Home / 化粧品 / 夏前に知りたい!メイク崩れの原因と崩れにくいファンデーション術
2

夏前に知りたい!メイク崩れの原因と崩れにくいファンデーション術

梅雨が明ければすぐに夏がやってきますね!
お祭りや花火大会などイベントも増え、おしゃれも楽しくなる季節です。
一方で頑張ってメイクしても起こってしまうのがメイク崩れ…
せっかくのおしゃれもメイクが崩れてしまっては台無しですし気分も下がってしまいますよね。
今回はメイク崩れの原因と崩れにくいファンデーション術をご紹介します。

スポンサードリンク

メイク崩れの原因

3

まずはメイク崩れの根本的な原因について説明します。

内部環境・皮脂・汗の問題

夏は暑い日差しを受けて上昇した体温を調節するために汗をかきます。その汗を拭わずに放置しておけば、そのまま汗と一緒にメイクが流れてしまい、剥がれ落ちてしまいます。
かといって仮にハンカチやタオルで拭えばファンデーションがハンカチについてメイクが崩れてしまいます。皮脂も同じく、夏なので気温の上昇で暑くなった屋外と冷房の効いた涼しい室内の温度差に肌が対応しようとたくさん分泌されます。皮脂の成分は脂なのでそれがメイクと混じって肌から浮き、それをそのまま放置したり、拭うことによってメイクが崩れてしまいます。

外部環境・乾燥の問題

こちらの原因も上の原因と似ています。
夏の屋外は気温の上昇で暑いですが、それに対し暑さを凌ぐ為に、オフィス、ショッピングモール、自宅などはエアコンを使用して涼しくなっていると思います。このエアコンの冷房によって、肌が乾燥しやすくなってしまいます。そして人間の肌は乾燥してくると、どうにか肌水分を保護しようと体から皮脂を通常よりも多く分泌します。
これによって分泌された皮脂がメイクと混ざり合い、メイクが崩れやすい状態になってしまうのです。
実際私も屋内での仕事をしていたのでこのメイク崩れにはかなり悩まされました。
長時間電車での通勤だったのでかなり気温が高い中、外気にさらされていました。
そして勤務先に着き、しばらくするとかなり皮脂が分泌されて鼻の頭あたりからファンデーションが崩れていくのを感じました。

普段から気を付けよう

2

「夏はどうしても汗はかくし、体感温度の変化も大きいから仕方ない…」と思って諦める方もいらっしゃるかもしれませんが、実はスキンケアで化粧崩れを防止することが出来るんです!
① 化粧水をつけたらしっかりハンドプレスをする。
朝洗顔をして肌を整えるために化粧水、乳液などをつけることがあると思いますが、その時必ずしっかりとハンドプレスするようにしましょう。ただつけるだけでは肌には馴染みません。馴染まなかった基礎化粧品がファンデーションに混じってよれやすくなってしまいます。必ず手でしっかりしみこませるように馴染ませましょう。

② 自分の肌質にあった化粧下地をつける。
化粧崩れを防ぐためには化粧下地は欠かせません。かといってなんでもいいわけではなく、自分の肌に合ったものではないと、逆に肌が乾燥したりオイリーになってしまい化粧崩れを招いてしまいます。

■ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂崩れ防止化粧下地

石原さとみさんがCMをしていた商品で有名ですが、こちらの下地はかなり優秀です。皮脂、汗による化粧崩れに強くかなりの時間メイクときれいな状態で保ってくれます。私ももともと乾燥肌なのでこの下地を使用し始めて出勤してから帰宅するまで全く毛穴が目立たなくなりました!本当に優秀な化粧下地です。

③ リキットファンデーションの場合はフェイスパウダーを重ねる。
リキッドファンデーションやBBクリームなど液状のファンデーションを塗る場合は、上にフェイスパウダーを重ねることでサラサラな状態を長持ちすることが出来、メイク崩れを防止することが出来ます

■キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー

プチプラコスメで有名なキャンメイクですがこちらのフェイスパウダーはかなり優秀です。肌の毛穴や色ムラを隠してマシュマロのようなふわっとした肌に仕上げてくれます。実際使用してみた感じはマットな仕上がりでした。しかし厚塗りしたような感じではなく、素肌感といっても過言ではないほど自然です。価格もかなり安くドラッグストアやネット通販などで簡単に手に入るのでぜひおすすめです。

長持ちさせるファンデーション術

原因や気を付け方が分かったところで化粧崩れの一番の大きな土台となるファンデーションを長持ちさせる方法をご紹介していこうと思います。

正しいベースメイクの順序を知って崩れにくい肌を作る。

ベースメイクを作ったとしても手順が間違ったりしてしまうとどうしても化粧崩れを起こしてしまいます。正しいベースメイク順序を知って崩れにくい肌を作っていきましょう。

④ スキンケア
洗顔をしてから、化粧水を手にたっぷり馴染ませてしみこませるようにハンドプレスしてください。皮脂を抑えるためにも、Tゾーンや小鼻などはよく化粧水をつけてください。そのあとの乳液や保湿クリームも忘れずに!乾燥を防ぐためにもしっかり肌を保湿してください。

⑤ 下地
ファンデーションを塗る前に必ず下地は使用してください。塗る時のポイントですが、容器から出してすぐに塗るのではなく、手のひらに出して少し温めてから塗るようにしてください。そうすることで肌へ乗せた時の伸びが断然よくなります。
肌の額、鼻、頬、顎の5か所にのせて、そこから塗りこむようにしてください。目元や小鼻などは強くこすらずに指先でポンポンと優しくたたくようにつけていきましょう。
コンシーラーを塗る際は下地の後に塗るようにしてください。

⑥ ファンデーション
パウダーファンデーションでもいいですが、リキットファンデーションを使用する方がカバー力はアップします。リキッドファンデーションを塗る際は必ずリキッド専用のパフを使用してください。リキッド専用ではないパフを使ってしまうとファンデーションがうまく吸着しにくい原因になってしまいます。

⑦ フェイスパウダー
仕上げにフェイスパウダーです。フェイスパウダーは中心から外側に向かってつけてください。小鼻や目元はパフを折り曲げて仕上げます。

おすすめのファンデーション

■ソフィーナ プリマヴィスタ きれいな素肌質感パウダーファンデーション

化粧下地でもおすすめしていたプリマヴィスタですがパウダーファンデーションなのに崩れにくく抜群のカバー力です。薄く伸ばしただけで毛穴がきれいに隠れるのと、素肌感があり、重ね付けしても厚塗り感が出ません。さらに長時間化粧崩れしにくく、いつまでもふんわりとした素肌感を感じることが出来ます。

■RMK ジェルクリーミィファンデーション

こちらはリキッドファンデーションです。かなり伸びがよくワンプッシュでは余ってしまうほどよく伸びるのが特徴的です。ツヤ感のある使用感でかつ厚塗りに見えるわけでもありません。皮脂を吸収してくれる成分が入っているので夏の化粧崩れ防止にぴったりのファンデーションです。

まとめ

1

いかがだったでしょうか?
化粧崩れの根本的な原因を理解することができ、この夏のメイク対策のお手伝いができたのではないかな?と思います。上記で紹介した化粧品は主に私が使ってとてもよかったと感じたものなので皆様に必ず合うものとは限りません。他にも化粧崩れ防止の優秀な化粧品がたくさんあります。みなさんも自分の肌に合わせて化粧品を選んでみてください!
ではみなさん!今年の夏も楽しみましょう!!

スポンサーリンク

Check Also

e39a2cdc552d1b6871ce7c23bf5e39f2_t

すっぴんお肌をきれいに!基礎化粧品の種類と選ぶポイント

「その顔、すっぴんなの!?お化 …