Home / 美肌 / 乾燥肌なのになぜニキビができるの?乾燥肌のニキビの原因と対策
31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_s-600x400

乾燥肌なのになぜニキビができるの?乾燥肌のニキビの原因と対策

乾燥肌とニキビって無縁のような感じがしますよね?しかし、実は乾燥肌はニキビができやすいのです。では、乾燥肌なのにニキビが出来るのはなぜでしょうか?乾燥肌のニキビの原因と、どのように対策したらよいのかをご紹介していきます。

乾燥肌の方、または、ニキビができやすいけれど乾燥肌ではないという方もぜひご参考に!

スポンサードリンク

乾燥肌なのにニキビが出来る原因とは?

1-2-600x400

乾燥肌なのにニキビができるのはなぜでしょうか?実はニキビの原因の1つに乾燥があるのです。意外に思われますか?肌のメカニズムを知るとその謎が解けますから、これから見ていきましょう。さらに、その乾燥を生じさせる2つの大きな理由についても取り上げていきます。

乾燥により皮脂が過剰分泌されている

肌の表面はもともと「皮脂膜」と言って皮脂で覆われた状態にあります。そして、その「皮脂膜」を含む「角質層」が、私たちの皮膚を保護し潤わせる働きをしてくれています。お聞きになったことがある方も多いかもしれませんが、これが「肌のバリア機能」です。つまり、皮膚は天然クリームや保湿成分が備わっているので、健康な皮膚の状態であれば、過剰に皮脂が存在したり、逆に乾燥したりすることはありません。

しかし、様々な要因により皮膚が乾燥して「角質層」の状態が整わなくなると、皮膚を守ろうとして私たちの体はより多くの皮脂を分泌させるように働きます。その結果、皮脂の過剰分泌が起きるのです。ですから、脂性肌の方や肌がべたつく方、実は乾燥が原因でそうなっている可能性があります。

乾燥すると、皮膚の角質は固くなり毛穴の入り口は狭くなります。そのうえ、皮脂が過剰分泌されるとその皮脂が毛穴に詰まり、常在菌であるアクネ菌が繁殖しニキビができやすくなるというメカニズムです。ニキビができやすい方、次の2つの項目でご紹介することを行っていないかチェックしてみてくださいね。

スキンケアが間違っている

adult-1867380_640

乾燥肌になる原因として、スキンケアの方法が間違っているという点が考えられます。クレンジング、洗顔、化粧水や美容液などの保湿ケアです。まず、クレンジングや洗顔に関して言えば、ニキビができやすいと皮脂が多いから、べたつくからと洗浄力の強いものを使っていないでしょうか?さらにはゴシゴシと擦って洗顔をしていませんか?これは、皮膚の表面の皮脂膜を落としてしまい、乾燥の原因となります。

また、洗顔の時に熱いお湯ですすいだり、一日に何回も洗顔するのもNGです。他にも、脂っぽいからと洗顔後に化粧水だけを使っていたり、さっぱりタイプの化粧水をつけたりはしていませんか?美容液や乳液やクリームといった保湿ケアを怠っていないでしょうか?これらも乾燥を促し、ニキビが出来る原因となりかねません。

生活習慣が乱れている

もう1つの大きな乾燥肌になる原因は、生活習慣の乱れです。睡眠不足やストレス、栄養バランスの悪い食生活、運動不足、紫外線の浴びすぎ、湿度の低い部屋にいるなどといったことが乾燥を招く要因となります。多くの方が思い当たるところがあるのではないでしょうか?睡眠不足やストレスにより、ホルモンバランスが乱れて肌の新陳代謝であるターンオーバーが正常に行われず、乾燥を招いたり、皮脂が多く分泌されたりします。

また、食生活は肌を作り上げるものですから、健康的な肌を作るのに必要な栄養素をしっかりと取らずに、ジャンクフードなどのようなものばかりを食べていると、乾燥肌や皮脂が多くなる状態をもたらすでしょう。

運動不足は血行が悪くなり、老廃物が適切に排出されないため新陳代謝が悪くなります。紫外線や湿度の低い部屋という外的刺激も肌にダメージを与え乾燥肌を促すでしょう。

乾燥肌でニキビが出来る時の対策とは?

では、乾燥肌でニキビが出来る時の対策について考えていきましょう。ここで取り上げる対策は、長期的な視点で乾燥肌を改善してニキビが出来にくい肌質へと変えることを目的に行うもので、即効的にニキビが治るというものではありません。今、ニキビに悩まされている方も、乾燥肌でニキビができやすいという方もぜひ参考にしてください。

洗顔方法を見直す

27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_s

行える1つの対策は、洗顔方法を見直すというものです。できるだけ乾燥させない、肌をいたわった洗顔方法を行いましょう。そのポイントはをいくつかご紹介します。

朝は「水洗顔」にする

乾燥肌でニキビができやすい方は、朝は「水洗顔」といって32度から35度ぐらいのぬるま湯で30回ぐらいすすぐという方法で行いましょう。夜に洗顔料で顔を洗っていれば、朝は寝ている間の分の汚れだけですから、洗顔料を使うと肌に必要な皮脂までも落としてしまうからです。水洗顔の時もゴシゴシと擦らないようにしてください。

洗顔料はしっかりと泡立てる

洗顔料を使う際、泡立てネットなどを使ってしっかりと濃密な泡を作りましょう。そして、顔に泡をのせて指の腹で優しく優しく洗っていくことが大切です。決してゴシゴシと擦って皮膚を傷つけたり必要な皮脂を奪ったりしないようにしてください。

すすぎはぬるま湯で行う

すすぎをする際は32度から35度ぐらいのぬるま湯で30回ぐらいすすぐようにしてください。熱いお湯は皮脂を奪い乾燥の原因となります。また、すすぎ残しもニキビの原因となりますから、しっかりと丁寧にすすぐようにしましょう。

1日に朝晩の2回の洗顔で十分

朝は水洗顔をし、夜はメイクを落として洗顔料を使った洗顔をしたら、その2回で十分でしょう。洗い過ぎは乾燥の原因となりますから避けるようにしてください。

洗顔料やクレンジング剤を選ぶ時にも、洗浄力の強いもの(合成界面活性剤入りのものなど)を避けることをおすすめします。

しっかりと保湿を行う

423f22e3599ac863f7d7a4aef6b1937e_s

乾燥肌のニキビ対策として、保湿をしっかりと行うことをおすすめします。化粧水や美容液、乳液やクリームなどは保湿力の高いものを選びましょう。保湿成分として角質層にも含まれているセラミドや、NMF天然保湿因子(グリシンやリシンなど)が配合されているものなどが良いかもしれません。さっぱりタイプの化粧水を使っていた方は、しっとりタイプに変えましょう。

化粧水をつける際も、手に適量の3分の1の量を手に取り、温めてから肌に優しく押さえつけて置くような感じで付けていき、決してパンパンとたたかないようにしてください。じっくりと染み込ませるようにしましょう。これを2~3回ほど繰り返します。美容液なども商品の用法を守って指示に従って使いましょう。

生活習慣を整える

2

次に、生活習慣を整えるという点ですが、まずは睡眠からです。睡眠時間はできれば6時間半から8時間ほどを確保しましょう。午後10時から午前2時がお肌のゴールデンタイムと言われていましたが、最近は寝付いてからの3時間ほどがそうであるという情報もあります。仕事や家事や育児などで規則正しい睡眠時間が取れないという方も、質の良い睡眠、寝付いてから3時間を熟睡して成長ホルモンを分泌させて健康的な肌を取り戻しましょう。

さらに、ストレスを解消するために自分の好きなことをする時間をほんの少しでも持つようにしませんか?ちょっと散歩して気分転換をするだけでもストレス解消とともに運動不足の解消にもなります。また、紫外線対策を1年中行って外的刺激から肌を守りましょう。部屋の湿度を50~60%ぐらいに保つことも意識してみるのはどうでしょうか?

食事に関しては、肌を作る重要な部分です。たんぱく質やビタミンやミネラルなど基本的な栄養素をバランスよく食事などに取り入れましょう。肉、野菜、魚介類、乳製品、果物などを偏りなく適量食べることが大切になります。ファーストフードなどを全く食べてはいけないというわけではありませんが、全体のバランスに気を配るようにしたいですね。

肌を潤わせてニキビ予防や改善を!

乾燥肌とニキビとの関係、そして対策方法を取り上げてみましたが、ご理解いただけましたか?自分は脂性肌と思っていた方も、実は乾燥肌のゆえにニキビが出来ていたと気づかれたかもしれません。生活習慣やスキンケアの方法を見直して乾燥を改善しニキビのできにくい肌を目指していきたいですね。コツコツと続けていけば、成果は目に見えてくるはずですから、毎日あきらめずに続けましょう!

スポンサーリンク

Check Also

2

かきたくなる!乾燥肌のかゆみを抑えよう~食事や日常の対策方法

乾燥肌、一度かゆみを感じたり、 …