Home / 美肌 / スキンケアで乾燥肌を改善しよう!乾燥肌を改善するためのスキンケア方法
1

スキンケアで乾燥肌を改善しよう!乾燥肌を改善するためのスキンケア方法

1

乾燥肌で悩んでいる人の多くが間違えたスキンケアが原因という場合が多いそうです。そこで、今日から自分で出来るアウタースキンケアとインナースキンケア方法について詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

乾燥肌を改善のためのスキンケア方法 アウターケア編

クレンジング・洗顔方法で乾燥肌を改善する

クレンジング剤には、メイクを浮かせて洗い流すタイプのものが多くなっていて、とても簡単で便利ですがここには界面活性剤が含まれています。界面活性剤は、お肌の80%を担おう細胞間脂質セラミドまで洗い落としてしまいます。クレンジング剤を使わず洗顔料だけでメイクを落とすことやメイクをしないという選択が理想的ではありますが、なかなかそういうわけにもいかないものです。

そこで、出来るだけお肌に負担を与えずしっかりメイクや汚れを落とすクレンジング方法の基本が「摩擦をさけること」のようです。メイクや汚れを取りたいからとゴシゴシ擦りすぎると角質層を傷つけはがしてしまうことになります。やさしく短時間でクレンジングをすることが肌への負担を最小限に抑えることに繋がります。

乾燥肌の方のためにおすすめのクレンジング剤のタイプ

乾燥が気になる場合、クレンジング剤はクリームタイプ、ジェルタイプがおすすめです。クリームタイプには、比較的保湿成分が多く含まれているものが多く乾燥肌の方用に作られているようです。

また、クリームタイプやジェルタイプの厚みで肌への摩擦を少しでも減らすことができます。そうかと言って、クレンジング剤を多く取りすぎることはせず、メーカーの説明通り適宜に手に取るようにし、メイクや汚れを優しく短時間で洗い流すことが大切です。

乾燥肌の方のクレンジングのポイント

クレンジング剤を顔全体に塗りメイクを落とすのではなく、ウォータープルーフのマスカラなど落ちにくいメイクの場合は、綿棒やコットンに強めのクレンジングオイルなどを染み込ませてマスカラだけを落とすようにし、まつ毛以外の目の周りの皮膚につかないようにクレンジングするようにします。

次にオイルタイプ以外のクレンジング剤をお顔に乗せる時、まずは、T-ゾーンからUゾーンへ乗せていきます。

乾燥が気になる場所になるべく長くクレンジング剤を置かないことがポイントです。洗い流す際は、ぬるま湯で洗い流すようにします。

乾燥肌の方のための洗顔のポイント

3

次に洗顔は、洗いすぎないことが基本になります。皮脂をしっかり取ってサッパリした感覚になりがちですが、あくまでも洗顔は、汚れといらなくなった皮脂のみを取ることだけで十分です。

肌を守るために必要な皮脂もあります。大事な皮脂まで洗顔で取り除いてしまうと体は皮脂を出して肌を守ろうとし、過剰に皮脂分泌をしてしまい返って乾燥肌へと繋げてしまいます。

乾燥が気になる場合などは、洗顔は夜のみにし、朝は洗顔料を使わないでぬるま湯で洗い流すようにすると本来残っていなければいけない皮脂のみを残すことが出来ます。これだけでも肌に潤いが出てきます。

しかし、皮脂が多い時は酸化した皮脂を取り除いてあげなければいけない場合もあるので、朝の洗顔も必要な時があります。その時々の肌状態に合わせて洗顔をすることが大切です。

洗顔をする際は、まず綺麗に手を洗いぬるま湯で顔を湿らせた状態にし、たっぷりのメレンゲ泡を作りこすらずさっと洗い流すだけにします。

最後に冷水で毛穴を引き締めるということをする人もいるようですが、これは顔を火照らせる原因になり返って乾燥肌になってしまうのでやめたほうが良さそうです。

保湿ケアで乾燥肌を改善する

4

洗顔後や入浴後はすぐに保湿をする必要があります。入浴後に肌がかゆいと感じる人も多くいます。一見入浴をするとお肌が潤ったように感じますが、入浴で肌本来の必要な保湿因子が流れてしまうのです。

それに付け加え、体を洗うタオルやボディブラシで肌を摩擦することにより肌表面を傷つけてしまいます。洗顔後や入浴後はすぐに化粧水を付けるようにし、乾燥を防ぐことが大切です。すべてのスキンケアがすぐに出来ないときは、シートパックなどを活用し、少しでも早く保湿出来るようにすることも良い方法です。

乾燥肌に効果的な化粧成分

化粧水には、保湿成分と美容成分を肌に与え、その後につける美容液やクリームの浸透性を高め、肌の奥の角層にしっかり栄養を届ける役割があります。そこで、乾燥肌におすすめの保湿成分は、コラーゲン、ヒアルロン酸、天然保湿因子(NMF)などが配合された化粧水です。

化粧水の後につける美容液には、セラミドが配合されているものが乾燥肌の人におすすめです。セラミドは保湿力が高く乾燥した肌に潤いを与えるだけではなく肌のバリア機能を高めてくれます。

セラミドは、化粧水では高濃度の配合が難しい成分なので、美容液で凝縮されたセラミドを肌にしっかり届けることが効果的な方法になります。しかし、セラミドには類似品も多く出回っているので、肌に効果的な「ヒト型セラミド」の成分表示「セラミド2」「セラミド3」などセラミドの後に数字が記載されているものを選ぶようにします。

また、濃厚なテクチャーのものがセラミドの配合量が多いものになりますので、あわせて確認することをおすすめします。セラミド以外の保湿有効成分にスフィンゴ脂質、水素添加大豆レシチン、ヒアルロン酸、ステアリン酸コレステロール、コラーゲンなどもあります。

乾燥肌を改善のためのスキンケア方法 インナーケア編

食べ物で乾燥肌を改善する

5

食事の栄養バランスが崩れることで乾燥肌になります。そこで、乾燥肌を改善するのに効果的な栄養素を詳しくご紹介します。

必須脂肪酸は、乾燥肌を防ぐのに必要な栄養素ですが、割合を間違えると乾燥肌になってしまうものでもあります。必須脂肪酸には、

  1. 「オメガ3系脂肪酸」
  2. 「オメガ6系脂肪酸」

の2種類があり、主に

  1. コーン油
  2. 大豆油
  3. ゴマ油
  4. 紅花油

などが「オメガ6系脂肪酸」と呼ばれこれらの油を用いて作られたものに揚げ物、マーガリン、ドレッシング、スナック菓子など日常でよく目にするものが多く含まれています。

それに対し「オメガ3系脂肪酸」は、

  1. エゴマ油
  2. 亜麻仁油

などがあり魚料理にオメガ3系脂肪酸が多く含まれています。

この「オメガ3系脂肪酸」と「オメガ6系脂肪酸」の適正摂取の割合は「3:1」が良いとされているのですが、近年欧米化した食事が多く魚離れが指摘されていることもありこの比率が大きく違ってきています。

栄養素と乾燥肌

オメガ6系脂肪酸

「オメガ6系脂肪酸」の割合が多くなると乾燥肌になると言われています。そこで、出来るだけ魚を取り入れた和食を意識し、魚が苦手な人はサプリメントで補うようにすることが乾燥肌を防ぐ効果的な方法になります。

タンパク質

次にお肌に欠かせない成分のタンパク質を摂るようにします。つい忙しい時は、おにぎり、パン、パスタ、うどんと炭水化物がメインの食事になりがちですが、これはお肌には良くないようです。

炭水化物

炭水化物に卵、納豆、ベーコン、焼き魚、肉などを加えることにより乾燥肌を防ぐことに繋がります。その他にも肌の抵抗力を高める食材としてビタミン類や亜鉛があります。

亜鉛

亜鉛は、牡蠣、レバー、牛肉、チーズなどに多く含まれます。ビタミン類には、乾燥肌に欠かせない栄養素が多く含まれておりその種類で役割も変わってきますのでご説明していきます。

ビタミンA

ビタミンA‥皮膚、粘膜を正常な状態に保つ役割があり、主にレバー、緑黄色野菜、卵黄などに含まれています。

ビタミンB群

ビタミンB群‥肌のターンオーバーを正常にする役割があり、主に乳製品、納豆、レバー、などに含まれています。

ビタミンE

ビタミンE‥新陳代謝の促進、血行促進をする役割があり細胞膜を活性酸素から守る働きをしてくれます。主にくるみ、アーモンドなどナッツ類、うなぎ、イワシなどの魚介類に多く含まれています。

ビタミンC

ビタミンC‥コラーゲンの生成を促進する働きがあり、活性酸素を取り除く役割があります。主に苺などの果物、パセリ、ブロッコリー、パプリカなど緑黄色野菜に多く含まれています。ビタミンCは、出来るだけ生で食べるようにし、加熱の際は短時間にすると効果的です。ぜひ、参考にしてみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?本記事では乾燥肌の方のためのスキンケア方法につきまして、クレンジングや洗顔などのアウターケアから、食事などのインナーケアについてご紹介してきました。

乾燥肌を改善するためには、体の内外からケアしていくことが大切になります。乾燥肌にお悩みの方は、是非一度本記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク

Check Also

1[1]

敏感肌向けのファンデーションとは

「敏感肌」という言葉を聞いたこ …