Home / 美肌 / 肌荒れを改善する手段とそれぞれの方法が効果的なケース
1

肌荒れを改善する手段とそれぞれの方法が効果的なケース

1

肌荒れを起こしてしまうと化粧品を変えてみることなど頭に思い浮かびますが、あれこれ試して肌荒れが悪化してしまうのが怖いと感じる人もいるのではないでしょうか?肌荒れが起こる原因も様々あります。肌荒れを改善する手段と肌荒れに効果的なケースを詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

肌荒れを改善する手段

正しい洗顔で肌荒れを改善

2

肌荒れをしていると、ヒリヒリとした痛み、化粧品がしみる、肌が痒いなどの症状が出てくる時があります。皮膚が刺激を受けやすい荒れた状態になっていると言えます。まずは、肌をリセットするために刺激を受けにくい肌作りを優先していきます。

そこで、皮脂膜を落としすぎない洗顔方法を取るようにします。メイク落としの後、お湯だけで洗う程度にします。中には、洗顔剤を使わないと洗った気がしなくて不安と言う人もいるかもしれませんが、肌荒れをしている時期は、皮脂を全部落とす洗い方によってつっぱり感が出てしまいます。

これは、乾燥を招き皮膚状態を悪化させてしまっているサインなので注意が必要です。どうしても気になるという人は、目と口周りを除き、敏感肌用洗顔など安全と感じる洗顔料で軽く洗い、ぬるま湯で流すようにします。

低刺激の洗顔料は、ぬるぬる感が残っているように感じる場合がありますが、乾燥をしている肌にはこの程度の洗い方が安全です。もともと皮膚には自浄能力が備わっています。

汚れを自ら外に出すために皮脂分泌を行なってくれるので、洗いすぎると皮脂分泌量を過剰にさせてしまい、返って肌荒れを悪化させてしまう恐れがあります。しっかり汚れを落とさなければいけないという意識を捨て、自らの自浄能力を信じることも大切です。

また、ニキビや吹き出物ができてしまっている場合は、ニキビ用の洗顔料で皮脂を落としすぎることもあるので、低刺激のニキビ石鹸を選ぶことをおすすめします。ホルモンバランスの乱れでニキビや吹き出物が出来やすくなる場合などは、その都度洗い方を変えるようにすることが大切です。

つっぱり感が残るヒリヒリすると感じた時は、皮脂を落としすぎているサインと考え、自分の肌を観察しながら洗顔料を使わないなどの選択をしていきます。そこで、具体的なスキンケア方法をご紹介します。

①クレンジング剤は、シートタイプやオイルタイプの刺激を伴うものは避けるようにし、刺激の少ないクリームタイプなどのクレンジング剤を使い1分以内に洗い流すようにします。このときゴシゴシこすることをしないように優しくクレンジングします。

②洗顔は、たっぷりとしたキメの細かい泡を作り優しく乗せるようにして洗い流します。その際、すすぎ残しがないように気をつけます。

③洗顔後はすぐに保湿を行います。手をあたため優しくハンドプレスをし、目元や口元の乾燥しやすい場所は重ね付けをします。

④乳液や美容液を優しくハンドプレスして付けていきます。

肌荒れをしている時の化粧品選びで改善する

3

肌荒れをしている時は、とにかく無理をしないことが大切です。洗顔後は、すぐに保湿を行うために化粧水は自分の使っていて馴染みのあるものを使用します。

肌荒れが気になり新しい化粧品をすぐに取り入れることをしてしまいがちですが、まずは、健康な肌に1日でも早くもどすためにあれこれ付けすぎず単一製品でワセリンなどだけで保湿を行うようにします。

皮膚に十分な潤いを入れるために細胞間までしっかり入っていくものとそれにフタをする両方が欲しいところです。そのためにも肌荒れがひどい場合は、焦らず病的な状態が治り始めたらいつも通りのスキンケアに戻すゆとりが必要になります。

クレンジング→洗顔→化粧水→乳液→クリームと、この工程だけでもかなり顔をこすってしまうことになるので、肌荒れをしている時は出来るだけこする作業をさけるために化粧品の数、工程を減らしていくようにします。肌荒れが落ち着くまでシンプルなスキンケアを心がけることが大切です。

食事方法で肌荒れを改善

4

肌荒れを治すために肌の抵抗力を高める食事を摂ることが大切です。体の中から肌荒れを治すための食材をご紹介します。

①たんぱく質‥卵、魚、乳製品、赤身肉など
②ビタミンB2‥乳製品、納豆、レバーなど
③ビタミンB6‥魚、バナナ、小麦、大豆、ナッツ類、赤身肉など
④カルシウム‥乳製品、いわし、小松菜、桜えびなど

生活習慣で肌荒れを改善

5

生活習慣の乱れから肌荒れを起こしてしまう場合があります。そこで、肌荒れを改善する生活習慣の目安をご紹介します。

①睡眠をしっかり取るために寝る3時間前から食事をしないこと、睡眠時間を6~8時間取るようにすること

②ホルモンバランスを整えるために、大豆製品、たんぱく質を積極的に摂ること、生理前はリラックスするように心がけること、喫煙、過度な飲酒を控えるようにすること

③ストレスを解消するために、入浴の際は湯船に10分ほどつかるようにし、映画などを見てたくさん笑ったり泣いたり自分なりのストレス解消方法を見つけること

肌荒れを改善するそれぞれ効果的なケース

敏感肌の人の化粧品選び

6

肌荒れをすると敏感肌になってしまう人もいます。敏感肌になってしまった時の化粧品の選び方について詳しくご紹介します。

敏感肌の人は、乾燥によって肌がかゆくなったりするトラブルが起こりがちになるので、高保湿のセラミド配合化粧品を選ぶようにし、アルコールやエタノールなどの肌に刺激を与えてしまうものを避けるようにします。

ファンデーションにも高保湿美容液+油分の少ない敏感肌用のファンデーションを選ぶようにすると肌荒れを改善することに繋がっていきます。

大人ニキビが出来る人の化粧品選び

7

次に肌荒れをしてニキビ、吹き出物が出来てしまった人は、炎症を抑える化粧品を選ぶようにします。ビタミンC誘導体やグリチルリチン酸の有効成分が入った化粧品、ニキビが出来やすい成分を除外したノンコメドジェニック製品、セラミド、コラーゲン配合の化粧品を選ぶことをおすすめします。

また、ファンデーションにも油分の少ないもの+肌より少し暗めのコンシーラーを使ってベースを作るようにすると肌荒れを悪化させることなくニキビ、吹き出物が目立たなくなります。

肌荒れが悪化してしまっている人の改善方法

8

出展:images-na.ssl-images-amazon.com

肌荒れがひどく、強い痛みを感じる、吹き出物が出来る、ヒリヒリして赤みが治まらない場合などは、洗顔やスキンケアを控え無理をしないで皮膚科に相談することも必要です。

仕事や育児ですぐに皮膚科に行けない場合は、「チョコラBBプラス」「チョコラBBピュア」の市販薬を頼ってみるのも良い方法です。こられには、活性型ビタミンB2が配合されており、ターンオーバーを整えてくれる働きがあります。

それでも、肌荒れがなかなか改善されない場合は、病院を受診した方が良いでしょう。

肌荒れのケースで見る別の要因を探す

9

スキンケア、生活習慣、食事など気をつけていてもなかなか肌荒れが治らず悪化する場合は、別の要因を探す必要があります。アトピー性皮膚炎と診断されたことがある人やアレルギー体質の人などアレルギーに精通した病院を選ぶ方が良いかもしれません。

どの程度で受診をした方が良いのか迷う人もいると思います。受診の目安として、乾燥がひどくダブル洗顔はしていない、洗顔のみ、保湿も十分おこなっているのにヒリヒリして赤みが出るなど病的な肌荒れが治まらない場合や、睡眠食事もしっかりできているのに金属にかぶれる、

金属アレルギーの自覚がありニキビが治らない場合などは、専門の病院を受診した方が良さそうです。また、生理痛が重くニキビ、吹き出物が出来やすい場合なども婦人科で相談をして生理痛を抑えられるようにすると肌荒れを改善することに繋がります。

化粧をすることに理解がある病院だと女性にとっては気楽に治療を受けられる場合もありますので、自分にあった病院選びも大切です。無理をしないことが肌荒れを早く改善することになるようです。ぜひ、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

Check Also

1[1]

敏感肌向けのファンデーションとは

「敏感肌」という言葉を聞いたこ …