Home / 美肌 / 顔の毛穴を綺麗に保って美しい美顔をキープするためのコツ
1

顔の毛穴を綺麗に保って美しい美顔をキープするためのコツ

1

毛穴が詰まるとニキビ、吹き出物、毛穴の黒ずみや毛穴たるみに繋がってしまいます。そうかといって、毛穴の角栓を無理に取ることは返って毛穴に黒ずみを作ってしまう原因になりかねません。

そこで、毛穴を綺麗に保ち美しい美顔をキープするコツを詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

毛穴を綺麗に保つスペシャルケア方法

基本は保湿

2

毛穴を詰まらせてしまう「角栓」の正体は、古い角質が70%あるそうです。古い角質が毛穴に残ったままになるとニキビ、吹き出物、たるみ、黒ずみへと繋がってしまいます。しかし、無理に毛穴の角栓をピンセットなどで取ろうとするとお肌が傷つき色素沈着を招き、余計に毛穴の詰まりを悪化させることにもなります。

そこで、毛穴を綺麗にするためにもヒアルロン酸、コラーゲン、タンパク質などで形成されている真皮の形を崩さないことが大切です。

そのためには、肌への潤いを常に保つことがポイントになります。つまり、入念な保湿を行うようにすることが毛穴を綺麗に保つ基本ということです。ここからは、もう少しく詳しく美しい美顔をキープするためのコツへと進めていきます。

クレンジング前の一手間で毛穴が綺麗に 美顔をキープするコツ

毛穴を開かせてからのクレンジングで皮脂や汚れが毛穴にたまりにくくなります。なにより毛穴を綺麗にすることで美顔をキープすることにも繋がります。

お風呂に入ってからクレンジングでも毛穴は多少開きますが、もっと効果的な方法が蒸しタオルをクレンジング前に顔に乗せることです。蒸しタオルは電子レンジで簡単に用意することが出来ます。

また、蒸しタオル後、週2回程度のピーリングを行うこともおすすめです。クレンジング前の一手間で美しい美顔をキープすることが出来るようになります。

毛穴を綺麗に保って美顔をキープするための毛穴体操方法

4

小鼻の毛穴の角栓をより取れやすくするための体操が毛穴体操です。毛穴体操を行ってからピーリングなどを行うと毛穴の角栓が取れる効果も倍増します。毛穴体操のやりかたは、とても簡単なのでおすすめです。

①両手の中指と薬指を使い小鼻をはさむようにします。

②左右に鼻をやさしく動かしていきます。

③上下に鼻をやさしく動かしていきます

④今度は、鼻を回すように動かしていきます。

⑤最後は、小鼻をつまんで軽く押し出すようにします。

毛穴体操を行う時は、とにかくやさしくお肌をこするようなことや力を入れすぎてしまうことがないようにすることがポイントです。

毛穴を綺麗に保って美顔をキープするための毛穴マッサージ方法 その1

5

毛穴を綺麗にする方法に毛穴のオイルマッサージがあります。以下の手順をご紹介します。

①オイルマッサージを行う前にフェイスマッサージ用のオイルを手に出してハンドプレスで少し温めていきます。

②薬指にオイルをのせ毛穴の汚れや皮脂(角栓)が気になる場所に下から上に向かってやさしくクルクルマッサージしていきます。

③角栓のかけらがポロポロ出てきたら、ぬるま湯で濡らしたコットンなどでやさしく拭き取るようにします。

④フワフワのホイップ泡を作った洗顔でやさしく洗い流すようにします。

⑤しっかり保湿を行うようにします。

クレンジング前の蒸しタオルと同様に毛穴のオイルマッサージ前にも顔を温めておくと効果的です

毛穴を綺麗に保って美顔をキープするための毛穴マッサージ方法 その2

55

毛穴を綺麗にするために血流やリンパの流れを良くし、たるみ毛穴改善や角栓が詰まりやすくならないようにします。そこで、血流、リンパの流れが良くなるマッサージ方法をご紹介します。

①顔の上で手や指先の滑りを良くするために美容液やクリームを顔全体に塗っておきます。

②強く押したりこすったりしないように力の入りやすい人差し指ではなく、中指、薬指の腹を使って、顎から耳の下、口角から耳、頬骨からこめかみへそれぞれ5秒程度を目安にして、小さな円をクルクル描くようにやさしくマッサージしていきます。

③次に耳の下から鎖骨までを同じようにクルクル円を描くように左右3回ずつやさしくマッサージしていきます。

④鎖骨から脇の下に向けて同じ要領でやさしくマッサージしていきます。

毛穴を綺麗に保って美顔キープするための毛穴マッサージ方法 その3

66

血流やリンパの流れを良くするとともに筋肉の凝りをとっていくとより綺麗な毛穴を作り美顔をキープすることに繋がります。そのためのマッサージをご紹介します。

①ここでも顔の上で手や指先の滑りを良くするために美容液やクリームを顔全体に塗っておきます。

②親指を除く4本の人差し指から小指を使い、鼻の脇からこめかみに向かってゆっくり伸ばすように滑らせていきます。

③次に顎を引いた状態で頬骨の下に4本の指を軽く乗せ上へ押し上げるようにしていきます。そのまま4本の指はこめかみに置き、今度は顎を上げた状態で目線を下にしながら引き上げていきます。

④最後は4本の指を両頬に当てた状態からこめかみに向かい円を描くようにやさしくすべらせていきます。マッサージをする際は、必ずやさしく力をいれすぎないようにして行うことが大切です。

毛穴を綺麗に保つための裏技

毛穴を綺麗に美顔キープの心がけのコツ

7

毛穴を綺麗に保つための大原則は、健康な肌作りです。生活習慣が乱れ睡眠不足、不摂生などが続くとお肌に元気を失わせてしまうことに繋がっていきます。そこで、美顔をキープするために出来る心がけ方法をご紹介します。

①睡眠時間は6時間以上取るようにし、出来るだけゴールデンタイムに休むようにすること

②紫外線対策は、一年中季節に関係なく行うこと

③野菜中心のバランスの取れた食生活を心がけるようにすること

④お化粧はその日のうちに必ず取るようにすること

この4つの心がけ方法を意識することでお肌はみるみる元気になり毛穴も綺麗に保つことに繋がるようです。

エステ、美容皮膚科を利用する

8

毛穴の詰まりをすぐにでも取りたい場合やなかなか毛穴の詰まりが改善されないときは、プロに相談することも良い方法です。美容皮膚科やエステを利用することで自宅では出来ない毛穴の黒ずみを取ってくれる施術を行ってもらえます。

また、肌のターンオーバーを正常にしてくれる施術も同時に行うことが出来るので、即効性が期待されます。

毛穴を綺麗に魅せ美顔をキープするための化粧方法

9

化粧で毛穴の黒ずみを消そうとすると厚塗りになってしまい、不自然に目立ってしまいます。また、厚塗りをすることで皮脂が出やすく化粧崩れの原因になるだけではなく、毛穴を余計に詰まらせてしまうことにもなります。

そこで、化粧をする際は、フェイスパウダーをマットなもので白系の透明なパウダーを選ぶことをおすすめします。マットタイプのフェイスパウダーを使うことで、肌の凹凸を目立たなくし、白系のパウダーで、厚塗り感をなくすことが出来ます。

また、ベースメイクで毛穴をカバーした後、粒子の細かいマット系のフェイスパウダーを使うと、肌をふんわり見せてくれ毛穴の広がりを目立たなくしてくれます。フェイスパウダーを塗る際も大きめのブラシを使うようにすると、化粧崩れがしにくくなります。

化粧直しのあぶらとり紙は極力控え、ティッシュで軽く皮脂を取る程度にしていきます。皮脂を取りすぎてしまうと返って皮脂が過剰に出てしまい毛穴を詰まらせ広げてしまう原因になります。

毛穴を綺麗に保ち美顔に見せる裏技として化粧選びにもこだわってみるのもおすすめです。
ぜひ、参考にしてみて下さい

スポンサーリンク

Check Also

efceb4361f5cbd1e2a9633d0c2efc316_s

チアシードを知って効果的に栄養を取り入れよう!4つの効能と2つの注意点

あなたはスーパーフードを普段の …