Home / 美肌 / 毛穴のつまりを引き起こす原因とつまりの解消方法
girl-1733340_640

毛穴のつまりを引き起こす原因とつまりの解消方法

毛穴が黒くぽつぽつといちご鼻になっていませんか?この毛穴のつまり、多くの女性の悩みの種ですよね。しっかりケアしているつもりでも、すぐ毛穴がつまってしまうという方もおられるかもしれません。

そこで、毛穴のつまりを引き起こす原因と、つまりの解消方法をご紹介していきますので、ぜひお役立てくださいね!

スポンサードリンク

毛穴につまっているのは何?

mirror-997600_640

まずは、そもそも毛穴には何がつまってしまうの?皮脂?と思いますようね。そこで、毛穴につまっているのは何なのかを考えてみましょう。

毛穴につまっているのは角栓

毛穴につまっているのは、「角栓」です。この角栓、皮脂からできてしまうと考えられがちですが、皮脂が30%、古い角質であるタンパク質が70%と言われています。意外に思われる方も多いかもしれません。

皮脂だけではないために、オイルなどで落とそうと思っても角栓を取り除くことができないのです。ホットタオルで温めても角栓が溶けるわけではありません。

ちなみに角質とは、肌を守るために必要なもので、自然と古いものは肌の外に押し出されていくのが正常な状態です。しかし、この新陳代謝が正常に行われていないと、古い角質が毛穴の中にとどまり、皮脂と混ざり合い、肌に取って不要な角栓を作って毛穴をつまらせます。

そして、この角栓がずっと毛穴につまっていると、酸化して黒ずみになり、いちご鼻へとなってしまうのです。

毛穴のつまりを引き起こす原因

では、毛穴につまる角栓ができてしまう原因を見ていきましょう。皮脂と古い角質が溜まってしまうのは、次のような要因が考えられます。

皮脂が過剰に分泌されている

角栓の3割は皮脂によりできています。この皮脂、皮膚を守るためになくてはならないものなので、皮脂すべてが悪者なわけではありません。ですが、過剰に分泌されると、毛穴をつまらせる原因となります。

皮脂の過剰分泌は、肌が乾燥していると生じることがあるでしょう。皮膚を守る皮脂が足りないために、どんどん皮脂が分泌されるのです。そのため、脂症肌の方が皮脂が多いと思いがちですが、乾燥肌の方も皮脂が多く分泌され過ぎている可能性があります。そして、皮脂の過剰分泌は毛穴を広げる要因ともなります。

間違った洗顔の仕方、スキンケアをきちんと行っていない、紫外線をよく浴びる、喫煙、食習慣などが乾燥の原因として考えられるでしょう。

メイクが落としきれていない

メイクをしっかりと落としていますか?丁寧に洗ったつもりでも、残っている場合があります。特に、毛穴をカバーしようと念入りにファンデーションを塗っていると、どんどんその汚れは溜まっていきます。その汚れが皮脂や角質と混ざり、角栓を作り出すこともあるでしょう。

毛穴の開きやたるみ

つまるということは、つまるスペースがあるということになります。毛穴のつまりが起きるということは、毛穴が開いているというわけです。この毛穴の開きは、様々な要因で起きます。

例えば、加齢とともに残念ながら肌は、ハリや弾力を失い、たるんできますので、毛穴も開き、たるみが生じてきます。顔の頬の部分を上に引っ張り上げると、毛穴が目立たなくなるということはありませんか?それはたるみが生じている証拠です。

また、洗顔をごしごしとしていたり、洗顔後のケアを丁寧に行っていなくて毛穴が開きっぱなしの状態になっていたり、熱いお湯で洗顔をしていたりすると、毛穴の開きを促してしまいます。

ターンオーバーの乱れ

肌の新陳代謝、つまりターンオーバーが乱れていると、古い角質が剥がれ落ちていかないために、角栓ができあがってしまいます。ターンオーバーは、だいたい28日周期とされています。年齢を重ねると共にその期間が延び、40代だと45日程度となるでしょう。

ターンオーバーの乱れは、睡眠不足やストレス、ホルモンバランスの乱れ、喫煙、栄養バランスの悪さなどが挙げられます。ターンオーバーのリズムが整っていれば、毛穴に特別なケアをしなくてもつまってしまったり、黒ずみになったりすることを避けられるとされています。

毛穴のつまりの解消方法

27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_s

では、毛穴のつまりを解消するために何ができるでしょうか?6つほどの方法をご紹介しますので、ご参考に!

クレンジングを丁寧に行う

メイクをしている方は、クレンジングを丁寧に行って、メイクの落とし残しが毛穴につまっていくことのないようにしましょう。かといって、ゴシゴシと肌をこすると傷つけてしまったり、毛穴を広げる原因となりかねません。

直接、角栓がクレンジングで落ちることはありませんが、新たな角栓を作り出さないためにも、丁寧なクレンジングを行ってください。化粧水タイプのものや拭き取りタイプのものは、なかなかメイクがきっちり落としにくいかもしれないので、オイルのものやジェル状のものがおすすめです。

洗顔方法を見直す

毛穴のつまりを解消するには、洗顔の方法を見直すことが大切です。本当にそんなことで綺麗になるの?と思われる方もおられるかもしれませんが、洗顔の仕方を変えることで、毛穴の角栓を取り除くことができます。

正しい洗顔のポイントは、次の点です。

・洗顔料をしっかりと泡立てる
洗顔は「泡」が重要です。泡立てネットなどを使用して、もこもこの泡を作りましょう。濃密で細かな泡を作ること、毛穴の汚れをしっかりと落とすことができます。
泡を使い、優しく優しく洗いましょう。手と顔の間には常に泡があるようにしてください。

・ぬるま湯で優しく洗い流す
32度ぐらいのぬるま湯で洗い流しましょう。熱いお湯で洗い流すと、肌の乾燥を招き、毛穴の開きを促してしまいます。すすぐ際も、ごしごしとせずに顔にぬるま湯を付けるという感じがおすすめです。しかし、洗い残しの内容に気を付けましょう。

角栓除去に効果的な洗顔料を選ぶ

角栓を除去するのに効果的な成分が含まれた洗顔料を選ぶのも良いでしょう。例えば、フルーツ酸やサリチル酸といった成分が含まれているピーリングも可能な石鹸があります。これらは、古くなった角質を柔らかくして除去するのに効果的です。

他にも、タンパク質を分解する働きがある酵素が入った洗顔料もおすすめです。また、クレイ成分も角栓を吸着する効果があるとされています。こうした成分が入っているものを選んで使ってみましょう。

保湿をしっかりと行う

正しい洗顔を行ったなら、開いた毛穴をしっかりと引き締めて、保湿することが非常に重要です。そのために、化粧水、美容液、乳液かクリームという基本的なスキンケアを洗顔後すぐに行うようにしてください。

脂症肌の方などはついつい化粧水だけで済ませてしまうと言うことがあるかもしれませんが、それがかえって皮脂の過剰分泌を招きます。乾燥は毛穴にとって、そして美肌にとって大敵です!何一つ良いことはありません。

セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分が入った化粧水や、毛穴を引き締める効果のある収れん化粧水、ビタミンC誘導体入りの化粧水などを使うこともおすすめです。

生活習慣を改善しターンオーバーを整える

毛穴のつまりを解消するには、ターンオーバーを整えることが欠かせません。これが整うことで、自然と美しい毛穴へと生まれ変わっていくからです。

睡眠時間をきっちりと確保すること、ストレスを解消すること、栄養バランスの取れた食生活、ホルモンバランスを整えることなど、健康的な生活を送ることでターンオーバーが正常に働きます。ターンオーバーの力を使って毛穴のつまりを解消するには、数ヶ月の時間がかかりますが、あきらめずに正しい洗顔と保湿をコツコツと粘り強く続けましょう。

エステサロンや美容外科で施術を受ける

手っ取り早く毛穴のつまりを解消したい方、お金をかけても良いという方には、エステサロンや美容外科などで毛穴を綺麗にする施術を行うという方法もあります。

レーザー治療やハンドマッサージ、マシンを使った方法など、毛穴のつまりを解消するプランは様々あります。永遠に綺麗さを保てるわけではなく、それを維持するには、やはり日頃のケアを丁寧にする必要があるということも覚えておきましょう。

毛穴のつまりを解消してスッピンにも自信!

happy-woman-1209728_640

毛穴のつまりを引き起こす原因と解消方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?ご自分の毛穴のつまりの原因が解明できたでしょうか。毎日のお肌のケアの仕方が、今の毛穴の状態を作り上げています。ケアの方法や生活習慣を見直して、スッピンにも自信が持てるような美しい毛穴を目指したいですね!

スポンサーリンク

Check Also

sandal-1521801_640

かかとひび割れの原因と対処法

かかとがひび割れてガサガサ。ス …