Home / 美肌 / きれいな肌を手にいれるための美肌生活習慣3選と正しいスキンケア方法

きれいな肌を手にいれるための美肌生活習慣3選と正しいスキンケア方法

透き通るようなきれいな肌。女性であれば誰しも手にいれたいものですよね。ただ高価な化粧品などを使うだけでは、残念ながら美肌にはなりません。生活習慣が関係しています。では、きれいな肌を手にいれるための美肌生活習慣を3つご紹介します。

スポンサードリンク

どうして美肌と生活習慣が関係するの?

きれいな肌を手に入れるには、生活習慣を整える必要があります。いくら高い美容液やクリームを塗っていても、ある程度美肌っぽくはなるかもしれませんが、本当の美肌を手に入れることはできないでしょう。

私たち人間の体は、日々の生活習慣により作られているからです。健康を保つのによく生活習慣が大きく関係していると言われますよね。美肌を作ることも同じです。体に良いものを食べていれば、健康な体が作り上げられるのと同じように、お肌にも影響を与えるのです。

よくモデルさんや女優さんがきれいな肌の秘訣をテレビや雑誌のインタビューなどで語っているのを見てみると、生活習慣に非常に気を付けているので、美しい肌を手に入れているという方が多いのではないでしょうか?

美肌になるための生活習慣はいくつかの要素が関係しています。ここでは、5つほど取り上げていきますので、ご自分の生活習慣に改善の余地がないかをチェックしながら、ご覧ください。

美肌へ導く3つの睡眠習慣

f1b593d5e8f9925141a900de2cd5f14a_s

美肌を手に入れるために大切な生活習慣の1つ目は睡眠です。美肌と健康の基本と言えるかもしれません。

では、どのような睡眠を取れば、美肌を手に入れることができるのか、睡眠をしっかりととらないとお肌にどのような悪影響があるのかも見ていきましょう。

①お肌の細胞が修復されるために6時間以上寝る

私たち人間は寝ている間に、成長ホルモンが分泌されます。そして、この成長ホルモンは若返りホルモンとも呼ばれ、お肌や体全体の細胞の修復や再生が促されます。

ですから、体の一日の疲れを取り、美肌を作り出すには成長ホルモンが分泌されるようにしっかりと睡眠をとる必要があるのです。

特に、この成長ホルモンは、午後10時から午前2時によく分泌されると言われています。睡眠のゴールデンタイムであるということを聞かれたことがあるのではないでしょうか?

できるだけ、この時間帯に睡眠を取ることを目指しましょう。特に眠り初めのすぐの3時間ほどは成長ホルモンがよく分泌されるともされています。

また6時間以上寝ると、細胞が修復、再生されると見られています。一般的に成人は6時間半から8時間ほどの睡眠が適度な睡眠時間とも考えられていますので、なかなか睡眠時間を確保することが難しい方も調整を図るように努めてみるのはいかがでしょうか?

寝不足の朝、化粧ノリが悪いということはありませんか?顔がむくんでいませんか?寝不足が何日も続くと、ニキビや吹き出物ができるという経験をされている方も少なくないでしょう。

クマができたり、肌が乾燥したりとお肌に悪いだけでなく、頭痛やだるさなど健康にも悪影響です。

②毎日同じ時間に寝る

平日は睡眠時間が取れないために、休日に長く寝だめしたり、逆に休日に睡眠時間が短くなってしまったりする方がおられるかもしれません。しかし、できるだけ毎日規則正しく、同じ時間に眠りにつくことをおススメします。

毎日寝る時間が違うと体内時計が狂ってしまい、成長ホルモンの分泌にも影響が及んでくるでしょう。

③寝つきを良くするために環境を整える

681bb2fd65d4f2f79f0bd897306c7ac6_s

睡眠時間を確保しようとベッドに入っても、寝つきが悪くてついつい気付くと寝るのが遅くなっているという方もおられるでしょう。寝つきが良くなるために環境を整えるようにしましょう。

寝る直前までスマホやパソコンなどを触っていると、ブルーライトの影響で睡眠のリズムが崩れるとされています。ブルーライトは、朝日の光と似ているため、脳を目覚めさせようと働いてしまう可能性があります。

また、体が冷えていると寝つきも悪くなるとされています。お風呂に入ってしっかりと温まったり、ストレッチをして血流を良くしたり、体を温めてリラックスできる飲み物などを飲んでみるのはいかがでしょうか?

寝る前に白湯を飲むのも体を温めるのに効果的です。体が温まりリラックス効果があるだけでなく、血流が良くなり代謝が良くなることで肌のターンオーバー機能も活性化します。

次ページ:美肌を作るための腸がキレイになる4つの食事

美肌を作るための腸がキレイになる4つの食事

854e32e6e30d88939009113034c4a475_s

美肌を作る上で腸の状態は切り離して考えることができません。腸の状態が良くないと、便秘になったり、下痢になったりしてせっかく食事で取り入れる栄養素も十分に吸収されないでしょう。そして、それはお肌の状態に現れます。

キレイな腸であれば、栄養素がしっかりと吸収され、全身にそれが行き渡ります。その結果、吹き出物やニキビなどの肌トラブルと防げますし、潤いが出たり、きめ細かい、ハリのある透き通ったお肌に近づけるはずです。では、腸をきれいにする食べ物をいくつかご紹介していきます。

①食物繊維

腸についた汚れを落とす働きをしてくれるのが、食物繊維です。

  • こんにゃく
  • わかめや昆布などの海藻類
  • リンゴやバナナなどの果物
  • シイタケやエノキなどのキノコ類

を積極的に食事に取り入れていきましょう。

②発酵食品

腸内環境を整えてくれるのが、発酵食品です。体に必要な栄養素は残しながら、余分なものは適切に輩出してくれるのです。

発酵食品には、

  • 醤油や味噌、酢、塩などの調味料
  • 漬物や納豆、キムチ
  • ヨーグルト
  • チーズ

などがあります。和食がお肌に良いということが分かりますね。

③タンパク質

お肌の細胞を作るのはタンパク質と言われています。腸の状態を整えるにも、皮膚の状態を良くするにも、タンパク質をバランスよく取り入れましょう。ダイエットなどを考えて、野菜ばかりを食べている方も中にはおられるかもしれません。

しかし、豆類や大豆類などにプラス、お魚やお肉などのタンパク質を適度に取り入れることは美肌を作るうえで大切です。

④旬の野菜

栄養素をバランス良く摂り入れていくには、やはり野菜は欠かせません。そして、特に旬の野菜を意識して食べることをおススメします。旬の野菜には、その季節ごとに体に必要なものが含まれているのです。夏野菜は体を適度に冷やし、秋の野菜は冬に備えて体に栄養を蓄えてくれるものなどが多いでしょう。

美肌のためのストレスの解消法2選

きれいなお肌には、ストレスが大敵です。しかし、ストレスのない生活を送ることは無理な話ですから、ストレスを解消する方法を自分なりに持つことで、美肌に近づけます。おススメのストレス解消方法をご紹介します。

①適度な運動をする

運動は、体の新陳代謝を高め、リンパの流れや血流を良くするので、美肌に良い効果があります。その上、精神的にもとても良い影響があります。適度に運動をすることで、自律神経も整い、気持ちがリラックスすることができます。

また、満足感や達成感などがありますし、体が適度に疲れるので寝つきも良くなり、睡眠の質の向上にもつながるのです。最近、運動をしたのはいつでしょうか?

仕事とお家の往復という生活の方、家事や子育てで忙しいという方、少しの時間を見つけて、ウォーキングや軽いジョギング、サイクリングなどを行ってみませんか?

②ゆっくりお風呂に入る

d8bb9a74943fc43f68efd8903cc727fa_s

シャワーでお風呂を済ませてしまっている方は多くおられます。確かに、シャワーで汚れを落として体を清潔にするという本来の目的は成し遂げられます。しかし、ゆっくり湯船に入ることで、体を温めて、気持ちをリラックスさせ一日の疲れを取ることができます。

ストレス解消には10分程度お風呂につかることが良いとされています。好きな入浴剤を入れてみたり、音楽を聴いてみたり、本を読んでみたりするのも良いかもしれません。ぬるめのお風呂に入って、ストレスも落としてみませんか?

今更人には聞けない!美肌のための肌手入れ方法

最後に、日々の肌のお手入れ法をご紹介します。

分かっているようで出来ていないことや理解していない部分もあると思います!日々の手入れの積み重ねが美肌を掴む切符なのでなおざりにせず正しい方法でスキンケアしましょう。

スキンケア前には手を洗おう

意外と忘れられるのが「手を洗うこと」です。手はいろんな場所に触れるので細菌だらけの可能性もあります。顔に触れる前には必ず手を洗い、清潔な状態にしましょう。

また、髪をバンドで止めたり束ねることも大事です!髪が邪魔で洗顔等のすすぎ残しをしてしまう恐れがあります。

朝の手入れ:洗顔、化粧水、美容液、乳液+日焼け止め!

朝は寝起きだし顔に汚れもないのでは、、と考える方も多いと思います。しかし、寝ている間も汗や皮脂、ホコリ等がついているので、スキンケアをする必要があります。

また、朝に手入れをすることで化粧ノリもよくなります。

ポイント① 洗顔でゴシゴシ洗いすぎない

朝にも顔に汚れがあるとはいえ、洗いすぎると必要以上に皮脂を取り除いてしまったり、デリケートになっている朝の顔を傷つけることになるので注意が必要です。

弱めの洗顔料を使うか、水洗い程度にしましょう。

ポイント② 日焼け止めを塗ろう

これは夏だけでなく、年中塗るのがミソです。なぜなら、紫外線は年中出ているからです。また、肌の老化原因の大きな要素の一つとして「紫外線」が挙げられます。

年中出ている紫外線に対してどれだけ対策出来ているかで肌の老化のスピードが左右されると言っても過言でないでしょう。

夜の手入れ:クレンジング+洗顔、化粧水、美容液、乳液!

洗顔とクレンジングって同じような役割でないの、、、といってクレンジングを省いている人はいませんか?実は筆者もそのうちの一人でした(笑)

でも、クレンジングと洗顔の役割は大きく異なるのです!

  • クレンジング…メイクなどの脂汚れ、毛穴につまった角栓、黒ずみなどを落とすもの
  • 洗顔…古くなった角層、余分な皮脂や汗、顔についた表面上のホコリなどを落とすもの

上記のような違いがあるのです!クレンジングと洗顔では性質の異なる汚れを対象としているので、クレンジング+洗顔の“ダブル洗顔”を行うことはスキンケアに必須です。

ただし、二度も洗顔することで肌への負担は高まります。クレンジングの際は脂を浮かせる感覚で、洗顔の際は泡立てて肌への摩擦を少なくする等心がけましょう。

美肌は日々の生活習慣の積み重ね!

美肌を作るために行える生活習慣の特に3つを取り上げてみました。ちょっとした努力を払うだけで、きっとお肌の調子の違いを感じる事ができるはずです。ご紹介した生活習慣の改善を図ることで、内側から出る美しいお肌を手に入れてみませんか?

スポンサーリンク

Check Also

おしりにニキビ!?おしりにニキビができる原因と解消方法

おしりにニキビができていて、座 …