Home / むくみ / 乾燥肌のかゆみの原因って?対処方法を徹底解説
nikibi2-1

乾燥肌のかゆみの原因って?対処方法を徹底解説

日ごろから肌の乾燥で悩んでいる人は多く存在します。

乾燥肌は肌がカサカサするだけでなく、かゆみを伴う場合もあります。その為、乾燥肌が原因で苦痛を感じている人も多いのです。そこで乾燥肌が起きてしまう原因と対処法についてまとめました。乾燥肌が原因でカサカサしてしまったり、かゆみを感じてしまっている人はしっかりと原因を知ってみましょう。

スポンサードリンク

乾燥肌について

乾燥肌は誰にでも起こり得る肌トラブルの一種です。特に秋頃から乾燥肌を起こしやすくなり、冬になる頃にはかゆみを伴う乾燥が起きてしまう人がいます。乾燥肌は肌がカサカサとするだけでなく、悪化してしまう事でかゆみを伴うようになります。つまり乾燥肌になってしまう事で苦痛を感じてしまう場合があるのです。

そこで肌が乾燥する原因やかゆくなるメカニズムについてまとめました。乾燥肌が起きてしまう仕組みを理解して改善できる点は改善していくように心掛けましょう。

model

肌が乾燥する原因

秋頃から肌が乾燥するようになる人は多いです。そんな肌の乾燥を起こしてしまう原因はいくつかあります。まず乾燥肌を引き起こしてしまう大きな原因は、加齢です。肌は水分を維持する為に、皮脂を分泌しています。この分泌された皮脂こそが、乾燥を予防する役割を担っているものです。その他にもセラミドという成分が肌の水分を守る役割を担っています。しかし、肌の水分を守る皮脂やセラミドは年齢と共に分泌量が減少していきます。

その為、肌の水分を守る機能が弱くなってしまうので乾燥肌を起こしやすくなるのです。しかし乾燥肌は若い人でも起こってしまう肌トラブルです。皮脂やセラミドの分泌量が減少したわけではないのに乾燥を起こしてしまう場合には、間違ったスキンケア方法や間違った入浴方法などが原因の可能性があります。これらは間違っている点の改善や気を付ける点を意識する事で乾燥肌を改善していく事ができます。

かゆくなるメカニズム

肌の乾燥が起きてしまった場合には、まずはカサカサとしてしまう症状を感じるかと思います。しかし肌の乾燥が悪化してしまった場合には、カサカサとするだけでなくかゆみを感じるようになります。つまり、かゆみが起きてしまう原因は乾燥にあるのです。乾燥が原因で起きてしまうかゆみは、肌を掻きむしりたくなるような強いかゆみです。

その為、乾燥を起こしてしまった場合に起きる症状の中で1番苦痛を感じるものとなっています。乾燥が原因で肌にかゆみを感じてしまった場合には、つい掻いてしまう人が多いです。しかし、掻いてしまう事でさらにかゆみを感じるようになってしまうのです。

かゆいときはかいてもいいの?

乾燥が悪化してしまう事で肌はかゆみを感じるようになります。掻きむしりたくなるような強いかゆみなので、掻いてしまう人が多いです。しかし、かゆみを落ち着かせる為に掻いたのにかゆみが悪化してしまったという経験をした事がある人もいると思います。これはかゆみを感じた部分を掻く事で、ヒスタミンという成分が分泌されてしまう事で起きます。

ヒスタミンはかゆみを誘発する成分です。その為、かゆみを改善する為に掻いたのですが、かゆみを悪化させてしまう可能性があるのです。つまり乾燥が原因でかゆみを感じた場合には、かゆみを悪化させない為に掻かないようにする事をおすすめします。

乾燥肌の対策とは

8242a5b2a15ccb5a93a3d62748fd1104_s

乾燥肌対策①保湿

乾燥肌を対策する上で大事なのは保湿です。保湿を行う事で肌の水分を守る皮脂やセラミドの働きを補う事ができます。その為、乾燥肌の改善や予防を行う事ができるのです。乾燥の改善や予防を行う為にも正しい保湿ケアを行うように心掛けましょう。

保湿前に化粧水で水分を補う

乾燥肌は保湿がしっかりと行えていない事で起こりやすい肌トラブルです。しかし、重要なのは保湿だけではありません。保湿を行う前には肌にとって必要な水分を補う必要があります。化粧水を使用して、しっかりと水分を補う事で肌の状態は良いものへと変化していきます。そして肌の水分を補えた状態で保湿を行う事で、潤いのある肌を維持する事ができるのです。乾燥を防ぐ為にも保湿を行う前は化粧水で肌に水分を補うようにしましょう。

分泌量が減ってしまったセラミドを補う

肌の乾燥は、セラミドの分泌量が減少してしまう事で起きやすくなります。そんなセラミドの量は年齢を重ねる事で減少してしまいます。その為、年齢を重ねるごとに乾燥対策をしっかりと行うように心掛けていかなければいけません。年齢によってセラミドが減少していく事で起きる乾燥は、セラミドが配合されているスキンケア用品を使用する事で補う事ができます。スキンケア用品でセラミドを補っていく事で乾燥肌を改善していく事ができるので、セラミドが配合されたスキンケア用品を使用してみましょう。

刺激の少ないものを使用する

刺激が強いスキンケア用品や洗顔用品を使用してしまうと、肌が荒れてしまう可能性があります。しかしオーガニックコスメなど優しそうなイメージがあるスキンケア用品でも、含まれている成分によっては肌荒れを起こしてしまう場合があります。肌に合うスキンケア用品を使用しない事で肌荒れを起こしてしまい、それが原因で乾燥を起こしてしまう事があります。

その為、スキンケア用品を選ぶ際には低刺激のもので肌に合ったものを選ぶようにしましょう。そして試供品などがある場合には、使用してみて肌に合っているか様子を見てから購入するようにしましょう。

とろみのある保湿剤を使用する

スキンケア用品の中には、とろみのあるものも存在します。保湿をしっかりとしてくれる成分が配合されているから、とろみがある場合が多いです。その為、普通の保湿剤では乾燥を起こしてしまう場合には、とろみのある保湿剤を使用してみる事で保湿の効果を感じられる可能性があります。とろみがある保湿剤は人気なので販売されている種類が増加してきています。肌に合ったものを探してみましょう。

乾燥肌対策⓶入浴時

肌が乾燥をしている場合には、入浴する事で潤いが与えられたように感じます。しかし、潤いが与えられたと感じる入浴が場合によっては乾燥を悪化させている可能性があります。そこで入浴時に気を付けたい点についてまとめました。乾燥の悪化を防ぐ為にも気を付ける点に注意するようにしましょう。

お湯の温度は高すぎないようにする

1日の疲れを癒したいとの考えから、温度が高めのお湯に浸かる人がいます。温度が高めのお湯に浸かる事で、サッパリとした爽快感を感じる事が出来るからです。しかし、温度が高い場合には肌にとって必要な皮脂を落としてしまう可能性があります。その為、疲れが取れたと感じても肌の乾燥が起きてかゆみを感じてしまう場合があります。

この場合には、入浴時の温度を下げる事で必要な皮脂を肌に残す事が可能です。入浴後に乾燥で肌がかゆいと感じる場合には、お湯の温度を下げてみましょう。

低刺激の石鹸を使用する

お湯で身体を流した後やお湯に浸かった後には、身体や顔を洗うと思います。1日の汚れや汗を流したいという気持ちから、洗浄力がある石鹸を使用している人も多いかと思います。しかし洗浄力のある石鹸は刺激が強いです。そして1日の汚れや汗だけでなく、肌にとって必要な皮脂を洗い流してしまう可能性もあります。つまり乾燥を悪化させてしまうのです。

乾燥で肌がかゆくなってしまう場合には、肌にとって必要な皮脂は残すようにする事と肌に強い刺激を与えないようにする事が重要となっています。乾燥から肌を守る為にも、低刺激の石鹸で身体や顔を洗うように心掛けましょう。

身体を洗う時は柔らかいものを使用する

身体を洗う際にはタオルやスポンジを使用するかと思います。しかし、この使用しているタオルやスポンジが硬いものやナイロンだった場合には肌を傷付けてしまう可能性があります。肌を傷付けてしまう事で乾燥を悪化させてしまう可能性もある為、注意が必要です。乾燥から肌を守る為に柔らかいタオルで身体を洗うようにしましょう。

最後に

いかがでしょうか。

是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

Check Also

IMG_9239-1

コラーゲンの多い食べ物を上手に摂取し、美肌を手に入れよう

美肌になるには欠かせない栄養成 …