Home / 美肌 / ヒアルロン酸を肌に塗ったときに得られる効果の仕組みと注意すべき副作用
morning-1369446_640

ヒアルロン酸を肌に塗ったときに得られる効果の仕組みと注意すべき副作用

「ヒアルロン酸」という成分について聞かれたことがある方は多いことでしょう。肌に良さそう、保湿してくれそうというイメージをお持ちかもしれません。では、これらを肌に塗ったときに得られる効果とその仕組み、さらには注意すべき副作用について見ていきましょう。

スポンサードリンク

ヒアルロン酸とは?

bath-balls-1617472_640

ヒアルロン酸とはどのようなものでしょうか?ヒアルロン酸は、もともと私たちの体内にある成分で、ねばねばしています。特徴としては、水分を保持する面で優れているという点です。ヒアルロン酸1gで6ℓの水を保持できるとされています。細胞と細胞の間に多く存在していて、細胞を保護するクッションのような役割を果たしています。

ヒアルロン酸を補充する必要はあるの?

もともと体内にあるのならば、ヒアルロン酸の化粧品や、ヒアルロン酸注射などがあるのはなぜでしょうか?ヒアルロン酸は年齢を重ねるとともに減っていくとされています。赤ちゃんの頃は多くあるため、赤ちゃんの肌はプルンプルンで潤っていますよね。

20代まではさほど心配はありませんが、30代以降に急に減少し始めます。40代では赤ちゃんの頃の半分の量、60代になると赤ちゃんの頃の4分の1になるされています。加齢とともに、肌が乾燥し、しわやシミなどが増えていくこともうなずけますね。ですから、赤ちゃんのような美しい肌に近づくには、ヒアルロン酸などの成分を補充することが必要と言えます。

ヒアルロン酸を補充する方法とは?

ヒアルロン酸を補充するにはどのような方法があるのでしょうか?食品、サプリメント、注射、化粧品といった方法があります。食事は、サメのフカヒレから摂ることができますが、加熱するとヒアルロン酸は壊れてしまうとされています。ですから、食品から摂るのは難しいでしょう。

そして、サプリメントもありますが、今の所、効果のほどは不明です。そして、注射は即効性があるとされています。一番身近なのは、化粧品を通してヒアルロン酸を摂り入れることでしょう。

ヒアルロン酸を塗った時に得られる効果と仕組みとは?

では、ヒアルロン酸を肌に塗った場合、どのような仕組みでどのように効果が得られるのでしょうか?

肌の真皮までは届かない

化粧品に含まれているヒアルロン酸は、肌の真皮、一番届いてほしいところまでは、届きません。なぜなら、それらのヒアルロン酸は、分子が大きいため皮膚の一番表面の角質層で溜まってしまうのです。ですから、塗ったからと言って、本来ヒアルロン酸が存在している細胞と細胞の間にまでヒアルロン酸が届くわけではないことを覚えておきましょう。

角質層に水分を溜め込むので保湿効果あり

ヒアルロン酸を含む化粧水などを肌に塗ることで、美肌効果を期待できないわけではありません。ヒアルロン酸の持つ保水力を生かすことができます。ヒアルロン酸を肌に塗ることによって、角質層の水分をため込み、蒸発しないようにしてくれるという働きを期待できます。

ヒアルロン酸入りの化粧水などを塗り、その上から美容液や美容クリームなどを塗ると肌の乾燥を防いでくれます。保湿により、しわの予防、改善、肌に本来備わっている自分の皮脂で保湿するバリア機能がよりよく働く、肌の弾力をもたらす、たるみを防ぐなどのアンチエイジング効果などがあるでしょう。

また、美肌効果以外にも、関節痛の改善、血圧の安定や、白内障の予防など年齢を重ねるごとに気になる症状にもヒアルロン酸は効果的とされています。

ヒアルロン酸の注意すべき副作用

shy-863056_640

では、ヒアルロン酸には副作用があるのでしょうか?化粧水などのコスメ、ヒアルロン酸注射、サプリメントの3つの場合を見ていきます。

コスメの場合の副作用

ヒアルロン酸を化粧水などで塗る際に、副作用は心配いらないかもしれません。本来、体内にあるものですから、アレルギー反応などの心配が少なく、安全性が高いとされています。しかし、使ってみてお肌に合わない場合は使用を中止するようにしてください。

ヒアルロン酸注射の副作用

ヒアルロン酸注射を利用したいという方は、注意が必要となります。ヒアルロン酸自体は、安全性が高いとされていますが、ヒアルロン酸注射によるトラブルは生じているのも事実です。

多くの場合、そのトラブルは医師の技術によるものではないかと見られています。ヒアルロン酸は一度注入したからと言って、永久的に保持できるものではありません。時間が経つと、吸収されて分解されていきます。

しかし、医師の未熟な腕により、凸凹にヒアルロン酸が肌に残ってしまったり、動脈に注射してしまって血管の流れを止めてしまい、皮膚が壊死してしまったりということも起きているのです。ですから、ヒアルロン酸注射をしたいという方は、施術を受けるサロンや病院などをよく選ぶ必要があります。

サプリメントの副作用

ヒアルロン酸のサプリメントは、効果が実証されていませんが、ヒアルロン酸自体には副作用が少ないので、安全と見られています。しかし、サプリメントに含まれているヒアルロン酸以外の添加物により副作用やアレルギー反応が出ることがありますから、注意が必要かもしれません。

ヒアルロン酸のサプリメントを使用したい方で、持病のある方、妊婦さん、授乳中の方は、医師に相談したうえで活用するようにしてください。

ヒアルロン酸入りのおすすめの化粧水

では、ヒアルロン酸入りの化粧水で人気の商品をいくつかご紹介していきます。保湿効果を期待できますから、ぜひ参考にしてみてくださいね。

TUNEMAKERS 原液保湿クリーム液(とてもしっとり)

こちらの化粧水は美容液や保湿クリームのような濃厚な化粧水です。ヒアルロン酸以外に、スクワラン、セラミド、アルガンオイル、コラーゲンの6種類の原液が、肌が潤うために適量が配合されています。超乾燥肌という方ももちもち肌へと変化を実感できる商品です。120mlで2,200円となっています。

Excellula パワーローションEX

パワーローション EX

出典:http://www.cosme.net/

こちらの化粧水も美容液のように濃厚で、角質層までしっかりと水分補給をしてくれる商品です。ヒアルロン酸に加えて、コラーゲンや20種類ほどの和漢植物エキスなどが配合されていますので、保湿効果、潤いを感じると口コミでも人気を集めています。また、くすみの解消にも効果を期待できます。価格は、150mlで2,800円です。

ホメオバウ ローション

ホメオバウ ローション

出典:http://www.cosme.net/

こちらの化粧水は少しとろみがあります。ヒアルロン酸とコラーゲン、フラーレンといった保湿成分、植物エキスが配合されています。口コミを見ても、「肌に浸透する感じが味わえる」「しっとりして肌がモチモチになる」など保湿効果を実感している声が多数ありました。価格は、160mlで4,800円となっています。

保水力抜群!ヒアルロン酸を適切に使って潤い美肌へ!

いかがでしたでしょうか?ヒアルロン酸はうるおい肌に欠かせない保水力を保つために非常に需要な役割をはたしてくれます。

ヒアルロン酸を肌に塗った時に得られる効果と仕組み、注意したい副作用について取り上げてきました。ヒアルロン酸は、年を重ねるたびに減っていきますから、モチモチとして潤い肌を保つために、化粧水などを通して肌に取り入れていきたい成分です。保水力が抜群のヒアルロン酸を適切に使って、赤ちゃんのような潤いある美肌を目指していきましょう!

スポンサーリンク

Check Also

b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_s-640x330

水クレンジングってなに?水クレンジングの特徴と選び方

クレンジングオイルを使ってメイ …