Home / 美肌 / 肌荒れを引き起こす食べ物と改善する食べ物
1

肌荒れを引き起こす食べ物と改善する食べ物

スキンケアを頑張っていても、季節の変わり目などで肌荒れを起こしやすいく、なかなか治らないということはありませんか?肌荒れを改善するためにはまず、体質改善を行う事が大事です。身近な食べ物を少し変えるだけで肌荒れを防ぎ、美肌に繋がっていきます。

肌荒れを引き起こす食べ物と改善する食べ物を詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

肌荒れを引き起こす食べ物

甘いものの摂りすぎ

チョコレート、ケーキ、お菓子を食べると太るというイメージを持たれると思いますが、それだけではありません。甘いものに含まれる糖分には肌の免疫力を下げてしまう可能性があります。

特に肌荒れを起こしている時に甘いものを食べすぎてしまうとニキビ、吹き出物の原因になり、さらに肌荒れを悪化させてしまう場合があります。また、チョコレートなど甘いお菓子には油分も多く含まれているので、出来るだけ甘いものは控えるほうが肌の免疫力を上げることに繋がります。

油の摂りすぎ

油っこい食べ物、バター、マーガリンなど取りすぎてしまうのは過剰な皮脂分泌の原因になります。ココナッツオイルやオリーブオイルは、美容に良いとされていますが、こちらも油であることに変わりがないので、取りすぎてしまうのは肌荒れの原因になります。平均オイルは1日大さじ2杯程度にし、肌の状態に合わせて摂取することがポイントです。

インスタント食品の摂りすぎ

インストラーメンなどは、忙しい時に手軽でよいのですが、カップラーメンの麺は一度油で揚げているので酸化してしまいます。酸化した食べ物は、ニキビや吹き出物などの肌荒れを起こしてしまう原因になるので避けたほうが良いです。ラーメンなどの麺類が食べたい時は生麺にし、野菜を多く摂り入れると体にも肌にも良い方法になります。

カフェインの摂りすぎ

コーヒー、紅茶などに含まれるカフェインを多く摂りすぎてしまうと肌荒れを起こす原因になります。カフェインには、利尿作用がありそれ自体は老廃物を排出するためには効果があるのですが、摂りすぎることにより水分量が減りすぎてしまい肌を乾燥させてしまうことに繋がります。

また、カフェインには覚醒作用もあるので睡眠に影響が出てくると肌のターンオーバーが正常に出来なくなります。コーヒーなどのカフェインの摂取量を出来るだけ控え、水分補給の際は、白湯などを摂り入れるようにすると肌荒れの改善に繋がります。

刺激の強い食べ物の摂りすぎ

刺激の強い食べ物には、トウガラシ、わさび、辛子などがあり体を温めてくれるのですが、摂りすぎてしまうと胃腸トラブルになり肌荒れを引き起こしてしまいます。また、刺激物を摂取し続けていると味覚障害もでてきてしまうので、摂りすぎないことが大切です。

肌荒れを改善する食べ物

野菜をたくさん摂る

美肌になるために欠かせないのが野菜です。野菜不足は、肌荒れを起こす原因になります。1日緑黄色野菜100g、淡色野菜200gの野菜を摂取することが目安とされています。

中には、野菜不足なので野菜ジュースだけで補っているという人もいるかもしれませんが、野菜ジュースでは野菜の代わりにはなりません。なぜなら、野菜ジュースは、生の野菜を加熱し、濃縮した後に乾燥して粉にしています。

これを薄めて作られたのが野菜ジュースということになります。この作り方を「濃縮還元製法」というのですが、なぜこのような製法が取られているかというと、野菜ジュースは清涼飲料水の部類になり、高温で一定期間加熱殺菌することが義務付けられているからです。

この過程で、野菜に含まれるビタミンは、加熱され壊れてなくなります。野菜ジュースのCMなどでも「1日に必要とされる350gの野菜が入っています」と謳っていますが、たしかに野菜は入っているかもしれませんが、野菜に含まれる肝心の栄養素が摂れることとは違いますので、野菜ジュースだけで栄養を補うのは難しいです。

また、コンビニやスーパーで売られているカット野菜だけでは、肌荒れを改善することが出来ません。野菜は一度切ってしまうと酸化されてしまい、野菜に含まれる体内の消化、代謝にかかわる酵素が失われてしまいます。

酵素の力でターンオーバーをスムーズにさせることが、肌荒れをなくすことになるので、生野菜を食べることも念頭に置きながら上手に野菜を摂り入れるようにすることが大切です。
注意しないといけないことが、野菜にドレッシングやマヨネーズをつけ過ぎてしまうことです。

せっかく野菜を摂れ入れても、今度は、油のとり過ぎになり返って肌荒れを引き起こしてしまうことになるので、出来るだけそのままの野菜を食べるようにすることが大切です。代表的な緑黄色野菜と淡色野菜についてご紹介します。

◎緑黄色野菜‥さやいんげん、オクラ、にんじん、シソの葉、春菊、チンゲンサイ、ニラ、ピーマン、小松菜、パセリ、ピーマン、ブロッコリー、ほうれん草、芽キャベツなどです。

◎淡色野菜‥かぶ、カリフラワー、キャベツ、ゴーヤ、白菜、もやし、レンコン、じゃがいもなどです。

炭水化物をとりすぎない

炭水化物の摂り過ぎは、肌荒れを引き起こしてしまうことになります。お昼ごはんにラーメン、うどん、パスタ、また、コンビニなどで安くて手軽に食べられるおにぎり、サンドイッチと、野菜をあまり摂らない食生活に加えて炭水化物だけの食事に偏りがちになっている人も多いのではないでしょうか。

炭水化物の摂取量は、成人女性で1日ご飯茶碗3杯、芋100g、食パン1枚程度が良いとされています。外食をしてしまうとどうしても炭水化物の摂取量が増えてしまい、肌だけではなく、体にもあまりよくありません。

肌荒れを防ぐためにも自分が食べたいものを優先するのではなく、体や肌に良いものを優先して食事を選ぶようにすることが大切です。

カフェインをとりすぎない

コーヒー、紅茶、緑茶に含まれるカフェインには、覚醒、興奮作用があり、睡眠に影響が出てくると言われています。熟睡できない、眠れないということが起こりがちになると、肌のターンオーバーを正常に行うことができなくなります。

肌の生まれ変わりが出来なければ肌荒れに繋がってしまいます。カフェインが多く含まれる飲み物にコーヒー、紅茶の印象を持ちがちですが、実は、栄養ドリンク、コーラー、ココア、ほうじ茶、ウーロン茶などにもカフェインが多く入っています。

コーヒーや紅茶などは1日1杯程度を目安にし、ルイボスティーなどノンカフェインの飲み物に変えていくと肌荒れを防ぐことが出来ます。

ビタミン類を積極的に摂る

肌に良い栄養素によく野菜やフルーツが良いと言われています。それは、ビタミン類が多く含まれているからです。ビタミンC、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンEなどには、肌の再生や抵抗力といった力を引き上げてくれる効果があります。

①ビタミンC‥保湿効果、美白効果、高い抗酸化作用があるので、肌荒れの改善には大きな力がある栄養素です。さらに、コラーゲンの生成に大きな効果があり、お肌にハリを与え、ニキビの改善にもなる栄養素です。

主な食材に、ピーマン、ブロッコリー、キャベツ、レモン、グレープフルーツ、キュウイなどがあります。

②ビタミンA‥皮膚細胞を正常な働きに導き、肌本来の能力を引き上げてくれます。肌荒れの改善にも大きな役割を果してくれる栄養素です。

主な食材に、レバー、ほうれん草、にんじん、春菊、カボチャなどがあります。

③ビタミンE‥ビタミンA同様に肌荒れを改善する能力があると言われている栄養素です。主な食材に、あゆ、アーモンド、ハマチなどがあります。

④ビタミンB群‥肌の皮脂分泌を押さえる働きがあり、ビタミンCと一緒に摂取することで色素沈着の原因になるメラニンを取り除く効果を発揮し、なかなか改善しないニキビなどの肌荒れを改善してくれます。

主な食材に、豚肉、焼き海苔、玄米、たらこ、ピーナッツなどがあります。食べ物を改善することで、肌荒れを防ぐだけではなく美肌に繋がっていきます。また、10年後20年後も美肌のままでいられるようです。ぜひ、参考にしてみて下さい

スポンサーリンク

Check Also

29ea30443d029ac689e8315a2ef4a4d0_t

毛穴トラブルに悩める女性必見!おすすめ美顔器と毛穴洗浄サロンを紹介!

お家で出来る可能な限りのケアは …