Home / 美肌 / 吹き出物が治らない原因とかかるべき病院の科
doctor-563428_640

吹き出物が治らない原因とかかるべき病院の科

吹き出物ができて早く治したいと思いながらも、なかなか治りが悪いということはありませんか?それはどこに原因があるのでしょうか?その場合、自分で治すには限界があるかもしれません。

そこで、何科の病院にかかると良いのかもご紹介していきます。長期的に吹き出物にお悩みの方、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

吹き出物が治らない原因

acne-1606765_640 (1)

まずは、吹き出物がなかなか治らない原因について見ていきますが、吹き出物と大人ニキビはどう違うの?という方もおられるかもしれません。これは、呼び方が違うだけで同じものです。二十歳を超えたらニキビとは呼ばないとか言われることがありますが、吹き出物イコール大人ニキビです。

大人ニキビと同じメカニズムでできるものであることを覚えておきましょう。そして、吹き出物ができる原因も、なかなか治らない原因も様々な要素が絡み合っていて1つとは言い切れないことも踏まえておいてください。

乾燥している

desert-279862_640

吹き出物というと、「皮脂」とイメージされる方も少なくありません。そのため、皮脂を取り除かなければと洗顔をゴシゴシしたり、1日に何度も洗顔をしたり、スキンケアを化粧水だけで済ませたり、脂取り紙で頻繁に皮脂を除去していませんか?これらの行動はかえって皮脂を多く生み出してしまうことになりかねません。皮膚を乾燥させてしまうからです。

皮膚が乾燥しているというのは、本来、皮膚を守るために備わっている必要な皮脂までもが奪われてしまっている状態と言えます。そのため、私たちの体は皮膚を保護するためにさらに多くの皮脂を分泌させようと必死になります。

なおかつ、皮膚が乾燥すると毛穴の入り口が古い角質で固くなって詰まり、過剰な皮脂と合わさってアクネ菌が繁殖して吹き出物ができます。その吹き出物ができた状態で、乾燥を改善しないと炎症は悪化し、吹き出物がひどくなったり、治りにくくなるでしょう。

乾燥する要因は、間違った洗顔やスキンケアの方法だけでなく、保湿成分が含まれていないスキンケア商品を使っているとか、いつもエアコンの効いた室内にいるとか、脂質の少ない食生活を送っているなど様々です。もし思い当たる部分があれば、自分の洗顔の方法や、スキンケア商品、方法などを見直して肌の保湿をしっかりと行ってみて、吹き出物が治らないか様子を見てみましょう。

清潔な状態を保っていない

洗顔やスキンケアの仕方にも関係してきますが、吹き出物はアクネ菌の繁殖により生じます。清潔な状態に肌を保つことは、吹き出物を早く治すためにも欠かせない点です。洗顔のし過ぎはよくありません。

しかし、丁寧に行わないことで吹き出物の部分にメイクの落とし残しがあったり、おでこであれば整髪料やシャンプーなどの成分が残っていたりすると吹き出物が治りにくく、かえって悪化させることがあるでしょう。ただし、吹き出物ができている時に、綺麗にしようとゴシゴシすると、炎症の悪化や乾燥を招きますから、優しく丁寧に行うということは心がけたい点です。

そして、吹き出物ができているとついつい手で触ってしまったり、メイクを厚塗りして隠そうとすることがありますが、これも清潔さを妨げる要因になる場合があります。

生活習慣が乱れている

desktop-1753683_640

吹き出物ができ、治りにくい要因の1つに、生活習慣が乱れていることが挙げられます。睡眠不足や運動不足、ストレスが溜まっている、食事が不規則、栄養バランスが悪いなどです。こうしたことは、ホルモンバランスを乱れさせます。

睡眠不足やストレスなどは、男性ホルモンを増やすと言われています。男性ホルモンは皮脂を過剰分泌させる傾向にありますから、吹き出物ができやすく、そのホルモンバランスを整えないと治りにくいでしょう。

女性であっても男性ホルモンが存在しています。吹き出物以外にも、抜け毛が増えたとか、ひげが生えてきた、体毛が濃くなったなどの現象が女性でも起きていれば、それは男性ホルモンが増加している証拠でしょう。

吹き出物がスキンケアの方法などを改善してもなかなか治らないのは、こうした体の内側からくるものが原因かもしれません。ご自分の生活習慣を見返してみていかがでしょうか?

何科にかかるべき?

medical-563427_640

では、吹き出物がなかなか治らなくて自力では無理かなと思う時、また、早めに病院で治療してもらって跡を残したくないという時、何科にかかると良いのでしょうか?そして、どのような治療がされるのか、どのような薬が服用されるのかもご紹介していきます。

皮膚科の場合

まずは、何科にかかるべきかという点ですが、皮膚科を受診するという方法があります。吹き出物ぐらいで病院を受診しても良いの?と思われる方も多いですが、全然問題ありません。悪化を防ぎ、跡になりにくくなるので、おすすめの方法です。。一般の皮膚科を受診すれば、保険が適用されます。では、どのような治療方法と薬の処方があるでしょうか?

治療方法としては、基本的には対症療法となります。外用薬つまり塗り薬を処方されることが多いですが、これは割と軽度の場合かもしれません。外用薬だけでは治療が難しい場合、内服薬も処方されます。抗生物質や、ビタミン剤、ホルモンバランスを整えるホルモン剤、または漢方薬を使われることもあります。さらには、毛穴に詰まっている皮脂などを取り除く処置が、吹き出物の状態によっては施されることもあるでしょう。

また、吹き出物を早く治すためのアドバイスを医師から受けることもできるので、よく吹き出物ができて治りが悪いという方は、一度皮膚科を受診してみると良いかもしれません。生活習慣の改善の仕方などを具体的に知ることもできるはずです。市販の塗り薬などよりも強めの物を処方してもらえますから、市販のニキビを治す薬が効果がなかったという方も、皮膚科での治療がおすすめです。

美容皮膚科の場合

美容皮膚科でも、吹き出物の治療をしてもらうことができます。「美容クリニック」と表示されている所もそれに当てはまります。一般の皮膚科と何が違うかというと、保険適用外の治療が多いという点です。そして、吹き出物を治すことに加えて、「美」という観点での治療も行われるので、より肌を美しくしたいという方には、美容皮膚科での治療もおすすめです。

具体的には、古い角質を落とすピーリングや美容成分を肌の奥深くまで浸透させるイオン導入、アクネ菌を殺菌したり炎症を鎮める光やレーザー治療、注射治療など様々な方法が行われます。自分の肌の状態、吹き出物の状態に合わせた治療を行ってくれるでしょう。

そして、一般の皮膚科が対症療法なのに対して、美容皮膚科では、吹き出物を作らない肌づくりまで考えた治療がされるというメリットがあります。ただし、先ほども述べましたが、保険が適用されない治療が多いため、費用がかさむというデメリットや、数カ月通わなければならないという治療期間がかかるというデメリットもあります。病院を選択するうえで、これらの点を考慮して決めるようにしましょう。

自分ではなかなか治らないという場合は病院で治療を!

sexy-1721447_640

吹き出物がなかなか治らない原因と何科で治療を受けることができるかについてご紹介してきましたが、参考になったでしょうか?治りが悪いのは、生活習慣やスキンケアの方法などに問題がある場合が多くみられます。ですから、それらを改善するときに、吹き出物の治りも早まるケースもあるでしょう。

ですが、早めに皮膚科や美容皮膚科で治療してもらうのも、吹き出物を悪化させず、跡に残りにくくするのに助けになる方法です。病院を選ぶ際も、メリットとデメリットを考慮するようにして、自分に合った治療方法で行うようにしましょう。

スポンサーリンク

Check Also

1d063d917e416053291eb778c191265c_s-3-600x400

生え際にニキビができる原因と生え際ニキビを確実に消す方法

気がつくと生え際にニキビができ …