Home / 美肌 / 産後の肌荒れの原因と解消方法
1

産後の肌荒れの原因と解消方法

1

産後の肌荒れで悩んでいる方も多いのではないでしょうか?そもそも産後の肌荒れはなぜおこるのでしょう。妊娠をして出産をすることは、女性にとってホルモンバランスが急激に変化することです。ホルモンバランスが崩れることで、様々な体の変化が出てきます。

そこで、産後の肌荒れの原因と解消方法について詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

産後の肌荒れの原因

ホルモンバランスの変化

2

体内にもうひとつの新しい命を育てる妊娠、そこから大切な生命を外の世界へ送り出す出産があります。この間に身体の中のホルモンバランスはどのように変化するのかというと、妊娠によりエストロゲンや、プロゲステロンの分泌が急激に増えます。

そして、出産すると、今度はこれらが急激に減少していきます。ホルモンバランスはすぐには安定せず、お肌や体にも様々な影響が出はじめます。急にニキビや吹き出物が出来たり、シミが増えてしまったりという肌荒れを引き起こすことがあるのです。

ホルモンバランスをコントロールするのは難しいですが、食べ物やスキンケアなど気をつけることにより緩和されることもあります。体は元に戻ろうとしている時でもあるので、出産後、なかなか自分の思うように時間が取れにくい場合もありますが、この時期は、インスタントラーメン、レトルト食品などで時短することは体にもお肌にも良くないので避けるようにします。

ストレスからくる肌荒れ

3

基本的にはホルモンバランスの変化で起こる肌あれに関しては、ホルモンバランスが元に戻れば自然に治るのですが、妊娠中に受けるストレスで無性に甘いものが食べたくなり食べすぎてしまうことや、出産後すぐに始まるなれない育児にストレスが溜まってしまうことで肌荒れを起こしてしまう場合もあります。

また、出産後に肌質が変わることで肌荒れを起こしてしまう場合も考えられます。これまで使っていた化粧品など見直すことも必要です。

睡眠不足からくる肌荒れ

4

出産後、朝晩関係なく起きる赤ちゃんにかかりきりになり、寝る暇がなくなるという場合があります。睡眠不足が原因で肌荒れを起こす人も多くいます。

便秘からくる肌荒れ

5

出産後、便秘になる人も多くその原因は、出産の時の傷口や痔をかばっていきめないことや母乳分泌のために体内で水分量が足りない状態になること、育児におわれて自分の食生活が乱れがちになることがあります。その結果、肌荒れに繋がってしまいます。

産後の肌荒れ解消方法

保湿をしっかりする方法

6

出産までは女性ホルモンの分泌が増え肌に潤いが保たれるのですが、出産後は、女性ホルモンが急激に減少するので乾燥しがちになりニキビ、吹き出物が出来やすくなります。

そこで、出産後は、保湿中心のスキンケアを心がけるようにします。まず、保湿成分の多い化粧水を選びます。成分は、セレミド、発酵アミノ酸(NMF)などが保湿系化粧品です。

また、肌の保湿保護が中心の美容液を選び、赤ちゃんの肌に触れることを考え肌表面に残りにくいしっかり角質層内に浸透する化粧品を選ぶことをおすすめします。

この時期は今まで使っていた化粧品では、肌荒れが改善されにくい場合もありますので、敏感肌用の化粧品に変え、肌状態が落ち着くのを待つことも大切です。

生活習慣で肌荒れを改善する方法

7

育児が始まると自分の思うようになかなか時間が取れず、生活スタイルも子供中心になるので、スムーズにいかない場合も多いです。

そこで、化粧をする時は、ファンデーションをパウダリーファンデーションだけにして、出来るだけ濃い化粧は控えるようにし、クレンジングに時間をかけなくてもキレイに洗い流せるようにするとお肌にも負担がかからず、肌荒れを防ぐことが出来ます。

また、スキンケアに時間がかけられない時は、オールインワンタイプの化粧品でしっかり保湿を心がけるようにするのも良い方法です。

どうしても、育児疲れやストレス、寝不足、ホルモンバランスの乱れなどで情緒不安定になりがちですが、全部ひとりで頑張りすぎないことも大切です。

赤ちゃんが眠っている時間に仮眠をすること、自分だけの時間をゆっくり過ごすこと、周りの人のサポートに甘えるようにすることなど自分なりに出来るだけストレスを溜めないようにすることが、肌荒れを防ぐことに繋がります。

また、入浴には、リラックス効果だけではなく、殺菌、抗炎作用があるので、時にはアロマや入浴剤などで香りを追加すると肌荒れを防ぐのに効果的です。

便秘をなくし肌荒れを改善する方法

8

産後に便秘になってしまったという人が多い理由は、水分不足が大きく関係します。また、妊娠期間に痔になってしまうことや出産時の傷口をかばうことでうまくいきめないことが便秘につながっている場合もあります。

スムーズに便を出すためにも便秘をうまく改善することが肌荒れを改善することにもなります。妊娠中は血液量が増え赤ちゃんに送っているため体内の水分量が不足し、出産後は、母乳を作るために水分が多く必要になり水分量が不足しがちになります。

体内の水分が不足気味になっていても、喉の乾きを感じにくい時もあるので、意識的に水分補給をしなければ、どんどん便が硬くなり腸を移動することが出来ず便秘が続いてしまいます。

そこで、朝起きた時は、常温のお水をコップ1杯飲む習慣をつけるようにします。常温にすると、体内への吸収率が上がるので効果的と言われています。また、便秘を解消するために食物繊維を意識的に摂るようにすることが大切です。

食物繊維には、「水溶性食物繊維」と「非水溶性食物繊維」があり、便秘解消に繋がる割合は、1対2が理想的とされています。

水溶性食物繊維には、芋類、りんごを含む果物、キャベツ、こんにゃく、豆、海藻類、大根などがあり、便を水分の含んだ状態にして、腸の中をスムーズに流してくれる働きがあります。

非水溶性食物繊維には、ごぼう、大豆、穀類、かぼちゃ、サツマイモ、きのこ類などがあり、腸の運動機能を上げてくれる働きがあります。

また、食生活が西洋化されつつあり、主食がパンという人も多くいますが、米には食物繊維が多く含まれているので米を意識的に摂るようにします。時には麦や玄米を加えてみることやパンを選ぶ時は、全粒粉パンを選ぶことも効果的です。

毎回の食事にスープ、味噌汁など水分を多く摂れる工夫をすることも便秘解消につながりますのでおすすめです。

無理をしないことで肌荒れを改善する方法

9

産後は、思うように育児がはかどらない自分へのイライラや、夫や子供に対してのイライラ、仕事との両立ができないことへのイライラ、家計への不安からくるイライラと、人それぞれストレスの原因が出てきやすい時でもあります。

また、気持ちが落ち込みやすくなる、疲れが取れにくいなど軽いものから症状が悪化していくと、「産後うつ」と言われるものになってしまうこともあります。精神的なストレスが原因で起こる肌荒れは、その原因を取り除かないと改善しにくいものです。

ストレスを溜めず肌荒れをなくしていくには、無理をしないことが大事です。そこで、大きく5つの改善方法をご紹介します。

①子育てに真面目になり過ぎ、ひとりで深刻に悩んだり思い詰めたりしないように身近な人に子育ての愚痴や不安を話すようにすること

②夫や親に甘えることもし、友達とランチに行ったり散歩にでたりして気分転換をはかること

③赤ちゃんが寝た時は、ゆっくりお風呂に入ったり、音楽を聞いたりする時間を大切にすること

④軽いストレッチで血行を良くすること

⑤気分がすぐれないときは、無理をせず専門医に相談をし、アドバイスを受けたり、適切な薬を処方してもらったりすること

何事も完璧を求めない気持ちを持つと楽になり、育児を楽しめるようになります。ストレスを溜め込まないためにも「今日も、よく頑張った!」と毎日自分を褒めてあげると、前向きになり、肌荒れも改善されていくはずです。ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク

Check Also

砂に埋まった日焼け止め eyecatch

敏感肌のための日焼け止め選び4選

ギラギラと太陽が照りつける夏。 …