Home / 美肌 / 毛穴の開きを改善する治療の種類とメリットデメリット
c45940f073170cd338298bae61b3a7fe

毛穴の開きを改善する治療の種類とメリットデメリット

年を重ねると気になってくる「毛穴の開き」。毛穴が開いているせいで、肌にざらつきがでたり、メイクのノリが悪くなったりと、あまり良いことはありません。

そんな毛穴の開きは、ホームケアでは、なかなか改善していきません。毛穴の開きを改善させるには、美容皮膚科などで治療を行うことが、効果的な改善方法です。ここでは、毛穴の開きを改善する治療の種類とメリットデメリットをご紹介していきます。

スポンサードリンク

毛穴とは

pinching_pimples

出典:http://cdn.cutypaste.com/

毛穴とは、皮膚表面の皮溝にできたくぼみのことで、毛包とも呼ばれています。人の顔には20万個の毛穴があり、生まれたときに遺伝によって決まっています。

毛穴の開きは、加齢や紫外線、ストレス、生活習慣の乱れが原因んで毛穴が目立つようになります。毛穴の大きさは、男性ホルモンが関係しており、思春期の男性ホルモンが活発な時期などに特に目立つようになります。

毛穴が皮脂の分泌を行うことで、ほこりや乾燥、外部刺激などから皮膚表面を守ってくれたり、体温調節を行ったり、皮脂や汗と共に老廃物を排出したりと、毛穴には様々な役割があります。

また、毛穴には、いくつか種類があります。治療の前に自分の毛穴がどのタイプか知っておきましょう。

毛穴の開きの種類と原因

・開き毛穴

開き毛穴とは、思春期ニキビができやすい、皮脂の分泌が多い人に多い毛穴の開きです。皮脂の分泌が過剰なため、毛穴が閉じることなく開いた状態が続きます。特に、皮脂の分泌が多い額や鼻に症状が出やすいのが特徴です。毛穴に詰まった角栓を除去した後に毛穴が開きっぱなしになることも原因です。

・たるみ毛穴

 たるみ毛穴とは、老化による筋肉の衰えや肌の水分不足によって肌がたるむことで、毛穴が皮膚に引っ張られて起こる毛穴の開きのことです。特にたるみやすい頬の毛穴に起こることが多く、涙型やしずく型です。

・目詰まり毛穴

目詰まり毛穴とは、毛穴に、白くて硬いツブツブした角栓が詰まった状態で、この角栓は、古くなった角質や汚れ、毛穴の皮脂が混ざり合ってできたものです。特に小鼻など皮脂の分泌が多い部分にできるのが特徴です。酸化すると、角栓が酸化し黒っぽく見えることがあります。

・黒ずみ毛穴

黒ずみ毛穴とは、紫外線などによりメラニンが過剰に増え、皮膚に色素沈着して茶色っぽく見えるのが特徴です。鼻や頬にできるのが特徴です。

・ニキビ毛穴

雑菌によって、毛穴が炎症を起こし、肌が荒れている状態です。放置しておくと、ニキビが悪化し、クレーターなどのニキビ跡が残ってしまいます。

毛穴の開きを改善する治療の種類

カーボンピーリング

lutronic

出典:http://www.medical-beauty.jp/

カーボンピーリングは、開いた毛穴に、超微粒子のカーボンクリーム(医療用)を塗り、レーザーの熱作用によりピーリングを行います。カーボンピーリングを行うと、皮膚の古い角質や老廃物、毛穴の角栓を除去することができ肌のザラつきを解消させてくれます。また、レーザーの熱が皮膚の真皮まで作用すると、線維芽細胞を活性化させ、コラーゲンの生産性を高めてくれます。コラーゲンが増殖することで、開いた肌の毛穴を引き締め、ハリを与えるためリフトアップの効果も期待できます。

1回のレーザー照射で、古い角質は除去されますが、コラーゲンを増殖させ、開いた毛穴を引き締めるのは3~5回の治療がお勧めされています。また、コラーゲンは、加齢とともに減少されていくので、2~3か月に1度のメンテナスが必要です。カーボンピーリングは、軽い刺激がある程度のためダウンタイムがなく、治療後は、メイクや入浴も可能です。治療時間は、鼻の周りであれば10分程度です。費用の相場は、鼻や口一か所であれば20,000円程度、顔全体で60,000前後です。

フラクセルレーザー

fraxel

出典:http://biyouhihuka.ojiji.net/

フラクセルレーザーは、皮膚に微小のレーザーを小さな「点」で照射し、小さな穴を開けます。皮膚の真皮層まで働きかけ、細胞を再生させながら、古い角質を新しい肌へ入れ替えていきます。1回の治療で約5~10%の表皮を入れ替え、レーザー照射した部分の古い角質は排出されるので、回数を重ねるごとにハリのある瑞々しい「赤ちゃん」のような肌へ再生されていき、コラーゲンを増殖させることで毛穴を引き締めることが可能です。

フラクセルレーザーは点での施術のため、肌のバリア機能を傷つけることなく、肌へのダメージのリスクが低くく、治療直後からメイクをすることができます。
治療後は、赤みが1~2日残る場合もありますが、ダウンタイムが少ないため、普段通りの生活が送れます。治療は4週間隔でおこなうことができます。治療時間は顔の部分によって異なりますが、顔全体で20分程度。費用の相場は鼻治療で20,000円前後、頬40,000円、顔全体では80,000円前後です。

サーマクール

thermc_img

出典:http://www.porelasr.com/

サーマクールは、皮膚表面を冷却しながら、高周波RFの熱エネルギーを利用して、皮膚の真皮層から皮下組織、脂肪細胞まで作用します。皮膚の真皮層まで作用することで、コラーゲンの生成を高めてくれ、開いた毛穴を引き締めてくれます。肌にハリを与え、たるみの改善やリフトアップ効果、ニキビ跡にも効果があります。また、「縦向き」「横向き」「奥行き」の3次元に引き締め作用があるため、小顔効果も期待できます。

サーマクールは、痛みも、赤みが少なく、ダウンタイムも無く治療直後からフルメイクが可能です。治療の効果は数か月かけて徐々に効果が表れてき、年に2回の治療が可能です。治療時間は、顔全体では20分程度。治療費の相場は、顔全体で300,000円前後、一部分であれば100,000~150,000円前後です。

毛穴治療のメリットとデメリット

demerit

出典:http://s2.qtn.jp/

メリット

・高い効果が期待できる

皮膚の深部の真皮層まで作用するため、コラーゲンの生産を増殖させたり、肌のターンオーバーを整える効果も期待できます。ホームケアでは解決できない、毛穴の引き締めに確実に効果があります。

・美肌になれる

毛穴への効果だけではなく、リフトアップ、たるみの改善、小顔効果、ニキビ跡の改善、シミやそばかすなど幅広い効果が期待できるため、肌全体がきれいになれます。また、メイクのノリも格段に良くなります。

デメリット

・治療費が高額になる

治療費に使用する医療機器が高額であったり、保険が適用されないものが多いため治療費が高額になる可能性があります。また、連続して数回行うものやメンテナンスが必要なものなど、一度の治療で終わらないため費用が高額になっていきます。

・ダウンタイムがある

最新の医療機器では、従来に比べてダウンタイムが少なくなりましたが、ダウンタイムには個人差があり、赤みがでたり、かさぶたができるなどの症状が出る場合もあります。アレルギーやアトピーがある場合には避けた方が良い治療法です。

治療を行う前に

毛穴の開きを改善する治療法をご紹介しましたが、メリットもデメリットも十分知ったうえで、専門の医師と相談しながら治療を行っていきましょう。

毛穴治療は治療費が高額になることがありますが、治療を行うことで、毛穴の悩みが改善されれば、気分も明るくなったり、オシャレをもっと楽しむことができたり、周りに美肌を自慢できたりと良いことも沢山あります。

治療を行う美容整形外科や美容皮膚科によっては、無料カウンセリングなどを実施しているので、治療をするか迷っている方は、一度相談してみるのも良いかもしれません。また、低価格なキャンペーンや体験コースなどを提供している場合もあるので、ホームページなどでチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

Check Also

1[1]

敏感肌向けのファンデーションとは

「敏感肌」という言葉を聞いたこ …