Home / 美肌 / 何で私の肌は乾燥肌なの?乾燥肌のタイプと乾燥肌になる主な原因
arid-1854103_640

何で私の肌は乾燥肌なの?乾燥肌のタイプと乾燥肌になる主な原因

夏も冬も関係なく常に乾燥肌。一生懸命保湿しているのに何で乾燥してしまうの?というお悩みを抱えている方は少なくありません。一言で乾燥肌と言っても、様々なタイプがあることをご存知でしたか?

そこで、本記事では5つの乾燥肌のタイプとそれぞれの主な原因をご紹介していきます。乾燥肌の方、必見です!

スポンサードリンク

1.乾燥性敏感肌タイプ

arid-1854103_640

まず1つ目のタイプは乾燥性敏感肌タイプです。次の項目に当てはまるものが多ければ、この乾燥性敏感肌のタイプかもしれません。

・紫外線をよく浴びる
・洗顔後に肌がピリピリする
・髪の毛先があたるとチクチクする
・エアコンの効いた部屋にいることが多い
・化粧水がしみる
・洗顔料を使った洗顔を1日に2回以上する
・ストレスが溜まっている
・水分をあまり摂らない

この項目に多く当てはまりましたか?もしそうなら、乾燥性敏感肌になっていると考えられます。

乾燥性敏感肌の原因は?

乾燥性敏感肌は、上記に挙げた要因などにより、皮膚の角質層がはがれて肌の水分が少なくなっているために乾燥し、そのうえ、刺激に弱い敏感肌になっていると考えられます。紫外線対策をしていなかったり、洗顔をごしごしと1日に何度もしていたり、肌に合っていない刺激の強い化粧水や化粧品などを使っていると、肌のバリア機能が低下して乾燥を招くでしょう。

対処方法としては、正しい洗顔方法を行うこと、洗顔の回数を適切にすること、肌に合ったスキンケア商品に変えること、水分を摂って内側から潤うこと、紫外線対策をすることなどがあります。ご自分に思い当たる点を改善してみましょう。

2.脂性乾燥肌タイプ

french-1647192_640

2つ目のタイプは、脂性乾燥肌タイプです。脂性と乾燥肌って矛盾しているように思われますか?しかし、意外に脂性と思っていたら実は乾燥肌だったということは多いのです。次の点が当てはまるものが多ければ、その可能性があります。

・べたべたする部分とカサカサする部分がある
・脂取り紙が手放せないほどテカる
・毛穴が黒ずんでいる
・ごしごしと洗顔をする
・1日に2回以上洗顔料を使って洗顔する
・吹き出物、ニキビがよくできる
・脂質や糖質の多い食生活を送っている
・睡眠不足など不規則な生活
・ストレスが溜まっている

いくつ当てはまりましたか?いわゆる混合肌といわれるのがこのタイプで、日本人に非常に多いとされています。

脂性乾燥肌の原因は?

脂症乾燥肌になる原因としてはいくつか考えられますが、まずは、洗顔の仕方です。脂っぽいからと言ってごしごしと1日に何回も洗っていると、皮膚に必要な皮脂を奪いすぎてしまいます。皮膚には皮脂が必要で、皮膚を守るバリア機能を果たしています。それを奪い取るために、皮膚は肌を守るためにより多くの皮脂を分泌し、過剰な皮脂が出るという悪循環を生みます。

脂っぽいからと言って、保湿をあまり丁寧に行っていないということはないでしょうか?他にも、テカリがあると脂取り紙を使いたくなりますが、使いすぎてしまうと必要な皮脂を取ってしまうのです。ですからティッシュでオフする程度が良いでしょう。

また、肌のターンオーバーが乱れていることも考えられます。睡眠不足や食生活の乱れ、ストレスなどにより、新陳代謝が悪くなり、毛穴の古い角質が剥がれていかず、毛穴に皮脂もたまって乾燥とテカリ、毛穴汚れや吹き出物を生じさせてしまうでしょう。

こちらの対処方法は、正しい洗顔方法を行うこと、朝はぬるま湯で洗うだけで夜は洗顔料を使った洗顔にすること、保湿をしっかりすること、生活習慣を整えることなどで、皮脂の分泌を抑え、脂症と乾燥という原因の改善につながります。

3.超乾燥肌タイプ

desert-279862_640

次に挙げるのは、超乾燥肌タイプです。以下の点に当てはまるものが多い方は、このタイプかもしれません。

・洗顔後に肌がつっぱる
・肌に白い粉がふく
・顔がひりひりして赤くなる
・ごしごしと洗顔する
・熱いお湯で洗顔をしている
・肌がぽろぽろとはがれてくる
・タバコを吸う
・ストレスが溜まっている
・秋冬などは肌が痛いときもある

いくつか当てはまるものがありましたか?これらに当てはまる場合は、超乾燥肌タイプと見られます。

超乾燥肌タイプの原因は?

超乾燥肌になる原因は、これもまず洗顔の方法に問題があることが多いです。洗顔をごしごしと洗い、しかもシャワーの熱いお湯で洗い流していませんか?熱いお湯は、肌の乾燥を促してしまいます。

おすすめの温度は32度ぐらいです。そして、超乾燥肌の場合、ぬるま湯で洗顔するほうが良いでしょう。そして、洗顔後すぐに保湿をするようにしてください。

また、タバコを吸うことで血行不良になり肌へのダメージを与え、超乾燥肌へとなってしまいますし、ストレスも原因となります。超乾燥肌になっている場合の一番の対処方法は、皮膚科を受診することです。乾燥肌の中でも乾燥が強くなっているタイプですから、病院で適切な治療をしてもらったり、薬を処方してもらったりすると改善が早いでしょう。

4.加齢性乾燥肌タイプ

hourglass-1703330_640

加齢性乾燥肌タイプというものもあります。次の点に当てはまる場合は、そのタイプの可能性があるでしょう。

・40歳以上である
・肌にハリがない
・汗をかきにくい
・顔をごしごし洗顔している
・熱いお湯に入浴している
・エアコンが効いた部屋にいることが多い
・食事で脂質を取らない
・肌が硬くなってきた

これらの点に当てはまるものが多ければ、加齢性乾燥肌タイプかもしれません。いくつか当てはまるものがありましたか?

加齢性乾燥肌タイプの原因は?

加齢性乾燥肌は名前の通り、年齢を重ねるとともに生じる乾燥です。加齢によりどうしてもコラーゲンや、セラミドといった肌にもともとある潤い成分が減少してきます。そのため、乾燥が強くなってくるのです。また、女性は40代になると女性ホルモンが減少してくるため、乾燥してしまいます。

加齢による乾燥は年齢により誰にでも生じてしまうものですが、ケアをしっかりと行うことで、乾燥を和らげることもできます。エアコンにあたりすぎることを避けて、加湿器を部屋に置いたり、熱すぎるお風呂に入ることを避けたり、正しい洗顔をして保湿をしっかりと行ったりしましょう。

また、食事の面においては、ダイエットなどを気にしたり、年齢とともに脂っこいものを避けたりする方も多いですが、栄養バランスを考えて脂質も適度に摂るようにすることで、内側からの潤いを得ることができるはずです。

5.季節性乾燥肌タイプ

cold-1284028_640

最後に、挙げられるのが季節性乾燥肌タイプです。これは、秋や冬など特定の季節にのみ乾燥するという方は、この季節性乾燥肌でしょう。室内に暖房が入っていると、やはり乾燥しますから、その場合は加湿器を利用して部屋の湿度を40%から60%ほどに保つと良いです。

また、秋冬は紫外線対策をしないという方は、日焼け止めを塗るようにして紫外線から肌を守り乾燥しないように心がけましょう。さらに、夏場と同じスキンケアをしていて季節が変わると乾燥するという場合は、スキンケア商品をより保湿力の高いものに切り替えると良いかもしれません。

さらに、秋冬など寒い時期は暖かい飲み物が恋しくなりますよね。お茶やコーヒー、紅茶などは利尿作用があるため、体内が水分不足になっている可能性があります。内側から潤い力を高めるために白湯などを飲むのもおすすめです。

乾燥肌のタイプを見分けて潤い肌へ!

乾燥肌のタイプと原因について取り上げてみましたが、ご自分がどの乾燥肌のタイプか見つかりましたか?ご自分の乾燥肌のタイプを見極めて、適切に改善を図ることにより、一年中、潤いあふれる美肌へとなれますように!

スポンサーリンク

Check Also

1d063d917e416053291eb778c191265c_s-3-600x400

生え際にニキビができる原因と生え際ニキビを確実に消す方法

気がつくと生え際にニキビができ …