Home / 美肌 / 顔のシミ・ソバカスの原因とシミを消すための手順
1

顔のシミ・ソバカスの原因とシミを消すための手順

1

気がついたら顔にシミ・そばかすが出来てしまっていたということありませんか?シミの原因も多種多様にあります。出来てしまったシミ、ソバカスをあきらめるのはまだ早いです。シミ、ソバカスのメカニズム、原因からシミを消すための手順を詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

シミとソバカスってどう違う?

シミの特徴

2

シミは、後天的なもののことを言います。紫外線によりダメージを受けた肌が年数を経てシミという形で表れる、炎症後色素沈着と言われるニキビ跡などの炎症が原因でシミになる、

老人性色素班と言われる老化現象でシミになる、肝斑(かんぱん)と言われるホルモンバランスの乱れから出来るシミがあります。

ソバカスの特徴

3

ソバカスは別名雀卵斑(じゃくらんはん)と呼ばれ遺伝性で出てくることがほとんどです。通常のシミより小さい斑点になり、鼻の周り頬に出やすく、顔以外の場所にも出来ます。

ソバカスの場合、紫外線を浴びることで濃くなる性質がありますが、加齢とともに薄くなる傾向もあります。

遺伝性、後天性というはっきりした違いがありますが、対策がないということではなく、両方ともメラニンの働きが共通して関係している点で対策方法はあります。メラニンの働きを知って出来てしまったシミ、ソバカスにあう対策の手順へ進めていきます。

シミが出来る原因

シミが出来る構図

4

出展:www.cledepeau-beaute-lab.com

シミになる原因のなかに紫外線があります。紫外線にはUVA,UVBの2種類存在し、このうちUVBは、皮膚の細胞を攻撃し、DNAを傷つけると言われています。

DNAが傷つけられてしまい変異することで、細胞が死んだり、皮膚がんを引き起こしたりすることになるので、これを防ぐために表皮の一番下にあるメラノサイトが、紫外線から肌を守るためにメラニン色素を作り出し、真皮に紫外線が届かないよう肌を黒くして守ろうとします。

これがシミです。シミは、紫外線だけではなく、「摩擦黒皮症」と呼ばれるナイロンタオル、洗顔ブラシなどでこすりすぎることによって出来るものや、「女子顔面黒子症」と呼ばれる更年期障害後の卵巣機能障害で日光に過敏に反応してしまう皮膚に身体の外側と内側から刺激が加わり出来るものや、「ベルガモット皮膚炎」と呼ばれる香水をつけた部位に紫外線があたって出来てしまうものもあります。

シミにもいくつも種類があるので、自分の顔に出来てしまったシミはどのタイプかを知ることがシミを消す手順ポイントになります。

シミ・ソバカスがどのタイプかチェックする!

ソバカスタイプ

5

①身内にソバカスの人がいる。

②形が小さい円形になっている。

③鼻を中心に両頬に多くできている。

④小学校高学年から増え始めている。

⑤40代後半から少なくなってきている。

⑤紫外線を受けると濃くなっていき、紫外線を浴びないと少なくなる。

⑥子供の頃紫外線を浴びることが多かった。

⑦ゴシゴシ洗顔をすることが好き。

肝斑(かんぱん)

6

出展:hairhapi.com

①シミが左右対称に出来ている

②特に頬のシミが多い。

③ストレスが多い方だと思う。

④形が楕円形で境界がはっきりしていない。

⑤妊娠経験がある。

⑥生理不順で通院し、投薬を受けた経験がある。

⑦30から40代で急に出来たように感じる。

⑧睡眠不足または眠りが浅いと感じる。

老人性色素斑

7

出展:nabadc.org

①色が濃いシミがある。

②2mm~20mmの大きさがいくつか存在する。

③紫外線を受けている機会が多い。

④だんだん円が大きくなり色も濃くなっている。

⑤濃い褐色色をしている。

⑥肉やアルコール類を好み食事バランスが悪い。

⑦甘いものが好き

肌老化シミ

88

出展:binkanhada-skincare.net

①年齢が進むごとに頬を中心に濃くなっている。

②ストレスを感じている。

③乾燥肌がもとでシワができやすい。

④紫外線対策をしていない。

⑤睡眠時間が短いまたは眠りが浅いと感じる。

⑥野菜中心の食生活をしている。

⑦肌のキメが粗い。

⑧スキンケアを自己流にしてしまっている。

それぞれのシミ・ソバカスチェックで数が一番多かったところが自分のシミタイプということになります。ここから、シミを消す手順へ進めていきます。

シミを消すための手順

Step1 シミを消す対策の基盤作り

9

出来てしまったシミをケアしていけばすぐに消えるということは難しいですが、徐々に薄くしていくために毎日とりいれていく美肌には欠かせない有効成分をご紹介します。

コラーゲン合成を促しハリを与えシミを薄くしていくためには、ビタミンCを意識してとり入れていきます。中でもビタミンC誘導体は、吸収力が普通のビタミンCの数十倍と言われていて、酸化を防ぐ作用も併せ持っています。

化粧品の成分にビタミンC誘導体が入っているものを毎日とりいれ、体内からもシミができにくくする基盤を作るためにビタミンCを積極的に摂り入れて行くようにします。

同時に活性酸素を除去し老化を防ぐビタミンA、新陳代謝を良くし肌のターンオ-バーを促進するビタミンEも摂り入れていくとより効果的です。

また、ソバカスは遺伝的な要素が強いので完全に消すということは難しいですが、今以上に濃くならないケアをするために、メラニンを活発にさせない成分ビタミンと合わせて紫外線対策も毎日しっかりすることが大切です。

ビタミン類を毎日欠かさず摂り入れて行くことが美肌作りと老化させない肌に繋がります。

Step2 シミを消す洗顔の技

10

出展:data.whicdn.com
シミをなくしていくために洗顔にこだわっていきます。まず、古い角質をしっかり落とす洗顔選びは、フルーツ酸(AHA)、サリチル酸(BHA)を選びます。ピーリング効果があるので週に1回程度使用することが肌を傷つけない良い使い方になります。

次に、固くなってしまった古い角質を柔らかくして洗い流すのに適している洗顔にパパイヤ、パイナップル、ハトムギなどの天然由来成分がはいっているものがおすすめです。こちらも毎日使用するよりは日にちをあけて使用することが肌には良い効果があります。

その他に炭や泥を用いた洗顔も古い角質を落とすのに良い成分です。古い角質を除去した後は、たっぷりの化粧水で保水し、乳液やクリームで保湿を行うようにします。ここまでがシミを消す洗顔のセットとして心がけることがポイントです。

洗顔方法は、細かいフワフワの泡を作り包み込むように洗っていくことが大切です。手が触れることがないようにわずかな摩擦でも刺激になりシミを濃くしてしまうので注意する必要があります。

また、小鼻など細かい部分は薬指の腹を使い優しく洗い流すようにします。
ぬるま湯で洗い終わった後は、保冷剤か冷水で肌を引き締めるようにすると毛穴が引き締まるので、シミを作らない肌に繋がります。

Step3シミを消す有効成分を活用する

11

美白美容液は、ドラッグストアなどでも多種多様にありどれを選んで良いのか悩んでしまいがちです。そこで、美白有効成分の種類を知って自分の肌にあった美容液選びを行うことが大切になります。代表的な美白成分をご紹介します。

①ビタミンC誘導体‥出来てしまったシミを薄くする成分でメラニンを作る過程を阻害します。乾燥肌の場合は、保湿成分が配合された美容液を選ぶようにします。

②ハイドロキノン‥肌の漂白剤と呼ばれている成分でチロシナーゼ活性化を阻害しメラニンを薄くする漂白・還元作用があります。効果が強い分「白斑」など肌トラブルが起こる可能性があるので、パッチテストは必ず行い、塗った箇所が直接紫外線に当たらないようにしなければなりません。シミが薄くなった時点で使用を止めるようにします。

③アルブチン‥αアルブチン、βアルブチンがあり、どちらもハイドロキノン誘導体ですが、皮膚への刺激がほとんどなくハイドロキノンに比べて安定しているようです。メラニンを作る過程を阻害する働きがあります。

④エラグ酸‥高い美白効果があるエラグ酸には、ブラックベリー、ラズベリー、苺など植物に含まれる天然フェノール系の抗酸化物質があり、チロシナーゼの働きを抑制してくれます。

⑤ルシノール‥ポーラ独自開発の成分で、ハイドロキノンに似た構造を持っていますが、肌への浸透性もよく、安全性が高い成分です。

⑥カモミラET‥花王独自開発の成分でカモミールから抽出されています。メラノサイトへ司令を出す情報伝達物質エンドセリンを抑制してくれます。

⑦トラネキサム酸‥メラニン色素生成を抑制し、炎症を抑える効果があります。また、肝斑や肌荒れを改善する効果もあります。

⑧リノール酸‥べに花油から抽出された成分で、チロシナーゼを分解し余分なメラニンの生成を抑制します。

⑨コウジ酸‥麹由来成分で、酒の醸造所でコウジ菌を扱う人達の手が白く美しいことから発見されたと言われています。チロシナーゼの働きを抑制してくれます。

⑩プラセンタエキス‥動物の胎盤から抽出された成分で、チロシナーゼを抑制してくれます。また、新陳代謝や血行を活発にしてくれる作用もあります。

このように美白成分には出来てしまったシミを薄くする成分とメラニンを作る過程を阻害する2種類に別れます。2つを活用するかどちらか1つを活用するか肌状態や目的にあわせて活用すると効果的です。

注意点として、海外での商品などは日本に比べて濃度が高い時もあるので、刺激がある場合や肌に赤みがでてくるなどトラブルにあわないために使用を慎重にすることをおすすめします。

Step4 シミを消す手順まとめ

12

メラニンを刺激させないために、マッサージや洗顔をする時は、力を入れすぎず優しく行うことが大切です。刺激が起こると肌を守ろうとして防御本能が働きメラニンが活発になりますので、シミに繋がります。

また、コンシーラーなどをうまく活用することもおすすめです。コンシーラーを選ぶ際は白浮きして見せないために肌色よりやや濃い色のものを選ぶと自然でキレイにシミを消してくれます。

ぜひ、参考にしてください。

スポンサーリンク

Check Also

2

かきたくなる!乾燥肌のかゆみを抑えよう~食事や日常の対策方法

乾燥肌、一度かゆみを感じたり、 …