Home / 美肌 / 乾燥肌に効果的なボディソープの選び方と使い方
bath-465577_640

乾燥肌に効果的なボディソープの選び方と使い方

乾燥肌で白く粉がふく、皮膚がガサガサになっている。こんなお悩みを抱えている方は少なくありません。クリームを塗るなど様々なケアを試しておられかもしれませんが、ボディーソープ選びや使い方を改善してみたことはありますか?

乾燥肌に効果的なボディーソープを適切に使って、乾燥肌を改善するのに役立つ情報をご紹介していきます。

スポンサードリンク

乾燥肌に効果的なボディーソープとは?

antique-2043759_640

乾燥肌は、皮膚にもともと備わっている保湿して皮膚を守るバリア機能が低下している状態です。ですから、体をどのようなものを使って、どのように洗うかは皮膚をさらに乾燥させて傷めてしまうか、それとも乾燥を和らげて改善できるかに大きく関わってきます。では、どのようなボディーソープを選ぶと良いのか、4つのポイントをご紹介していきます。

1.弱酸性の肌に優しいもの

1つめのポイントは、弱酸性の肌に優しい成分でできているボディーソープを選ぶという点です。肌は弱酸性の状態が保たれていると保湿されている健康な状態です。しかし、乾燥肌になっているとアルカリ性のほうに傾いています。そして、体を洗うことでもアルカリ性のほうに傾きますし、どんなに肌に優しいボディーソープを使っても傾くのです。

ですから、洗浄力の強いボディーソープを使ってしまうと、さらにアルカリ性のほうに傾かせて乾燥がひどくなり、肌荒れを生じさせたりすることがあるでしょう。そこで、乾燥肌の場合のボディーソープは弱酸性のもの、アミノ酸系かグルコシド系、ベタリン系やタウリン系のものなどが肌に優しい洗浄成分となっていますのでおすすめです。

2.保湿効果のあるもの

2つ目のポインㇳとしては、保湿成分が含まれているものを使うということです。乾燥肌を改善するのには、保湿が重要です。保湿成分としては、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などが代表的ですが、これらの保湿効果を期待できる成分入りのものを探して使ってみましょう。

3.無添加のもの

乾燥肌は、刺激に弱く敏感になっていることが多いでしょう。ですから、配合されている成分、添加物などにも注意が必要です。界面活性剤や合成洗剤などが含まれていないものがおすすめです。また、香料や着色料、防腐剤などが含まれていない無添加のものを使うと、肌への刺激を減らせて肌荒れを防げるかもしれません。

4.泡だつもの・泡タイプのもの

27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_s

乾燥肌にお悩みの方には、よく泡立つものや最近よく販売されているポンプから泡で出てくるタイプのボディーソープを選ぶことをおすすめします。泡で体を優しく洗うことが大切だからです。ごしごしと擦ると皮膚の表面の皮脂を奪い取ってしまい、皮膚を傷つけ乾燥を助長してしまうでしょう。泡立てネットを使ってもこもこの泡を作ってみるのはいかがでしょうか?

効果的なボディーソープの使い方とは?

bathroom-2094735_640

ここからは乾燥肌の場合の効果的なボディーソープの使い方を見ていきます。せっかく肌に優しいものを選んでも正しい使い方をしないと、本来の効果を発揮できなかったり、選んだ意味のないものになってしまったりしますから、ぜひ使い方もチェックしてみてくださいね。

ボディーソープを使う頻度に注意!

毎日入浴して、毎日ボディーソープを使って体を洗うという方が多いことでしょう。当然でしょ?と思う方もおられるかもしれません。しかし、乾燥肌の方はこれはおすすめできない点です。ボディーソープを使って洗うのは、皮脂の多い部分、首や脇、胸、太もものあたりぐらいで十分で、他の汚れが少ない部分である手足や腰やお腹周りはシャワーで軽く流す程度で良いでしょう。

また、乾燥がひどい場合は、ボディーソープを使って洗うのは2~3日に1回ぐらいにしてみるのはいかがでしょうか?体の皮脂を奪いすぎないためには、40度以下のお湯をかけ湯して流すだけで良いかもしれません。

ゴシゴシと擦らない

選び方の部分でもご説明しましたが、ゴシゴシと擦ることで皮膚の表面の皮脂を奪い、傷つけてしまい乾燥や肌荒れを生じさせてしまいます。ですから、しっかり泡立てたものや泡のタイプのボディーソープを使って擦らずに優しく洗いましょう。

ナイロンタオルなどで擦る方もおられますが、肌への刺激が強すぎます。泡を手にのせて手で洗うぐらいの力で十分です。力任せにゴシゴシと擦らなくても汚れはきちんと落ちます。また、皮脂を奪いすぎることでより一層、皮脂が過剰に分泌されることもありますから、優しく優しく洗ってください。

すすぐお湯はぬるめで

pool-thermometer-1605907_640

体をボディソープで洗った後、すすぐ時には熱いお湯は避けましょう。熱いお湯は皮脂を奪って乾燥の原因となるからです。ですから、40度以下のぬるめの温度のお湯ですすぐようにしましょう。ですから、お風呂につかる時にも、40度以下にして20分以内ぐらいにおさえるのが乾燥肌をひどくさせないためには適切とされています。

入浴後は保湿をしっかりとする

保湿効果のあるボディーソープを使って体を綺麗にした後、それでケアを終えてしまわないようにしましょう。保湿クリームなどを塗ることをおすすめしますが、お風呂を出て水分を拭き取る前に、乾燥が気になる部分に保湿クリームやジェルなどを塗り、その後、タオルで水分を優しく拭き取るようにすると、保湿効果をアップさせることができるかもしれません。

おすすめのボディーソープとは?

じゃあ、どんなボディソープを使ったらよいの?という方のために、乾燥肌の方に人気のボディソープを2つほどご紹介します。購入の際の参考にしてくださいね。

牛乳石鹸 バウンシア ボディソープ

バウンシア ボディソープ

出典:http://www.bouncia.jp/

こちらは赤い箱や青い箱でおなじみの牛乳石鹸を作っているメーカーが販売しているボディソープです。保湿してくれるヒアルロン酸やコラーゲン、ミルクバター、植物由来の保湿成分が配合されているため肌に優しいうえに、高保湿な商品となっています。

また、濃密な泡が作られるのも特徴的で乾燥肌の方に人気です。口コミでも「しっとりスベスベになる」「しっとりして乾燥肌にありがたい」などの声が多数見られました。ドラッグストアなどの店頭やAmazonなどの通販で550ml入りで500円前後で購入できます。

花王 キュレル泡ボディウォッシュ

キュレル

出典:http://www.kao.com/jp/

こちらのボディソープは花王が販売していて泡で出るタイプのボディソープです。肌にあるセラミドという保湿成分を守りながら汚れはしっかりと落としてくれます。弱酸性で無香料、無着色で赤ちゃんにも使える商品ですから、乾燥肌で刺激に敏感になっている方も安心して使うことができるでしょう。

保湿成分とともに消炎成分も配合されているので、肌荒れを防いでもくれます。こちらもドラッグストアなどの店頭やAmazonなどの通販で購入できますが、480ml入りで1,200円前後です。口コミでは、「泡立てないでよいので楽」とか「乾燥肌や敏感肌に良い」「肌荒れがなくなった」などの高評価の声が多くありました。

自分の肌に合ったボディーソープで潤いある肌へ

bath-465577_640

乾燥肌の場合のボディソープの選び方と使い方をご紹介してきましたが、参考になったでしょうか?どのような商品を使うか、どのような使い方をするかで肌の調子は大きく変わってきます。

保湿効果のある肌への刺激の少ない商品を選ぶことや、しっかりと泡立てて優しく洗うなどご紹介したポイントをぜひ押さえて使ってみることをおすすめします。毎日の積み重ねでガサガサ肌もしっとりと潤いある肌へと生まれ変わらせることができるはずです!自分の肌に合ったボディソープでそれを手に入れてみませんか?

スポンサーリンク

Check Also

2

かきたくなる!乾燥肌のかゆみを抑えよう~食事や日常の対策方法

乾燥肌、一度かゆみを感じたり、 …