Home / 美肌 / 肌年齢を若返らせるために生活に取り入れたいこと5選
9090b80737307db9d9d8829cef747353_s

肌年齢を若返らせるために生活に取り入れたいこと5選

ご自分の肌年齢をご存知ですか?生活習慣や肌のケアの仕方次第では、肌年齢を実年齢よりも若返らせることができますし、逆に老化させてしまうこともあるのです。そこで、肌年齢を若返らせるために生活に取り入れたいことを5つご紹介していきます。20代のプルプル肌を取り戻してみませんか?

スポンサードリンク

肌年齢を老けさせる原因とは?

9f0fb5168b0c267ba4bca9482d5f1ed7_s

まずは、肌年齢を上げさせてしまう原因を簡単に探ってみましょう。日ごろ、何気なく行っていることが肌にはとても悪影響を与えている場合があります。

いくつかの要因がありますが、睡眠不足、ストレス、紫外線、喫煙や飲酒、乾燥、激しい運動、食生活の乱れ、冷え、洗顔などのケアの仕方などが主に考えられます。これらの要因を避ける生活を送るなら肌年齢を若返らせることができるというわけですが、具体的にどのように行ったらよいのかを見ていきましょう。

睡眠をしっかり取る

睡眠不足は肌に大きな影響を与えます。睡眠不足の朝、化粧ノリの悪さを感じられたことがあるのではないでしょうか?それが積み重ねられれると、クマができたり、疲れにより肌にくすみが出たり、肌年齢を挙げる結果になります。

寝ている間に私たちの体は、成長ホルモンが分泌されます。その結果、肌や細胞が再生、修復されるのです。ですから、肌のターンオーバーが正常に行われるために睡眠をしっかりと取りましょう。

肌に良い睡眠時間

特によく言われるのは、午後10時から午前2時までが睡眠のゴールデンタイムということです。この時間に成長ホルモンが多く分泌されるとされているからです。最近は、眠りについてからの3時間が大切だとも言われています。

ですから、肌の若返りのために、午後11時ぐらいには寝るようにすると良いかもしれません。そして、眠りを深くするためにも、体をお風呂で温めたり、ストレッチをして血流を良くしたり、スマホやパソコンを寝る直前まで触ってブルーライトを浴びたりしないようにしましょう。

睡眠のサイクルが狂っている方は、最初は辛いかもしれませんが、早い時間に少し無理をして起きて、日光を浴びましょう。そうすると体内時計が正常に働き、自律神経が整うのを助けます。そうすると、早寝早起きの規則正しい生活リズムが作られていくはずです。

成人している方の適切な睡眠時間は6時間半から8時間ぐらいとされています。しっかりと睡眠を取ると心身の健康につながり、肌の老化を進めてしまうストレス解消の効果もありますから、ぜひ改善を図りたい分野ですね。

紫外線を防ぐ

9dcb07809eca55ff9710debc30c90c10_s

紫外線は、肌の老化を早める大きな要因です。シミやしわ、たるみを引き起こします。外出時だけでなく、家にいても窓越しに紫外線を浴びます。

洗濯物を干すちょっっとした時間でも日焼けするので、お家にいて家事をする時も、日焼け止めを塗るようにしましょう。そして、外出時は、曇りの日でも紫外線を浴びますから、油断せずに日焼け止めをしっかりと塗り、時間がたったらこまめに塗りなおすようにしてください。

帽子や日傘、手袋、サングラスなどを使用されることをおススメします。日光は、全く浴びないのも健康という観点からするると良くはありません。ただし、ビタミンDを作り出してくれるからです。

ビタミンDは、骨を強くし、免疫力アップにつながります。なので、1日15分ぐらいは紫外線に当たる方が良いという考えもあります。顔を避けて体の一部には日光に当たると良いかもしれません。

徹底的な保湿

肌年齢を若返らせるために欠かせないのが保湿です。乾燥は、しわや肌荒れなどの原因となります。保湿でおすすめの方法をいくつかご紹介します。

保湿効果の高い成分の入った化粧品を使う

保湿をしっかりと行うには、保湿効果の高い成分が入った化粧水や、乳液、美容液を使いましょう。例えば、次のような成分です。

・アミノ酸ー保湿やハリ、弾力を与え潤いを保つ効果
・コラーゲンー乾燥から守り、肌にハリと弾力を与える効果
・セラミドー高い保湿効果とバリア機能
・ヒアルロン酸ー優れた保水力
・水素ー乾燥肌の改善

これらの成分には保湿効果が期待できます。

正しい洗顔方法

0942f721decdf4a4075c3c395981c9e6_s

いくら保湿効果の高い化粧品を使っていても洗顔の方法が間違っていると、乾燥を促してしまいます。そこで、正しい洗顔方法を実践することは肌年齢を若返らせるために重要なポイントです。

1.ぬるま湯でざっと洗い流す

まずは、ぬるま湯で肌に分泌されている余分は油分や汚れをざっと洗い流しましょう。ごしごしと擦ることは避けてください。

2.よく泡立てた洗顔フォームで優しく洗う

次に、洗顔フォームを手の平の上で、十分に泡立てます。時間がかかるからとか、面倒だからと泡立たないうちに顔に付けてしまっていませんか?これは、洗顔フォームがクリーム状のまま毛穴に入ってしまい、汚れを詰めてしまうことになりかねませんので、避けましょう。

泡立てネットを使うと簡単に泡立つので使ってみるのはいかがでしょうか?そして、顔に泡をのせたら、薬指を使って優しい力で円を描くような感じで洗いましょう。ここでも、決してごしごしと擦らないようにしてください。

3.しっかりと洗い流す

最後の洗い流しがとても大切です。しっかりと洗い流さないと洗顔フォームが毛穴に残ります。擦るのではなく、洗い流すようにしましょう。

マイナスイオン効果がある加湿器を使う

肌の乾燥を防ぎ、保湿するのに加湿器を使うこともおすすめです。特に、マイナスイオン効果のある加湿器が良いかもしれません。新陳代謝を活発にし、自律神経を整え、血液をきれいにしする働きがあるとされていますし、気分をすっきりさせる効果もあるので、肌に良い影響があるでしょう。

たばことお酒の飲み過ぎを避ける

たばこは、体に良いことは何もありませんが、肌にとっても老化を促すだけでよいことは何もありません。血流が悪くさせ、体を錆びさせる活性酸素を増やしてしまうのです。ですから、たばこを吸う習慣がある方は、お肌と健康のためにぜひ禁煙されることをおすすめします。

お酒がなぜ、肌年齢と関係あるのでしょうか?お酒には、利尿作用があります。そして、アルコール分解にはお水がたくさん必要になるため、体の水分は減り、脱水のような状態になります。ということは、肌の乾燥を促すことになるでしょう。お酒は肌のためにはほどほどに楽しむ程度にすると良いかもしれませんね。

定期的な運動

1f8017141ee1d7d6519eeb3baf8f2698_s

定期的な運動をする人は、肌年齢が若返るというデータがあります。65歳以上の人に3ヶ月運動を続けてもらったところ、肌年齢が20~40代に若返っていたのです。

毎日ウォーキング程度の軽い運動でかまいませんから、定期的に運動をするのはいかがでしょうか?潤いのある肌を取り戻すだけでなく、ストレスの解消や健康にも運動は良いとされています。

ただし、激しい運動はかえって活性酸素を増やし老化を招くともいわれていますので、適度な運動にとどめると良いかもしれません。

肌年齢を若返らせてプリプリの肌へ!

肌年齢を若返らせるために生活に取り入れたい5つのことをご紹介しました。毎日の積み重ねが私たちの体を作り上げ、肌の状態を作り出します。睡眠の取り方、洗顔や保湿の仕方、紫外線の浴び方など少し意識して変えることで、肌がみるみる違ってくることを実感できるはずです。

肌に潤いやハリが出てくると、化粧をするのも楽しくなりますし、気持ちも肌同様に明るくなることでしょう。「肌キレイだね」と褒められるような美肌を目指してみませんか?

スポンサーリンク

Check Also

asparagus-2169202_640

お肌の悩み別!オススメの美肌レシピ

お肌の悩みを解決する方法には、 …