Home / むくみ / スリムな太ももの大敵セルライト!自力で撃退するにはこれが一番!
aa018bd595bcb948557407bfd918afd1_s

スリムな太ももの大敵セルライト!自力で撃退するにはこれが一番!

あなたは「セルライト」をご存知ですか?美容サイトなどでは一度くらいは聞いたことがある単語ではないでしょうか?

セルライトは体内の余分な水分と脂肪細胞がコラーゲンの繊維と絡み合ってできたものなのです。一度ついてしまうと排出しにくく、美容や健康の観点からみてもとても厄介なものなのです。

実は、女性の90%にはこのセルライトがあると言われ、なかなか解消することが難しいそうです。しかし、自宅で適切な方法でマッサージすることによって、このセルライトを解消することができるのです。

ここでは、セルライトの正体やその原因、その解消方法であるマッサージの仕方などをご紹介致します。

スポンサードリンク

セルライトって?

2d4053bbd088af9bcb921b99ce7a87d3_s

美容の大敵、セルライト!セルライトとはいったい、何者なのでしょうか?

老廃物と脂肪細胞が絡み合ったもの

前述しましたとおり、セルライトは体内の老廃物と余分な水分と脂肪細胞がコラーゲン繊維と絡み合ってできたものなのです。しかも、お尻、太ももの内側といった贅肉の付きやすい箇所にできるため、一度ついてしまったものはなかなか取れないと言われています。

さらに、セルライトが付きやすい下半身は心臓から遠いため、老廃物がたまったままになって排出されにくい箇所です。驚くことにこのセルライトは女性の9割にあると言われています。

ダイエットや筋トレをしていても、太もものの内側がなかなか痩せにくい、といった経験はないでしょうか?これは太ももの内側に頑固なセルライトがあるからなのです。

蓄積すると様々な害が!

それでは、セルライトを体内に貯めておいたら、いったいどんな弊害があるのでしょうか?

冷えやホルモンバランス、自律神経の乱れなど様々な原因によって蓄積するセルライトですが、これを体内に蓄積させて放置しておくと、脂肪細胞の代謝が乱れ、セルライトはさらに大きくなっていきます。

そして、血管を圧迫し、毛細血管を浮き上がらせ、老廃物もさらに排出されにくくなってしまいます。セルライトができると血流が悪くなるため、冷え性やむくみ、血行不良も起こしやすくなります。これは寒くなる季節に向かう前に是非解消したいところです。

セルライトを解消する方法

食事制限や運動だけでは消えない

残念なことにこの一度できてしまったセルライトは、食事制限や運動そするだけでは解消できません。セルライトは脂肪細胞と余分な水分、老廃物などが絡まりあったものなので、とても頑固でちょっとやそっとでは流れ出ていきません。

お風呂で血行改善

そこで、湯船などにはいって温まり、血行を良くしてから揉みほぐす方法をとります。まず血行を良くすることでセルライトを解消してから、適切なマッサージを施してリンパを流してあげなくてはならないのです。

セルライトを解消するには、マッサージを行う前に必ず湯船に浸かりましょう。入浴中に行うと全身の血行も良くなっているのでさらに効果的です。また、アロマオイルを使うとすべりが良くなるだけでなく、リラックス効果や肌の保護効果も得られます。

セルライトをほぐすマッサージ

次はマッサージ方法についてです。まずは全体をほぐすマッサージから初めて行きます。お風呂でじっくり暖まってからのマッサージは血行を促進させるので、より効果的になります。また、皮膚が柔らかくなっていますので、そこに手に取ったアロマオイルを塗ります。

まず、足の裏を両手で強めに押して体の緊張を取りましょう。足の裏にはツボがたくさんあるので、刺激することで血流が良くなり効果的なのです。

次に、つま先からももにかけてセルライトのつぶつぶを押しつぶす感じでマッサージします。基本的に、心臓から遠い部分から近い部分へとマッサージしていくのが効果的だと言われています。

特に下半身、ふくらはぎを押すことで、下にたまった血液を心臓に押し戻すので全身に正常な血流が蘇ります。肩こり改善や腰痛にも効果的なのでしっかりとマッサージして下さい。

さらに、太ももの外側、真ん中をもみほぐします。こうすることで腰痛や膝痛、又関節の不調にまでも、効果を発揮します。マッサージなどに行っても、なかなか太ももの内側を揉んでくれるところは少ないかと思います。太ももをマッサージできるのはホームマッサージならではですね。

太ももの内側を押して痛む人は、冷えた食べ物の食べ過ぎの可能性もあるので注意が必要です。

リンパマッサージ

全体をほぐすマッサージが終わった後にリンパマッサージをしていきます。リンパは皮膚の下わずか2.3ミリの所に張りめぐされているリンパの管の中を通っています。したがって、あまり強い力でマッサージするのは逆効果となってしまいます。

主なリンパ節は、鎖骨、脇の下、顎の下、腹部、そけい部、膝裏、耳の前、肘にあります。最初に鎖骨にあるリンパを開きます。体内にあるリンパのほとんどは左鎖骨下のリンパと合流して排泄されるため、先にマッサージをしておく必要があります。

その後リンパマッサージは、足の甲、足首、ふくらはぎ、とまるで猫や犬を撫でるように優しい力でマッサージしていきます。。膝にリンパをいったん集めたら、次は太ももの付け根のそけい部に向かってマッサージします。

こうすることで、リンパの流れが活発になり、下肢に溜まっていた老廃物も流れ出します。また、血流も良くなるので、セルライトのみならず、腰痛や肩こりが解消する場合もあります。

オイルやボディークリームを使う

マッサージは、乾いた肌などでやると肌を傷めてしまうおそれがあるため、オイルやボディークリームを塗ってから実施するのがおすすめです。

まずオイルは、マッサージ用のアロマオイルやビタミンEが豊富に含まれているオリーブオイルは、保湿力が強いので肌の保護にもなり、とくに寒い季節にはおすすめです。

アロマオイルならリラックス効果も同時に得られますし、オリーブオイルなら肌の保湿、保護効果もあります。また、オイルはベタついて嫌、という方はボディークリームでも可です。

美容グッズの力を借りよう

基本的にセルライト撃退のマッサージは指や手のひらで行いますが、すべて指の力で行うのはちょっと大変と言われる方は、近年大流行の「美容ローラー」を使うのもいいでしょう。

現在では、防水のものは当たり前、ソーラーパネルがつき、微弱電流を流すタイプのものや、エステシャンの手を再現したドレナージュ効果があるものなど、さまざまなものが発売されています。

また、マッサージ器具である「かっさ」も効果的です。かっさは、今やいろいろな美容グッズ専門店や化粧品メーカーでも売られていますが、中華料理で使う「れんげ」などでも代用できます。

まとめ

mizugi

いかがでしたか?女性の90%にあると言われるセルライトですが、体内に蓄積させておくと見た目が悪いだけではなく、痩せにくい体質になってしまったり、肩こりや腰痛の元になったりと様々な身体の問題を引き起こしてしまいます。

それを解消するには、お風呂であたたまるなどして血流を十分に良くしてから、足裏から太もものところのそけい部までを丁寧に揉みほぐし、その後、優しく動物を撫でるようなタッチで、なで上げます。こうすることでリンパの流れが活発になり、足のむくみなども解消されます。

セルライトのお手入れは非常に簡単で、お風呂に入りながらできるのでそれほど面倒ではないのではないでしょうか?セルライトを撃退するためのマッサージをすることで健康で、美しい脚を手に入れることが出来るのではないでしょうか。是非一度、お試しください。

スポンサーリンク

Check Also

ec0a824d9b48d9c27ba6c309082fa2ff_m

ダイエットには1杯の味噌汁を!味噌汁ダイエットの魅力を紹介!

ダイエットが続かない原因の一つ …