりと立つ洗顔料や石鹸を使用することも大切です。

ぬるま湯で洗う

洗顔する際の水の温度は、目安としては30度から32度ぐらいが良いとされています。冷たすぎると毛穴を引き締め過ぎてしまって奥の汚れを落としきれません。そして、熱すぎると皮膚の乾燥を招いてしまうでしょう。

洗顔の回数にも注意!

毛穴の汚れを落とそうと1日に何回も洗顔をしていませんか?そのように洗い過ぎていると、肌は乾燥してしまうでしょう。夜は、メイク落としや一日の顔に付いたホコリなどを落とすために洗顔料を使った洗顔が必要です。

しかし、朝は洗顔料を使ってまで洗顔する必要がないという情報もあります。これは、肌質にもよるかもしれません。乾燥肌の方は、朝はぬるま湯で洗顔するだけで十分の場合もあるでしょう。また、かなりの脂症の方は洗顔料を使った方が良い場合もあります。どちらにせよ、1日に何度も洗い過ぎることは避けましょう。

毛穴にすでに汚れが溜まっている場合は、洗顔をする前に顔に蒸しタオルをのせて毛穴を十分に開かせてから洗顔をすることで、毛穴の汚れを落としやすくなりますので、試してみてください。

また、毛穴汚れが気になっている場合の洗顔料の選び方として、酵素洗顔料を使ったり、頻度や使い方には注意が必要ですが、ピーリング効果のある洗顔料を使ったりすると良いかもしれません。

保湿をしっかりとする

洗顔を正しく行っていても、その後のスキンケアが十分でないと毛穴汚れの原因となりかねません。保湿をしっかりと丁寧に行うようにしてください。化粧水、美容液、乳液、クリームといった基本的なケアを毎日きちんと行いましょう。

皮脂分泌が多くて肌がべたつくからとケアを怠っていると逆効果になります。保湿化粧品を選ぶポイントとしては、成分にヒアルロン酸、ビタミンC誘導体、コラーゲン、エラスチン、セラミドなどが含まれているものがおすすめです。

ターンオーバーを整える

上記の洗顔や保湿により、毛穴の汚れの解消や予防をするには、ターンオーバーが整っていることが非常に重要です。毛穴の汚れだけでなく、しわやしみ、たるみなど美肌を妨げる様々な要因にこのターンオーバーの乱れが関係しています。ですから、ターンオーバーを整えるために生活習慣を見直してみましょう。

質の良い睡眠は大きなポイントです。成長ホルモンが分泌されて、肌のターンオーバーを促してくれる午後10時から午前2時に睡眠を取ることがすすめられています。睡眠時間としては、最低でも6時間以上は寝るようにしましょう。

また、食生活も野菜、肉、魚などをバランスよく食べて(特にビタミンAやビタミンC、亜鉛などの成分がおすすめ)偏らないように気を付け、お酒の飲み過ぎにも注意しましょう。そして、ストレスを溜めすぎないようにすることでも、ターンオーバーを整えることができます。いわゆる健康的な生活を送ることは、お肌の調子を整えてくれるのです。

すっきり毛穴でスッピン美人に!

girl-630572_640

気になる毛穴汚れが生じる原因と、予防・解消方法についてご紹介してきましたが、お役に立てたでしょうか?日々の習慣や、洗顔やケアの仕方が毛穴汚れを引き起こし、ちょっと意識して改善するだけで毛穴もすっきりして、スッピン美人になれるかもしれません!メイクで厚塗りして毛穴を隠さずにすむ美肌を目指しませんか?

スポンサーリンク

Check Also

1d063d917e416053291eb778c191265c_s-3-600x400

生え際にニキビができる原因と生え際ニキビを確実に消す方法

気がつくと生え際にニキビができ …