Home / 化粧品 / 恋する女子も注目!ヒアルロン酸の効果と副作用の注意点
3-2-600x399

恋する女子も注目!ヒアルロン酸の効果と副作用の注意点

今ではサプリメントや化粧水などにも配合されている「ヒアルロン酸」ですが、テレビや女性誌でも良く耳にしますよね?美容に関心がある人なら、知っている成分かと思います。実は「ヒアルロン酸」はお肌に良いだけではなく、体のあちこちをサポートしてくれるうれしい効果もあることは知っていますか?

ヒアルロン酸は私たち女性にとっては、なくてはならないアイテムですが、どんなうれしい効果をもたらしてくれるのか、また、お肌だけではないうれしい効果はいったい何なのでしょうか。そこで今回はヒアルロン酸の様々な効果と副作用の注意点について、まとめてみました。

スポンサードリンク

ヒアルロン酸の特徴

ヒアルロン酸とはもともと人間の体内に持つ成分で、ムコ多糖類の一つです。ムコ多糖とは、私たちの体の細胞の周りで、体液などの水分をしっかりと蓄えてくれる物質です。細胞に栄養を運んだり、細胞から不要な老廃物を取り出したりしてくれるネバネバ物質です。

ヒアルロン酸は、たった1gに6Lの水分を保持する力があり、しかもその水分を逃がしにくいという、うるおいを保持の凄いパワーをもった成分なのです。特に、皮膚や関節、眼などの保水性や弾力性が必要とされる多く存在し、水分の保持や細胞を守ってくれる役割を担っています。

保水力に優れている

ヒアルロン酸は、特に水分を保持する能力が優れていて、非常にたくさんの水を蓄えると言われています。ヒアルロン酸は私たちの体内で無くなってはならない、とても重要な役割を持っています。

しかし、ヒアルロン酸配合のサプリメントや化粧水をいくら使っても、体内に吸収されてしまうので、その量を増やすことは出来ません。しかも真皮に元々備わっているヒアルロン酸は、化粧品に含まれているヒアルロン酸自体、分子が大きいため、肌に塗っても表皮の1番外側の角質層に留まってしまいます。

では、なぜヒアルロン酸が配合されている化粧水などが良いかというと、加齢とともに減っていく一方のヒアルロン酸を、少しでも補えるというメリットがあるためです。最近では、浸透性の高い低分子のヒアルロン酸やも開発されています。ヒアルロン酸化粧水はあくまでも肌のバリア機能のサポートなどで期待されます。

代謝されるため持続しにくい

体内のヒアルロン酸の量は加齢とともに減っていきます。赤ちゃんの時にはプルプルしていた肌も、いつのまにか歳を重ねるごとに、肌にシワやたるみが増えてきます。なので、意識して補給してあげなければいけません。

スピードには個人差がありますが、ヒアルロン酸はいくら体内に注入しても、徐々に体内に吸収されてしまいます。ですので、結果として体内に異物として残らない上に、安全性が高く、アレルギーを起こしにくいので、プチ整形として人気があるのかもしれません。

ヒアルロン酸の効果

ヒアルロン酸って、サプリメントのCMでもよく聞きますが、お肌に良いというのは知っていても、実際にはどんな成分でどんな効果があるのかまではわかりませんよね?また、ヒアルロン酸ってお肌に良いだけではなく、他にもメリットがあるようです。調べてみました。

保湿性、粘弾性の維持

ヒアルロン酸は、1gあたり6Lの水分をたくわえることができるとされています。また、温度や湿度などの影響を受けることが少ないので、肌の保湿にはとても有効です。ヒアルロン酸が多く含まれる肌は、みずみずしくてうるおいやハリがあります。

ネバネバのヒアルロン酸の成分は、濃度が高くなるほどジェルのようにドロっとしています。この粘弾性がひざなどの関節のクッションの役割や、骨の動きを滑らかにする潤滑剤の役割もしています。同時に目の内部のクッションの役目や眼球の形を維持するのもヒアルロン酸です。

シワ、たるみの改善

ヒアルロン酸は真皮に多く含まれていて、水分を保持しています。 ヒアルロン酸が足りなくなってくると、お肌は乾燥しがちです。そこで、ヒアルロン酸を注入すると、お肌は水分で潤います。ヒアルロン酸には、コラーゲンを守る役割りがあり、ヒアルロン酸がお肌に足りないと、コラーゲンの成分までしっかり保てなくなってしまいます。

また、ヒアルロン酸はビタミンB2と一緒に摂ると、ヒアルロン酸の保水力を高めるうえ、効果を持続させてくれます。さらに、サプリメントなどで一緒に配合されていることが多い、グルコサミンやコンドロイチンなどと一緒に摂ると、お互いの相乗効果で弱った軟骨や関節に効果てきめんです。

軟骨機能維持

ヒアルロン酸の保水効果は軟骨でも発揮されます。しかし、大人のヒアルロン酸の量は、赤ちゃんに比べて20分の1と言われています。年齢を重ねると、ひざなどの関節の痛みが起こりやすいのは、ヒアルロン酸が減少したことによる症状だと言えます。

関節は軟骨と関節液に包まれており、この軟骨や関節液の中にはヒアルロン酸も多く存在し、関節の動きを滑らかにしてくれます。関節部分にヒアルロン酸を注入することで、関節の痛みや炎症を和らげたり、関節の動きをよくしてくれます。

ヒアルロン酸は、動きの鈍くなってしまった軟骨に油をさすようなイメージですね?

老眼、眼精疲労の改善

目の乾きや特にドライアイからの眼精疲労の場合、ヒアルロン酸配合の目薬がオススメです。ヒアルロン酸は保水力が高いので、目に潤いを与えてくれる効果があります。また、老眼などの治療にもヒアルロン酸配合の目薬が使われます。目薬だけで老眼を回復させることはできませんが、老眼の進行を緩やかにしてくれます。

体内の細胞の活性化し、栄養素の運搬機能の改善

ヒアルロン酸はもともと体内の様々な部分に存在し、細胞同士を結び付ける働きを持っています。それにより細胞の働きを活性化し、栄養素を全身に行き渡らせやすい環境を整えてくれるのです。

ヒアルロン酸が減少すると、この環境に乱れてしまい、栄養素の運搬がうまくいかなくなり、疲労の蓄積や体調不良などの原因になってしまいます。

卵巣の働きを助け、生理痛などの緩和、更年期障害の改善にも期待

ヒアルロン酸は美肌効果だけでなく、月経不順を緩和したり、女性ホルモンのバランスを整えてくれる効果があると言われています。合わせて辛い生理痛や更年期障害特有のイライラや発汗などの症状も緩和してくれるそうです。

女性ホルモンのバランスが改善されると、自律神経の乱れも整います。また、ヒアルロン酸配合のサプリメントを摂ると、生理痛の改善に役立つともいわれています。ヒアルロン酸は女性の強い味方ですね?

ヒアルロン酸の副作用

ヒアルロン酸注射はシワをとってくれるイメージ強く、副作用については、あまり聞いた事がないですよね?実際のところ、ヒアルロン酸には副作用が全くないのか気になるところですが、副作用がないから、美容外科でのヒアルロン酸注入が人気なのですよね?しかし、実際のところ、全くリスクがない訳ではないようです。

副作用はない

純粋なヒアルロン酸を使用している限り、副作用が出ることは非常にまれなようです。ヒアルロン酸は、元々体内で作られる物質のため、副作用のリスクは低いのです。しかし、ヒアルロン酸は注射針を使って注入しますので、内出血を起こしてしまう可能性もあるのです。

また、まれにむくみが現れることがあるようです。ヒアルロン酸注射を行ってから、落ち着くまでは1~2週間程度かかると考えておいた方がよいです。

永久的ではない

とても手軽で人気のヒアルロン酸注入ですが、一度打ったからといって、その効果は永久的に持続するものではありません。前述しましたが、ヒアルロン酸は時間が経つにつれ、体内に吸収されてしまいます。効果持続の為には何度も美容外科に足を運ぶ人がいるのですね。

施術医師の腕による

安全と言われているヒアルロン酸注入でも、トラブル例は、ほとんどが医師の腕による失敗によるものです。特に涙袋の施術では、施術の後に内出血してしまったり、あざになってしまったりという事もあるようです。逆に、失敗だと思ったケースでも、実は失敗でないということもあるようです。

美容外科のサイトに良い事ばかりが書かれていますが、リスクについてもしっかり理解して、納得をしてから行って欲しいと思います。

ヒアルロン酸の使用例

ヒアルロン酸を使った施術例は色々あります。女性にとっていつも綺麗でいたいと思う気持ちは永遠に変わりませんよね?少し敷居が高い美容外科などでも、ヒアルロン酸が良く使われていますし、ヒアルロン酸にも様々な種類があるようです。

ほうれい線取り

ほうれい線は目立ってしまうと、一気に老けた印象になりますよね?美容整形では、ほうれい線へヒアルロン酸を注入して改善する施術があります。ヒアルロン酸を注射すると肌にハリが戻り、ほうれい線が目立たなくなるので若々しく見えます。ヒアルロン酸注入は手軽さと即効性が期待できるというメリットがあります。

ただし、その効果は平均で3か月から半年程度しか持ちません。一か月で消えてしまう可能性もあります。また、まれにヒアルロン酸に不純物が混ざっていたり、うまく溶けないことで、肌に凹凸が出来てしまったりするリスクもあるようです。

涙袋を作る

涙袋がぷっくりしていると、それだけで女性らしい雰囲気になりますよね?涙袋用メイクアイテムも多く売られているそうで、ふっくらとした涙袋はそれだけ女性の憧れなのですね?涙袋は目の周りにある筋肉の一部が膨らんでぷっくりと見えるのです。筋肉は年齢とともにたるんでしまい、涙袋はなくなっていきます。

ぷっくりした涙袋はヒアルロン酸で作れますが、ヒアルロン酸で涙袋がきれいにできる人とそうでない人がいます。気をつけなければならないのは、他の部位のヒアルロン酸注射と同様にリスクもあるという事です。涙袋のヒアルロン酸注射をやり過ぎてしまい、目元がたるんでしまったなんてことにならないようにしましょう。

豊胸

バストの大きさや形で悩む女性はとても多いようです。どうにかしたくても、身体にメスを入れる手術には誰しも抵抗があるものですよね。そんな悩みを解消するのが、 ヒアルロン酸を使った豊胸です。体内にも存在するヒアルロン酸をバストに注入することで、胸を大きくします。

ヒアルロン酸による豊胸では、治療後に腫れや鈍痛が多少出ますが、1週間程度でおさまりますので、お仕事を休まなければならあにということがありません。デメリットとしてはやはり効果が永久的ではないということです。

シワ取り

ヒアルロン酸の注射でのシワ取りは即効性の高いしわ解消法です。シワになった部分にヒアルロン酸を注入し、しわを目立ちにくくし、若々しく弾力のある肌に戻します。

関節痛の緩和

ヒアルロン酸は関節や軟骨などに多く含まれ、クッションの役割を果たしています。関節などのヒアルロン酸が減少すると関節のクッション剤が失なわれてしまい、結果、関節痛が起こります。関節の痛みが酷い場合には、関節に直接ヒアルロン酸を注入します。ヒアルロン酸注射は医療行為として正式に行われています。それだけ効果があることがわかりますよね?

その他、変形性関節症や関節リウマチなどの関節痛の病気にもヒアルロン酸が使用されることがあります。ヒアルロン酸を関節内に直接注射して、痛みを和らげて関節の動きをよくする効果があるとされています。

まとめ

「ヒアルロン酸の効果と副作用の注意点」についてのまとめはいかがでしたか?ヒアルロン酸は体に元々ある成分だからなのか、とても万能なものなのですね?年齢を経て、どんどん体内のヒアルロン酸は減っていくばかりなので、積極的に外から補ってあげなければ、いけない万能薬なのでしょうね。

スポンサーリンク

Check Also

skincare-2357980_640

飲料だけじゃない!ヤクルト化粧品のおすすめシリーズ紹介

あなたは「ヤクルト」と聞いて何 …