Home / 美肌 / 肌荒れに効果的な成分とは?肌荒れに効く成分と市販薬
8682_m_wi1

肌荒れに効果的な成分とは?肌荒れに効く成分と市販薬

肌荒れが起こった際に、皮膚科を受診し薬を処方されたけど、その薬にどんな効果があるのか、またはどんな成分なのか、意外と知らずに使用しているという方は多いのではないでしょうか。

薬は、自分の肌に直接塗布したり、内服薬として飲む薬です。使用前に知っておくと、より安心して使用できます。肌荒れに効果的な薬は、とても数が多いため、特に有名な肌荒れに効果的な薬と成分をご紹介していきます。

スポンサードリンク

肌荒れに効果的な薬と成分

ステロイド外用薬・内服薬

肌荒れの治療薬として最も多く処方されているのがステロイド外用薬または内服薬です。ステロイドとは、副腎から作られる副腎皮質ホルモンの一つで、肌の湿疹やアトピー性皮膚炎などの皮膚の炎症や体の免疫を抑制する効果があります。

ステロイド外用薬・内服薬は、抗炎症作用が強いため、効果が早く発揮されますが、副作用として皮膚が薄くなる、産毛が生える、ニキビができやすくなる、皮膚が赤くなるなどの症状が報告されています。通常は1日1回、医師の指示に従い患部に塗布するようにしましょう。

皮膚科で処方されるステロイドは幅広い症状を抑えることが出来るため、ストロンゲスト(最も強い)、ベリーストロング(非常に強い)、ストロング(強い)、ミディアム(普通)、ウィーク(弱い)の5つの強弱のランクに分けられています。また、主な主成分も異なってきます。

【ストロンゲスト】

・クロベタゾールプロピオン酸エステル・ジフロラゾン酢酸エステル

※主な商品名・・・デルモベート、ジフラール、ダイアコートなど。

【ベリーストロング】

・モメタゾンフランカルボン酸エステル・酪酸プロピオン酸ベタメタゾン・フルオシノニド・ジフルプレドナート・ベタメタゾンジプロピオン酸エステル・吉草酸ジフルコルトロン・酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン・アムシノニド

※主な商品名・・・リンデロンDP、トプシムシマロン、パンデル、フルメタなど。

【ストロング】

・デプロドンプロピオン酸エステル・プロピオン酸デキサメタゾン・デキサメタゾン吉草酸エステル・ハルシノニド・ベタメタゾン・吉草酸 エステル・ベクロメタゾンプロピオン酸エステル・フルオシノロンアセトニド

※主な商品名・・・リンデロンV(G)、メサデルム、リドメックス、フルコートフルゾンなど。

【ミディアム】

・吉草酸酢酸プレドニゾロン・トリアムシノロンアセトニド・アルクロメタゾンプロピオン酸エステル・クロベタゾン酪酸エステル・ヒドロコルチゾン酪酸エステル・デキサメタゾン

※主な商品名・・・ケナコルトAレダコート、ロコイドプランコーン、キンダベート、テストーゲなど。

【ウィーク】

・プレドニゾロン・デキサメタゾン配合剤・酢酸ヒドロコルチゾン・フルドロキシコルチド・ベタメタゾン・マレイン酸クロルフェニラミン・ヒドロコルチゾン

※主な商品名・・・オイラゾンDグリメサゾン、デキサメサゾン、プレドニゾロン、コルテステラ・コートリルなど。

b0155970_142627100

出典:http://pds.exblog.jp/

非ステロイド性抗炎症薬(NSADIS)

非ステロイドとは、ステロイドではない抗炎症剤のことを呼びます。赤ちゃんのおむつかぶれや帯状疱疹などに使用されることが多く、急性の皮膚炎に使用されます。その他、湿疹、アトピー性皮膚炎、幼児湿疹などに使用されます。通常1日に1~2回程度患部に塗布し、ステロイド剤に比べて副作用が少ないと言われていますが、発赤、刺激感、かゆみ、接触皮膚炎などの症状が報告されています。

成分
ウフェナマート・ブフェキサマク・ベンダザック・イブプロフェンピコノール・スプロフェン・ジメチルイソプロピルアズレン

※主な商品名・・・オイラゾンDグリメサゾン、デキサメサゾン、プレドニゾロン、コルテステラ・コートリルなど。

2014y11m03d_120427697

出典:http://atopyandsobo.org/wp-content/

ヘパリン類似物質

ヘパリン類似物質は、保湿作用、血行促進効果があるため、肌の乾燥を改善する効果があります。アトピー性皮膚炎や乾燥肌、しもやけ、すり傷、ケロイドなどに効果があります。ヘパリン類似物質は、人間の臓器で作られるムコ多糖類の一つで保湿成分の一種で、肌に吸収されると、皮膚の水分を補給、キープしてくれます。

通常は1日1回適量を患部に塗布するか、ガーゼなどに伸ばして貼ります。医師の指示に従って使用しましょう。副作用としては、皮膚炎、かゆみ、発赤、発疹、潮紅、紫斑などの症状が報告されています。

成分
ヘパリン類似物質

※主な商品名・・・ヒルドイド、ビーソフテン、ゼスタックなど。

20150824123645

出典:http://cdn-ak.f.st-hatena.com/

プロペト

プロペトとは、白ワセリンとも呼ばれ、皮膚を乾燥などから保護する働きがあります。他の薬剤を軟膏にするために使われます。その他、ステロイド剤などと一緒に使用することも可能です。特に1日の使用量はなく、気が付いたときに皮膚の保護剤として使用できます。ほかの薬剤に比べてアレルギーなどを起こしにくいと言われていて、副作用としては、かゆみ、発疹などの症状が報告されています。

成分

白ワセリン

※主な商品名・・・白色ワセリン、黄色ワセリンなど。

41kYRTeyzwL(1)

出典:http://img.minacolor.com/

抗ヒスタミン・抗アレルギー薬

抗ヒスタミンは皮膚かゆみの原因となるヒスタミンのを抑えるために処方される内服薬です。ヒスタミンは、アレルギーを引き起こす物質が体内に侵入すると肥満細胞の白血球から分泌されます。抗アレルギー薬は、アレルギーを起こすタンパク質白や、白血球の働きを抑えてくれる内服薬です。

抗ヒスタミン・抗アレルギー薬もステロイド外用剤や非ステロイド性抗炎症薬などと一緒に併用して使用することが多く、皮膚疾患を治すサポートとして処方されます。副作用としては、眠気や倦怠感などが報告されており副作用のないものもあります。

【副作用が強い】

ジフェニルピラリン塩酸塩・ジフェンヒドラミン塩酸塩・シプロヘプタジン塩酸塩水和物・塩酸トリプロリジン・ヒドロキシジン塩酸塩・プロメタジン塩酸塩・ホモクロルシクリジン塩酸塩・アリメマジン酒石酸塩・タンニン酸ジフェンヒドラミン・クロルフェニラミンマレイン酸塩・d-クロルフェニラミンマレイン酸塩・ジフェニルピラリンテオクル酸塩・ヒドロキシジンパモ酸塩・クレマスチンフマル酸塩

※主な商品名・・・ハイスタミン、アタラックス、アレルギン、タベジールなど。

【副作用が弱い】

エバスチン・アゼラスチン塩酸塩・エピナスチン塩酸塩・オロパタジン塩酸塩・セチリジン塩酸塩・フェキソフェナジン塩酸塩・オキサトミド・フマル酸エメダスチン・ケトチフェンフマル酸塩・ベポタスチンベシル酸塩・メキタジン・ロラタジン

※主な商品名・・・アレジオン、アレグラ、タリオン、クラリチンなど。

【副作用がない】

クロモグリク酸ナトリウム・トラニラスト・トシル酸スプラタスト

※主な商品名・・・インタール、リザベン、アイピーディなど。

dsc02781_r

出典:http://www.deji1.info/

薬を正しく使用することが大切

肌荒れが長い期間治らず、悩みを抱えていると、心まで落ち込んでしまいます。自分の努力だけでは、なかなか改善しないと悩んでいる方は、一度、薬の使用も考えてみてはいかがでしょうか。よく噂で、「ステロイドは怖い」「使い続けると良くない」などと言われていますが、使用量や使用方法を正しく守れば、安心して使用できます。

しかし、薬には副作用や禁忌事項が存在します、自己判断での使用は避け、必ず医師や薬剤師の指示を受け正しく使用するようにしましょう。指示通りに使用すれば、肌荒れが改善し美しい肌が手に入ります。

スポンサーリンク

Check Also

1[1]

敏感肌向けのファンデーションとは

「敏感肌」という言葉を聞いたこ …