Home / 美肌 / 毛穴に効果的なレーザー治療とデメリット
medical-563427_640

毛穴に効果的なレーザー治療とデメリット

毛穴のお悩みを解消する方法の一つとして、レーザー治療をしてみたいとお考えですか?自分でケアしていても限界を感じている方もおられることでしょう。

では、毛穴に効果的なレーザー治療とはどのようなものでしょうか?

本記事では美しい毛穴にするためのレーザー治療の知っておきたいデメリットについても取り上げていきます。毛穴に対するレーザー治療をお考えの方は是非参考にしてみてください。

スポンサードリンク

毛穴に行うレーザー治療とその効果とは?

medical-563427_640

レーザー治療と聞くと、光をあてるの?というイメージをお持ちかもしれません。美容外科などで施術を受けられる毛穴に施すレーザー治療には、どのようなものがあるのか代表的なものを3つほどご紹介していきます。そして、それぞれの効果も見ていきましょう。

毛穴が引き締まる「フラクショナルレーザー」

「フラクショナルレーザー」という治療方法があります。肌の表面に点状にレーザーを照射して、小さな穴を開けていきます。そして、熱エネルギーを加えながら、肌が生まれ変わる力を利用して新しい肌へと再生させていく治療方法です。

このレーザーは、開いてしまった毛穴の引き締めに効果があるとされています。他にも、しわやたるみ、ニキビ跡、クマやくすみ、シミやそばかすなどの改善に効果的でしょう。

フラクショナルレーザーは、1回の施術で肌の10~15%程度が生まれ変わると言われていますので、何回か行う必要があり、大抵5,6回とされています。1回施術をしてから4週間ほど間を開ける必要がありますから、半年ほどの期間が必要でしょう。1回の施術時間は10分ほどです。

そして、1回の費用は2~5万円となっています。自費診療ですから、病院などによって価格は異なります。1週間から10日間ほどのダウンタイムがあります。その間は、かさぶたのようになり、剥がれてきますから、お休みなどを利用して施術を受けた方が良いかもしれません。

古い角質を取り引き締める「カーボンピーリング」

次に「カーボンピーリング」という方法をご紹介します。超微粒子のカーボンが含まれたクリームやローションを毛穴の気になる部分に塗ります。そして、そこにレーザーを照射します。そうすることで、カーボンの黒い色素に反応して、それが蒸発しそれとともに、毛穴に詰まった古い角質や角栓が取り除かれるというわけです。

また、毛穴の引き締め効果も期待できるでしょう。それは、レーザーの熱により、コラーゲンが生成される線維芽細胞が刺激されるため、コラーゲンの生成が活発になり、肌が潤うためと考えられます。

毛穴以外にも、肌のトーンが明るくなる、シミやそばかす、あざやほくろの除去、小じわや肌のざらつきなどの改善にも効果があり、弾力のある肌へと生まれ変わるとされています。

1回で効果が得られる方も多いですが、3~5回ほど施術を受けるとより効果を実感できるでしょう。施術は、2~3週間に1回が適切とされています。ですから、トータルの期間は2~4ヶ月ほどかかるとみてください。

カーボンピーリングのダウンタイムは、当日1日ぐらい赤みが出る程度とされています。1回の施術時間は、10~20分ほどです。費用は、鼻の毛穴の場合は1回、2万円ぐらいでしょう。

毛穴が引き締まる「クリスタルピーリング」

3つ目は、「クリスタルピーリング」というレーザー治療です。レーザー光線の何十倍もの強さの高周波なラジオ波を皮膚の奥深くまであて、熱を浸透させるという方法です。

この施術により、熱で刺激を受けてまず、コラーゲンが収縮されるため、毛穴が引き締まる効果を期待できます。そして、その後2~3ヶ月ほどかけてコラーゲンの生成が活発になって増えていくため、しわやたるみが解消されていきます。

1回の施術によりすぐに効果を実感できますが、半年ぐらいで効果のピークを迎えます。1回の費用の相場としては、9万円から20万円と病院により異なります。施術後数時間ほどはひりひりとしたり、赤くなったりすることがあるでしょう。

レーザー治療のデメリットとは?

girl-690327_640

レーザー治療が開いた毛穴を引き締めたり、汚れを除去したり、美肌に効果的であることが分かりましたが、考慮すべきデメリットもあります。それを踏まえた上で、レーザー治療を受けるかどうかを決めることをおすすめします。

痛みを感じる場合もある

レーザー治療は、肌にメスを加えるわけではないので、痛みはないとされています。しかし、実際の所は、痛みの感じ方は個人差もありますが、中には「思ったよりも痛かった」という感想を述べる方も少なくありません。

肌に刺激を加えるわけですから、痛みを多少は感じるのも当然かもしれません。また、これは医師の技術の差もあるとされています。ですから、口コミなどを調べて技術の高いところを選ぶようにしましょう。

ダウンタイムがある

先ほどのレーザー治療の種類の部分でもご紹介しましたが、レーザー治療にはダウンタイムというものがあります。つまり、施術してから日常生活に支障のない状態になるまでの期間です。

施術した数時間以内に肌の赤みやひりひりなどがおさまる場合もあれば、レーザーの種類によっては、10日間ぐらいかかり、しかもかさぶたが剥がれるなど、生活に支障がきたすものもあります。

マスクで隠せる程度であれば、仕事や日常生活を送れるかもしれませんが、連休などを利用する必要があるレーザー治療もありますので、病院でよく説明を受けましょう。そして、施術後すぐに、美肌になれるわけではないことを覚えておきましょう。

費用が高い

レーザー治療のデメリットの大きな点は、費用が高いという点です。だいたいどのレーザー治療も数万円以上します。ですから、自分で毛穴のケアをすることと比べるとかなり高額なケアの方法と言えるでしょう。

しかも、施術時間は10~20分程度です。そして、効果を得るためには数回行わなければならない場合がほとんどなので、かなりの高額になることも考慮して、レーザー治療を受けるかどうかを決めるようにしてください。また、美容外科などのクリニックによって費用は異なりますから、よく調べることもおすすめします。

永久に効果が続くわけではない

レーザー治療を受ければ、毛穴のお悩みから一生解放されるわけではありません。それぞれのレーザー治療の方法にも異なりますし、日頃のケアの仕方によっても異なりますが、効果は数ヶ月などの一時的なものです。

毛穴が開いたり、毛穴が詰まったりするような習慣を行っているようであれば、また、レーザー治療をする前の肌の状態、毛穴の状態に戻ってしまうでしょう。ですから、根本的に毛穴の悩みを解決するものではないことを覚えておきましょう。

そして、せっかく高額な費用をかけてレーザー治療を行ったなら、やはり、日頃のケアの習慣を見直してみて、毛穴を美しく保つように努力することをおすすめします。日焼けしないように心がけること、基本的なスキンケアをしっかりとすること、正しい洗顔の仕方を守ること、食習慣をバランスの整えられたものにすることなどです。

メリットとデメリットを考慮してレーザー治療を!

lady-1703854_640

いかがでしたでしょうか?毛穴を美しくするのに効果的なレーザー治療についてご紹介しましたが、お役に立てたでしょうか?レーザー治療は、毛穴を引き締めたり、お肌を弾力あるものにしたりと美肌へと導いてくれる治療方法です。しかし、デメリットもありますから、メリットと両方考慮して選択されることをおすすめします。

スポンサーリンク

Check Also

1[1]

敏感肌向けのファンデーションとは

「敏感肌」という言葉を聞いたこ …