Home / 美肌 / 皮膚科で行う肌荒れ治療の方法と皮膚科に行くべき肌荒れの症状
womanexcite_E1462866957150_0

皮膚科で行う肌荒れ治療の方法と皮膚科に行くべき肌荒れの症状

誰もが一度は悩んだことのある「肌荒れ」。軽度の乾燥やニキビなどの肌荒れなら、毎日のスキンケアや生活習慣を見直せば、徐々に改善していきますが、顔全体に赤みが広がったり、湿疹ができたり、ニキビが炎症を起こし悪化し化膿してしまった場合など、自分の努力だけで改善しない症状のときは、皮膚科に行こうか悩んだことはありませんか?

そこで、今まで皮膚科に行ったことのない方や皮膚科で行う肌荒れの治療法が知りたい方に、皮膚科でおこなう肌荒れの治療法とどの程度の肌荒れの症状から皮膚科に行けばいいのかを詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

皮膚科で行う肌荒れ治療の方法

外用治療(ステロイド外用剤)

imasia_10100668_M-003

皮膚科で行う代表的な治療方法が外用治療です。外用治療では、ステロイド外用剤を用いることが多く、ステロイド外用剤は、副腎皮質が分泌する糖質コルチコイドの合成類似薬で強い抗炎症作用があります。赤ちゃんが使える弱い作用の外用剤から、強い作用の外用剤まで様々な種類があり、形状は軟膏クリームやジェルタイプです。

アトピー性皮膚炎や湿疹などに効果があり、炎症を抑えてくれます。ただし、幅広い効果が期待できますが肌のバリア機能が低下したり肌が薄くなったりと副作用もあるので医師の指導を守り正しく使用する必要があります。

内服治療(抗ヒスタミン剤・抗アレルギー剤)

外用治療と同様に肌荒れの治療に多く用いられてる治療方法です。アトピー性皮膚炎や湿疹による、アレルギー反応や赤み、痒みなどを抑えてくれます。ニキビなどの場合には、抗生物質や抗炎症剤を服用することで、ニキビの原因となるアクネ菌の増殖や炎症をを抑える働きがあります。その他、肝斑や色素沈着、シミなどには、ビタミン剤(ビタミンC)やトラネキサム酸などが処方されます。内服薬も外用薬と同様に医師の指導を正しく守りましょう。

ケミカルピーリング

3bf110a8ae330bd344ae681dcd548b5a-e1414937014966

ケミカルピーリングとは、皮膚に化学成分(フルーツ酸やサリチル酸)などを塗りで古い皮膚(角質層)を剥がし、新しい皮膚へと再生を促し肌の新陳代謝を高める治療法です。定期的に行うと肌のターンオーバー(肌の生まれ変わりのサイクル)が正常化し透明感のある柔らかい美しい肌が期待できます。また、ニキビの原因となる過剰な皮脂分泌やアクネ菌の増殖、毛穴の詰まり、色素沈着やシミなどの改善に効果があり、繰り返しできるしつこいニキビやなかなか消えないニキビ跡などの悩みが解消されていきます。

イオン・超音波導入

イオン・超音波導入とは、微弱な電流を流し、浸透しにくい有効成分(ビタミンC誘導体など)を毛穴部分から皮膚内部へと浸透させる治療方法です。ケミカルピーリングやレーザー治療と併用することも多く、シワ、ニキビ、シミ、色素沈着、肝斑、黒ずみ、赤み肌など様々な肌荒れに効果があり、定期的に行うことで美白効果も期待できます。

レーザー治療

IMG_6152

レーザー治療とは、シミや色素沈着、あざ、いぼ、ニキビ跡などの細胞に焦点を当ててレザー照射を行う治療法です。外科手術ではないため、周りの正常な細胞を傷つける心配がなく、出血があったり跡が残ったりする心配はありません。また、レーザー治療には様々な種類があります。

炭酸ガスレーザー

ホクロやイボ、ニキビ跡の治療に効果的です。治療部位のみを一瞬のうちに気化蒸発させてくれます。

アレキサンドライトレーザー

シミや色素沈着の治療に効果的です。毛根やメラニン細胞だけに吸収され、一瞬のうちに熱分解させてくれます。

ヤグレーザー

顔の赤みや赤ら顔、ニキビ跡の治療に効果的です。血中のヘモグロビンの色素に反応して血管を収縮させ赤みを目立たなくさせてくれます。

フラクショナルレーザー

ニキビ跡、毛穴の開き、シワなどの治療に効果的です。肌に必要なコラーゲンの生成を助け、肌を再生させてくれます。

皮膚科に行くべき肌荒れの症状

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の主な原因には、肌のバリア機能が低下し乾燥した状態の皮膚に、ダニやほこりなどのアレルゲンが侵入するやストレスなどが要因だと言われています。

アトピー性皮膚炎でよく見られる症状としては、プツプツと盛り上がった状態の湿疹、水分の多いジクジクした湿疹、赤みのある湿疹、固い芯のあるようなゴツゴツしたし湿疹です。アトピー性皮膚炎の特徴としては、「かゆみがある」、「治ってもまた繰り返しできる」「本人または家族がアレルギー体質である」などが特徴と言われています。湿疹ができやすい部分は、顔や耳、首、肘周り、わきの下、膝裏、太もものつけ根などに多くみられます。

アトピー性皮膚炎は、かゆみがあるため、掻いてしまうと症状が悪化し、皮膚が厚くなりかさぶたなどができてしまうので症状が出たら早めに皮膚科などを受診するようにしましょう。

ニキビ・ニキビ跡

ニキビは軽い症状から炎症や化膿してしまう重い症状まで様々なものがあり、個人差が大きいく皮膚科に行くか迷う肌荒れの一つです。ニキビは、皮脂の過剰分泌によって毛穴が詰まり、アクネ菌が増殖してしまうことが主な原因ですが、要因としては、ホルモンバランスや生活習慣の乱れがあげられます。

初期のニキビの場合は、肌のバリア機能が低下し毛穴が収縮を起こし皮脂が詰まりやすくなっている状態で、まだ見た目ではわかりにくので、自宅でのスキンケアで保湿を十分に行うことで改善されていきますが、白ニキビのように角栓が毛穴をふさいでしまっていたり、赤ニキビのように炎症を起こしてしまっている状態のときは、皮膚科の受診をおすすめします。

放置しておくと炎症が悪化して化膿を起こして黄色ニキビになったり、ニキビ跡の原因にもなる紫ニキビになってしまいます。ニキビ跡になってしまった場合にも、肌に赤みが出たり、ニキビ跡の部分が色素沈着を起こしてシミになってしまうので、早めに受診するようにしましょう。

シミ・そばかす

肌は、紫外線を浴びると、メラノサイトが刺激を受けて肌を守ろうとメラニン色素を作り出します。シミはこれが肌にの残り色素沈着したものです。シミ、そばかすの主な原因には紫外線ですが、その他にも、老化やストレス、睡眠不足、肌の炎症・肌荒れ、ニキビ、アトピー、生理不順、ホルモンバランスの乱れなどがあり、シミができやすい部分は、頬、額、目の周り、口の周りです。

シミの種類にもいくつかあり、肝斑(一般的なシミ)、そばかす、老人性色素斑、炎症性色素沈着、花弁状色素斑などがあります。そばかすなどは、幼少期に現れることが多く、思春期を過ぎると消えていく場合もありますが、その他のシミは、毎日のスキンケアや紫外線対策だけでは改善されないので、気になる方は皮膚科を受診しましょう。

皮膚科に行く前の注意点

140801_5294_333_250

皮膚科で行う肌荒れ治療の方法と皮膚科に行くべき肌荒れの症状をご紹介しましたが、皮膚科によって治療内容に違いがあったり、保険適用外の治療内容もあるので、受診する前にホームページや電話などでよく確認するようにしましょう。また、肌荒れの状態を診察するため、化粧などは控えて行くようにしましょう。その他、スムーズに診察が進むように、定期的に飲んでいる薬などがあれば把握しておくようにしましょう。

皮膚科に行くことで長年悩んでいた肌荒れが改善される事例は多く、今現在、肌荒れで悩んでいる方は、選択枠として一度受診を考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Check Also

2

かきたくなる!乾燥肌のかゆみを抑えよう~食事や日常の対策方法

乾燥肌、一度かゆみを感じたり、 …