Home / 美肌 / そのかゆみは乾燥肌のせいだった?乾燥肌がかゆみを引き起こす理由と対処方法
1

そのかゆみは乾燥肌のせいだった?乾燥肌がかゆみを引き起こす理由と対処方法

1

乾燥が気になる季節になると肌がかゆいという経験はありませんか?そもそも乾燥肌がかゆみを引き起こす理由は何なのでしょう。

季節に関係なく乾燥肌に悩まない肌づくりが出来ればもうかゆみに悩ませることはなくなるはずです。そこで、乾燥肌を引き起こす理由と対処方法について詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

かゆみは乾燥肌のせい

乾燥肌がかゆみを引き起こす理由

2

出展: germer.jp

乾燥肌がかゆみを引き起こす理由を知るためにはまず、お肌の仕組みを知ることが大切です。それぞれの役割についてご説明していきます。

①皮脂膜‥皮脂膜とは、皮脂と汗が混じった天然クリームと言われています。皮脂膜は角質がはがれることを防ぎ、肌の水分が蒸発しないようにする働きがあります。

肌に潤いを保つための役割があるのですが、皮脂膜だけではお肌の水分量を保持することが出来ません。角質層の中にある細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)が大きく関わっていきます。

②NMF(天然保湿因子)‥NMFとは、アミノ酸、プロリドンカルボン酸(PCA)、ミネラル、尿素などで作られています。NMFは、水分を抱え込み角質層を保つ役割をし、お肌に弾力や柔軟性を与える働きをします。NMFが崩れてしまうと乾燥を招き正常なターンオーバーが出来なくなります。

③細胞間脂質(セラミド)‥細胞間脂質とは、遊離脂肪酸、コレステロール、セラミドなどから出来ています。細胞間脂質は、角質細胞同士の隙間を埋める役割があり、水分の過剰な蒸発を防ぐ働きと外部刺激によるダメージを防ぐ働きをしています。

細胞間脂質は、お肌の水分を保つ大きな役割を占めていて乾燥肌にならないようにする大きな役割を担っていると言えます。

肌の表面を覆う皮脂膜や角質細胞間脂質などが減少してしまうと肌の構造が崩れていき水分を保持ができない状態になります。これが乾燥肌を招く大きな原因です。

乾燥されることで、肌のバリア機能が衰え髪の毛に触れることや化粧品などの少しの外部刺激を受けやすい状態になってしまいます。それだけではなく、細菌が増殖しやすい状態をつくることに繋がります。このような乾燥肌がかゆみを伴う原因になるのです。

また、乾燥肌からかゆみを感じると掻くことで一時的にかゆみをおさえることが出来るように感じてしまいがちですが、かえって肌を傷つけ炎症を起こしてしまうことになります。

掻くという行為を繰り返すことでかゆみがどんどん強くなるという悪循環を繰り返し肌に大きなダメージを与えることにもなるのです。

乾燥肌を招く原因

3

乾燥肌になってしまう肌内部の崩れはどのような状態になると起こってしまうのかその原因を上げていきます。

①スキンケア方法の間違い‥皮膚科を受診する人の多くは間違えたスキンケアが原因の場合が多いそうです。

化粧品も多種多様にあるためどれが自分にあった化粧品か悩むこともあります。良いと思って続けていたスキンケアなのに自分の肌に合わない間違えたものになっていると、お肌の保湿能力は下がり結果的に乾燥肌になってしまうことがあります。

②食生活の乱れ‥近年では食が欧米化しつつあると言われています。脂っこい食事やファーストフード、極端なダイエットなどが原因で必要な栄養素が補えず代謝が悪くなり皮脂量が低下し、若い世代であっても乾燥肌になってしまいます。

③生活習慣の乱れ‥睡眠不足やストレスなどが原因でホルモンのバランスが乱れ、水分量が減少したり肌のバリア機能が下がってしまったりすることで乾燥肌になります。

④季節の変化‥空気が乾燥することで肌の水分がなくなるということがあります。普段のスキンケアで乾燥肌にならないのに季節の変わり目になると頬や口周りが乾燥して粉をふいてしまうという人も多くいます。

また、冬は血行が悪くなることで皮脂が減ってしまい乾燥を招いてしまいます。顔は外気に触れやすいので季節や気温の変化で乾燥しやすくなるのです。

⑤加齢による肌変化‥加齢により肌のバリア機能が衰えてきます。今まで通りのスキンケアだけでは補えていないことが原因で乾燥肌になってしまうことがあります。

⑥洗顔方法の間違い‥洗顔をする際、熱いお湯で洗顔をすると皮脂が流れてしまい乾燥しやすくなります。お湯の温度はぬるま湯で洗うことが大切です。

また、洗顔で肌を強く洗いすぎていたり洗顔後にタオルでゴシゴシ拭いたりすると肌に摩擦が起こり、皮膚を傷つけ肌をどんどん乾燥させてしまいます。

⑦冷暖房の効きすぎ‥冬は暖房で温度を上げすぎることや夏の冷房の効きすぎで、部屋が乾燥してしまうことがあります。空気が乾燥することで肌の水分も減少していき結果的に乾燥肌になってしまいます。

⑧喫煙‥喫煙することで代謝が悪くなったり酸素不足になったりすると言われています。
喫煙から冷え性を起こしやすく乾燥肌に繋がっていきます。

乾燥肌対処方法

日常生活で対処する方法

4

乾燥肌からかゆみが出ている場合、入浴に気をつける必要があります。熱いお湯に長時間はいることで肌の保湿成分が流れやすくなり乾燥を悪化させてしまうことになるので、お湯の温度は40度くらいのぬるめに設定し、20分以内の入浴にすることがおすすめです。

また、体をゴシゴシ洗うようなことをすると肌に摩擦を起こしてしまい乾燥を招くことに繋がるので肌をやさしく洗うことが大切です。入浴後は、ボディクリームや化粧水を使い保湿するようにします。

肌への外部刺激を減らす工夫として、寝具や衣類にはチクチクするような素材を選ばないようにし、衣類の内側にあるタグをハサミで切り取ってから着用するのも良い方法です。

化粧品を見直す方法

5

どうしてもかゆみをおさえたい時は尿素、ヒスタミン剤、セラミド、ビタミンEなどの有効成分を含んだ炎症鎮静、血行促進効果のあるクリームを塗ることが良い方法です。

それと同時に顔につける化粧品の成分にもこだわってみると乾燥肌を防ぐことができ、季節を問わずいつも潤いのある肌を保つことが出来ます。

そこで、化粧水は水溶性で保湿成分のあるヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、グリセリン、プロピレングリコール(PG)、ブチレングリコール(BG)の有効成分が入ったものがおすすめです。

次に化粧水の後にお肌を覆う乳液、クリームには、油性の保湿成分が入ったセラミド(ヒト型セレミド2.3.5.6などの番号表記があるものもしくは、セラミド+英語)ステアリン酸コレステロール、スフィンゴ脂質、水素添加大豆レシチンなどの成分が入ったものを選ぶようにします。

セラミドは皮膚の表面側にあり皮膚内の角質細胞の隙間を水分で繋ぐ働きをします。セラミドには類似セラミドとヒト型セラミドがありますが、ヒト型セラミドを選ぶ方が効果的です。

ヒト型セラミドには、人肌に近く作られているので安全ですが、類似セラミドは石油を原料として作られています。類似セラミドの成分表記は、ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカミドなどの表記名になります。

このように保湿成分が高く角質層まで浸透しやすい化粧水を選びその後水分が逃げないように同じく保湿性の高い乳液、クリームで蓋をすることが乾燥肌を防ぐことに繋がります。

食べ物の成分にこだわる

6

乾燥肌を防ぎ、つねに潤いのある肌へ導くために食べ物の成分にもこだわってみることが大切です。ここから肌に効果的な成分をご紹介します。

①ビタミンA‥皮膚、粘膜を健康に保つ働きがあり乾燥肌の予防になります。

②ビタミンB群‥皮膚を健康に保ち、ターンオーバーを正常にしてくれる働きがあります。

③ビタミンC‥皮膚の粘膜を健康に保ち、肌にツヤとハリを与えてくれる効果があります。喫煙などでビタミンCは欠乏しやすいため食品だけではなくビタミンC誘導体の含まれた化粧品でも取り入れることが効果的です。

④ビタミンE‥強い抗酸化作用があるので、皮膚や細胞の老化防止として効果的な成分です。また、新陳代謝の促進、血行促進、乾燥肌の改善効果もあり肌にツヤとハリを与えてくれる働きがあります。

⑤タンパク質‥乾燥肌の保湿効果があり代謝を上げてくれる働きがあります。化粧品では、コラーゲン、プラセンタなどに含まれています。

⑥脂質‥ターンオーバーの促進や体温維持効果があり乾燥のない肌を作る働きをします。ビタミンA、Eなどの水溶性ビタミンと合わさることで体内への吸収力が良くなります。
乾燥肌からくるかゆみの改善にぜひ、お役立て下さい。

スポンサーリンク

Check Also

2

かきたくなる!乾燥肌のかゆみを抑えよう~食事や日常の対策方法

乾燥肌、一度かゆみを感じたり、 …