Home / 美肌 / 毛穴汚れの洗浄方法とお家で出来る毛穴ケアを紹介!
27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_t

毛穴汚れの洗浄方法とお家で出来る毛穴ケアを紹介!

「鼻に黒いブツブツがたくさんできていて、まるでいちごみたい…」と、お悩みの人は多いのではないでしょうか。

この毛穴に詰まった汚れ・黒ずみの正体は、「角栓」と呼ばれる物。角栓は、皮脂や角質(肌の表面を守る細胞)などが混ざり合った物で、これが毛穴に詰まると汚れや黒ずみとして際立ってしまうのです。

本来、角栓は毛穴から雑菌などが侵入するのを防ぐために、ある程度は必要な物です。また肌が正常な状態であれば、不要な分は勝手に排出されていくのが自然です。しかし、新しい肌を形成するための新陳代謝(ターンオーバー)が乱れてしまうと、古い角層がはがれ落ちず肌に溜まっていき、角栓が毛穴につまりやすくなってしまうのです。

また、皮脂の過剰分泌や乾燥も、毛穴が開いたり角栓が詰まったりする原因となります。今回は、お家で出来るそのような毛穴の汚れ・黒ずみをすっきり洗浄する方法を紹介していきます。

スポンサードリンク

毛穴の汚れを洗浄するには

kurensing1

毛穴に詰まった角栓は時間が経つと硬く、そして大きくなり、通常の洗顔ではなかなか落としにくくなります。

そんな角栓を洗浄するためには、まず洗顔前に角栓を柔らかくすることが大切。蒸しタオルなどを顔に当てると、毛穴の開きが大きくなり、角栓が柔らかくなります。また、美顔器のスチーマーや、洗面器などに熱湯を張って蒸気を顔に当てる方法でも、毛穴を開くことは可能です。

オイルクレンジングも、角栓の洗浄には効果的。オイルが毛穴の中に入り込み、角栓や汚れを浮かして落としやすくしてくれます。強くこすらず、指先でクルクル円を描くようにしてオイルを浸透させてください。

角栓を浮かせた後は、洗顔料をしっかりとキメ細かく泡立て、優しく顔を洗いましょう。

泡を洗い流した後は冷たい水で顔をすすぎ、さらに化粧水を付けてしっかり毛穴を引き締めます。こうすることで毛穴の汚れを洗浄し、新たな角栓が詰まりにくい状態にできるのです。

しかし、すでに毛穴に詰まって硬化してしまったり、黒ずんでしまったりした角栓は、これらの方法だけではなかなか落としきれない場合があります。そんなときは、毛穴汚れの洗浄サロンに行ったり、自宅で毛穴洗浄器具を使ったりといったケアも必要です。

毛穴の汚れの種類

b9edbe432093f31631946b755d24852c_s-600x400

毛穴のトラブルは、実は原因や状態によっていくつかの種類に分けることができます。自分の毛穴の汚れがどのタイプに当てはまるか、確認してみましょう。

黒いブツブツで「いちご鼻」に…「黒ずみ毛穴」

黒いブツブツが鼻などに広がり、一般的によく言われる「いちご鼻」になってしまっているタイプ。

これは、毛穴に詰まった角栓が空気に接触して酸化し、黒く変色してしまっていることが原因です。皮脂の分泌が多い部分にできやすく、毛穴から角栓が盛り上がった状態になるため触るとザラザラします。

角栓の周りには雑菌やメイク汚れなども詰まってニキビができやすくなるため、洗顔やクレンジングはしっかりと行いましょう。

角栓じゃなくて実はシミ!?「メラニン毛穴」

毛穴の黒ずみは角栓の酸化だけではなく、実は「メラニン」によっても引き起こされることがあります。

これは、角栓によって発生した活性酸素がメラニンを作ってしまうことや、紫外線を浴びたたことが原因でできてしまった「毛穴のシミ」。メラニン毛穴になってしまうと、角栓を取り除いても黒ずみは残ったままになってしまいます。

一度できてしまったメラニン毛穴は、通常の美白ケアと同じように美白基礎化粧品を使用することや、肌のターンオーバーを元に戻して肌が生まれ変わることで改善していくため、黒ずみを消すのには時間がかかります。

毛穴がぽっかりと開いてしまう「開き毛穴」

皮脂が多い人や、乾燥肌の人、表面はオイリーなのに肌の奥が乾燥している「インナードライ」の人などは、毛穴が大きく開いて穴が空いているような状態になりやすくなります。また、肌のたるみによって毛穴が引っ張られて開いてしまうことも。

毛穴が大きく開口したままになっていると、その分皮脂やほこりなどの汚れが溜まりやすくなりますし、毛穴が影によって黒っぽく見えたり、ファンデーションが入り込んで化粧崩れを起こしたりすることもあります。

毛穴を目立たなくするために肌の保湿はしっかり行い、毛穴を引き締めましょう。

毛穴がでこぼこになってしまっている「クレーター毛穴」

無理に角栓を押し出したことによって肌に傷が付いたり、ニキビが跡になってしまったりすると、その部分の毛穴がぼこぼことしたクレーター状態になってしまうことがあります。こうなってしまうと、自宅でのケアや新陳代謝では完治させることができなくなりますので、美容皮膚科などでの処置が必要です。

お家で出来る毛穴ケア

0418fa8658c131d5774f4467100005ba_s-600x400

ここからは、自宅で気軽に出来る毛穴ケアの方法をご紹介します。

オイルマッサージで角栓を浮かし、綿棒で除去する

洗顔後、手のひらで温めたオイルを鼻などに塗り、指先で優しく浸透させましょう。こうすることで、詰まった角栓が浮き出やすくなります。オイルはホホバオイルやオリーブオイルなど、肌に優しい植物性の物が適しています。

オイルが浸透したら、綿棒でクルクルと円を描いたり、下から上へと撫でるようにこすったりして角栓を取り除きます。このとき、強くこすりすぎないように注意してください。

角栓の除去は、お風呂や蒸しタオルなどで毛穴を開いてから行ったほうが効果的です。また、角栓の除去が終わったら洗顔料とぬるま湯でしっかりオイルを落とし、保湿をしましょう。

ホームピーリングで角質を取り除く

市販のピーリング化粧品を使うことで肌の古い角質が落ちて、毛穴に詰まるのを予防できます。また、毛穴汚れを落としたり、肌のターンオーバーを促進したりする効果もあります。

しかし、ピーリングは肌の表面を削るという刺激の強いケアです。製品に記載されている使用頻度や容量を必ず守って、肌に痛みや異変を感じたらすぐに使用を中止してください。

マッサージをする

毛穴汚れや黒ずみが気になる場所というと、一番に「鼻」を挙げる人も多いのではないでしょうか。鼻の黒いブツブツは、マッサージをすることによって改善しやすくなります。

お風呂などで毛穴が開いて皮膚が柔らかくなっている状態のときに、色んな方向から鼻をつまんだり、小鼻を揉んだりと優しくマッサージします。その後、クレンジングを行ってください。

マッサージをすることによって角栓が外に飛び出しやすくなり、クレンジングで落としやすくなるのです。しかし、マッサージやクレンジングをするときは絶対に強くこすったり、爪を立てたりしないように気を付けましょう。

美顔器を用いる

自宅で徹底した毛穴ケアをするならば、家庭用の美顔器を購入するのも手です。しかし、美顔器は種類によってもたらす効果も異なりますので毛穴に効果があるか、自分の毛穴の状態に効果があるかを見極めて購入することが大切です。

まとめ

b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_s-2-640x330

いかがでしたでしょうか。毛穴の汚れの洗浄方法及びお家で出来るそんな毛穴の汚れ・黒ずみをすっきり洗浄する方法について紹介してきました。

まずは自分の毛穴の汚れの種類や状態を分析し、それらに合った対処法をとっていくことが大切です。本記事が毛穴トラブルに苛まれる皆様のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

Check Also

hands-1885310_1920

手汗が出る理由と今すぐ止める方法

ベタベタとして不快な手汗。人と …