Home / むくみ / 腎臓とむくみも関係がある?腎臓とむくみの関係

腎臓とむくみも関係がある?腎臓とむくみの関係

起床時に顔がむくんでいたり、夕方になると足がむくんで痛くなったりと、生活の中でむくみに困らされたという経験をされた方は多いのではないでしょうか?むくみは水分の摂り過ぎや塩分の摂り過ぎ、冷えからくるものなど様々な要因で起こりますが、腎臓の不調によってもむくみは起こり得るとされています。

むくみで困っている方は腎臓の働きにも目を向けて、生活習慣や食生活を改善することによってむくみを軽減することができるかもしれません。本記事とは腎臓が我々の体の中でどのような働きをしているとされているのか、腎臓の不調によってむくみが生じてしまうメカニズムはどのようなものかについてご紹介していきます。むくみに困られている方は是非チェックしてみてください。

スポンサードリンク

腎臓の働きとは

de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_s

腎臓自体がどのような働きをする器官なのかを知ると、腎臓とむくみとの関係性を知ることができ、腎臓の不調によってむくみが何故起こり得てしまうのかについて理解しやすくなります。まずは普段、正常に働いている腎臓が私たちの体の中でどのような働きをしているのかについて確認していきましょう。

腎臓には主に次のような働きがあります。
・血液中の老廃物をろ過して尿として排出する
・体内の水分バランスの調整(水分と塩分)
・血液に酸性とアルカリ性の調節
・血圧を調節するホルモンや赤血球を作るホルモンの分泌

こんなに多くの役割を果たしていますので、腎臓に異常が生じると体の様々な部分に支障が出てくると言えるかもしれません。特にむくみは体の中の水分や老廃物が適切に体外に排出されないために起こりうるものとされておりますので、腎臓の上記の働きが十分に機能していない状態になってしまうと、むくみが起こりやすくなってしまうというのは理解しやすいことですね。

そもそもむくみとはどんな状態?

むくみは、様々な要因により、体内の不要になった水分や老廃物が適切に排出していかないために、血液中やリンパ液からそれらが浸み出している状態です。本来あるべき場所から外に出てしまうことで、目でみた時よりも手や足、顔などが膨れているように見えます。

ですから、腎臓の働きと見比べてみると、腎臓の働きとむくみに関係があることが理解できます。腎臓が血液中の老廃物の排出の働きをすること、水分バランスを保つ働きをすることに関係しています。

腎臓の不調によるむくみの症状とは?

むくみは様々な原因で生じますし、その原因によりむくみの生じ方も異なります。例えば、一日中立ち仕事や座りっぱなしでいたために生じるむくみもあります。その場合は、夕方頃にふくらはぎのあたりから下がパンパンになり靴がきつくなるむくみが起きるかもしれません。また、お酒の飲み過ぎによるむくみだと、飲んだ翌日の朝、顔がむくむという状態になるでしょう。

腎臓が原因で生じるむくみの症状としては、まぶたが腫れぼったくなったり、指輪が入らなくなったり、靴下のゴムの跡がなかなか消えなかったり、太ったように感じたりするかもしれません。体全体に生じる場合が多いでしょう。

何れにしても、腎臓の不調によって本来果たすべき機能が果たされていない時、むくみの原因となる、本来体外に排出する必要のある水分や老廃物が体内に溜まっていってしまう状態が起こり、その結果としてむくみが発生するとされています。

腎臓の不調の予防方法

ここまでみてきたように、腎臓の機能の低下はむくみを引き起こす一因となる可能性があります。そのため、腎臓の不調を招かないために、日頃から生活習慣や食生活をバランスのあるものにしていくことが大切になります。具体的に、腎臓が正しく機能するのに一般的に良いとされている生活習慣についてみていきましょう。

食生活を見直す

腎臓を正常に保てるかどうかは、日頃の食生活が大きく関係しています。規則正しく食事を取っているでしょうか?また、食事の内容は栄養バランスが整っているでしょうか?

私たちは、忙しい日常を送っていますので、ついつい朝食を抜かしてしまったり、不規則な時間に食事をしたりすることがあります。また、コンビニ弁当で済ませたり、外食が多くなったりしているかもしれません。

日々の積み重ねが私たちの身体を作り上げていきます。自分は健康と思っていても、気付かないうちに体内では病魔にむしばまれてしまっている可能性もあります。特に、腎臓はかなり悪化するまで症状が出てきません。規則正しく食事をし、料理の味付けは塩分を抑えることをオススメします。野菜や肉、魚などをバランスよく摂り入れましょう。

腎臓の不調の予防、むくみの予防だけでなく、生活習慣病の予防、健康を保つうえでも基本的な点ですから、ぜひ食生活を見直しましょう。

適度な運動をする

399d3c62b22074d682674a4779c2742a_s

適度な運動も腎臓を健康に保つのに大切な要素です。肥満は、腎臓に流れる血液量が増えるため、腎臓への負担が大きくなるのです。
運動をすると、血液の循環を良くしリンパの流れも良くなり、新陳代謝を高めることができます。また筋力がアップすると、基礎代謝もあがり痩せやすくなります。

激しい運動をする必要はなく、ウォーキングをしてみる、踏み台昇降運動をしてみる、軽いジョギングをする、スクワットをしてみるなどの手軽にできることから始めてみるのはいかがでしょうか?

運動の際の注意点として、水分補給はこまめにするようにしましょう。ただし、すでに腎臓病を患っておられる方は、医師とどの程度の運動をしたら良いのか指示を受けるようにしてください。

食生活と運動は、腎臓が原因でない場合のむくみの解消にも効果的とされていますし、私たち誰もが健康に生きるための基本ですから、ぜひ心がけたいですね。

十分な睡眠時間を確保する

良質な睡眠は生活の質を向上させますが、睡眠中に腎臓をはじめ体のあらゆる器官を休ませることができるとされており、継続的に腎臓に正常な働きを期待するときには質の高い睡眠を取ることのできる習慣を身に付けることも大切になります。特に暴飲暴食などをして腎臓への負担を強めてしまったときには、一定時間体を休めるなどしてケアをするようにすると良いでしょう。

質の高い睡眠を取るためには、十分な時間を確保するとともに、睡眠の深さに対しても意識を払うことが必要になります。深い睡眠を取るためには、ゴールデンタイムと言われている夜10時から2時までの時間に睡眠を取るように気をつけたり、また睡眠前にスマートフォンや熱々のお風呂などの刺激になるものを避けるなどの行動にも注意を向けることが必要になります。

深い睡眠を取るための習慣を身につけつつ、身体がよりリラックスした状態になりやすいように、ベッドや枕などを自分に合うものに整えることも大切になるでしょう。質の高い睡眠を取るための習慣を身につけて、腎臓が正常に働くようにしていきましょう。

腎臓とむくみの関係-早めの対処を!

むくみの原因として腎臓の機能の低下が考えられる場合もあります。そのため、むくみに対して困ることが多いという方は、腎臓が正常に働くような生活習慣を心がけることが大切になってきます。また、本当に腎臓の状態が悪いと感じた場合には、早めに病院や人間ドックなどにいき、状態を診てもらうと安心です。。そして、日頃から規則正しい食事と、栄養バランスを保ち、適度に運動をして腎臓を健康に保つように努力していきましょう!!

スポンサーリンク

Check Also

小顔ローラーで理想を手に入れる!小顔ローラーの選び方と使い方

むくみの無いスッキリとした小顔 …